平成29年初夏展 異国へのあこがれ

四方を海に囲まれた日本では、海を越えてもたらされる異国の文化によって、想像力をたくましくし、また内省を重ねながら、独自の文化を培ってきました。
松花堂昭乗(1584~1639)をはじめ、江戸時代の文化をリードした人たちも例外ではなく、異国に対するあこがれを抱き、…


四方を海に囲まれた日本では、海を越えてもたらされる異国の文化によって、想像力をたくましくし、また内省を重ねながら、独自の文化を培ってきました。
松花堂昭乗(1584~1639)をはじめ、江戸時代の文化をリードした人たちも例外ではなく、異国に対するあこがれを抱き、それを受容しながら、時代の文化を紡ぎました。あこがれの対象となるのは、多く中国の人物や風物、そして、そこから生み出される情感まで、多様です。



例えば、昭乗の代表的な書である「百人一首色紙帖」(松花堂美術館蔵)の料紙には、1枚だけ安倍仲麻呂の歌を書した紙に、中国風の紙(唐紙)が用いられています。渡唐し、その地で没した先人への敬意が込められているようです。また、中国北宋時代の蘇軾(1036~1101)は、東坡(居士)と号し、諡は文忠、日本でも有名な詩人のひとりです。その姿は多く描かれ、蘇軾に対するイメージ形成の上で、大きな役割を果たしています。


本展では、蘇軾を描いた2種類の像を展示しながら、それぞれに読み取られるイメージの違いについてもご紹介したいと思います。そのほか、約40点の作品を展示します。


お茶会のご案内

松花堂 七夕茶会


大学生によるお茶会を開催いたします。
2週にわたり、松花堂庭園のお茶室にて心を込めたおもてなしをいたします。
ぜひご参加ください。


日時 : 平成29年7月2日(日)
京都橘大学表千家流茶道部

       平成29年7月9日(日)
立命館大学茶道研究部(表流・裏流)

        いずれも午前10時~午後3時

会場 : 松花堂庭園茶室「松隠」(広間)
席料 :  300円(別途、庭園入園料が必要です)

イベントの詳細については「主要な催し物」ページをご覧ください。


 

 


☆★☆★☆ 平成29年初夏展 異国へのあこがれ ☆★☆★☆

■開催日時:開催中~2017/7/2  9:00~17:00
休館日/月曜日
■開催場所:八幡市立松花堂庭園・美術館
 614-8077 京都府八幡市八幡女郎花43番地の1
■料  金:一般400円・学生300円・高校生以下無料
■お問合せ:075-981-0010
■U R L:http://www.yawata-bunka.jp/syokado/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展

臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱記念 
禅と茶、茶道具もずらり
禅林美術展
 

臨済義玄(不詳~867)は臨済宗の宗祖。「喝」に代表される峻烈な禅風で多くの弟子を育て、初祖菩提達磨から六祖慧能により中国に土着した禅を、さらに広く伝播させた。鎌倉時代その教えが…

臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱記念 
禅と茶、茶道具もずらり
禅林美術展

 


臨済義玄(不詳~867)は臨済宗の宗祖。「喝」に代表される峻烈な禅風で多くの弟子を育て、初祖菩提達磨から六祖慧能により中国に土着した禅を、さらに広く伝播させた。鎌倉時代その教えが入宋僧や来朝僧により日本へ伝わり、今日の臨済宗の規範が築かれた。また日本臨済宗中興の祖とされる白隠慧鶴(1685~1768)は、諸国を巡化して禅の日本化と民衆化を推進。そして公案禅を体系付け日本臨済禅の革新を成し遂げている。


この度、臨済禅師没後1150年と、白隠禅師没後250年を記念し、中国宋・元、日本中近世の墨蹟、祖師図等を一堂に展観する。

 

 


臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱記念 

☆★☆★ 禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展 ☆★☆★

■開催日時:2017/6/15~12/3   10:00~17:00
会期中無休 (但 9/27(水)~9/30(土)展示替休館)
■開催場所:相国寺承天閣美術館
〒602-0898 京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町701
■入館料金:一般800円 65歳以上・大学生600円 中高生300円 小学生200円
■お問合せ: 075-241-0423
■URL : http://www.shokoku-ji.jp/top.php

上田正昭と高麗美術館

昨年3月13日に急逝されました高麗美術館第二代館長、上田正昭先生の提唱された、国を超えた民衆交流の実践と東アジアへの歴史視点は、高麗美術館の基本理念である『民際』へと受け継がれています。
1969年「日本のなかの朝鮮文化」創…


