有栖川宮旧邸 有栖館 春の特別公開

京都御所建礼門前にあった有栖川宮邸が、その後京都裁判所の仮庁舎として使用された後、京都地方裁判所所長宿舎の一部として現在の場所に移築されました。この施設を2008年に平安女学院が取得、茶道、華道、香道、着付けの実習や市民講座など京都文化と日本の伝統文化の研…

DSC_1609


京都御所建礼門前にあった有栖川宮邸が、その後京都裁判所の仮庁舎として使用された後、京都地方裁判所所長宿舎の一部として現在の場所に移築されました。この施設を2008年に平安女学院が取得、茶道、華道、香道、着付けの実習や市民講座など京都文化と日本の伝統文化の研究・教育・情報発信を行っています。





書院造りの主屋とともに、烏丸通り側の青天門、下立売通側の長屋門が、それぞれ国の登録有形文化財となっており、幕末から大正にかけての公家屋敷や高級官舎の当時の様相を今に伝えています。


J130_s


太閤秀吉の「醍醐の花見」で有名な醍醐寺の孫にあたる枝垂れ桜、
十一代目「植治」当主の小川治兵衞氏作の庭園なども見どころです。
※通常非公開



☆★☆★☆ 有栖川宮旧邸 有栖館 春の特別公開 ☆★☆★☆

■開催日時:2017/4/6~4/10   10:30~16:30
■開催場所:平安女学院大学 有栖館
京都市上京区烏丸通下立売西入五町目町172-2
■入館寄付:大人500円 大学生200円 高校生以下無料
■お問合せ:075-414-8155




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



村野藤吾とクライアントー近鉄の仕事を通して★京都工芸繊維大学 美術工芸資料館

村野藤吾(1891-1984年)は戦前から戦後にかけて多数の建築作品を遺しましたが、その中には同じクライアント(施主)から継続的、断続的に設計を依頼されたものが多数含まれています。大阪や東京を拠点とする大企業が長年に渡って村…




村野藤吾(1891-1984年)は戦前から戦後にかけて多数の建築作品を遺しましたが、その中には同じクライアント(施主)から継続的、断続的に設計を依頼されたものが多数含まれています。大阪や東京を拠点とする大企業が長年に渡って村野のクライアントととなり、豊かな建築作品を支えました。


代表的な企業として中山製鋼所、湯浅伸銅、大丸(現・大丸松坂屋百貨店)、高島屋、大阪商船(現・商船三井)、川崎造船所(現・川崎重工業)、西武鉄道などが挙げられます。しかし中でも、戦前から戦後にかけて約50年間に渡って村野にとっての特別なクライアントであり続けたのが、近鉄(近畿日本鉄道)です。


その仕事は本社ビルや鉄道駅、百貨店、ホテル、劇場、映画館、住宅など、多岐に渡っています。多数の来場客を迎える都市的な施設が多く、その建築空間には、いかにクライアントの要求に答えいかに来場客をもてなすか、という難しい課題に対する村野の回答が表現されていると言えます。

出品作品
あやめ池温泉場(1929年)
都ホテル(現・ウェスティン都ホテル京都/1936-88年)
橿原神宮駅(現・橿原神宮前駅/1940年)
アポロ座(1950年)
志摩観光ホテル(1951・69・83年)
近映会館(1954年)
近鉄会館(1954年)
近鉄百貨店阿倍野店(1957・58・64年)
名古屋都ホテル(1963年)
佐伯邸(1965年)
上本町ターミナルビル・近鉄百貨店上本町店(1969年)
近鉄本社ビル(1969年)
賢島駅(1970年)
近映レジャービル・アポロ(現・きんえいアポロビル/1972年)
都ホテル大阪(現・シェラトン都ホテル大阪/1985年)

 

記念シンポジウム「村野藤吾とクライアント-近鉄の仕事を通して」
日時:2017年4月22日(土)14:00~17:00
会場:京都工芸繊維大学 1号館0111講義室
定員:150名(入場無料・当日先着順)
基調講演:中山 勉(近鉄・都ホテルズ副社長)、石田潤一郎(京都工芸繊維大学教授)
事例報告:福原和則(大阪工業大学教授)、笠原一人(京都工芸繊維大学助教)
司会:松隈 洋(京都工芸繊維大学美術工芸資料館教授)

 

同時開催


里見宗次―フランス・日本・タイのグラフィックス(3月6日~4月22日)



 

第14回村野藤吾建築設計図展
☆★☆  村野藤吾とクライアントー近鉄の仕事を通して  ☆★☆

■開催日時:2017/3/21 ~6/10 10:00~17:00
休館日/日曜・祝日、
■開催場所:京都工芸繊維大学 美術工芸資料館
〒606-8585 京都市左京区松ヶ崎橋上町
■料  金:一般200円 学生150円 高校生以下無料
■お問合せ:075-724-7924 E-Mail:siryokan@kit.ac.jp
■U R L:http://www.museum.kit.ac.jp/

13作家のマンガ原稿がついに関西上陸!

