大原女まつり

大原女は、頭に柴を乗せて京都の街中を売りに歩いた女性で、室町時代は黒の着物に朱色の帯、白無地の手ぬぐい。
江戸時代は刺繍入りの紺地の手ぬぐい、着物も紺色の手織りの木綿に変わる。
明治時代以降は 絣の着物に赤いたすき、帯もピンクや赤と色鮮やかな装いになる。





大原女は、頭に柴を乗せて京都の街中を売りに歩いた女性で、室町時代は黒の着物に朱色の帯、白無地の手ぬぐい。
江戸時代は刺繍入りの紺地の手ぬぐい、着物も紺色の手織りの木綿に変わる。
明治時代以降は 絣の着物に赤いたすき、帯もピンクや赤と色鮮やかな装いになる。

 

◆時代行列:4月29日午後1時頃、寂光院出発~午後3時頃、勝林院到着・雨天中止




oharame2009_bk03


期間中は大原女の着付け体験が1,000円(通常2,500円)となる他(事前予約要)、大原女の格好をして頂いた方に限り、三千院・宝泉院・勝林院・実光院へご招待致します。(拝観料が無料となります)
寂光院では粗品を進呈致します。

4月23日(土)には大原女時代行列があり、その他の日程では、赤しその苗植え体験など様々なイベントを予定しています。



活動的でおしゃれな大原女姿は、

寂光院に穏棲された建礼門院に仕えた阿波内侍が着ていた衣装が原型といわれています。
舞子姿で洛中散歩もいいですが、
大原女姿の散策とその記念写真は、更に貴重た思います。是非ご参加を。



 

※観覧は無料です。




4/29 当日スケジュール

11時00分まで 受付・着替え
大原山荘にて受付致します。伝統衣装の大原女の姿に着替えて出発を待ちます。各自でお昼ごはん等をお済ませ下さい。
12時30分  大原山荘前に再集合して出発準備
13時00分 行列巡行
行列を成して寂光院~三千院~勝林院まで歩き、各地へお参りします。
15時00分 最後に勝林院にて集合写真を撮影します。
16時00分頃 解散

お申し込み方法

大人から子供、お一人様、グループ、外国からの観光の方など、毎年様々な方にご参加頂いています。
行列参加には事前にお申し込みが必要です。(観覧のみの場合は不要)

お申し込みは下記までお電話にてお願い致します。
大原観光保勝会(TEL:075-744-2148)

11157495_1098701360143683_4585665224383693411_o11146395_1098702213476931_135469165950011728_o

 



大原女まつり

■開催日時:2017/4/28~5/15
■開催場所:大原一帯
京都市左京区大原勝林院町(時代行列到着の勝林院)

■お問合せ:大原観光保勝会 075-744-2148
PCサイト   http://kyoto-ohara-kankouhosyoukai.net/
携帯サイト http://kyoto-ohara-kankouhosyoukai.net/mobile/

 
宝泉院ライトアップ
4月22日(土)~5月7日(日)
お問い合わせ:宝泉院

 
京都市左京区大原勝林院町187番地 TEL:075-744-2409




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