昨年3月13日に急逝されました高麗美術館第二代館長、上田正昭先生の提唱された、国を超えた民衆交流の実践と東アジアへの歴史視点は、高麗美術館の基本理念である『民際』へと受け継がれています。

1969年「日本のなかの朝鮮文化」創刊当時より、上田正昭先生が高麗美術館創設者の鄭詔文や作家・金達寿、司馬遼太郎とともに日本各地へ残した足跡はゆうに三十を超えます。こうした日本各地にある渡来人の痕跡を発掘する作業は、古代朝鮮半島と日本の交わりを地方の視点から見直すという歴史の新たな視座を開きました。

 


今回、上田正昭先生所蔵の『広開土王碑拓本』を展示し、雨森芳洲をはじめとした朝鮮通信使資料を公開することで上田史学の幅広い視野を紹介いたします。

 



☆★☆★☆上田正昭と高麗美術館☆★☆★☆

■開催日時:2017/4/3~2017/7/17   10:00~17:00
休館日/水曜日(ただし5月3日は開館)※2017年4月より定休日が変更
■開催場所:高麗美術館
〒603-8108 京都市北区紫竹上岸町15番地
■料  金:一般500円 高大生400円 中学生以下無料
■お問合せ:075-491-1192
■U R L:http://www.koryomuseum.or.jp








メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


ゴールドマン コレクション★ これぞ暁斎!世界が認めたその画力

幕末から明治を生きた天才絵師、河鍋暁斎。
河鍋暁斎(1831年-1889年)は、幕末から明治の激動の時代を生きた絵師です。
3歳で初めて蛙を描いたという暁斎は、7歳で浮世絵師の歌川国芳に入門した後、狩野派に学び19歳の若さで修業を終えました。
周りから「画鬼」と称されるほ…


幕末から明治を生きた天才絵師、河鍋暁斎。
河鍋暁斎(1831年-1889年)は、幕末から明治の激動の時代を生きた絵師です。
3歳で初めて蛙を描いたという暁斎は、7歳で浮世絵師の歌川国芳に入門した後、狩野派に学び19歳の若さで修業を終えました。
周りから「画鬼」と称されるほどに画業に打ち込み、習得した様々な画法で仏画から戯画まで幅広く描きました。暁斎の観察力・表現力・筆の確かさなど圧倒的な画力は、鹿鳴館の設計で有名な英国人建築家ジョサイア・コンダーを惹きつけ弟子にするなど、外国人をも魅了しました。



本展では、世界屈指の暁斎コレクションを有するイスラエル・ゴールドマン氏の所蔵作品で、肉筆画から版画、絵日記など、正統な日本画から、思わずくすりと笑えてしまうユーモアあふれる早描きまで、実にバラエティに富む暁斎の画業を振り返ります。
言葉や文化の違いを超えて愛される暁斎ワールドを、ぜひご堪能ください。
※本展には一部、春画作品が出品されます。小さなお子さまの観覧については保護者、引率の大人の方がご判断ください。


河鍋暁斎《名鏡倭魂 新板》明治7(1874)年 大判錦絵三枚続
イスラエル・ゴールドマン コレクション Israel Goldman Collection, London
Photo: 立命館大学アート・リサーチセンター


ギャラリー・レクチャー「暁斎の近代性」

日時:2017年6月10日(土) 11:00~/14:00~(各回約30分)
講師:及川茂氏(本展監修者・日本女子大学名誉教授)
料金:無料(事前申込不要/ただし美術館入館券は必要です)※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説いたします。
※混雑した場合は、入館制限をさせていただく場合がございます。
※イベント内容が変更、または中止となる場合がございます。予めご了承ください。

ギャラリートーク

日時:2017年6月12日(月)、19日(月)、7月10日(月) /各日11:00~(各回約30分)
講師:美術館「えき」KYOTO 学芸員
料金:無料(事前申込不要/ただし美術館入館券は必要です)

 



ゴールドマン コレクション★
☆★☆★ これぞ暁斎!世界が認めたその画力  ☆★☆★

■開催日時:2017/06/10~07/23   10:00~20:00
■開催場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
■主  催:美術館「えき」KYOTO、京都新聞
■入 場 料:一般 1000円 高大学生8600円 小中学生 600円
■お問合せ:075-352-1111
■URL :http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/








メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


のっぴきならない遊動:黒宮菜菜/二藤建人/若木くるみ

わたしたちの祖先はなぜ、自らの身体を過酷な環境においてまでも危険な拡散を試みたのだろうか

KAC TRIAL PROJECT / Co-Program 2017 カテゴリーB「共同開催」(展覧会事業)採択企画
京都芸術センターは今年度より、アーティストと…


