宇治川の鵜飼

夏の風物詩、宇治川の鵜飼。
二人の女性鵜匠を中心に、手綱さばきも鮮やかな匠の技を披露します。

暑い夏の夕暮れ時-山に沈む夕陽が、宇治川に夜のおとずれを伝える頃、川面に松明が映え、いよいよ宇治川の”鵜飼”の始まりです。

u00


夏の風物詩、宇治川の鵜飼。
二人の女性鵜匠を中心に、手綱さばきも鮮やかな匠の技を披露します。


u01


暑い夏の夕暮れ時-山に沈む夕陽が、宇治川に夜のおとずれを伝える頃、川面に松明が映え、いよいよ宇治川の”鵜飼”の始まりです。
鵜匠と鵜の絶妙な技は格別で、川面に吹くさわやかな風が、まるでいにしえ人になったように錯覚させてくれます。優美な船の遊びやお料理をお楽しみください。


image-016

 

宇治川の鵜飼の歴史
宇治川の鵜飼は、平安時代にはすでに行われていたと言われています。天禄2年(971)奈良の長谷寺に参詣した藤原の道綱の母は、その往復に宇治を過ぎて、川岸から鵜飼を見物しています。彼女が残した「蜻蛉日記では」、川幅一杯に数え切れぬほどの鵜舟が出て、それぞれにかがり火を焚き舟べりをたたいて、夜通し鮎を捕りつづけている様子が、興味深く書き留められています。当時は、宇治川の風物詩、氷魚を捕る網代とともに、盛んに行われていたようです。
平安時代の後期になると仏教の教えの影響をうけて次第に宇治川での殺生が戒められるようになりました。西大寺の僧 叡尊は、宇治川における殺生の全面的禁断を命じる太政官符により、浮島のあたりに漁具・漁舟を埋め、日本最大の十三重石塔を建立し魚霊を供養し、宇治橋の再興を行いました。そして平安貴族の衰微とともに、宇治川の鵜飼も衰退していきました。
現在の鵜飼は、大正15年に再興し、宇治川花火大会と共に宇治の夏の風物詩となっています。

 

 
☆★☆★☆ 宇治川の鵜飼 ☆★☆★☆
■開催期間 平成29年7月1~9月30日
営業時間 【7月1日~8月31日】
受付   午後6時00分
乗船   午後6時30分
出船   午後7時00分
鵜飼終了 午後8時頃

営業時間 【9月1日~9月30日】
受付   午後5時30分
乗船   午後6時00分
出船   午後6時30分
鵜飼終了 午後7時30分頃

■開催場所 宇治川中の島付近一帯 乗船は喜撰橋畔
■観覧船料金(税込)
【乗合船(一人)】 大人・・・2000円 小学生・・・1000円
【貸切船(一艘)】 10人乗り27500円(税込)15人乗り41250円(税込)20人乗り55000円(税込)
■お問合せ :宇治市観光協会 0774-23-3334  舟の予約 : 宇治川観光通船 0774-21-2328
■URL       : http://www.kyoto-uji-kankou.or.jp/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



ひと目10万本☆アジサイまつり/舞鶴自然文化園

2haの谷あい一面に広がる一目約10万本のスペクタクル。
比類なき眺望をあなたに。

谷あい一面に咲き誇る舞鶴自然文化園のあじさい
舞鶴自然文化園のあじさい園は、京都府下では有数のあじさいの名所です。
毎年開花時期には多くの…



2haの谷あい一面に広がる一目約10万本のスペクタクル。
比類なき眺望をあなたに。



谷あい一面に咲き誇る舞鶴自然文化園のあじさい

舞鶴自然文化園のあじさい園は、京都府下では有数のあじさいの名所です。

毎年開花時期には多くの来園者でにぎわいます。


 

 

あじさい園は、およそ2haの谷あいに、60品種5万本のアジサイで埋め尽くされ、鮮やかな青色の「アジサイの海」が一望できます。


その眺望は圧巻!梅雨時期だけの光景を一目見ようと多くの人が足を運びます。

また、アジサイを堪能したあと展示会場へいくと、そこでは、「アジサイ展」が開催され、珍しいアジサイなどが展示即売されています。

 
map



舞鶴湾を望む大浦半島の標高200mにある舞鶴自然文化園の谷あいに広がるアジサイ園は、「ひと目5万本」を誇り、ヤマアジサイ、西洋アジサイやコアジサイなど50品種にのぼるアジサイで埋め尽くされます。

