師走京都の風物詩「広沢池の鯉揚げ」

師走京都の風物詩「広沢池の鯉揚げ」が始まります。
普段の広沢池と様子が一変します。水位は下がり2、3日もすれは・・・水抜き池ざらえの後は干拓地の様になります。

市内の養殖業者さんが毎年4月に15センチほどの稚魚約120…

hirosawa_koiage180
師走京都の風物詩「広沢池の鯉揚げ」が始まります。
普段の広沢池と様子が一変します。水位は下がり2、3日もすれは・・・水抜き池ざらえの後は干拓地の様になります。

hirosawaikehirosawa_koiage175

hirosawa_koiage245

市内の養殖業者さんが毎年4月に15センチほどの稚魚約1200匹を池に放流し、食べ頃となる40センチほどの大きさまで育てています。そして、11月からの水抜きで水位を下げた池の隅に、鯉を追い込んだ後、網で引き上げます。

hirosawa_koiage145

揚がるのは鯉ばかりではありません。鮒もモロコもエビも揚がります。
それを計り売りで分けて貰えます。

hirosawa_koiage231

 

hirosawa_koiage123

大宮人が狩猟や若菜摘みなどの風流を楽しんだ景勝地、

長閑に過ごせる広沢へおでましになりませんか。

 



☆★☆★☆   師走京都の風物詩「広沢池の鯉揚げ」 ☆★☆★☆

■開催日時:2017/12/初旬~12/30
■開催場所: 広沢池
〒616-8301 京都府京都市右京区嵯峨広沢町
■料   金:見学無料
■お問合せ:075-343-6655  京都市観光案内所







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