わたしたちの祖先はなぜ、自らの身体を過酷な環境においてまでも危険な拡散を試みたのだろうか

KAC TRIAL PROJECT / Co-Program 2017 カテゴリーB「共同開催」(展覧会事業)採択企画



京都芸術センターは今年度より、アーティストとの連携を強化して創作・発表の場を広げるべくKAC TRIAL PROJECT / Co-programを始動。昨年12月に、カテゴリーA「共同制作」(公演事業)、カテゴリーB「共同開催」(展覧会事業)、カテゴリーC「共同実験」(リサーチ、レクチャー、ワークショップ等)、カテゴリーD「KAC セレクション」(舞台芸術の分野での発表に限定した支援)の4つの枠組みの中でプランを募集しました。

 

黒宮菜菜《女性と浴槽》2016
栖鳳紙、染料

出展作家

黒宮菜菜、二藤建人、若木くるみ

 

彼らの創作に共通するのは、目の前の現実を各々の方法で咀嚼し、確かめようとする実直な姿勢です。そしてそれは、かつて遊動を始めた過去の人類にとっても、同じことだったのかもしれません。この瞬間が、10万年前から続いている今日だということを改めて実感する機会に、どうぞご期待ください。

 


☆★☆★☆  のっぴきならない遊動:黒宮菜菜/二藤建人/若木くるみ ☆★☆★☆
■開催日時:2017/5/25~7/2  10:00~20:00
■開催場所:京都芸術センター  ギャラリー北・南、和室「明倫」
〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
■料   金:入場無料
■お問合せ:075-213-1003    Email:info@kac.or.jp
■U R L:http://www.geibunkyo.jp/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


特集展示☆「名刀聚英 ─永藤一の愛刀─」☆京博平成知新館

重文 短刀 銘吉光(名物秋田藤四郎)
関西の刀剣界において、昭和の名コレクター、永藤一(ながふじかず)氏の名はまず第一に挙げられるものでしょう。永氏は医学博士として製薬会社で活躍し、業界に認められた存在であるとともに、…

重文 短刀 銘吉光
(名物秋田藤四郎)


関西の刀剣界において、昭和の名コレクター、永藤一(ながふじかず)氏の名はまず第一に挙げられるものでしょう。永氏は医学博士として製薬会社で活躍し、業界に認められた存在であるとともに、稀代の愛刀家としても広く知られていました。この展示では、永藤一氏の蒐集した名刀の数々を一堂に展示し、同氏の刀剣に対する深い見識と研ぎ澄まされた感性、そして慈しみのまなざしを感じていただきたいと思います。


 

特集展示
☆★☆★ 名刀聚英 ─永藤一の愛刀─ ☆★☆★

■開催日時:2017/6/13 ~ 7/17  9:30~17:00 (入館は16:30まで)
金・土曜日:6月は午前9時30分~午後8時まで
7月は午前9時30分~午後9時
休館日/月曜日(祝日の場合は開館・翌火曜日休館)
■開催場所:京都国立博物館    平成知新館1F-2・5
京都府京都市東山区茶屋町527
■料   金:一般 520 円  大学生 260 円 高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料
■主  催:京都国立博物館、
■お問合せ:075-525-2473
■URL :http://www.kyohaku.go.jp/jp/index.html





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


布の道標(みちしるべ)―古裂(こぎれ)に宿る技と美―/細見美術館

 
齋藤貞一郎古裂コレクション
京都・ぎをん齋藤創業170年の記念として、現7代目当主・齋藤貞一郎の古裂コレクションを書籍化、出版致しました。
当主が30歳半ばより少しずつ蒐めてきた裂類300点余りの中から選りすぐりの裂約80点…



 

齋藤貞一郎古裂コレクション

京都・ぎをん齋藤創業170年の記念として、現7代目当主・齋藤貞一郎の古裂コレクションを書籍化、出版致しました。
当主が30歳半ばより少しずつ蒐めてきた裂類300点余りの中から選りすぐりの裂約80点をオールカラーでご紹介致します。
正倉院裂、唐時代のものから幕末までの染織裂に、一点ごとに精緻な作品解説を付随させました。
また英文解説付きであり、収録作品は付属DVDにて実際に手元にあるような詳細写真からその美しさをご堪能頂けます。

 

 

 

 

