平成29年初夏展 異国へのあこがれ

四方を海に囲まれた日本では、海を越えてもたらされる異国の文化によって、想像力をたくましくし、また内省を重ねながら、独自の文化を培ってきました。
松花堂昭乗(1584~1639)をはじめ、江戸時代の文化をリードした人たちも例外ではなく、異国に対するあこがれを抱き、…


四方を海に囲まれた日本では、海を越えてもたらされる異国の文化によって、想像力をたくましくし、また内省を重ねながら、独自の文化を培ってきました。
松花堂昭乗(1584~1639)をはじめ、江戸時代の文化をリードした人たちも例外ではなく、異国に対するあこがれを抱き、それを受容しながら、時代の文化を紡ぎました。あこがれの対象となるのは、多く中国の人物や風物、そして、そこから生み出される情感まで、多様です。



例えば、昭乗の代表的な書である「百人一首色紙帖」(松花堂美術館蔵)の料紙には、1枚だけ安倍仲麻呂の歌を書した紙に、中国風の紙(唐紙)が用いられています。渡唐し、その地で没した先人への敬意が込められているようです。また、中国北宋時代の蘇軾(1036~1101)は、東坡(居士)と号し、諡は文忠、日本でも有名な詩人のひとりです。その姿は多く描かれ、蘇軾に対するイメージ形成の上で、大きな役割を果たしています。


本展では、蘇軾を描いた2種類の像を展示しながら、それぞれに読み取られるイメージの違いについてもご紹介したいと思います。そのほか、約40点の作品を展示します。


お茶会のご案内

松花堂 七夕茶会


大学生によるお茶会を開催いたします。
2週にわたり、松花堂庭園のお茶室にて心を込めたおもてなしをいたします。
ぜひご参加ください。


日時 : 平成29年7月2日(日)
京都橘大学表千家流茶道部

       平成29年7月9日(日)
立命館大学茶道研究部(表流・裏流)

        いずれも午前10時~午後3時

会場 : 松花堂庭園茶室「松隠」(広間)
席料 :  300円(別途、庭園入園料が必要です)

イベントの詳細については「主要な催し物」ページをご覧ください。


 

 


☆★☆★☆ 平成29年初夏展 異国へのあこがれ ☆★☆★☆

■開催日時:開催中~2017/7/2  9:00~17:00
休館日/月曜日
■開催場所:八幡市立松花堂庭園・美術館
 614-8077 京都府八幡市八幡女郎花43番地の1
■料  金:一般400円・学生300円・高校生以下無料
■お問合せ:075-981-0010
■U R L:http://www.yawata-bunka.jp/syokado/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




UJI-CHA Fair2017★城陽ウォーク 「 青谷・梅酒づくりと歴史をめぐる」

 梅の甘味に酔いしれて 青谷の梅農園や社寺・史跡を観光ボランティアの案内で巡ります。希望者は自ら特産の梅の実(城州白)を摘み取り、指導を受けて梅酒づくりを体験します。漬けた梅酒は持ち帰れます。 コース:JR山城青谷駅-城陽酒造(蔵見学)-堀井農園(梅畑見学…

 

梅の甘味に酔いしれて
青谷の梅農園や社寺・史跡を観光ボランティアの案内で巡ります。希望者は自ら特産の梅の実(城州白)を摘み取り、指導を受けて梅酒づくりを体験します。漬けた梅酒は持ち帰れます。
コース:JR山城青谷駅-城陽酒造(蔵見学)-堀井農園(梅畑見学)-龍福寺-中天満神社-中地区梅林-城陽酒造(希望者:梅の実摘み取りと梅酒づくり)-JR山城青谷駅
ウォーク参加費300円、梅酒づくり体験4,000円





UJI-CHA Fair2017

城陽ウォーク「青谷・梅酒づくりと歴史をめぐる」

開催期間平成29年7月1日(土)
時間9:45~12:00
場所JR山城青谷駅集合
アクセスJR奈良線「山城青谷」駅下車すぐ
料金参加費300円
梅酒づくり希望者は別途4,000円必要(容器代含む)
お問合せ0774-56-4029(水曜休み)
関連URLhttp://www.pref.kyoto.jp/yamashiro/ocha/news/h290701joyowalk.html

 






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



百鬼夜行展

3Dプロジェクションマッピングも上映
高台寺の人気行事「百鬼夜行展」 2017
秀吉とねねだけでなく、妖怪とも非常に縁のある高台寺恒例の夏の夜間特別拝観。
高台寺・圓徳院にて、所蔵の百鬼夜行絵巻や幽霊図等が展示される。
ことしは、百鬼夜行をテーマにしたプロジェクショ…

