菊花展☆京都府立植物園

 
大菊花壇、福助花壇、小菊盆栽、嵯峨菊、懸崖菊、トピアリーなど秋の代表花である「菊」各種約1000本を展示。
大覚寺で栽培されている、かつては門外不出とされてきた嵯峨菊も展示されてます。
嵯峨菊独特の仕立て…

shokubutuen2013-kikkatenp-424x600

 

大菊花壇、福助花壇、小菊盆栽、嵯峨菊、懸崖菊、トピアリーなど秋の代表花である「菊」各種約1000本を展示。
大覚寺で栽培されている、かつては門外不出とされてきた嵯峨菊も展示されてます。
嵯峨菊独特の仕立て方「七五三仕立て」がご覧いただけます。

 

10/28現在 京都府立植物園

京都府立植物園

  

syokubutsuen-kikkaten50

 

☆★☆★  菊花展/ 京都府立植物園   ☆★☆★

■開催期間:2018/10/20~11/15       9:00~17:00((入園受付16:00迄)
■開催場所:京都府立植物園 大芝生地・特設展示場
京都市左京区下鴨半木町
■入 場 料:一般 200円 高校生 150円 小・中学生 無料
■お問合せ:075-701-0141
■URL :http://www.pref.kyoto.jp/plant






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



亥の子餅の切り絵を一緒に作ろう

学ぶ!作る!食べる!
地域の歴史とワークショップ
昔の京都では御所の中で旧暦十月の亥の日に天皇から亥の子餅を家臣に渡す風習があり、「玄猪」と呼ばれていました。
その後には、稲刈りの時期に収穫を祝う行事と変化して、一般の民衆の間に広まっていきました。
宮中行事…

学ぶ!作る!食べる!
地域の歴史とワークショップ


昔の京都では御所の中で旧暦十月の亥の日に天皇から亥の子餅を家臣に渡す風習があり、「玄猪」と呼ばれていました。
その後には、稲刈りの時期に収穫を祝う行事と変化して、一般の民衆の間に広まっていきました。
宮中行事から民間の行事へ伝播して、姿を代えながら現在に伝わる「玄猪」について、岩倉具視らが生活した宮中での行事からどのように変化して現在に伝わっているのかを一緒に学びましょう。
 

 今回は行事食としての亥の子餅を題材として、歴史的なお話を聞いて、切り絵を体験してみましょう。完成後はみんなで一緒に亥の子餅をいただきます!
大人から子供まで楽しめる学ぶ・体験する・食べるの簡単な講座です。



学ぶ!作る!食べる!地域の歴史とワークショップ
亥の子餅の切り絵を一緒に作ろう
開催日
2018年11月11日(日)
開催時間
①10:00~12:00②13:00~15:00
場所
岩倉具視幽棲旧宅 対岳文庫・休憩室
京都市左京区岩倉上蔵町100


https://iwakura-tomomi.jp/about/
講師
重岡伸泰(岩倉具視幽棲旧宅 学芸員)
     川合奈穂(植彌加藤造園 スタッフ)
定員
各回10名(合計20名、要事前予約)
料金
1500円
(亥の子餅を食べる料金も含む。要別途入場料)
※参加当日は、はさみをご持参下さい。
応募/問い合わせ
岩倉具視幽棲旧宅管理事務所
電話・FAX 075-781-7984
(受付時間 9:00~16:30)
web
https://iwakura-tomomi.jp/news/20181111/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



「きものを知る」第3回 冬の装い

日本文化の象徴「きもの」。
それをはぐくむ時代ごとの人の営みや、素材の背景を学びながら、将来のきもの選びの参考にしましょう!
様々なきものを実際に目の前に着物の選び方を身につければ、和の世界がもっと身近になります。講座の中では着付けのデモンストレーションも…

日本文化の象徴「きもの」。
それをはぐくむ時代ごとの人の営みや、素材の背景を学びながら、将来のきもの選びの参考にしましょう!
様々なきものを実際に目の前に着物の選び方を身につければ、和の世界がもっと身近になります。講座の中では着付けのデモンストレーションも行います。



第3回のテーマは冬です。季節の着物を実際に見て触って、冬の気配を楽しみましょう。

*講座後、着付け方法や着物に関するご質問をお受けいたします。
ご自身のお着物をお持ちいただいても結構です。
ご希望の方は事前に内容をお伝えください。

きものを知る
第3回 冬の装い
講師
荻原 真衣
協力
呉服おぎはら
開催日
2018年10⽉20⽇(土)
開催時間
10:00~12:00
場所
無鄰菴 母屋2階
京都市左京区南禅寺草川町31
http://murin-an.jp/
定員
20名(要予約・先着順)
料金
3,500円
応募
https://murin-an.jp/event-app/
主催・問い合わせ
植彌加藤造園株式会社・無鄰菴管理事務所
TEL & FAX: 075-771-3909



メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

第16回企画展「京都の六斎念仏」

京都の夏の風物詩「六斎念仏」。京都の六斎念仏は昭和58年(1983)に国の重要無形民俗文化財に指定され、現在では12団体が継承・保存を行なっています。
京都には大きく分けて2つの六斎念仏があります。鉦と太鼓を叩きながら念仏を唱える「念仏六斎」は六斎念仏本来の姿を今…

京都の夏の風物詩「六斎念仏」。京都の六斎念仏は昭和58年(1983)に国の重要無形民俗文化財に指定され、現在では12団体が継承・保存を行なっています。
京都には大きく分けて2つの六斎念仏があります。鉦と太鼓を叩きながら念仏を唱える「念仏六斎」は六斎念仏本来の姿を今に伝えています。それに対し、「芸能六斎」は獅子舞や狂言など、次代によってはやりものを取り入れ、発展を遂げてきました。
本展では京都で伝えられてきた六斎念仏について、そしてこの伝統を守り、未来へ継承する人々の取り組みについて紹介します。

関連イベント
出演 京都中堂寺六齋会
日時 ①2018年11月11日(日)
第1部=14:00~14:50[六斎の解説]
講師:秋田 吉博氏(京都六斎念仏保存団体連合会会長)
第2部=15:00~16:00[ワークショップ]

②2018年11月18日(日)
14:00~16:00[京都中堂寺六齋会に伝わる全演目の上演]

※①・②ともに13:30開場
会場 京都産業大学壬生校地 むすびわざ館2階 ホール
(京都市下京区中堂寺命婦町1-10)
定員 350名 申込不要(先着順)
※直接会場までお越しください。
当日、定員になり次第ご入場をお断りすることがございます。
あらかじめご了承ください。
入場料 無料

 



京都産業大学ギャラリー 第16回企画展
☆★☆★☆「京都の六斎念仏」☆★☆★☆

■開催日時:2018/10/29~12/8     10:00~16:30  (月曜日13:00~16:30)
休館日 / 日曜・祝日 ※但し、11/11(日)、11/18(日)は開館
■開催場所:京都産業大学壬生校地 むすびわざ館2階 ギャラリー
〒600-8533  京都市下京区中堂寺命婦町1-10     むすびわざ館へのアクセス
■主  催:京都産業大学ギャラリー
■入 場 料:無料
■お問合せ:075-277-0254      gallery-office@star.kyoto-su.ac.jp
■URL :https://www.kyoto-su.ac.jp/facilities/musubiwaza/gallery/index.html





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



学芸員と「洛北岩倉地域の歴史を歩く」

洛北岩倉地域には、様々な古くからの歴史が刻まれています。
平安遷都、応仁の乱、天文法華の乱・・・。
地域に残る歴史を当施設学芸員と一緒に一緒に歩きませんか。
歴史の現場でわかりやすく解説しいたします。
(本…

洛北岩倉地域には、様々な古くからの歴史が刻まれています。
平安遷都、応仁の乱、天文法華の乱・・・。
地域に残る歴史を当施設学芸員と一緒に一緒に歩きませんか。
歴史の現場でわかりやすく解説しいたします。
(本年6月に雨天中止の行事の振り替え開催です。)



地域史跡見学会
「洛北岩倉地域の歴史を歩く」
開催日
2018年10月28日(日)
開催時間
10:00~12:00
コース
[集合]岩倉具視幽棲旧宅→山住神社→石座神社→旧大雲寺境内(昌子内親王墓、観音の滝、実相院門跡墓など)→岩倉具視幽棲旧宅(予定)
講師
重岡伸泰
(岩倉具視幽正旧宅 指定管理者 植彌加藤造園株式会社 学芸員)
定員
20名(少雨決行)
参加費
1000円(資料代込み)
応募/問い合わせ
岩倉具視幽棲旧宅管理事務所
電話・FAX 075-781-7984
(受付時間 9:00~16:30)
web
https://iwakura-tomomi.jp/news/20181028/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

平安神宮 秋の神苑無料公開

※本年のみ10月1日(月)に開催
 
 南神苑に「平安の苑」が開設された日を記念し、秋の気配が忍び寄る神苑が公開されます。
昭和56年に平安時代の庭園の特色である野筋(入り組んだ道筋)と遣水(小川の流れ込み)を中心に作庭され、当時の文学書(竹取物語、伊勢物語、…

※本年のみ10月1日(月)に開催

 

 南神苑に「平安の苑」が開設された日を記念し、秋の気配が忍び寄る神苑が公開されます。

昭和56年に平安時代の庭園の特色である野筋(入り組んだ道筋)と遣水(小川の流れ込み)を中心に作庭され、当時の文学書(竹取物語、伊勢物語、古今和歌集、枕草子、源氏物語)に記され、日本人が古来より愛し続けて来た200種余りの植物が植栽されています。

 

その神苑は、春秋恒例の無料公開があります。
秋を告げる萩やフジバカマなど秋の七草が咲き始めていることでしょう。

 

heiannjingu_shinnenFree
hagi_heiannjingufujibakama_heiannjinngu sionn_heiannjinngu

 

 神苑内の三脚・一脚の使用について
入口にて使用料をお納め頂いております。尚、桜開花時期(3月末~4月中旬)・無料公開日には多くの方が入苑され混雑する為、使用禁止と致します。
また、柵内・植え込み内からの撮影もご遠慮下さい。以上、ご理解のほど宜しくお願いいたします

 

 平安神宮神苑無料公開

延期

■開催日時:2018年10月1日

延期

8:30~16:30
■開催場所:平安神宮(京都市左京区岡崎西天王町)
■料金 :無料(通常600円)
■お問合せ:平安神宮 TEL.075-761-0221
■URL :http://www.heianjingu.or.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

明治150年京都創生フェスティバル

今年は、明治維新、そして京都府開庁から150年の節目の年に当たります。京都府では、この秋から、明治期における京都人の挑戦やイノベーションを振り返るとともに、新たな価値を創出する機会として、「明治150年 京都創生」関連イベントを実施しています。そのメインイベント…

今年は、明治維新、そして京都府開庁から150年の節目の年に当たります。
京都府では、この秋から、明治期における京都人の挑戦やイノベーションを振り返るとともに、新たな価値を創出する機会として、「明治150年 京都創生」関連イベントを実施しています。
そのメインイベントとして「明治150年 京都創生フェスティバル」を10月6日(土)に開催します。
老舗料亭の特製弁当の販売や明治時代に誕生したカフェ文化を楽しむ「明治カフェ」、野外ステージや体験教室など、大人からお子様まで楽しめるイベントが目白押し!
詳しくは、http://www.pref.kyoto.jp/meiji150/ をご覧ください。



記念式典
会場 京都学・歴彩館大ホール
日時 10月6日(土)13:00~15:30(開場12:00)入場無料
定員 400名(先着)※定員になり次第申し込みを終了しますので、ご了承ください。
申込フォーム https://kyoto-meiji150.jp/

<オープニングアクト>
祝舞 長唄「松の翁」
京舞井上流 五世家元 井上 八千代 氏(人間国宝)
京都市生まれ。平成12年五世井上八千代を襲名。平成25年紫綬褒章を受章。同年日本芸術院会員となる。平成27年重要無形文化財各個指定(人間国宝)に認定。

<基調講演>
「明治150年~伝統技術が育んだ最先端技術、未来への展望~」
㈱島津製作所代表取締役社長 上田 輝久 氏

<パネルディスカッション>
「産業、文化、産学連携~多角的なイノベーションを生む京都の土壌~」
パネリスト/上田 輝久 氏(㈱島津製作所代表取締役社長)

      川勝 依子 氏(㈱アナテック・ヤナコ代表取締役)
      鈴木 滋朗 氏((一社)京都試作ネット代表理事)
      西脇 隆俊(京都府知事)
コーディネーター/大西 辰彦 氏(京都産業大学副学長)

にぎわい文化交流ゾーン
会場 稲盛記念会館前、府立植物園 北泉門前 日時 10月6日(土)10 時~16時

<京都の伝統食>
京都の老舗料亭(菊乃井、たん熊北店、木乃婦)の特製弁当や銘菓(豆政、聖護院八ッ橋総本店)、京漬物(土井志ば漬本舗)などをお楽しみいただけます。

<もうひとつの京都 特産品マルシェ>
海の京都・森の京都などからの「おいしいもの」をお楽しみください。

<宇治茶BAR>
京都らしいお茶をお供にBARでひと休み。宇治茶の文化や歴史の話を聞きながら、宇治茶を1煎、2煎と味わえます。

<明治カフェ>
明治時代の京都に誕生したカフェ文化を、今のカフェ文化とともに楽しもう!

<野外ステージ>
■学生によるオープニングアクト
■幼稚園児による合唱と演奏
■キャラクター大集合 など






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

「TAKAMI COLLEGE」初のフォトグラファーコースを開講

「TAKAMI COLLEGE」は、TAKAMI BRIDALがこれまで100年の歴史の中で培ってきたノウハウを凝縮し、プロフェッショナル育成のために設立したスクールで「ブライダル業界基礎」「就職活動応援」などのコースを設けている。

新たに開講する「フォトグラファーコース」は、プロの…

「TAKAMI COLLEGE」は、TAKAMI BRIDALがこれまで100年の歴史の中で培ってきたノウハウを凝縮し、プロフェッショナル育成のために設立したスクールで「ブライダル業界基礎」「就職活動応援」などのコースを設けている。

新たに開講する「フォトグラファーコース」は、プロのフォトグラファーを目指す方に必要な心得と基本を身につけることができる少人数制の個別指導カリキュラムで、「座学」だけではなく、TAKAMI HOLDINGSの提供するプロモデルの撮影、本格的なスタジオ撮影の「実践」の場でも学ぶことができる。

また、卒業後もTAKAMI HOLDINGSのアシスタントカメラマンとして、関連会社の主催するイベントやモデルの撮影などの同行も可能となる。

講師は、モデル、女優を経て、フォトグラファーとして活躍する大島 央照さん、ファッション誌などで長くキャリアを持つ外崎綾さん。

大島 央照(Chiaki Oshima)
http://chiakioshima.com/
外崎綾(Aya Tonosaki)
http://ayatonosaki.com
TAKAMI COLLEGE
フォトグラファーコース
スケジュール
東京
10月26日(金)、29日(月)、30日(火)
11月5日(月)、6日(火)、15日(木)、16日(金)、20日(火)、22日(木)、26日(月)
京都
10月24日(水)
11月12日(月)、13日(火)、25日(日)、28日(水)、29日(木)
12月4日(火)、13日(木)、14日(金)、18日(火)
定員
各校4名
受講料
\200,000-(税抜)
主催/問い合わせ
京都校
京都市下京区五条室町下ル大黒町211
TEL 075-352-1772
参照web
http://www.takami-bridal.com/college/college-about/




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


京都観世会九月例会 其の二

 
演目
能「玄象 初能之式」
梅若実
狂言「栗焼」
善竹忠一郎
能「半蔀」
林宗一郎
能「雷電 替装束」
橋本忠樹
 

 
 
 
 京都観世会例会のオンラインチケット予約
 
 
☆★☆★ 京都観世会9月例会 …

 

演目

能「玄象 初能之式」

梅若実

狂言「栗焼」

善竹忠一郎

能「半蔀」

林宗一郎

能「雷電 替装束」

橋本忠樹

 

 

 

 

 京都観世会例会オンラインチケット予約

 

 

☆★☆★ 京都観世会9月例会 其の二 ☆★☆★

■開催日時:2018/9/23        開場10:00  開演11:00
■開催場所:京都観世会館
〒606-8344 京都市左京区東山仁王門東入岡崎円勝寺町44
■料    金:前売指席券6000円 当日指席券6500円 学生券(2階自由席)3000円
■お問合せ:075-711-6114
■URL :http://www.kyoto-kanze.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


第10回 藤袴と秋の和の花展/梅小路公園 (9/22~10/8)

いにしえの京都の人々に愛されてきた藤袴(フジバカマ)と、環境の変化により身近で見られなくなってしまった秋の和の花たちをあつめました。

 
梅小路公園にある日本庭園「朱雀の庭」をめぐりながら、約300鉢のフ…

いにしえの京都の人々に愛されてきた藤袴(フジバカマ)と、環境の変化により身近で見られなくなってしまった秋の和の花たちをあつめました。

 

梅小路公園にある日本庭園「朱雀の庭」をめぐりながら、約300鉢のフジバカマと、キキョウやオミナエシなど約160種300鉢におよぶ秋の和の花がつくる景色をお楽しみください。

京都市都市緑化協会

 

 
☆★☆★☆ 第10回 藤袴と秋の和の花展 ☆★☆★☆
■開催期間: 2018/9/22~10/8
*9/25(火)10/1(月)は休園
■開催時間: 9:00~17:00(最終入場16:30)
■開催場所: 梅小路公園「朱雀の庭」
■入 場 料  : 小学生以上 200円(朱雀の庭・いのちの森入園料として)





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