 
日本人は、プロの作家のみならず、実に多くの人が「絵」を描いています。マンガ読者の多くは、愛好するマンガ作品をまねて自らも「描く」という体験を一度はしており、このような「描く読者」が分厚い層として存在し続けてきたことが、現代マンガの隆盛を支えてきたと言…

 

日本人は、プロの作家のみならず、実に多くの人が「絵」を描いています。マンガ読者の多くは、愛好するマンガ作品をまねて自らも「描く」という体験を一度はしており、このような「描く読者」が分厚い層として存在し続けてきたことが、現代マンガの隆盛を支えてきたと言っても過言ではありません。

この展覧会は、マンガを「描く」「人に見せる」「たのしむ」という、マンガの本質的な営為に着目し、戦後から現代までの優れたマンガ家たちの卓越した作画技術を原画、資料、映像等により紹介するとともに、そうした作家たちを育み、産み出してきた文化的な背景を、貴重な史資料で解説します。

 

◆出品作家:
赤塚不二夫、石ノ森章太郎、手塚治虫、藤子不二雄Ⓐ、水野英子
あずまきよひこ、さいとう・たかを、島本和彦、竹宮惠子、平野耕太、PEACH-PIT、陸奥A子、諸星大二郎
ライブプログラム

【関連イベント】ワークショップ「ぷちマンガ家体験~『描く!』マンガ展ver.~
プロのマンガ家が使用しているGペンとインクを使って作画体験ができるワークショップ。道具の使い方を解説するレクチャーと線をなぞれば完成する体験用紙も用意されているので、初心者でも大歓迎!お気軽にご参加ください。

日時:2017年3月11日(土)~5月14日(日)の土日・祝日
11:30~/14:00~(各回約60分)
会場:京都国際マンガミュージアム 1階吹抜け
料金:無料(ただし、ミュージアムへの入場料は別途必要です)
定員:各回12名(小学4年生以上対象)
※小学1~3年生は保護者同伴であれば参加できます。
※小学生未満の方は参加できません。

※事前申込不要・当日会場にて受付(各回受付時間|11:00~11:30/13:30~14:00)

 

☆★☆★『描く!』マンガ展~名作を生む画技に迫る―描線・コマ・キャラ~☆★☆★
■開催期間:2017/3/16~5/14    10:00~20:00
休館日/水曜日 <ただし5/3(水・祝)は開館 4/13(木)は展示替>
■開催場所:京都国際マンガミュージアム
〒604-0846 京都市中京区烏丸通御池上る
■料   金:ミュージアム入場料のみ 大人800円 中高生300円 小学生100円
■お問合せ:075-254-7414(代)
■URL :http://kyotomm.jp






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





京都タワービルに新たな商業施設オープン★KYOTO TOWER SANDO

KYOTO TOWER SANDO
(京都タワー サンド)
平成29年4月14日(金)オープン!京都タワービルの地下1階~地上2階の商業ゾーンが全面的にリニューアルし、「KYOTO TOWER SANDO(京都タワー サンド)」として、平成29年4月14日(金)に開業する。
京都土産の定番店から、…

KYOTO TOWER SANDO
(京都タワー サンド)
平成29年4月14日(金)オープン!


img_124662_3


京都タワービルの地下1階~地上2階の商業ゾーンが全面的にリニューアルし、「KYOTO TOWER SANDO(京都タワー サンド)」として、平成29年4月14日(金)に開業する。

京都土産の定番店から、京都駅周辺にはなかった隠れた名店まで、3フロア合わせて55店舗が新たに出店する。


「街・駅に続く、3つめの選択肢へ。これまでにない、これからの京都。」をリニューアルコンセプトに、

地下1階は「京都を味わう食べ歩きが楽しいフードホール」
1階は「京都らしい逸品が集まるマーケット」
2階は「体験で思い出になるワークショップ」

で構成され、地元のお客さまはもちろんのこと、京都を何度も訪れている日本人観光客や急増する外国人観光客のお客さまをお迎えするグローバル拠点を目指す。



KYOTO TOWER SANDO
(京都タワー サンド)


