32店舗が出店する 京名菓・名菜処 亰(みやこ)

京都駅ビル「京都駅観光デパート」は、JR京都駅西口2階南北自由通路に「京名菓・名菜処 亰(みやこ)」を、中央口1階に「おみやげ小路 京小町(南館)」を10月11日(木)から開業している。旧スバコ(SUVACO)が改装された。

「京名菓・名菜処 亰」は、京名菓ゾーンと食品ゾ…

京都駅ビル「京都駅観光デパート」は、JR京都駅西口2階南北自由通路に「京名菓・名菜処 亰(みやこ)」を、中央口1階に「おみやげ小路 京小町(南館)」を10月11日(木)から開業している。旧スバコ(SUVACO)が改装された。


「京名菓・名菜処 亰」は、京名菓ゾーンと食品ゾーンからなる32の店舗の老舗ブランドによる和洋菓子、漬物、惣菜・弁当、酒など京の食を取り揃える。

京名菓ゾーン
老舗ブランドによる京名菓に加え、京都で生まれた新しい洋菓子ブランドも展開。普段使いからハレの場までご利用いただける新しい京都を発信する売場を展開します。

食品ゾーン
ベーカリー、おにぎり、京都の酒、京漬物に加え、店内厨房で調理した「できたて」「作りたて」のお弁当やお惣菜をお届けします。
京都で初出店となるのが3店舗あり、中でも世界初披露となるがカカオをその場で挽いて出来立てチョコを楽しむジ・オブローマ990では挽きたてフレッシュなカカオドリンクやソフトクリーム、スイーツが提供される。

京都府初出店!約300店舗を展開し、年間1億2千万本以上の焼鳥を販売する「日本一」

京都の銘柄鶏「丹波あじわいどり」

店舗リストは次の通り


京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


第37回 大江山酒呑童子祭り

秋の風物詩大江山酒呑童子祭りが今年も盛大に開催されます。
福知山市の地域資源である大江山の酒呑童子伝説をテーマとした「酒呑童子祭り」は、全国各地の伝統芸能を「鬼伝説のまち」である大江に集結させ、福知山の…

秋の風物詩大江山酒呑童子祭りが今年も盛大に開催されます。

福知山市の地域資源である大江山の酒呑童子伝説をテーマとした「酒呑童子祭り」は、全国各地の伝統芸能を「鬼伝説のまち」である大江に集結させ、福知山の鬼芸能とともに、「鬼ブランド」の発信と観光誘客を図っています。
また、鬼の頭領である酒呑童子を先頭に鎧兜を着た武者が行列する鬼武者行列を繰り広げ、「鬼文化」の継承を図ります。

本年は、宝塚市にあるミュージカルカンパニー「OZmate」を招き、一昨年ニューヨーク公演をし、好評を博した「大江山鬼伝説(The Legend of oni)」を酒呑童子が暴れまわったふるさと大江山の地で演じます。

鬼検定など様々な催しを計画されていますので、ぜひご家族お揃いでおでかけください。

 

 

 

☆★☆ 第37回大江山酒呑童子祭り ☆★☆ 

■ 日  時 : 平成30年10月28日(日) 午前10時から午後3時30分まで

■場  所 : 京都丹後鉄道大江駅周辺会場(福知山市大江町河守)
酒呑童子の里会場(福知山市大江町佛性寺)

■お問合せ : 大江山酒呑童子祭り実行委員会 (0773-56-1055)




京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


菊花展☆京都府立植物園

 
大菊花壇、福助花壇、小菊盆栽、嵯峨菊、懸崖菊、トピアリーなど秋の代表花である「菊」各種約1000本を展示。
大覚寺で栽培されている、かつては門外不出とされてきた嵯峨菊も展示されてます。
嵯峨菊独特の仕立て…

shokubutuen2013-kikkatenp-424x600

 

大菊花壇、福助花壇、小菊盆栽、嵯峨菊、懸崖菊、トピアリーなど秋の代表花である「菊」各種約1000本を展示。
大覚寺で栽培されている、かつては門外不出とされてきた嵯峨菊も展示されてます。
嵯峨菊独特の仕立て方「七五三仕立て」がご覧いただけます。

 

10/28現在 京都府立植物園

京都府立植物園

  

syokubutsuen-kikkaten50

 

☆★☆★  菊花展/ 京都府立植物園   ☆★☆★

■開催期間:2018/10/20~11/15       9:00~17:00((入園受付16:00迄)
■開催場所:京都府立植物園 大芝生地・特設展示場
京都市左京区下鴨半木町
■入 場 料:一般 200円 高校生 150円 小・中学生 無料
■お問合せ:075-701-0141
■URL :http://www.pref.kyoto.jp/plant