駐車場から芝生広場を抜けるとそこはアジサイ園。

鑑賞デッキからはアジサイ園が一望でき、鮮やかな青色が多く、まるで「アジサイの海」で壮観です。

例年、6月中旬頃からあじさいが開花していきます。


 

「アジサイ園」の近況

 

 


☆★☆★☆ ひと目10万本☆アジサイまつり  ☆★☆★☆

■開催日時:2017/6/9~7/9      9:00~17:00
■開催場所:舞鶴自然文化園
〒625-0152 京都府舞鶴市多祢寺24-12
■料   金:大人300円 小人150円
■お問合せ:0773-68-1187(舞鶴市花と緑の公社)
■U R L:http://maizuru-hanamidori.com/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


無鄰菴パートナーズ講座「日本茶を知る」

独自の視点で日本茶を研究してきたベルギー出身の遠州流茶道師範のティアス宗筅先生とともに、お茶の世界について知る連続シリーズの第2回。

日本で育った茶葉を発酵させた和紅茶や烏龍茶などの「和香茶」の歴史や深みを体験できます。
ベルギー人として初めて日本茶インス…

独自の視点で日本茶を研究してきたベルギー出身の遠州流茶道師範のティアス宗筅先生とともに、お茶の世界について知る連続シリーズの第2回。



日本で育った茶葉を発酵させた和紅茶や烏龍茶などの「和香茶」の歴史や深みを体験できます。
ベルギー人として初めて日本茶インストラクター資格を取得し、遠州流茶道師範として活躍されるティアス宗筅先生とともに、さまざまな「和香茶」を味わい、日本の風土が育んだ繊細な美味しさを体感しませんか。


ティアス宗筅先生ならではの独自の視点で捉えた「和香茶」の知られざる魅力をはじめ、この季節にピッタリな水出し和紅茶の淹れ方まで、幅広く知っていただけます。

無鄰菴パートナーズ講座
「日本茶を知る」vol.2『和紅茶』
講師
ハーブレヒツ 淡月庵 ティアス宗筅 (そうせん)
ベルギーのルーヴェン大学日本学科を卒業。 関西大学大学院文学研究科総合人文学専攻国文学専修を修了。外国人として最年少の遠州流茶道師範。ベルギー人として初めての日本茶インストラクター。国内外の門下生に茶道を教え、日本茶・日本茶文化を原点から捉え、伝統的な姿を解き明かすため、様々な催し物を開催している

開催日
平成29年7月2日(日)
開催時間
13時~15時(予定)
延長の可能性あり
場所
無鄰菴 母屋2階
京都市左京区南禅寺草川町31
http://murin-an.jp/
定員
10名(要予約・先着順)
料金
6,500円(要別途入場料)
*事前振込支払
*キャンセル料:開催一週間前以降全額
応募
電話・窓口にて受付。先着順。
受付時間 午前8時30分~16時30分
主催・問い合わせ
植彌加藤造園株式会社・無鄰菴管理事務所
TEL & FAX: 075-771-3909
web
http://murin-an.jp/news/20170702/
https://www.facebook.com/pg/ueyakato/

無鄰菴パートナーズ制度とは?
無鄰菴に心を動かされた若手芸術家や表現者と無鄰菴スタッフがコラボし、
「庭園は、人が集いアクティブに利活用することで真の姿を見せてくれる」
ことを伝え、庭園文化の面白みを広げてゆく制度です。




無鄰菴パートナーズ講座

第3回 9月 『番茶』-お茶のローカルチャー番茶は地域性の宝庫。お茶を通して人々の営みを知る。
第4回11月 『抹茶』-11月は茶人の正月。抹茶の新茶を味わいつつ「伝統」を問い直す。
第5回 1月 『有機茶』-緑茶の未来像はここにある。そして100年前の味もここにある。茶の本質を知る最終回。




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




彩(いろどり)で涼む、京の清涼展

展示内容
緑色・水色・青色など、涼しげな色の伝統産業製品 約30点

祇園祭や五山の送り火など、多くの伝統行事が行われる京都の夏ですが、暑さが厳しいことも広く知られています。 京都のものづくりに励む職人たちも、見た目から少しでも涼を感じられるよう工夫をこ…


