世界最高の写真家集団☆★☆パリ・マグナム写真展

1947年、ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デビッド・シーモアによって「写真家自身によってその権利と自由を守り、主張すること」を目的として写真家集団・マグナムは結成されました。以後、マグナムは20世紀写真史に大きな足跡を残…


1947年、ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デビッド・シーモアによって「写真家自身によってその権利と自由を守り、主張すること」を目的として写真家集団・マグナムは結成されました。以後、マグナムは20世紀写真史に大きな足跡を残す多くの写真家を輩出し、世界最高の写真家集団として今も常に地球規模で新しい写真表現を発信し続けています。


本展は、2014年12月から翌年4月までパリ市庁舎で開催され、大きな反響を呼んだ展覧会の海外巡回展として企画。マグナム・フォト設立70周年にあたり、60万点に及ぶ所属写真家の作品の中から、パリをテーマにした作品約130点を選び展観するものです。
芸術の都・パリは多くの歴史的事件の舞台でもあり、かつ、写真術発明以来、常に「写真の首都」でもありました。20世紀の激動を最前線で見つめ続け、現代においても現在進行形の歴史をとらえ続けるマグナムの写真家たちが提示する豊穣なイメージは、都市とそこに生きる人々の歴史にとどまらず、写真表現の豊かさをも我々に提示してくれると同時に、世界を発見する驚きに満ちた写真家たちの視線を追体験させてくれます。

 

FRANCE. Paris. 1996.

 

出品作家(全34名)

ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、デビッド・シーモア、フィリップ・ハルスマン、ハーバート・リスト、エリオット・アーウィット、バート・グリン、エリック・レッシング、インゲ・モラス、マルク・リプー、ウェイン・ミラー、ルネ・ブリ、ブルース・デビッドソン、ニコラ・ティコミロフ、セルヒオ・ラレイン、ブルーノ・バルベイ、レオナード・フリード、ジョセフ・クーデルカ、リチャード・カルバー、ギィ・ル=ケレック、レイモン・ドゥパルドン、マルティーヌ・フランク、アバス、ハリー・グリエール、パトリック・ザックマン、マーティン・パー、ゲオルギィ・ピンカソフ、アレックス・マヨーリ、クリストファー・アンダーソン、ジェローム・セッシーニ、リチャード・カルバー、アレッサンドラ・サンギネッティ、パオロ・ペレグリン、トーマス・ドボルザック

【同時開催】「近代京都へのまなざし-写真にみる都の姿-」

近代化の歩みの中で、京都という都市に人々がどのような眼差しを注いできたか、写真とそこに写る被写体に関係する資料を合わせてご覧いただき、文化と歴史の都としての京都の姿を明らかにします。

期間:2017年7月1日(土)~9月18日(月・祝)
会場:京都文化博物館3階展示室
※「パリ・マグナム写真展」の料金であわせてご覧いただけます

 

 



世界最高の写真家集団マグナム・フォト創立70周年

☆★☆ パリ・マグナム写真展    ☆★☆

■開催日時:2017/7/1~9/18  10:00~18:00    金曜日~19:30 (入場は閉室の30分前まで)
休館日/月曜日(7月24日は臨時開館)
■開催場所:京都文化博物館   4階展示室
〒604-8183 京都市中京区三条高倉
■料  金:一般1000(800)円  大高生600(400)円  中小生300(300)円
※( )内は前売料金及び20人以上の団体料金。(会期中は当日券のみ)
■お問合せ: 075-222-0888
■U R L:http://www.bunpaku.or.jp/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


没後40年 幻の画家 不染鉄展 /奈良県立美術館

不染鉄「山海図絵(伊豆の追憶)」 大正14(1925)年 木下美術館蔵
不染鉄(本名哲治、のち哲爾。鐵二とも号する)は、稀有な経歴の日本画家です。
日…


不染鉄「山海図絵(伊豆の追憶)」 大正14(1925)年 木下美術館蔵

不染鉄(本名哲治、のち哲爾。鐵二とも号する)は、稀有な経歴の日本画家です。

日本画を学んでいたのが、写生旅行先の伊豆大島・式根島で、なぜか漁師暮らしを始めたかと思うと、今度は京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)に入学。才能を高く評価されながら、戦後は画壇を離れ、晩年まで飄々と作画を続けました。

