御弓始神事・奉射祭 /伏見稲荷大社

いわゆる御弓始神事で、年頭にあたって邪気や陰気を祓い陽気を迎える神事です。本殿の祭典の後、神苑斎場で権宮司が神矢をもって天地四方を射、つづいて神職二名が真矢で大的を射ます。この時の矢の当り方が今年の五穀の豊凶を占うものといわれています。

神官が斎場へと入…

IMG_4236


いわゆる御弓始神事で、年頭にあたって邪気や陰気を祓い陽気を迎える神事です。本殿の祭典の後、神苑斎場で権宮司が神矢をもって天地四方を射、つづいて神職二名が真矢で大的を射ます。この時の矢の当り方が今年の五穀の豊凶を占うものといわれています。


fusimiinari-hosyasai2012B


神官が斎場へと入場すると、大的が清め祓われます。供物が捧げられると、東西南北と天と地に矢を放ち斎場を清める「天地四方の儀」となり、続いて「奉射の儀」となります。

 

 IMG_4242

 

 

☆★☆★☆ 伏見稲荷大社 奉射祭 ★☆★☆

■開催日時:2018/1/12     14:00
■開催場所:伏見稲荷大社
〒612-0882 京都市伏見区深草藪之内町68
■料   金:見学無料
■お問合せ:075-641-7331
■U R L:http://inari.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