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



鞍馬の火祭 / 由岐神社

「時代祭」は平安建都1100年を記念して
百年余り前の明治時代から始められたものである。
その10月22日の夜には「鞍馬の火祭」が執り行われている。
 

 
後者は平安中期、鞍馬寺の鎮守社である「由岐神社」の…

131017_DSC_0001

「時代祭」は平安建都1100年を記念して
百年余り前の明治時代から始められたものである。
その10月22日の夜には「鞍馬の火祭」が執り行われている。

 
131017_himaturi04

 
後者は平安中期、鞍馬寺の鎮守社である「由岐神社」の祭神が御所から鞍馬に移されたときに、鞍馬の村人が戸口にがかがり火をたいて迎えた故事にちなみ、鞍馬寺仁王門前の石段下に約200本の松明が並び、炎の乱舞する神事で、京都三大奇祭のひとつとして知られている。

鞍馬は御所大極殿の鬼門封じの北東のライン上に位置し、歴史的にみても京都に根ざした祭りといえる。
前者の観光行事としての京都イメージの祭と、平安京守護や京の地の精神を祭事とする後者の祭の違いが見えてくるはずだ。
同月同日は1日にして二つの顔を持つ京都を見ることができる。

 

 

「鞍馬の火祭」は京都三大火祭のひとつでもある。
後の二つは、8月16日の「五山の送り日」、3月15日の「清涼寺のお松明式」だ。

火に関わる祭りには
「吉田火祭」「広河原の松上げ」「花背の松明」「岩倉火祭」などが挙げられる。
共通していることは、
どれもが生活の一部として市民生活のなかに深く溶け込んでいる点だ。

火の扱い方は違えども、いかに信仰の世界と強く結びついているかが伺える。

 

 

131017_kuramanihimatsuri125

 

 

以前は「鞍馬の火祭」を終えた深夜3時(10/22・27時・・・現在は23日に近い土曜日)に、岩倉の石座(いわくら)神社の二基の大松明に火が舞い、早朝5時に神輿が担ぎ出され巡行するのだ。朝神事と呼ばれるものである。
観光スペシャルでは勿論、京都通を自称する京都人も案内してくれないものである。

 

131017_kuramanohimatsuri_map

 

 

 「神事にまいらっしゃ~れ~」
「サイレヤー、サイリョウ」

 

 

 

☆★☆ 鞍馬の火祭 ☆★☆

■開催日時:2017/10/22  18:00~24:00
■開催場所:由岐神社
京都市左京区鞍馬本町1073番地
■料   金:見学無料
■お問合せ:075-741-4511
■U R L:http://www.yukijinjya.jp/

 



メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



船岡大祭で信長を偲ぶ☆建勲神社

 
10月19日11時より毎年恒例の船岡大祭が斎行されます。
仕舞『敦盛』や舞楽が奉納、火縄銃演武の奉納(H30年はなし)が行われます。
 

 
ご祭神信長公の偉大な功勲を後世に伝えようと永禄11年(1568)の信長公上洛の…

101012_teppotai_funaokasai2009_10b

 

10月19日11時より毎年恒例の船岡大祭が斎行されます。

仕舞『敦盛』や舞楽が奉納、火縄銃演武の奉納(H30年はなし)が行われます。

 

101012_atumori_funaokasai101012_kotyonomai_funaokasai

 

ご祭神信長公の偉大な功勲を後世に伝えようと永禄11年(1568)の信長公上洛の日を祭日として、ご鎮座当初より盛大に行われている御祭で、地元の西陣各学区を始め各地よりの崇敬者で賑わいます。
毎年、仕舞『敦盛』や舞楽が奉納されるほか、宝物展示や火縄銃演武の奉納などが年次ごとに行われます。

funaokayama-mitorizu2s

 

信長関連コラム~織田信長を訪ねて

 

101012_DSC_4581

建勲神社/ 300年の時を経て建勲の神号で奉斎される武人となる

安土城址/ 城址より信長陵と呼ぶにふさわしい

総見院・本能寺・二条殿/  ちょっと行ったとこで信長に出くわします

南蛮寺/  現実主義的な信念で尾張の暴れん坊が西洋を理解した

阿弥陀寺・大雲院・総見院 / 歴史ロマンの宝庫で空想に果てがない

 

 

2018/10/19   11:00~

 今年は仕舞『敦盛』『小鍛冶』、舞楽『陵王』、また4年ぶりに火縄銃演武の奉納が予定されております。
火縄銃につきましては、お祭りにおける演武奉納に加え、
14時からも再度演武を実施致します。皆様どうぞご参列ください。