3Dプロジェクションマッピングも上映
高台寺の人気行事「百鬼夜行展」 2017

秀吉とねねだけでなく、妖怪とも非常に縁のある高台寺恒例の夏の夜間特別拝観。
高台寺・圓徳院にて、所蔵の百鬼夜行絵巻や幽霊図等が展示される。

ことしは、百鬼夜行をテーマにしたプロジェクションマッピング、ミニ提灯やクリアファイルなど特製グッズ販売も楽しみ。
 

百鬼夜行展

期間:2017年7月15日(土)~8月31日(木)
時間:9:00~17:30 (17:00受付終了)
※圓徳院は10:00~17:30 (17:00受付終了)
※7/15~7/31、8/19~8/31は拝観時間を1時間延長
※8/1~18は夜間特別拝観も実施
日没~受付終了21:30(点灯17:00~、閉門22:00)
拝観料
大人600円、中高生250円
※圓徳院は大人500円、中高生200円
※3ケ所(高台寺、掌美術館、圓徳院)共通割引拝観券 900円
3Dプロジェクションマッピング
上映日:2017年7月15日~8月27日の土日で各日3回上映
①11:00 ②14:00 ③16:00
1名200円
※高台寺拝観者 100 円引き

特別限定グッズ
特別ご朱印
百鬼夜行ご朱印 300円
 お渡し所:高台寺朱印処
特製グッズ販売
ミニ提灯やクリアファイル など
 販売所:高台寺天満宮売店 賑店(しんてん)







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




風祭り2017~風鈴供養・ライトアップ/千本ゑんま堂

ゆるやかに暮れ行く夏の夜。
心に染みる風鈴の韻と心に広がる香の薫りを愉しみながら
雅やかな風を感じてみませんか。午後6時より受付開始
本尊開扉:午後6時30分より
香を楽しむ会・西陣音頭体験会
参加料 大人1,000円 中学生以下60…

kaze



ゆるやかに暮れ行く夏の夜。
心に染みる風鈴の韻と心に広がる香の薫りを愉しみながら
雅やかな風を感じてみませんか。


午後6時より受付開始
本尊開扉:午後6時30分より
香を楽しむ会・西陣音頭体験会
参加料 大人1,000円 中学生以下600円
浴衣または着物でご参拝の方に特典有り。



古の七夕では梶の葉に願い事を書いていたことから、
閻魔堂入口はに祈願の梶の葉が吊るされ、
参道石畳沿いには笹の葉が立てられ、ろうそくが灯ります。

風鈴の心地よい音色が聞こえてきます。16日の閻魔さんの縁日に行われる供養の風鈴です。


ennmado-kaze

梶の葉祈願・・・
同寺の開基小野篁卿が閻魔宮に赴く時間帯に、本堂を公開し、ライトアップされたご本尊の閻魔法王像を特別開扉しています。願い事を書いた梶の葉を御祈祷してもらい、閻魔様に祈ります。願い事が書かれた梶の葉が月に照らされると叶うという言い伝えがあります。

 

☆★☆★☆ 風祭り~風鈴供養・夜間拝観・聞香 ☆★☆★☆

■開催日時:2017/7/1~7/16  受付18:00~
■開催場所:千本ゑんま堂
602-8307 京都市上京区千本通蘆山寺上ル 閻魔前町34番地
■料  金:境内無料 夜間拝観・聞香体験1000円
■お問合せ:075-462-3332
■U R L:http://yenmado.blogspot.jp/








メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



宇治川の鵜飼

夏の風物詩、宇治川の鵜飼。
二人の女性鵜匠を中心に、手綱さばきも鮮やかな匠の技を披露します。

暑い夏の夕暮れ時-山に沈む夕陽が、宇治川に夜のおとずれを伝える頃、川面に松明が映え、いよいよ宇治川の”鵜飼”の始まりです。

u00


夏の風物詩、宇治川の鵜飼。
二人の女性鵜匠を中心に、手綱さばきも鮮やかな匠の技を披露します。


u01


暑い夏の夕暮れ時-山に沈む夕陽が、宇治川に夜のおとずれを伝える頃、川面に松明が映え、いよいよ宇治川の”鵜飼”の始まりです。
鵜匠と鵜の絶妙な技は格別で、川面に吹くさわやかな風が、まるでいにしえ人になったように錯覚させてくれます。優美な船の遊びやお料理をお楽しみください。


image-016

 