開業日
平成29年4月14日(金)
場所
京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721番地の1
京都タワービル内
店舗数
55店舗(地下1階 19店舗、1階 31店舗、2階 5店舗)
営業時間
年中無休
地下1階 11時 ~ 23時、1階・2階 9時 ~ 21時
営業面積
約2,620平方メートル
ホームページ
http://kyoto-tower-sando.jp/
【PICK UP SHOPS】

地下1階 <集う・憩う>
■KYOTO TOWER SANDO バル
300年以上の歴史を持つ京都の地酒、「和食に合うワイン作り」をコンセプトに掲げる京都ワイン、近年話題となっているクラフトビールなど。■the ROOTS of all evil.(ザ ルーツ オブ オール イーヴル)
日本初のクラフトジンである京都産のクラフトジン「季の美」を使用したカクテルなどをスタンディングで提供。

■京の焼肉処 弘 初の牛串を中心とした肉バル

■魏飯吉堂 創作中華「一之船入」が手がける中華料理店。

1 階 <買う・探す>
■京都北山マールブランシュ
「京都クオリティ」をコンセプトに、茶畑をイメージした京都タワーサンド店では、ここでしか味わえない、お濃茶「生茶の菓アイスバー」が登場。■京都しゃぼんや
職人が一点ずつ真心をこめて作る無添加の手作り洗顔石鹸のほか、「祇園辻利」や「Dari K」とコラボした新感覚リップクリームを販売。

■UCHU wagashi
「人をわくわくさせたり、しあわせにする和菓子」がコンセプトの現代的な落雁専門店。

■都松庵
生あんを生地に練り込んだカラフルなパッケージのクッキーなど。小麦粉を一切使わないグルテンフリー。

店舗リスト












メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ




第2回滋賀ええもんコレクション

京と近江路、琵琶湖を結ぶ山科で、昨年好評だった「滋賀ええもんコレクション」がスケールアップして開催される。
伝統工芸、洗練のスイーツ、パンなどなどまだ知られていない湖国の魅…

第2回滋賀ええもんコレクション


京と近江路、琵琶湖を結ぶ山科で、昨年好評だった「滋賀ええもんコレクション」がスケールアップして開催される。
伝統工芸、洗練のスイーツ、パンなどなどまだ知られていない湖国の魅力を発掘し、昨年を上回る80のショップが集合する。
新しい、楽しい、美味しい、が満載の滋賀が発見できる。

滋賀ええもんコレクション

期間:3/24(金)~4/2(日)
会場:京都市山科区竹鼻竹ノ街道町91 ラクトB
1階アトリウム特設会場 / 3階アトリウムテラス特設会場

滋賀てづくりマルシェ
滋賀の手作り作家さん13名の個性あふれる作品がイッパイ!
3階アトリウムテラス特設会場
手作りサンキャッチャー教室
黒壁ガラス館によるワークショップ
(3/25・4/1)
長農*滋賀の元気販売会
長浜農業高校の生徒さんたちが企画・製造した農産加工品やパンの出張販売会
(3/25・4/1)
プレミアム弁当限定販売
第2回開催記念
「岡喜本店ビフテキ重」
「日本一のうなぎ 逢坂山かねよ きんし折詰」
「塩津海道 魚助 鯖一本寿し
(3/24・25・26)






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




古代オリエント美術の愉しみ― エジプトから中国まで ―/MIHO MUSEUM

古代オリエントの美術は、その時代・地域で何世代にもわたって受け継がれ、また異文化と交流することによって洗練されていきました。こうして生まれた造形物には、美しいものを希求する心が通底しています。本展覧会では、2017年に開館20周年を迎えるMIHO
MUSEUM(滋賀県甲…



古代オリエントの美術は、その時代・地域で何世代にもわたって受け継がれ、また異文化と交流することによって洗練されていきました。こうして生まれた造形物には、美しいものを希求する心が通底しています。本展覧会では、2017年に開館20周年を迎えるMIHO MUSEUM(滋賀県甲賀市信楽町)が所蔵する選りすぐりの名品によって、古代オリエント・中国の美術66点を一堂に展望します。





古代の美術品は、一人の天才のなせる業ではなく、何世代にも亘って受け継がれた 歴史と、異文化間の交流とが相まって必然的に産み出されたものと言えるでしょう。時代、民族、宗教、地域を超えて、永遠なる至福に憧れる心、美しいものを希求する心こそが、芸術を生み出す創造力の源泉に他なりません。