 

 

建勲神社
〒603-8227 京都市北区紫野北舟岡町49
075-451-0170
http://kenkun-jinja.org/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




時代祭/時代風俗行列

祭儀は10月15日の参役宜状授与祭、21日の前日祭、22日の神幸祭、行在所祭、還幸祭、23日の後日祭ですが、そのメイン・イベントはもちろん22日の時代風俗行列です。
当日は午前7時に神宮で神幸祭が行われ、ついで神幸の御鳳輦が9時に出発して京都御所にいたり、同10時30分…



祭儀は10月15日の参役宜状授与祭、21日の前日祭、22日の神幸祭、行在所祭、還幸祭、23日の後日祭ですが、そのメイン・イベントはもちろん22日の時代風俗行列です。


当日は午前7時に神宮で神幸祭が行われ、ついで神幸の御鳳輦が9時に出発して京都御所にいたり、同10時30分に御苑建礼門前で行在所祭を執行の後、参集の時代行列と合して12時に建礼門前を出発、午後3時頃神宮に還幸され還幸祭が行われます。

 
は午前中に京都御所へ向かう神幸列のコース
は正午に京都御所を出発する時代祭行列のコース

map

京都御所建礼門前(12:00) 堺町御前門(12:15)
烏丸丸太町(12:30)   烏丸御池(12:50)
河原町御池(13:20)   河原町三条(13:25)
三条神宮前通(14:10) 平安神宮(14:30)
時間は先頭の通過予定時刻です。
全行程は約4キロ、先頭から後尾までの全長は約2キロに及び通過所要時間は2時間程度かかります

 

有料観覧席発売
料金 1席 2,050円 (全席指定・パンフレット付 )
設置場所
京都御苑 (正午頃)  見取り図(PDF)
御池通 (午後1時頃) 見取り図(PDF)
平安神宮道 (午後2時20分頃) 見取り図(PDF)

※雨天の場合は、翌日23日に順延となります(当日早朝天候判断)。
順延の場合、観覧席券は翌23日にそのままご利用いただけます(払い戻しはいたしません)。
※全国のローソン、ミニストップ、JTB、近畿日本ツーリスト、京都総合観光案内所(京なび)や京都市観光協会窓口でも販売しています。

 

 

 



時代祭/時代風俗行列

開 催 10月22日 7:00~16:00
場 所 京都御所~平安神宮
京都御所建礼門前出発(12:00)~烏丸通御池通~河原町通~三条通~平安神宮(16:00頃)
観覧席 見学無料 ※有料観覧席 一席2050円
問合せ
075-761-0221 平安神宮
075-752-7070 京都市観光協会
http://www.heianjingu.or.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


亥の子餅の切り絵を一緒に作ろう

学ぶ!作る!食べる!
地域の歴史とワークショップ
昔の京都では御所の中で旧暦十月の亥の日に天皇から亥の子餅を家臣に渡す風習があり、「玄猪」と呼ばれていました。
その後には、稲刈りの時期に収穫を祝う行事と変化して、一般の民衆の間に広まっていきました。
宮中行事…

学ぶ!作る!食べる!
地域の歴史とワークショップ


昔の京都では御所の中で旧暦十月の亥の日に天皇から亥の子餅を家臣に渡す風習があり、「玄猪」と呼ばれていました。
その後には、稲刈りの時期に収穫を祝う行事と変化して、一般の民衆の間に広まっていきました。
宮中行事から民間の行事へ伝播して、姿を代えながら現在に伝わる「玄猪」について、岩倉具視らが生活した宮中での行事からどのように変化して現在に伝わっているのかを一緒に学びましょう。
 

 今回は行事食としての亥の子餅を題材として、歴史的なお話を聞いて、切り絵を体験してみましょう。完成後はみんなで一緒に亥の子餅をいただきます!
大人から子供まで楽しめる学ぶ・体験する・食べるの簡単な講座です。



学ぶ!作る!食べる!地域の歴史とワークショップ
亥の子餅の切り絵を一緒に作ろう
開催日
2018年11月11日(日)
開催時間
①10:00~12:00②13:00~15:00
場所
岩倉具視幽棲旧宅 対岳文庫・休憩室
京都市左京区岩倉上蔵町100


https://iwakura-tomomi.jp/about/
講師
重岡伸泰(岩倉具視幽棲旧宅 学芸員)
     川合奈穂(植彌加藤造園 スタッフ)
定員
各回10名(合計20名、要事前予約)
料金
1500円
(亥の子餅を食べる料金も含む。要別途入場料)
※参加当日は、はさみをご持参下さい。
応募/問い合わせ
岩倉具視幽棲旧宅管理事務所
電話・FAX 075-781-7984
(受付時間 9:00~16:30)
web
https://iwakura-tomomi.jp/news/20181111/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