これまで美術館で開かれた回顧展は、21年前の唯一回だけ。画業の多くは、謎に包まれてきました。

富士山や海といった日本画としては、ありふれた画題を描きながら、不染ならではの画力と何ものにもとらわれない精神によって表現された作品は、他のどの画家の絵とも異なり、鳥瞰図と細密画の要素をあわせ持った独創的な世界を作り上げています。不染は「芸術はすべて心である。芸術修行とは心をみがく事である」とし、潔白な心の持ち主にこそ、美しい絵が描けると信じて、ひたすら己の求める絵に向きあい続けました。


展覧会構成
第1章 郷愁の家
第2章 憧憬の山水
第3章 聖なる塔・富士
第4章 孤高の海
第5章 回想の風景

 

 【同時開催・連携展示】
安堵町、黒滝村、岐阜県高山市による交流連携展示
「世界に魅せる匠の技と心~奈良と飛騨高山の極人~」
日本三大美林「吉野杉の里」と「飛騨の匠」の技術交流、日本の陶芸の巨匠「富本憲吉」
ゆかりの「渋草焼」の陶芸交流などを第32回国民文化祭・なら2017/第17回全国
障害者芸術・文化祭なら大会を記念して紹介します。

 

 

www_mahoroba_ne_jp_~museum_koutuu1

 
特別展
☆★☆★ 没後40年 幻の画家 不染鉄展  ☆★☆★

■開催期間:2017/9/9~11/5  9:00~17:00
休館日/9/11(月)、19(火)、25(月)、10/2(月)、10(火)、16日(月)
■開催場所:奈良県立美術館 〒 630-8213 奈良市登大路町10-6
■主  催:奈良県立美術館、産経新聞社
■入 場 料:一般800円 大高生600円 中小学生400円
■お問合せ:0742-23-3968
■URL :http://www.pref.nara.jp/dd.aspx?menuid=11842
https://www.facebook.com/narakenmuseum






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


エリック・カール展★美術館「えき」KYOTO

『はらぺこあおむし』別案原画、1984年、エリック・カール絵本美術館 c1969&1987 Eric Carle
 
絵本『はらぺこあおむし』で知られる「エリック・カール展」が開催。
ぽん!とたまごからちっぽけなあおむしがうまれてから、およそ50…

『はらぺこあおむし』別案原画、1984年、エリック・カール絵本美術館 c1969&1987 Eric Carle

 

絵本『はらぺこあおむし』で知られる「エリック・カール展」が開催。




ぽん!とたまごからちっぽけなあおむしがうまれてから、およそ50年がたちました。
いまも世界のどこかで、子どもが初めてこのあおむしと出会っていることでしょう。

アメリカを代表する絵本作家エリック・カール(1929-)は、小さなあおむしとともに長く豊かな道を歩んできました。本展では、いまなお輝きを失わないエリック・カールの世界を約130点の原画・作品で振り返ります。

カールに出会ったばかりの子どもたち、親として再会を果たしたおとなたち、カールと出会うすべての人々に色彩豊かなその世界が開かれることでしょう。






☆★☆★ エリック・カール展 ☆★☆★

■開催日時:2017/07/29~08/27   10:00~20:00
■開催場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
■主  催:美術館「えき」KYOTO、京都新聞
■入 場 料:一般 800円 高大学生600円 小中学生 400円
■お問合せ:075-352-1111
■URL :http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

福を運ぶ朝鮮王朝のとりたち/高麗美術館

2017年の干支である酉にちなむ展覧会です。
中国を起源とする干支は日付や方角、時間を表わす単位として考えられ、朝鮮半島に伝播して、日本には5~6世紀頃に伝わりました。人々の身近な動物であるトリは古くから多くの物語や歌に登…