古代オリエントを巡る壮大な歴史と精神世界との出会いを体感し、はるかいにしえより今に息づく、魅力あふれる造形の数々をお楽しみください。


本展は、この秋に迎える開館20周年を記念して開催される特別企画です。

 

同時開催

    春季特別展 「和ガラスの美を求めて ― 瓶泥舎コレクション ―」(北館)

 



開館20周年記念特別企画
☆★☆★☆  古代オリエント美術の愉しみ― エジプトから中国まで ― ☆★☆★☆
■開催日時:2017/3/18~6/18   10:00~17:00
休館日/月曜日 ※ただし3/20(月)は開館、3/21(火)、5/13(土)、5/14(日)休館
■開催場所:MIHO MUSEUM 南館 中国・西域展示室
〒529-1814 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
■料   金:一般1100円 高大生800円 小中生300円
■お問合せ:0748-82-3411
■U R L:http://mihojp/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



木を魅せる仕事/新宮州三 木漆展

新宮州三氏は、自然豊かな京都市右京区京北町に工房を構え、美しくも力強い木漆工芸を生み出す。
暮らしの「うつわ」から、アートな「造形作品」まで、進化する新宮パワーでファンを魅了し続けている。

京都では三年ぶりの個展となり、明るく雅やかな春の京都散策とともに、…

新宮州三氏は、自然豊かな京都市右京区京北町に工房を構え、美しくも力強い木漆工芸を生み出す。
暮らしの「うつわ」から、アートな「造形作品」まで、進化する新宮パワーでファンを魅了し続けている。



京都では三年ぶりの個展となり、明るく雅やかな春の京都散策とともに、ぜひ壬生の幾一里へもお訪ねください。



新宮州三木漆展

出品予定作品は、お盆、折敷、お椀、木皿、木鉢、花器、重箱、茶入、茶托、造形作品など。

日時
2017年4月15日(土)~23日(日)
12:00~18:00
会期中無休

所在地
京都市中京区坊城通後院通下ル壬生馬場町19-1

19b4ec5ad1c090ce81499d5579a459de0e7ff7f1_l

アクセス

・市バスみぶ操車場前又は壬生寺道から徒歩2~4分
・JR嵯峨野線・地下鉄東西線二条駅、阪急・嵐電大宮駅から徒歩7分
駐車場 無

お問い合わせ

ギャラリー[幾一里](いくいちり)
tel 075-811-8454
fax 075-811-8454

ホームページ

幾一里のブログ http://ikuichiri.exblog.jp






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




2017 宇治川さくらまつり&炭山陶器まつり

■ 宇治名物がいっぱい「春の市」

宇治川春の市では、宇治の名産品や春らしい季節感いっぱいの品々を豊富揃えています。
(桜餅・花見団子などの和菓子、竹製品、花見弁当、木工教室、のれんなど)
■ ご当地グルメ
宇治茶漬けコーナー(宇治商工会議所)
■ 伏見の銘酒試…

100406_DSC_0095


■ 宇治名物がいっぱい「春の市」



宇治川春の市では、宇治の名産品や春らしい季節感いっぱいの品々を豊富揃えています。
(桜餅・花見団子などの和菓子、竹製品、花見弁当、木工教室、のれんなど)


■ ご当地グルメ
宇治茶漬けコーナー(宇治商工会議所)

■ 伏見の銘酒試飲コーナー
伏見酒造組合協賛のお酒を試飲していただけます。(無料)
◆ レディースタイム : 12時~12時30分
◆ 一般 : 12時30分~13時
 

■ 花見舟(遊覧船)


100406_DSC_0025


宇治川派川では、花見舟(遊覧船)が運行されます。
(600円・小学生300円)



■ 第38回「炭山陶器まつり」
宇治川さくらまつりと同時開催の「炭山陶器まつり」は、25店舗の窯元が塔の島に揃うにぎやかな陶器市です。

■ お茶席
当日券  お茶席券 500円
前売券  お茶席・点心席・記念品付きセット券1500円 (限定販売  4日(土)100席/5日(日)100席)

 

 

100406_DSC_0079100406_DSC_0041


■ おまつり広場ステージ


おまつり広場ステージでは、宇治田楽、うみうのウッティーと鵜飼の紹介、チャチャ王国のおうじちゃま&ちはや姫登場のステージがあります。(雨天中止、無料)


 

100406_DSC_0140

 



☆★☆★ 宇治川さくらまつり&炭山陶器まつり ☆★☆★

■開催日時:2017/4/1~4/2     10:00~16:00 雨天決行
■開催場所:宇治川・中の島公園
■入 場 料:無料
■お問合せ:0774-23-3334
■U R L :http://www.kyoto-uji-kankou.or.jp/topics/sakura2017.html