宇治川の鵜飼の歴史
宇治川の鵜飼は、平安時代にはすでに行われていたと言われています。天禄2年(971)奈良の長谷寺に参詣した藤原の道綱の母は、その往復に宇治を過ぎて、川岸から鵜飼を見物しています。彼女が残した「蜻蛉日記では」、川幅一杯に数え切れぬほどの鵜舟が出て、それぞれにかがり火を焚き舟べりをたたいて、夜通し鮎を捕りつづけている様子が、興味深く書き留められています。当時は、宇治川の風物詩、氷魚を捕る網代とともに、盛んに行われていたようです。
平安時代の後期になると仏教の教えの影響をうけて次第に宇治川での殺生が戒められるようになりました。西大寺の僧 叡尊は、宇治川における殺生の全面的禁断を命じる太政官符により、浮島のあたりに漁具・漁舟を埋め、日本最大の十三重石塔を建立し魚霊を供養し、宇治橋の再興を行いました。そして平安貴族の衰微とともに、宇治川の鵜飼も衰退していきました。
現在の鵜飼は、大正15年に再興し、宇治川花火大会と共に宇治の夏の風物詩となっています。

 

 
☆★☆★☆ 宇治川の鵜飼 ☆★☆★☆
■開催期間 平成29年7月1~9月30日
営業時間 【7月1日~8月31日】
受付   午後6時00分
乗船   午後6時30分
出船   午後7時00分
鵜飼終了 午後8時頃

営業時間 【9月1日~9月30日】
受付   午後5時30分
乗船   午後6時00分
出船   午後6時30分
鵜飼終了 午後7時30分頃

■開催場所 宇治川中の島付近一帯 乗船は喜撰橋畔
■観覧船料金(税込)
【乗合船(一人)】 大人・・・2000円 小学生・・・1000円
【貸切船(一艘)】 10人乗り27500円(税込)15人乗り41250円(税込)20人乗り55000円(税込)
■お問合せ :宇治市観光協会 0774-23-3334  舟の予約 : 宇治川観光通船 0774-21-2328
■URL       : http://www.kyoto-uji-kankou.or.jp/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



京都番組小学校史入門――創設150周年へカウントダウン――

今から148年前の明治2(1869)年に,全国に先駆けて合計64もの小学校が京都(現在の上京区,中京区,下京区,東山区,左京区,以上5区の一部)に誕生しました。
これらの小学校は,室町時代の町組をルーツとする「番組」を学区としたので,「番組小学校」と総称されています…



今から148年前の明治2(1869)年に,全国に先駆けて合計64もの小学校が京都(現在の上京区,中京区,下京区,東山区,左京区,以上5区の一部)に誕生しました。


これらの小学校は,室町時代の町組をルーツとする「番組」を学区としたので,「番組小学校」と総称されています。番組小学校には「地域による,地域のための学校」という特徴があり,学校建築資金の多くが番組内の有志からの寄付で賄われ,学校運営形態は,その姿を変えながら少なくとも昭和16(1941)年までは続きます。

企画展関連講演会
① 関連講演会 「幕末維新期の京都と教育」
江戸・大坂と並ぶ三都のひとつ京都は,文化・教育の中心地でもありました。市中には数多くの寺子屋・私塾があり,幕末維新の政治変革の基盤とも,近代教育の培養土ともなりました。今回は,幕末京都における町人社会の有り様から,近代教育の担い手となる人々が登場した背景を探ることにします。
日 時:平成29年7月9日(日)午後2時~3時30分(受付は午後1時30分から)
講師:小林 丈広 氏 (同志社大学文学部教授)

② 関連イベント 貴重映像上映会 「むかしの子どもを動画で見よう!」
京都の文化を映像で記録する会が所蔵する戦前の小学生の映像を,当館で上映いたします。映像に残る学校は,宇治(学校不明),出水校,城巽校。上映にあわせて,同会理事長・濱口十四郎氏に解説等いただきます。また,各学校の位置や時代背景などは,当館学芸員の和崎が解説いたします。
日 時:平成28年7月29日(土)午前10時~11時00分(受付は午前9時30分から)
講師:濱口 十四郎 氏 (NPO法人 京都の文化を映像で記録する会 理事長)
和崎 光太郎 (当館学芸員)

◆◇お申込方法◇◆
定 員 ①70名 ②80名 (各日要申込/先着順)
費 用 無料 (要当日入館券200円,各種割引制度あり)
場 所 学校歴史博物館
申 込:先着順,定員に達し次第受付終了します