「きものを知る」第3回 冬の装い

日本文化の象徴「きもの」。
それをはぐくむ時代ごとの人の営みや、素材の背景を学びながら、将来のきもの選びの参考にしましょう!
様々なきものを実際に目の前に着物の選び方を身につければ、和の世界がもっと身近になります。講座の中では着付けのデモンストレーションも…

日本文化の象徴「きもの」。
それをはぐくむ時代ごとの人の営みや、素材の背景を学びながら、将来のきもの選びの参考にしましょう!
様々なきものを実際に目の前に着物の選び方を身につければ、和の世界がもっと身近になります。講座の中では着付けのデモンストレーションも行います。



第3回のテーマは冬です。季節の着物を実際に見て触って、冬の気配を楽しみましょう。

*講座後、着付け方法や着物に関するご質問をお受けいたします。
ご自身のお着物をお持ちいただいても結構です。
ご希望の方は事前に内容をお伝えください。

きものを知る
第3回 冬の装い
講師
荻原 真衣
協力
呉服おぎはら
開催日
2018年10⽉20⽇(土)
開催時間
10:00~12:00
場所
無鄰菴 母屋2階
京都市左京区南禅寺草川町31
http://murin-an.jp/
定員
20名(要予約・先着順)
料金
3,500円
応募
https://murin-an.jp/event-app/
主催・問い合わせ
植彌加藤造園株式会社・無鄰菴管理事務所
TEL & FAX: 075-771-3909



メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

描かれた「わらい」と「こわい」展 ─ 春画・妖怪画の世界/細見美術館

中世から近世にかけて、日本人は絵巻や浮世絵で日常のなかの目に見えるもの、あるいは形なきものを視覚化してきました。日常の「表と裏」、「この世とあの世」。そこには今以上に境目があいまいな世界が広がっていま…

中世から近世にかけて、日本人は絵巻や浮世絵で日常のなかの目に見えるもの、あるいは形なきものを視覚化してきました。日常の「表と裏」、「この世とあの世」。そこには今以上に境目があいまいな世界が広がっています。
本展覧会では、国際日本文化研究センターが現在所蔵する妖怪画・春画のコレクションより精選された約150点を通して、「笑い」と「怖い」という一見相反するテーマのもと、恐怖と笑いが地続きで繋がる前近代の豊かな日常をみていきます。

 

1期:10月16日(火)~10月28日(日)  3期:11月13日(火)~11月25日(日)
2期:10月30日(火)~11月11日(日)  4期:11月27日(火)~12月9日(日)

国際日本文化研究センター

昨年創立30周年を迎え、日文研の名で親しまれている国際日本文化研究センターは、1987年日本文化に関する国際的・学術的な総合研究と世界の日本研究者に対する研究協力・支援を行うことを目的に設置されました。

 

日文研コレクション
☆★☆★ 描かれた「わらい」と「こわい」展 ─ 春画・妖怪画の世界 ☆★☆★
■開催日時:2018/10/16 ~ 12/9  10:00~18:00
休館日/月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
■開催場所:細見美術館  京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
■料  金:一般1500円
■お問合せ:075-752-5555  info@emuseum.or.jp




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





■URL :http://www.emuseum.or.jp/index.html

英勲 蔵開き 2018秋

搾りたての新酒や酒粕を味わえる「蔵開き」を開催
振舞い酒に始まり、蔵見学やきき酒チャレンジ、
杉玉作り、ミニライブのほか、有料試飲コーナーや軽食コーナー
思う存分お楽しみください。

☆★☆★ 英勲 蔵開…


搾りたての新酒や酒粕を味わえる「蔵開き」を開催
振舞い酒に始まり、蔵見学やきき酒チャレンジ、
杉玉作り、ミニライブのほか、有料試飲コーナーや軽食コーナー
思う存分お楽しみください。






☆★☆★ 英勲 蔵開き 2018秋 ☆★☆★

■開催日時:2018/10/27    10:00~15:00
■開催場所:英勲・齊藤酒造株式会社
京都府京都市伏見区横大路三栖山城屋敷町105番地
■参 加 料:入場無料    1冊1,000円(100円×10枚綴り)
※サービス酒1杯無料引換券付き
■お問合せ:075-611-2124
■URL :http://www.shoutoku.co.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