展示内容 緑色・水色・青色など、涼しげな色の伝統産業製品 約30点

祇園祭や五山の送り火など、多くの伝統行事が行われる京都の夏ですが、暑さが厳しいことも広く知られています。 京都のものづくりに励む職人たちも、見た目から少しでも涼を感じられるよう工夫をこらした作品を多く手掛けてきました。


今回開催する企画展「彩(いろどり)で涼む、京の清涼展」では、緑色・水色・青色といった、涼しげな色の伝統産業製品を一斉に展示します。清涼感あふれる着物や陶磁器から涼やかさと同時に、職人たちの繊細な感性、匠の技を感じていただければ幸いです。

 


京都伝統産業ふれあい館ギャラリー企画展

☆★☆★ 彩(いろどり)で涼む、京の清涼展  ☆★☆★
■開催日時:2017/6/1~8/21  9:00~17:00
休館日 /夏季休館日(8/22~23)
■開催場所:京都伝統産業ふれあい館 ギャラリー
〒606-8343  京都市左京区岡崎成勝寺町9-1 みやこめっせ地下1階
■主  催:協同組合京都表装協会 共催:(公財)京都伝統産業交流センター
■料  金:無料
■お問合せ:075-762-2670   fureaika@miyakomesse.jp
■U R L:http://www.miyakomesse.jp/fureaika

 

 




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




京都観世会6月例会

演目能「俊寛」  シテ:観世銕之丞狂言「薩摩守」  シテ:茂山七五三能「水無月祓」   シテ:河村 晴久能「邯鄲」   シテ:橋本擴三郎

 

 
☆★☆★ 京都観世会6月例会 ☆★☆★
■開催日時:2017/6/25    開場10:…

演目
能「俊寛」  シテ:観世銕之丞
狂言「薩摩守」  シテ:茂山七五三
能「水無月祓」   シテ:河村 晴久
能「邯鄲」   シテ:橋本擴三郎

 

 



☆★☆★ 京都観世会6月例会 ☆★☆★

■開催日時:2017/6/25    開場10:00  開演11:00
■開催場所:京都観世会館
〒602-0912 京都市上京区烏丸通一条下ル龍前町590-1
■料    金:前売指席券6000円 当日指席券6500円 学生券(2階自由席)3000円
■お問合せ:075-711-6114 公益社団法人京都観世会
■URL :http://www.kyoto-kanze.jp/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



おとなBAND SESSION 2017

『心に響く、おとなBAND SESSION 2017
― おっちゃんて言わんといて』出演バンド募集!

  
2014年12月(第1回)、2015年8月(第2回)、2016年8月(第3回)に続き、
今年も第4回目を開催します!
 

1.応募資格
(1)バンドメンバーに京都市内に在住・在勤・在学している…

『心に響く、おとなBAND SESSION 2017

― おっちゃんて言わんといて』出演バンド募集!




 
 

2014年12月(第1回)、2015年8月(第2回)、2016年8月(第3回)に続き、
今年も第4回目を開催します!


 

1.応募資格

(1)バンドメンバーに京都市内に在住・在勤・在学している方が1名以上含まれること。
(2)バンドメンバーに45歳以上(公演当日現在)の方が1名以上含まれること
(3)バンド人数は2名以上であること。
(4)すでに発表されている楽曲のコピー、またはカバーであること。
(ジャンルは問いません。オリジナル曲不可)

(5)広報活動を共に取り組み、お客様を集めイベントを盛り上げることにご協力いただけること。

2.応募方法/応募締切:2017年6月10日(土)当方必着

次の3点を郵送または直接会館へ提出してください。
(1)申込用紙
(2)演奏楽曲(複数可)を収録したCDまたはDVD
(3)メンバー全員が写った写真(画像データとプリントアウト)

3.選考方法

(1)第1次選考(音源審査)
提出いただいた音源(CD、DVDのいずれか)により審査を行います。
(2)第2次選考(面接)
音源審査の通過者には面接を行います。(日時・会場は別途通知)
(3)選考結果は、6月下旬に通知します。
※審査結果・理由等についてのお問合せにはお答えいたしかねますので、予めご了承ください。

4.主催者で用意するもの
 ドラムセット、ギターアンプ×2台、ベースアンプ×1台、キーボードアンプ×1台、グランドピアノ×1台

5.参加費  1名4,000円(例:バンドメンバーが5名の場合は20,000円)
※会場への交通費・宿泊費・楽器運搬費等経費は参加者でご負担ください。

         


ライブハウスやスタジオでは味わえない、「おとな」のための特別なステージでガツン!とパフォーマンスしませんか?