 

●Email:rekihaku-jigyou@edu.city.kyoto.jp

 

今回の企画展は,このような番組小学校の歴史を学ぶための入門編といえます。7年ぶりの番組小学校展です。2年後の番組小学校創設150周年に向けて,これから番組小学校のことを学びたい方,もう番組小学校のことはよく知っているけど改めて学びたい方などに,おすすめです。展示史料はどれも貴重なものばかりですが,解説は平易でわかりやすくしてありますので,どなたでもぜひ見学に来てください

 




企画展 

☆★☆ 京都番組小学校史入門――創設150周年へカウントダウン―― ☆★☆
■開催日時:2017/7/1~9/25   9:00~17:00
休館日/水曜日(祝日の場合は翌平日)
■開催場所:京都市学校歴史博物館
〒600-8044 京都市下京区御幸町通仏光寺下ル橘町437
■料  金:大人200円 小中高生100円 京都市内の小・中学生の土日は無料
■お問合せ:075-344-1305  rekihaku-igyou@edu.city.kyoto.jp
■U R L:http://kyo-gakurehaku.jp/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



晴天の善峰寺のあじさい苑には・・・

★寺宝館 文殊堂 春季開館中です。
平成29年 春期企画展
「阿弥陀堂特別展 ―宝冠阿弥陀如来と桂昌院ゆかりの人々― 」
主な展示品/宝冠阿弥陀如来・徳川歴代将軍尊霊位牌
桂昌院尊霊位牌・本庄家諸尊霊位牌・阿弥陀堂棟札・桂昌院寄進幡 など

あじさい苑とともにお楽…

★寺宝館 文殊堂 春季開館中です。
平成29年 春期企画展
「阿弥陀堂特別展 ―宝冠阿弥陀如来と桂昌院ゆかりの人々― 」
主な展示品/宝冠阿弥陀如来・徳川歴代将軍尊霊位牌
桂昌院尊霊位牌・本庄家諸尊霊位牌・阿弥陀堂棟札・桂昌院寄進幡 など
あじさい苑とともにお楽しみください。
日 時:6月の土・日・祝日   9:00~16:30
場 所:善峯寺    京都市西京区大原野小塩町1372

 

06210145

 

先日の善峯寺あじさい苑の写真を見ながら、窓の外を眺めました。


059d0231a8bd3501

6c230510215be550


あの日も晴れだったので結構満足して帰りましたが、
写真を見て、空が真っ青だったらと思い浮かべると、どうしても悔やまれます。
山の上にあるあじさい苑ならではの光景だからなお更のことです。


f1818efa

aac89e20e4ee8e8c

ef3c1677

 

谷あいにつくられた散策路を歩き、上に下にあじさいを眺めながら上って行くと見晴らし台があります。
ベンチに腰をおろし一休み。そこには桂昌院の像が座っています。


148b3dfb8a1323fc

56e3e97f-s

 

境内の斜面一面が青やピンク、紫に染まる様子は大変綺麗です。
白山あじさい苑のあじさいは見頃を迎えました。
(2017/6/18  https://twitter.com/yoshimine1029)

 

 

善峯寺

〒610-1133
京都府京都市西京区大原野小塩町1372
075-331-0020
http://www.yoshiminedera.com







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



「ほたるの夜」京都水族館

ホタルの光を再現した幻想的なイルミネーション
京都水族館にて、夏の風物詩であるホタルをテーマにしたイベント「ほたるの夜」が今年も6月3日(土)から開催されている。
7月9日(日)までの期間中は、営業時間を20時まで延長し、館内をいくつかのエリアに分けてホタルの魅力を…

ホタルの光を再現した幻想的なイルミネーション

京都水族館にて、夏の風物詩であるホタルをテーマにしたイベント「ほたるの夜」が今年も6月3日(土)から開催されている。
7月9日(日)までの期間中は、営業時間を20時まで延長し、館内をいくつかのエリアに分けてホタルの魅力を紹介。「京の川」エリアでは、ホタルの中でも水田に多く生息するヘイケボタルなど約160匹を4つの水槽内で展示する。




昼と夜で異なる楽しみ方ができ、日中はホタルの姿や様子をじっくりと観察。18時以降になると、夜の暗い雰囲気の中で発光するホタルの鑑賞が可能だ。

イルミネーション「ヒカリの里山・夏 ホタルのゆうべ」は、ホタルが光る里山をイメージした幻想的な空間を体感することができる。


また、エリア内には大型モニターが設置され、ゲンジボタルやヘイケボタルなどの光について解説を行う。「どうしてホタルは光を放つ?」「ゲンジボタルとヘイケボタルの光り方の違いは?」といった疑問に答えてくれる貴重な機会となる。


ほたるの夜
期間
2017年6月3日(土)~7月9日(日)
時間:10:00~20:00 ※最終入場19:00まで
休館日:なし
場所
京都水族館内
京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)
水族館入場料
大人 2,050円(1,850円) / 大・高校生 1,550円(1,400円) / 中・小学生 1,000円(900円) / 幼児 600円(540円)
詳細web
http://www.kyoto-aquarium.com/news/2017/05/hotarunoyoru2017.html





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


ひと目10万本☆アジサイまつり/舞鶴自然文化園

2haの谷あい一面に広がる一目約10万本のスペクタクル。
比類なき眺望をあなたに。

谷あい一面に咲き誇る舞鶴自然文化園のあじさい
舞鶴自然文化園のあじさい園は、京都府下では有数のあじさいの名所です。
毎年開花時期には多くの…



2haの谷あい一面に広がる一目約10万本のスペクタクル。
比類なき眺望をあなたに。



谷あい一面に咲き誇る舞鶴自然文化園のあじさい

舞鶴自然文化園のあじさい園は、京都府下では有数のあじさいの名所です。

毎年開花時期には多くの来園者でにぎわいます。


 

 

あじさい園は、およそ2haの谷あいに、60品種5万本のアジサイで埋め尽くされ、鮮やかな青色の「アジサイの海」が一望できます。


その眺望は圧巻!梅雨時期だけの光景を一目見ようと多くの人が足を運びます。

また、アジサイを堪能したあと展示会場へいくと、そこでは、「アジサイ展」が開催され、珍しいアジサイなどが展示即売されています。

 
map



舞鶴湾を望む大浦半島の標高200mにある舞鶴自然文化園の谷あいに広がるアジサイ園は、「ひと目5万本」を誇り、ヤマアジサイ、西洋アジサイやコアジサイなど50品種にのぼるアジサイで埋め尽くされます。

駐車場から芝生広場を抜けるとそこはアジサイ園。

鑑賞デッキからはアジサイ園が一望でき、鮮やかな青色が多く、まるで「アジサイの海」で壮観です。

例年、6月中旬頃からあじさいが開花していきます。


 

「アジサイ園」の近況

 

 


☆★☆★☆ ひと目10万本☆アジサイまつり  ☆★☆★☆

■開催日時:2017/6/9~7/9      9:00~17:00
■開催場所:舞鶴自然文化園
〒625-0152 京都府舞鶴市多祢寺24-12
■料   金:大人300円 小人150円
■お問合せ:0773-68-1187(舞鶴市花と緑の公社)
■U R L:http://maizuru-hanamidori.com/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展

臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱記念 
禅と茶、茶道具もずらり
禅林美術展
 

臨済義玄(不詳~867)は臨済宗の宗祖。「喝」に代表される峻烈な禅風で多くの弟子を育て、初祖菩提達磨から六祖慧能により中国に土着した禅を、さらに広く伝播させた。鎌倉時代その教えが…

臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱記念 
禅と茶、茶道具もずらり
禅林美術展

 


臨済義玄(不詳~867)は臨済宗の宗祖。「喝」に代表される峻烈な禅風で多くの弟子を育て、初祖菩提達磨から六祖慧能により中国に土着した禅を、さらに広く伝播させた。鎌倉時代その教えが入宋僧や来朝僧により日本へ伝わり、今日の臨済宗の規範が築かれた。また日本臨済宗中興の祖とされる白隠慧鶴(1685~1768)は、諸国を巡化して禅の日本化と民衆化を推進。そして公案禅を体系付け日本臨済禅の革新を成し遂げている。


この度、臨済禅師没後1150年と、白隠禅師没後250年を記念し、中国宋・元、日本中近世の墨蹟、祖師図等を一堂に展観する。

 

 


臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱記念 

☆★☆★ 禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展 ☆★☆★

■開催日時:2017/6/15~12/3   10:00~17:00
会期中無休 (但 9/27(水)~9/30(土)展示替休館)
■開催場所:相国寺承天閣美術館
〒602-0898 京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町701
■入館料金:一般800円 65歳以上・大学生600円 中高生300円 小学生200円
■お問合せ: 075-241-0423
■URL : http://www.shokoku-ji.jp/top.php