2017年の干支である酉にちなむ展覧会です。
中国を起源とする干支は日付や方角、時間を表わす単位として考えられ、朝鮮半島に伝播して、日本には5~6世紀頃に伝わりました。人々の身近な動物であるトリは古くから多くの物語や歌に登場します。



朝鮮王朝時代の絵画や屏風、硯、陶磁器、木工品には色鮮やかな美しい鳥、静寂の中にたたずむ鳥、そして人々の災いを持ち去る強い鳥が登場します。国境も無い昔から空を自由に飛び交う鳥は吉祥の意味をもち、平和や愛情の象徴として人々に愛されてきました。今回はさまざまな鳥と福をモチーフにした所蔵品80点による美の世界を展示いたします。

 

 


☆★☆★☆ 私のお気に入り名品展 ☆★☆★☆

■開催日時:2017/7/27~12/25 10:00~17:00
休館日/月曜日(但し、祝休日となる場合は開館、翌日休館)
■開催場所:高麗美術館
〒603-8108 京都市北区紫竹上岸町15番地
■料  金:一般500円 高大生400円 中学生以下無料
■お問合せ:075-491-1192
■U R L:http://www.koryomuseum.or.jp






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


2017夏季特別展 「雪村-奇想の誕生」 – /MIHO MUSEUM

雪村(せっそん)は、室町時代後期から戦国時代にかけて、東国で活躍した画僧です(生没年不明 1490前後-1573以降)。
常陸国(茨城県常陸大宮市)の武家・佐竹氏の一族に生まれましたが、幼くして禅寺に出家し、多くの絵画に接した…


雪村(せっそん)は、室町時代後期から戦国時代にかけて、東国で活躍した画僧です(生没年不明 1490前後-1573以降)。
常陸国(茨城県常陸大宮市)の武家・佐竹氏の一族に生まれましたが、幼くして禅寺に出家し、多くの絵画に接したと考えられています。


五十歳頃から関東各地を遊歴、会津(福島県)から小田原、鎌倉(いずれも神奈川県)では北条氏の持つ中国画や寺院に伝来する作品に学び、独創的な表現を確立していったと思われます。六十歳代半ばから会津、三春(福島県)を行き来しながら、多くの傑作を生み出し、八十歳代後半まで衰えぬ筆力で描き続けました。



 雪村が生きた時代、画は中国画を手本にするのが当然でした。しかし、雪村の描く人物画や山水画は、伝統的な様式をはみ出して、破天荒でドラマティックなものが多く、若冲、蕭白、芦雪、国芳などに評される「奇想」の端緒を、雪村に位置付ける所以はここにあります。一方、動植物を題材にした作品は、写実的で、生き物に対する慈しみや、細やかな感性が感じられ、変幻自在ともいえる作風を持っていたのです。


雪村の生涯は謎が多く、独創的な画風をどのように築いていったかははっきりしませんが、関東・東北の諸大名家に多くの作品が伝わることから、当時高い評価を受けていたことは間違いありません。また、尾形光琳(1658-1716)は雪村を好み、その画を丁寧に模写し、雪村が使ったといわれる石印まで所有していました。近世には狩野派の絵師が雪村画を粉本(手本とした模写)として継承し、近代日本画の父と称される狩野芳崖(1828-1888)や橋本雅邦(1835-1908)は雪村作品をいくつも模写して独自の表現を研究しました。


本展覧会は、海外からの里帰り作品を含む雪村の主要作品約80件に、雪村から大きな影響を受けた後代の関連作品約30件を加えた、過去最大規模の回顧展となります。知られざる戦国の画僧・雪村の魅力をどうぞお楽しみください。※会期中展示替えあり

 

 

同時開催

   開館20周年記念特別企画 「古代オリエント美術の愉しみ
― エジプトから中国まで ―」(南館 中国・西域展示室)

 


夏季特別展
☆★☆★☆  「雪村-奇想の誕生」 –  ☆★☆★☆
■開催日時:2017/8/1~9/3   10:00~17:00
休館日/月曜日 ※ただし3/20(月)は開館、3/21(火)、5/13(土)、5/14(日)休館
■開催場所:MIHO MUSEUM 南館 中国・西域展示室
〒529-1814 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
■料   金:一般1100円 高大生800円 小中生300円
■お問合せ:0748-82-3411
■U R L:http://mihojp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