■京都ホテルオークラ展示
展示期間:2016年6月3日(金)~6月29日(水)
会場: 京都ホテルオークラ 1階ロビー中央(観覧無料)
住所 :京都市中京区河原町御池
展示予定作品:
「雪中雄鶏図」、「糸瓜群虫図」、「伏見人形図」、「群鶏図」、「風竹図」(すべて複製)

 



ぎをん 齋藤コレクション
☆★☆★ 布の道標(みちしるべ)―古裂(こぎれ)に宿る技と美―☆★☆★
■開催日時:2017/6/17 ~ 8/20  10:00~18:00
休館日/月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
■開催場所:細見美術館  京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
■料  金:一般1200円   学生1000円
■お問合せ:075-752-5555  info@emuseum.or.jp
■URL :http://www.emuseum.or.jp/index.html






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




春期特別展「大勢至菩薩―祖師報恩のかたち―」

勢至菩薩は観音菩薩と共に阿弥陀如来の脇侍として比較的良く知られている尊格です。浄土宗では、元祖法然上人が勢至菩薩の化身であるという信仰を基盤に、勢至菩薩を独尊で制作しお祀りしてきました。この様な信仰は法然上人と勢至菩…


勢至菩薩は観音菩薩と共に阿弥陀如来の脇侍として比較的良く知られている尊格です。浄土宗では、元祖法然上人が勢至菩薩の化身であるという信仰を基盤に、勢至菩薩を独尊で制作しお祀りしてきました。この様な信仰は法然上人と勢至菩薩の関係を説く伝記などによって永らく語り継がれ育まれています。


本展では、ゆかりの寺院に伝来する豊富な文化財を通して、東アジア仏教圏においても珍しい勢至菩薩信仰を中心に、浄土宗における祖師信仰の一側面を紹介します。

 

~館長ごあいさつ(図録より抜粋)~
浄土宗寺院や浄土宗関係機関が設立した多くの幼稚園や保育園では、園の入り口近くに「勢至丸さま」の像が建立されています。これは宗祖法然上人の幼ない頃のお姿をお像にしたもので、「勢至丸」とは法然上人の幼名です。(中略)勢至菩薩の名前の由来となっているmahāsthāmaprāpta(マハースターマプラープタ)とは「大きな勇気を得た」という意味で、「さあ、がんばってみよう」と園児たちを励ます存在が勢至丸さまなのです。法然上人が、信念に基づいて新たな道を切り開かれていったのも、その並外れた知性に裏付けられ深められた確信によって、大きな信念と勇気を得られたからに他なりません。
その意味ではまさしく宗祖は大勢至菩薩の化身なのです。
<春期特別展関連講演会「勢至菩薩と法然上人―大勢至菩薩展鑑賞のために―」>
■期 間:2017年6月11日(日曜)14時~(13時30分開場)
※入場無料、事前申込不要
■場 所:佛教大学宗教文化ミュージアム 宗教文化シアター(アクセス・周辺マップ) 
■定 員:130名
■講 師:植村 拓哉(本館学芸員)

 


平成29年度春期特別展
☆★☆  大勢至菩薩―祖師報恩のかたち― ☆★☆
■開催期間:2017/5/20~6/18      10:00 ~17:30
休館日/月曜日(但し5月22日は開館)
■開催場所:佛教大学宗教文化ミュージアム 第一研究成果展示室(アクセス・周辺マップ)
〒616-8306 京都市右京区嵯峨広沢西裏町5-26   広沢キャンパス
■料    金 :無料
■お問合せ:075-491-0666
■URL : http://www.bukkyo-u.ac.jp/facilities/museum/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




酒豆忌30年「映画監督中川信夫展ー人間としてー」

昨夏東京で開催した「第11回映画の復元と保存に関するワークショップ」の会場で、当団体正会員で酒豆忌実行委員でもある長谷川康志さんとお会いして、「中川信夫監督の出生地である京都で展覧会をやりましょう」ということに決まりま…



昨夏東京で開催した「第11回映画の復元と保存に関するワークショップ」の会場で、当団体正会員で酒豆忌実行委員でもある長谷川康志さんとお会いして、「中川信夫監督の出生地である京都で展覧会をやりましょう」ということに決まりました。


そして、いよいよ上掲チラシのように実施の運びに。これまでさぞかし準備が大変だったことだろうと思います。珍しい品々、貴重な品々を関西の皆様にもご覧いただけるよう尽力されました。


その精魂込めた展覧会を一人でも多くの方にご覧いただきたいと願っています。そのためもあって、今回初めて16日の金曜日は、閉館時間を20時まで延長しました。





長谷川さんには、6月10日13時半から、「中川信夫監督が映画を観る眼」のタイトルで研究発表もしていただきます。そして、命日の17日には、京都文化博物館のご協力で、代表作『東海道四谷怪談』を特別上映していただきます(12時45分、要入場料)。


その後ミュージアムにお戻りいただいて、16時から、京都で初めての酒豆忌を開催します(1500円、準備の都合上できるだけ事前申し込みをお願いいたします)。中川監督は、お酒とお豆腐が大好きだったことから、京都の名水で作った酒と豆腐を肴に、皆さんで監督を偲びながら楽しい時間を過ごしましょう



今回の素敵なチラシは、長谷川さんの奥様よしのさんに作っていただきました。展示も二人三脚で。東京で9月に開催される恒例の酒豆忌に先駆けて開催されるスペシャルな展覧会、お誘いあわせてお運びくださいませ。ご来場を心よりお待ちしております。

 

 
酒豆忌30年
☆★☆★☆「映画監督中川信夫展ー人間としてー」☆★☆★☆

■開催日時:2017/6/10,15~18    10:30開館
■開催場所:おもちゃ映画ミュージアム
〒604‐8805 京都市中京区壬生馬場町29-1
■料   金:高校生・大人500円 中学生:300円 小学生以下:無料
■お問合せ:075-803-0033 info@toyfilm-museum.jp
■U R L:http://toyfilm-museum.jp/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


アニメーション・パレット2017 in京都

昨年東京で好評を得た短編アニメーション上映会『アニメーション・パレット』が京都初登場!
東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻の修了生を中心に、プロとしても活動する気鋭のアニメーション作家たちによる、珠玉の上…


昨年東京で好評を得た短編アニメーション上映会『アニメーション・パレット』が京都初登場!
東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻の修了生を中心に、プロとしても活動する気鋭のアニメーション作家たちによる、珠玉の上映会となります。


内容は『アニメーション・パレットプログラム』に加え、京都・関西にゆかりのあるアニメーション作家をゲストに迎えたプログラムをお届けします。


「盲目の砂糖」★(2014) 田中 美妃


■上映作品

【アニメーション・パレットプログラム(約77分)】
「face-san」(2017)永迫 志乃   「タコ船長とまちわびた宝」 ★(2016) 飯田 千里  「盲目の砂糖」★(2014) 田中 美妃

「春の枕木~ Spring Sleeper ~」★(2016) 松本 紗季    「such a good place to die」★(2015)小野ハナ

「パカリアン」★(2017)秦 俊子    「froggy」★(2015)永迫 志乃   「あいたたぼっち」(2016)小野ハナ

「手乗り上司」★(2016) 野中 晶史    「Jungle Taxi」★(2016) キム・ハケン    【京都ゲストプログラム(約45分)】

「カラスの涙」★(2014)鋤柄 真希子    「くらまの火祭」(2017) 谷 耀介    「ふりだし」(2016)清家 美佳

「無限の火」(2016)伊藤 圭吾    「すみっこのこ」(2017)浅野 陽子    「染色体の恋人」(2017)矢野 ほなみ

「女郎蜘蛛」(2013)河野 亜季    「グレートラビット」(2012)和田 淳
★印の作品は、文化庁ロゴA文化庁文化芸術振興費補助金助成作品です。

■トークゲスト:野中晶史、秦俊子、飯田千里 ほか

 

 

 

 

■アニメーション・パレットとは…
アニメーション・パレットは、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻の修了生を中心に組織した上映会です。私たちが手掛ける「短編アニメーション」はメディアの特性上、作品単体での公開上映が難しく、面高さやか(プロデューサー)のサポートの元、日本芸術文化振興会の助成を受け活動するアニメーション作家、有志8名による合同上映会を2016年より企画、運営しています。昨今の映像作品を取り巻く状況下で「短編アニメーション」をどのように届け、どのように楽しんで頂くか模索を続けています。

 

 
☆★☆★☆ アニメーション・パレット2017in京都 ☆★☆★☆

■開催日時:2017/6/11       ①12:30開場、13:00~15:30 ②16:00開場、
16:30~19:00 16:30回終了後、会場にて懇親会
■開催場所:おもちゃ映画ミュージアム
〒604‐8805 京都市中京区壬生馬場町29-1
■料   金:ワンドリンク500円 懇親会1000円 予約不要
■お問合せ:animationpalette@gmail.com (担当:キム・ハケン、野中晶史、面高さやか)
■U R L:http://animationpalette.wixsite.com/info






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