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



和ガラスの美を求めて ― 瓶泥舎コレクション ―/MIHO MUSEUM

江戸時代、ガラスの食器や調度品は、日々の暮らしを洗練させ、特別な日を輝かせていた。今展では、松山市にある「瓶泥舎びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館」の創立者、大藤範里氏のコレクションから、和ガラスの逸品を一堂に展観する。
世に優れた硝子は数あれど、江戸時代…


江戸時代、ガラスの食器や調度品は、日々の暮らしを洗練させ、特別な日を輝かせていた。今展では、松山市にある「瓶泥舎びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館」の創立者、大藤範里氏のコレクションから、和ガラスの逸品を一堂に展観する。


世に優れた硝子は数あれど、江戸時代のびいどろほど儚く、柔らかく、花のように可憐で、言いようのない色気を帯びたものがあるでしょうか。

熱い炎に溶けたガラスを扱う職人が、瓶に吹き込む息の膨らみ、ブルーやグリーンや紫の微妙な色の階調、たゆたうような肌の質感、やすりで一本一本削り出した切子の柔らかな線、これらが和ガラスに形や色を留めて美を与えます。


ここに生涯を賭けて、和ガラスの美しさを追い求めた人物がいました。


 

 


大藤範里(だいとう のりさと)氏。2011年4月松山市・道後温泉に開館した「瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館」の創立者で、「最も美しいガラスを探す。」ことを目標に、約50年に亘って和ガラスの蒐集をしてこられました。幸いなことに生前の氏のご希望もあり、瓶泥舎コレクションを代表する逸品をMIHO MUSEUMにて一堂に展望します。


 


長崎に始まり大阪から江戸へ、やがて日本中の人々を魅了した和ガラスの器は、日々の暮らしを豊かに洗練させ、特別な日を輝かせるアイテムであり、お大名たちの贈答品でもありました。このCoolな美しさ、どうぞ存分にお楽しみ下さい。


 

同時開催

    開館20周年記念特別企画 「古代オリエント美術の愉しみ
― エジプトから中国まで ―」(南館 中国・西域展示室)

 


春季特別展
☆★☆★☆  和ガラスの美を求めて ― 瓶泥舎コレクション ―  ☆★☆★☆
■開催日時:2017/3/18~6/18   10:00~17:00
休館日/月曜日 ※ただし3/20(月)は開館、3/21(火)、5/13(土)、5/14(日)休館
■開催場所:MIHO MUSEUM
〒529-1814 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
■主  催:MIHO MUSEUM、京都新聞社
■料   金:一般1100円 高大生800円 小中生300円
■お問合せ:0748-82-3411
■U R L:http://mihojp/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



第31回高瀬川桜まつり ☆元立誠小学校

 

いよいよ春爛漫とばかりに咲き誇る高瀬川畔
木屋町通一帯は歩行者天国(11:00~16:00)となります。
4月の土日は立誠小学校跡で、盛りだくさんのイベントが。
いつ訪れても昼夜通して楽しめます。
 

4/1,2 両日開催イベント
高瀬川・川中床几、、卒業写真展、映画原点…

DSC_1817

 


いよいよ春爛漫とばかりに咲き誇る高瀬川畔
木屋町通一帯は歩行者天国(11:00~16:00)となります。
4月の土日は立誠小学校跡で、盛りだくさんのイベントが。

いつ訪れても昼夜通して楽しめます。

 



4/1,2 両日開催イベント

高瀬川・川中床几、、卒業写真展、映画原点の地展、高瀬川舟あそび
京の路地裏スケッチ展
アートマルシェ・
わいわい屋台コーナー
お茶会フェスタ
京の酒蔵利き酒
お雛様の展示
その他

1日のみのイベント
寶恵駕籠巡航(ほえかごじゅんこう)
女みこし
和太鼓演奏
“吉田類さんトークショー”
その他
2日のみのイベント

舞妓さんとお茶席
“吉田類さんトークショー”
あてもんゲーム&パズル
その他

 

DSC_1814

 



☆★☆★ 第31回高瀬川桜まつり  ☆★☆★

■開催日時:2017/4/1~4/2
■開催場所:元・立誠小学校(京都市木屋町通蛸薬師下ル)
■主   催:立誠高瀬川保勝会/角倉了以翁顕彰碑保存会/立誠自治連合会/立誠・文化のまち運営委員会/高瀬川桜まつり実行委員会/一般社団法人 文まち
■料   金:入場無料 (一部有料イベントあり)






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