特集展示 大政奉還150年記念 鳥羽伏見の戦い/京都国立博物館

瓦版 都風流トコトンヤレ節
慶応4年(1868)正月、京都の南郊で薩長両藩を主力とする新政府軍と、大坂から入京しようとする旧幕府軍との間で戦端がひらかれたのが、鳥羽伏見の戦いです。戊辰戦争の端緒となったこの戦争の様子を残された歴史資料から紹介します。
 
展示作…


瓦版 都風流トコトンヤレ節

慶応4年(1868)正月、京都の南郊で薩長両藩を主力とする新政府軍と、大坂から入京しようとする旧幕府軍との間で戦端がひらかれたのが、鳥羽伏見の戦いです。戊辰戦争の端緒となったこの戦争の様子を残された歴史資料から紹介します。

 


展示作品リスト




土曜講座「鳥羽伏見の戦いの戦場をたどる」

日時:2017年8月19日(土)13:30~15:00
講師:宮川禎一(京都国立博物館 上席研究員)
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂
定員:200名(事前申込不要)
料金:無料(ただし観覧券が必要です)
※当日12:00より平成知新館1階にて整理券を配布します(定員に達し次第配布終了)

 

 

特集展示  
☆★☆★ 大政奉還150年記念 鳥羽伏見の戦い  ☆★☆★

■開催日時:2017/7/25~9/3      9:30~17:00    金・土曜日: 9:30~21:00
休館日/月曜日(ただし、月曜日が祝日・休日となる場合は開館し、翌火曜日を休館)
■開催場所:京都国立博物館 平成知新館 1F-2
〒605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527
■料   金:一般520円(410円) 大学生260円(210円) 高校生以下無料
■お問合せ:075-525-2473
■URL :http://www.kyohaku.go.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



展覧会 『The Point in Front Is Not the Point in Front Is Not』

谷中佑輔《Pulp Physique》2016年 撮影:熊谷篤史
 
HAPS 連携企画 ユーディット・ゼング×谷中佑輔 展
 東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)と連携して開催する本展は、現在ベルリンに拠点をおく二人のアーティスト、ユーディット・ゼングと谷中佑輔に…

谷中佑輔《Pulp Physique》2016年 撮影:熊谷篤史

 

HAPS 連携企画 ユーディット・ゼング×谷中佑輔 展


 

東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)と連携して開催する本展は、現在ベルリンに拠点をおく二人のアーティスト、ユーディット・ゼングと谷中佑輔による、パフォーマンスと彫刻の関係性を巡る展覧会です。
ゼングは昨年、ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川のレジデント・アーティストとして京都に滞在しました。谷中は HAPSスタジオでの活動を経て、現在ベルリンでコンテンポラリーダンスを学んでいます。

二人は、それぞれの関心から、空間、物質、身体が相互に干渉し合う構造をつくりだす作家であるといえます。そこでは、彫刻あるいはインスタレーションと身体の動きは、別のものではなく、等しく、あるプロセス、ある関係性を示しており、それは行為遂行的なものとして思考するための場の構成を可能とするものです。

 

 


ゼングは、昨年に出会った茶道をふまえ、その儀式性をコレオグラフィとして捉え直すことに今回の作品の着想を得ています。一方、谷中は、彫刻とパフォーマンスとの間をつねに往還しつつ、そこに立ちあらわれる関係性を一つの「持続」として生起させようと企図しています。

本展は、異なる文化的背景や経験を持つ二人による、二つの異なるアプローチが隣り合うことで、鑑賞者に新たな対話と思考の空間を開くことを期待しています。

 ■谷中佑輔 パフォーマンス
日時:7月13日(木)17:00 – 18:00
7月17日(月・祝)17:00 – 18:00
7月23日(日)17:00 – 18:00
7月30日(日)17:00 – 18:00
8月 6日(日)17:00 – 18:00
8月13日(日)17:00 – 18:00
会場:ギャラリー 南
料金:無料
※事前申込不要、途中入退場自由

 



※展示入場無料(一部イベントのみ有料・予約制)
お申し込みはこちら

 



展覧会 

☆★☆★ 『The Point in Front Is Not the Point in Front Is Not』  ☆★☆★
■開催日時:2017/7/13~8/13 10:00~20:00
※7/14- 7/16は祇園祭のため 17:00 閉館
■開催場所:京都芸術センター  ギャラリー 北・南
〒604-8156 京都市中京区室町通錦小路上ル京都芸術センター北隣
■入 館 料:無料
■お問合せ:075-213-1000
■URL  :http://www.kac.or.jp/events/21526/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


やきもの巡り 京都・滋賀編 後期 / 茶道資料館

中世以降、日本各地に数多くの陶磁窯が誕生しました。中世六古窯をはじめ、日本を代表す
る窯業地へと発展した窯から、近世後期の開窯ラッシュ期に築かれた小窯に至るまで、その数は数百にも及ぶと言われています。しかし、現在一般的によく知られている陶磁窯はその内のご…


中世以降、日本各地に数多くの陶磁窯が誕生しました。中世六古窯をはじめ、日本を代表す る窯業地へと発展した窯から、近世後期の開窯ラッシュ期に築かれた小窯に至るまで、その数は数百にも及ぶと言われています。しかし、現在一般的によく知られている陶磁窯はその内のごく一部です。


そこで、近畿各地において中世から近世後期に生産されたやきものを数多く取り上げ、いわば「ご当地のやきもの」を紹介する展覧会をシリーズ化して開催いたします。



第一回目となる本展では、洗練された意匠と高度な技術により「あこがれの的」であった京都の やきもの、そして、中世からの伝統的な窯や彦根藩の藩窯、京都から陶工を招いた窯など、多彩な魅力を放つ滋賀のやきものを取り上げます。

 

[主な出品作品]

京都 :粟田(あわた)焼、一方堂(いっぽうどう)焼、岩倉(いわくら)焼、御室(おむろ)焼、乾山(けんざん)焼、修学院(しゅうがくいん)焼、御菩薩(みぞろ)焼、楽(らく)焼、他

滋賀 :石部(いしべ)焼、姥ヶ(うばが)餅(もち)焼、河濱(かひん)焼、湖東(ことう)焼、湖南(こなん)焼、信楽(しがらき)焼、膳所(ぜぜ)焼、杣山(そまやま)焼、梅林(ばいりん)焼、比良(ひら)焼、他

前後期合せて約120点

 

 
平成29年春夏
☆★☆★やきもの巡り 京都・滋賀編   後期 ☆★☆★

■開催日時:2017/7/5~9/10 9:30~16:30(入館と無料呈茶は16:00まで)
前期:4/26(水)-6/25(日) 後期:7/5(水)-9/10(日)
休館日/月曜日  7/18   6/26(月)― 7/4(火)    但し、5/1(月)、7/17(月・祝)は開館)
■開催場所:茶道資料館
京都市上京区堀川通寺之内上ル682番地(裏千家センター内)
■料   金:一般700円 大学生400円 中高生300円 小学生以下無料
■お問合せ:075-431-6474
■URL :http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/tenjinow/tenji.html






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





屏風が映し出す縁 (えん)★千總ギャラリー屏風祭

かつて京都で活躍した日本画家たちの屏風が千總に残されている。円山応挙の門下に学んだ江戸後期の画家・長澤蘆雪や明治の京都画壇を代表する岸竹堂、今尾景年に始まる錚々たる画家が名を連ねており、千總と京都の画家との繋がりがうかがえる。商いを続ける中で、千總は幾度…


かつて京都で活躍した日本画家たちの屏風が千總に残されている。円山応挙の門下に学んだ江戸後期の画家・長澤蘆雪や明治の京都画壇を代表する岸竹堂、今尾景年に始まる錚々たる画家が名を連ねており、千總と京都の画家との繋がりがうかがえる。商いを続ける中で、千總は幾度も様々な縁によって支え、支えられながら歴史を紡いできた。


激動の明治時代、日本画家を取り巻く環境もまた変化に富んだものであった。大きな社会変動の波に押され困窮する画家が出てくる中、千總は彼らに染織品の下絵の製作を依頼、パトロンとしてその生活を支えた。日本画家たちの下絵をもとに制作された友禅や刺繍による額や屏風・衝立など美術染織品と呼ばれる作品は、それまでの染織品にはなかった写実性と意匠の斬新さが加わり、千總の友禅は国内外に知られることとなった。


 

森祖仙「猪図屏風」 (部分) / 江戸時代後期(18世紀末期-19世紀初期)[/caption]

主な出展作品

「花鳥図屛風」長沢蘆雪 (江戸時代 18世紀後期 紙本着色)
「花鳥図押絵貼屛風」松村景文 (江戸時代 19世紀初期 紙本墨画淡彩)
「猪図屛風」森祖仙(江戸時代 18世紀末期~19世紀初期 紙本墨画淡彩)
「水辺群鶴図屏風」吉村孝敬(天保3年 / 1832 / 紙本淡彩)
「大津唐崎図屏風」岸竹堂(明治9年 / 1876 / 絹本墨画淡彩)
「富士に松図屏風」竹陰=千總12代西村總左衛門(大正4年 / 1915 / 紙本着色)

 

 

千總の屏風祭

7月15日(土)、16日(日)

祇園祭の宵山期間中、開館時間を延長します
特別開館 時間延長:21時まで (通常閉館18時)

 

 

☆★☆★☆  屏風が映し出す縁 (えん)  ☆★☆★☆
■開催日時:2017/7/1 ~ 9/26    10:00~18:00
休館日/毎週水曜日(但し、祝日開館、翌日休館)
■第2 会場:千總ギャラリー
〒604-8166 京都市中京区三条烏丸西入御倉町80番地 千總本社ビル2階
■入 場 料:無料
■お問合せ:075-221-3133
■U R L:http://www.chiso.co.jp

 





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



icon いま、人を描く。岡本里栄・四間丁愛 【キャンパスが美術館】

成安造形大学【キャンパスが美術館】では、企画展『icon いま、人を描く。岡本里栄・四間丁愛』を開催する運びとなりました。本展で紹介する二人は、同じく人物を主要な題材として作品制作を行っています。
岡本里栄 Awoman in yellow#6 2016/キャンバス・油彩|91.0×72.7c…


成安造形大学【キャンパスが美術館】では、企画展『icon いま、人を描く。岡本里栄・四間丁愛』を開催する運びとなりました。本展で紹介する二人は、同じく人物を主要な題材として作品制作を行っています。

岡本里栄 Awoman in yellow#6 2016/キャンバス・油彩|91.0×72.7cm

岡本は、個人が判別できないくらいまで人物をボカし、振らした画面を作ることで、
人としてのイメージが立ち上がるギリギリを探りながら、鑑賞者が人影にどのような感情を想起させるのかを問いかけます。

《医者を見る》2016|キャンバス・アクリル絵具|65.2×53.0cm

一方、四間丁は、人物ははっきりと描きつつも、細部を簡略化させ、奥行き感を失った背景と合わせることで、見るものに強い違和感を与えて想像力を刺激します。

 

細部も認識できないほどに眩惑、あるいは簡略化させられ、個人としての存在を奪われてしまった人物像──もはや肖像(portrait)ではなくなってしまった人の影(icon)に、私たちはどのような感情を抱き、どのような記憶を見るのでしょうか。

 



☆★☆★☆ icon いま、人を描く。 岡本里栄・四間丁愛  ☆★☆★☆

■ 開催日時:2017/7/18~8/5  12:00-18:00
休館日/ 日曜日 ただし 7/23は開館
■ 開催場所:成安造形大学【キャンパスが美術館】ギャラリーアートサイト
520-0248 滋賀県大津市仰木の里東 4-3-1
■ 料  金:入場無料
■ 主  催:成安造形大学
■ お問合せ: 077-574-2118(直通)  077-574-2111(代表)
https://www.facebook.com/seianartcenter
http://www.seian.ac.jp/gallery/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