熱い思いを届けたい、そんなバンド仲間を待ってます

 

6.応募宛先・お問合せ

京都市右京ふれあい文化会館  (公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)
受付時間=9:00~19:00/火曜休館

〒616-8065 京都市右京区太秦安井西裏町11-6
TEL:075-822-3349/FAX:075-822-3384
http://www.kyoto-ongeibun.jp/ukyo/topics.php?page=1#key2563








メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





第34回天の川ほたるまつり

 ~ほたるの発生時期はおおむね6月上旬から6月中旬です~

ほたる観賞期間(総合案内所開設期間)
平成29年6月2日(金曜日)から6月11日(日曜日)までの10日間
総合案内所
ルッチプラザ 階段シアター前【米原市長岡1050番地1】

「天野川ゲンジボタル」の乱舞が見られ…


 ~ほたるの発生時期はおおむね6月上旬から6月中旬です~

ほたる観賞期間(総合案内所開設期間)

平成29年6月2日(金曜日)から6月11日(日曜日)までの10日間

総合案内所

ルッチプラザ 階段シアター前【米原市長岡1050番地1】

「天野川ゲンジボタル」の乱舞が見られる「天の川ほたるまつり」。
「長岡のゲンジボタルおよびその発生地」として1952年(昭和27年)、国の特別天然記念物として指定されています。


259x199_bc7cd4b8afb3060d50200090c3ad4535


ホタル発生地として全国で天然記念物指定を受けているところは11か所ありますが、「天然記念物のうち世界的にまた国家的に価値が特に高いもの」として指定される「特別天然記念物」指定の地域は長岡のみとなっています。


長岡区内を流れる天野川流域会場周辺の散歩道にホタル行灯が設置され、幻想的なホタルの乱舞が観賞できます。暗闇の中で優しく光るホタルの輝きをぜひご観賞ください。
※ホタルの発生状況は、気象条件等に影響を受けます。

 
DSC_21781-1024x678

 

 

 

☆★☆★☆ 第34回 天の川ほたるまつり ☆★☆★☆

■開催日時:2017/6/3~6/4   日没~21:00
■開催場所: 米原市長岡周辺
滋賀県米原市長岡
■総合案内所開設期間
≪総合案内所≫場所:ルッチプラザ ≪近江長岡駅前≫≪ 醒ヶ井駅前≫
■お問合せ:0749-58-2227
米原市天の川ほたるまつり実行委員会事務局(米原市商工観光課内)





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




家具店で[きのこの器] 展

家具ショールームとアートを融合
鈴木喬子のきのこたちを関西初展示!
平山日用品店では家具ショールームとしているスペースをお勧めアーティストを紹介するギャラリースペースとして解放している。
自宅の様な雰囲気の中でアートに触れられ、アートをより身近に感じる場所に…

家具ショールームとアートを融合
鈴木喬子のきのこたちを関西初展示!

平山日用品店では家具ショールームとしているスペースをお勧めアーティストを紹介するギャラリースペースとして解放している。
自宅の様な雰囲気の中でアートに触れられ、アートをより身近に感じる場所にしたいと店主らは考えている。
第一回目の展示は、陶作家鈴木喬子さんの関西初個展 CERAMIC MUSHROOMS [きのこの器] 展。





鈴木さんの作品は、どれも色鮮やかで愛らしいのに、甘過ぎず、クールな空気をまとい、どのような空間にも程よい存在感を示しながら、溶け込んでいく作品だという。

きのこをモチーフとしたコンポートやはしおき等、作家の人柄が感じられる個性的な作品が飾られる。
6月17日(土)には、作家本人在廊予定。





鈴木喬子プロフィール
多摩美術大学染色デザイン科卒、テキスタイルデザイナーを経て、1997年絵皿ショップ「UNPIATTO」 をオープンし、陶作家活動を行う。2016年工房兼ギャラリーショップ「CLAYPOT」をオープン。
「なんでもない日がちょっとハッピーに!なんでもないモノがちょっとスペシャルに!
そんな使えるアートな器を作りたいと制作しています。」
デザイン事務所UNPIATTO INC.代表取締役、陶工房&ギャラリー「CLAYPOT」主宰。
http://kyoko-suzuki.jp



鈴木喬子の陶器2017
CERAMIC MUSHROOMS [きのこの器] 展

会期:2017年6月10日(土) – 6月18日(日) 10:00 – 17:00 会期中無休
作家在廊日 6月17日(土)
場所:平山日用品店:
〒611-0041 宇治市槇島町十八 52-7



お問い合わせ
tel/fax 0774-22-3144
mail info@hirayama-ten.com
HP http://hirayama-ten.com/



メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


【パリ・マグナム写真展】関連行事 参加者募集

関連行事
①講演会「マグナム70年の歩み」
日  時:2017年7月1日(土)10:30~12:00
講  師:小川潤子氏(マグナム・フォト東京支社)
会  場:3階フィルムシアター
定  員:160名(先着順)
参 加 費:無料 ※ただし、本展覧会入場券(半券可)が必要です。
②ト…


関連行事
①講演会「マグナム70年の歩み」

日  時:2017年7月1日(土)10:30~12:00
講  師:小川潤子氏(マグナム・フォト東京支社)
会  場:3階フィルムシアター
定  員:160名(先着順)
参 加 費:無料 ※ただし、本展覧会入場券(半券可)が必要です。


②トークイベント

日  時:2017年8月11日(金・祝) 10:30~12:00
講  師:平間 至氏(写真家)
会  場:3階フィルムシアター
定  員:160名(先着順)
参 加 費:無料 ※ただし、本展覧会入場券(半券可)が必要です。


③コンサート
「フランス6人組、エリック・サティ -ロマン派音楽から印象主義音楽、そして新古典主義へ」

日  時:2017年8月12日(土) 開場13:30~ 開演14:00~
会  場:別館ホール
定  員:200名(先着順)
参 加 費:無料  ※ただし、本展覧会入場券(半券可)が必要です。
出  演:京都市立芸術大学音楽部学生
(fl)小林 千晶 (Ob)葛城 裕也 (Cl)岡本 昇大
(Hr)斉藤 日菜子 (Fg)高島 翔大 (Pf)濱田千幸


④ワークショップ「フィルム写真入門 やってみよう現像とプリント!」

日  時:2017年8月19日(土) 10:00~16:30
会  場:別館2階講義室
定  員:12~15名
参 加 費:1,000円 ※このほか本展覧会入場券(半券可)が必要です。
対 象 者:小学校5年生~
企画協力:花中舎伊藤組


⑤ギャラリートーク

当館学芸員によるギャラリートークを行います。

日  時:2017年7月14日(金)18:00~ ※30分程度
会  場:パリ・マグナム展会場内

※事前申し込み不要。参加無料。ただし当日の入場者に限ります。




 





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


らくご博物館【夏】~夏休み企画・親子で楽しむ落語会~Vol.46

京都国立博物館では、より多くの皆様に親しまれる博物館づくりを目指し、
伝統芸能である落語の上演を「京都・らくご博物館」と題して年4回実施。
出演
桂 南天、桂 米紫、桂 歌之助、桂 まん我、桂 二乗、桂 小鯛。

 
☆★…



京都国立博物館では、より多くの皆様に親しまれる博物館づくりを目指し、
伝統芸能である落語の上演を「京都・らくご博物館」と題して年4回実施。



出演


桂 南天、桂 米紫、桂 歌之助、桂 まん我、桂 二乗、桂 小鯛。



 
☆★☆★ らくご博物館【夏】~夏休み企画・親子で楽しむ落語会~Vol.46  ☆★☆★

■開催日時:2017/8/4    開場13:30 開演14:00
■開催場所:京都国立博物館 平成知新館講堂
〒605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527
■料   金:一般全席指定 3100円(税込)  高校生以下2000円(税込)親子セット料金4500円
■お問合せ:075-531-7504 (京都国立博物館 総務課事業推進係)
■URL :http://www.kyohaku.go.jp/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