描かれた「わらい」と「こわい」展 ─ 春画・妖怪画の世界/細見美術館

中世から近世にかけて、日本人は絵巻や浮世絵で日常のなかの目に見えるもの、あるいは形なきものを視覚化してきました。日常の「表と裏」、「この世とあの世」。そこには今以上に境目があいまいな世界が広がっていま…

中世から近世にかけて、日本人は絵巻や浮世絵で日常のなかの目に見えるもの、あるいは形なきものを視覚化してきました。日常の「表と裏」、「この世とあの世」。そこには今以上に境目があいまいな世界が広がっています。
本展覧会では、国際日本文化研究センターが現在所蔵する妖怪画・春画のコレクションより精選された約150点を通して、「笑い」と「怖い」という一見相反するテーマのもと、恐怖と笑いが地続きで繋がる前近代の豊かな日常をみていきます。

 

1期:10月16日(火)~10月28日(日)  3期:11月13日(火)~11月25日(日)
2期:10月30日(火)~11月11日(日)  4期:11月27日(火)~12月9日(日)

国際日本文化研究センター

昨年創立30周年を迎え、日文研の名で親しまれている国際日本文化研究センターは、1987年日本文化に関する国際的・学術的な総合研究と世界の日本研究者に対する研究協力・支援を行うことを目的に設置されました。

 

日文研コレクション
☆★☆★ 描かれた「わらい」と「こわい」展 ─ 春画・妖怪画の世界 ☆★☆★
■開催日時:2018/10/16 ~ 12/9  10:00~18:00
休館日/月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
■開催場所:細見美術館  京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
■料  金:一般1500円
■お問合せ:075-752-5555  info@emuseum.or.jp




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





■URL :http://www.emuseum.or.jp/index.html

琳派ロックpart3 /平安神宮

ロックをベースに、絵と歌とダンスがクロスオーバーする
一大エンターテインメントショー。
 

出演者総勢 約100人全員が主役の舞台
今年は会場を平安神宮に移し、本殿前特設ステージで京都在住の歌手や舞踏家、演奏団体など24組が出演する。大正期から活動する雅楽団…

ロックをベースに、絵と歌とダンスがクロスオーバーする
一大エンターテインメントショー。

 


出演者総勢 約100人全員が主役の舞台


今年は会場を平安神宮に移し、本殿前特設ステージで京都在住の歌手や舞踏家、演奏団体など24組が出演する。大正期から活動する雅楽団体「平安雅楽会」や宇治田原町に拠点を置く和太鼓チーム「大和の響き・京」、シャンソンの和サブローさん、マイケル・ジャクソンのダンスを伝える「MDP Masaki」さんら幅広い分野から参加する。

 



歌、踊り、演奏、そしてアート!!!ロックにシャンソン、ホーミー
バンドはもちろん、シターラ、トロンボーン、和太鼓
hip-hop、コンテンポラリーダンス、ライブペイントetc


 




琳派ロックpart3

■開催日時:2018/10/12  開場:17:30 開演:18:00
雨天順延10/13
■開催場所:平安神宮
■料 金:全席自由 5000円  前売のみ
■お問合せ:075-254-2888 (株)エレファント
rimparock.com






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



へうげもの・織部好みの“対照の美”とは? / 古田織部美術館

古田織部重然は、利休亡き後に豊臣・徳川政権で「天下一」と称された武将茶人です。激動の桃山時代後期の茶の湯をリードした、独特の美意識を持つ古田織部好みの茶道具を年3回の展示でお楽しみ下さい。
古田織部は、徳川2代将軍秀忠の茶の湯指南役でもありました。織部が…

img01


古田織部重然は、利休亡き後に豊臣・徳川政権で「天下一」と称された武将茶人です。激動の桃山時代後期の茶の湯をリードした、独特の美意識を持つ古田織部好みの茶道具を年3回の展示でお楽しみ下さい。

古田織部は、徳川2代将軍秀忠の茶の湯指南役でもありました。織部が将軍に与えた影響は大きく、幕命により織部が自刃した後も、秀忠は師を慕い、織部流の茶の湯を遵守したのです。



本展では織部が見出した道具の取り合わせとそこに宿る“対照の美”を紹介します。織部の師・利休好みの道具は均整がとれているため、どのような取り合わせでもほぼ調和します。しかし、織部好みの道具は利休に比べ、激しく歪んでいたり、背が高すぎる、もしくは低すぎるなど大変個性的で、取り合わせが難しく見えます。実はここに織部独特の緻密な計算があり、細くて背の高い茶入には平たく背が低い沓形茶碗を合わせるというように、相反する性質のものを取り合わせることで、それぞれが個性を発揮しつつも、全体として調和するようになっています。それは“対照の美”、すなわち、全く性質の違うもの同士を並べ比べたとき、その違いが際立つ美と呼べるでしょう。


本展では、この取り合わせを再現し、水指・茶入・茶碗を三つ に展示。加えて伝世品がない美濃焼の蓋を茶入に載せたり、大振りな細口の釜に織部形の大きな柄杓を取り合わせるなど(「旧聞録」)して展示します。織部の見出した“対照の美”をどうぞゆっくりとお楽しみください。

 

 

平成30年 秋季展
☆★☆ へうげもの・織部好みの“対照の美”とは? ☆★☆
■開催期間:2018/09/21~2019/01/15    9:30~17:30(入館は17:10まで)
休館日/期間中無休
■開催場所:古田織部美術館
京都市北区大宮釈迦谷10-37 太閤山荘内
■料   金:一般500円   高校生・大学生400円    中学生以下300円
■お問合せ:075‐707‐1800
■URL :http://www.furutaoribe-museum.com/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




ニュイ・ブランシュKYOTO 2018

パリ白夜祭への架け橋
―現代アートと過ごす夜―
2018テーマは「五感」

京都市では,姉妹都市であるパリ市との友好関係を深めるため,パリ市で毎年10月の夜に開催されている「ニュイ・ブランシュ(白夜祭)」の開催に合わせて,10月5日(金)の夜,市内各地で,無料で楽し…

パリ白夜祭への架け橋
―現代アートと過ごす夜―
2018テーマは「五感」



京都市では,姉妹都市であるパリ市との友好関係を深めるため,パリ市で毎年10月の夜に開催されている「ニュイ・ブランシュ(白夜祭)」の開催に合わせて,10月5日(金)の夜,市内各地で,無料で楽しめる現代アートのイベント。
回を重ねるごとに現代的なクリエイティビティが活気付く、国際交流を促進するイベントです。本年は京都・パリ友情盟約締結60周年、および日仏交流160周年を祝して開催される。

京都国際マンガミュージアムをはじめとしたパブリック、プライベートを合わせた42会場でイメージ、音、香りなど、あらゆる感覚を刺激する、日仏アートの活力溢れる夜となる。

各々の五感を武器に、観客はそれぞれ好みのコースを作成し、ヴィジュアル・アートやスペクタクル、プロジェクション・マッピング等の作品を巡ることになります。そこには比喩的な意味においても、また実際の意味においても、新しい香りが満ちています。

イベントスケジュール

京都国際マンガミュージアム

18:30-22:00

京都市中京区烏丸通御池上ル
www.kyotomm.jp
お問合せ:Tel.075-254-7414
アクセス:地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」駅2 番出口より烏丸通を北へ徒歩2 分/市バス15、51、65「烏丸御池」下車すぐ/京都バス61、62、63「烏丸御池」下車すぐ

18:30-18:50
c Yvan Cledat

オープニング・セレモニー

門川大作/ 京都市長、ローラン・ピック/ 駐日フランス大使、クリストフ・ジラール/パリ市副市長(ニュイ・ブランシュ発案者)によるご挨拶。フランスのアーティスト・デュオによる「レ・ベニュール」や、日本からもスペシャルゲストが登場予定!

c Cyril Meroni
19:00-19:20

プロジェクション・マッピング【2018新作上映】

マチデコ・インターナショナル -街を映像でデコレートするプロジェクト-日仏アーティストによる映像作品をマンガミュージアム壁面に上映。
江村耕市シリル・ムローニがそれぞれ新作を発表します。

c Benni Valsson
19:25-19:45

ベルトラン・ブランによるライブ

フランスのシンガーソングライター、ベルトラン・ブラン(ボーカル・ギター)が、タチアナ・ムラデノヴィッチ(ドラム)とティボー・フリゾーニ(ベース)と共に初来日。低音ボイスとスロウな語り口のメロディーを、フォーク・ロックサウンドにのせて聴かせます。

19:50-20:20

プロジェクション・マッピング【2009–2017アーカイブ上映】

昨年、雨天のため上映できなかった2017年新作映像と、2009–2016年までに上映した作品から特に好評だった作品をアンコール上映。
上映アーティスト:春巻つくね、大見康裕、上野あきのり+松本篤史、吉光清隆、phenographics

c Blaue Rosen
20:25-20:50

アンヌ=ジェームス・シャトンによるライブ 「Some songs」

フランスの音響詩人アンヌ=ジェームス・シャトン(2008年度ヴィラ九条山レジデント)が、日常生活で身近にあるテキストを用いて、公共の場で耳にする音声にフォーカス。モールス信号をもとにしたビジュアル・サウンド表現を提案します。

20:55-21:20

プロジェクション・マッピング【2009–2017アーカイブ上映】

マチデコ・インターナショナルで2009–2017 年までに上映した作品から、特に好評だった作品をアンコール上映。
上映アーティスト:窪木亨、江藤ごなお、尾内丞二、神里亜樹雄、高木正勝

c Benni Valsson
21:25-21:45

ベルトラン・ブランによるライブ

ポエティックなテキストが魅力の新感覚フレンチ・シャンソンをお届けします。

プロジェクション・マッピング企画製作:楽洛まちぶら会、ART COMPLEX
ニュイ・ブランシュKYOTO 2017
~パリ白夜祭への架け橋~
―現代アートと過ごす夜―
イベント会場一覧
日時
平成30年10月5日(金)
主催/問い合わせ
京都市総合企画局国際化推進室 TEL:075-222-3072
アンスティチュ・フランセ関西 TEL:075-761-2105
参照web
http://www.nuitblanche.jp




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

「新島襄のかお」 /ハリス理化学館

本展では、新島襄を像主として描かれた肖像画12枚を一堂に集めて展示します。これらの肖像画は、新島の永眠(1890年)をきっかけに描かれ始め、新島襄のイメージの源泉の一つでもあります。

 
本展では、画家や制作の背景によって様々な表情を見せる肖像画を中心として、…

本展では、新島襄を像主として描かれた肖像画12枚を一堂に集めて展示します。これらの肖像画は、新島の永眠(1890年)をきっかけに描かれ始め、新島襄のイメージの源泉の一つでもあります。

 

本展では、画家や制作の背景によって様々な表情を見せる肖像画を中心として、新島襄を身近に感じることができる約70点の資料を紹介します。夏休み、お気に入りの「新島襄のかお」を見つけに展示室へお越しください。

 

 

第15回企画展 
☆★☆★☆ 「新島襄のかお」 ☆★☆★☆

■開催日時:2018/8/1~10/7  10:00~17:00
休館日/月曜、日曜、祝日
■開催場所:ハリス理化学館同志社ギャラリー
〒602-8580 京都市上京区今出川通烏丸東入 同志社大学今出川キャンパス内
■料  金:無料
■お問合せ:075-251-2716
■U R L:http://harris.doshisha.ac.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

JAPON-FRANCE シャンパンクーラー展★清課堂

2018年は日仏友好160周年、京都市・パリ市友好60周年の記念となります。この記念すべき年に、日本とフランスの選りすぐりのアーティスト17組の「シャンパンクーラー」をご紹介いたします。
 

■出品作家一覧
個人出…

2018年は日仏友好160周年、京都市・パリ市友好60周年の記念となります。この記念すべき年に、日本とフランスの選りすぐりのアーティスト17組の「シャンパンクーラー」をご紹介いたします。

 

■出品作家一覧

個人出品(各詳細ページにリンクしています)
佐故龍平(金工作家)
小山泰之(金工・ジュエリー作家)
丸山祐介(金工作家)
木瀬浩詞(金属工芸作家)
中嶌真太(鍛金作家)
古川千夏(七宝作家)
谷口史(金工作家)
秦世和(錫工芸作家)
浦中廣太郎(金工作家)
太田崇史(金工作家)
ナタナエル・ル・ベール(彫刻家・真鍮細工作家)
ミリン・グエン(銅系金属旋盤加工作家)
ユリス・ラコスト(金属彫刻家)
エリー・イルシュ(金属彫刻家)
アダム・ルイズ(デザイナー・真鍮細工作家)

コラボレーション出品
ヨアン・ブリュネル(家具・空間デザイナー)+中川周士(木工芸家)
マリー=エレーヌ・ソワイエ(七宝工芸作家)+ギヨーム・ブロジェ(デザイナー)+ジャン=ピエール・コテ=デュブルイユ(銀細工師/リシャール社)

 

 

ニュイ・ブランシュ KYOTO 2018参加展覧会

☆★☆★☆ JAPON-FRANCE シャンパンクーラー展    ☆★☆★☆

■開催期間:2018/10/5~10/14  10:00~18:00 ※ 会期中無休
■開催会場:清課堂ギャラリー
京都市中京区寺町通二条下ル 妙満寺前町462
■料  金 :無料
■お問合せ:075-231-3661   email: gallery@seikado.jp  担当:仲野
■URL :http://www.seikado.jp/








メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

エレガントな漆の造形 杉田明彦 漆工展

金沢市に工房を持つ、漆工・杉田明彦氏の個展を開催。杉田氏は2007年から輪島の塗師・赤木明登氏に師事。
2013年独立後は個展を中心に全国で活躍している。
光沢を押さえた漆黒…

杉田明彦別裏 (2)


金沢市に工房を持つ、漆工・杉田明彦氏の個展を開催。杉田氏は2007年から輪島の塗師・赤木明登氏に師事。
2013年独立後は個展を中心に全国で活躍している。

光沢を押さえた漆黒の表情とモダンな作品は、多様化した現代の食と住生活にマッチし、パリのレストランでも使われている。
作品はお椀、お皿などの暮らしのうつわから、平面・立体アートまで多彩である。

なお、10月6~7日は杉田氏も在廊予定。
爽秋の候、京都壬生の幾一里へぜひおでかけを。

エレガントな漆の造形
杉田明彦 漆工展
日時
2018年10月6日(土)~14日(日)
12:00~18:00まで、会期中無休
所在地
京都市中京区坊城通後院通下ル壬生馬場町19-1
19b4ec5ad1c090ce81499d5579a459de0e7ff7f1_l
アクセス
・市バスみぶ操車場前又は壬生寺道から徒歩2~4分
・JR嵯峨野線・地下鉄東西線二条駅、阪急・嵐電大宮駅から徒歩7分
駐車場 無
お問い合わせ
ギャラリー[幾一里](いくいちり)
tel 075-811-8454
fax 075-811-8454
ホームページ
幾一里のブログ http://ikuichiri.exblog.jp

風光明媚な景観とアートのコラボ!

ジュジュタケシ氏との
コラボレーションポスター
海の京都では、イラストレーター・ジュジュタケシ氏とコラボレーションし、海の京都5市2町を代表する観光コンテンツのポスターを制。
7市町の全てのポスターが完成し、9月8日より、各観光地で見ることができる。
さらに全…

ジュジュタケシ氏との
コラボレーションポスター

海の京都では、イラストレーター・ジュジュタケシ氏とコラボレーションし、海の京都5市2町を代表する観光コンテンツのポスターを制。
7市町の全てのポスターが完成し、9月8日より、各観光地で見ることができる。
さらに全7市町分が完成したことを記念して、当ポスター全7枚1組を無料配布される(送料別)。

天橋立・宮津市

日本三景のひとつ。龍が天に舞い上がるように見える「股のぞき」が有名。

伊根浦舟屋群・伊根町

湾沿いに約230軒連なる舟屋。海と家それを背負う山とで作り出す景色が魅了。

夕日ヶ浦・京丹後市

大きな流木ブランコから眺める夕日はまさに絶景。

ちりめん街道・与謝野町

日本家屋を左右に見ながら歩く街道。日本遺産に認定。

私市円山古墳公園・綾部市

日本の原風景とも言える山々を背に広がる田畑が目も心も癒してくれる。

世界一の鬼瓦・福知山市

各所鬼スポットへ向かう山道がとても素敵でハイキングにも最適。

赤れんがパーク・舞鶴市

旧海軍保管倉庫が建ち並ぶ迫力と美しい赤れんが倉庫群。

ポスター無料配布
期間
10月31日まで
応募方法
FAX、メールにて、住所・氏名、電話番号、必要セット数、サイズ(B1・B2)を記入
「海の京都DMO総合企画局 観光PRポスター係」まで
(FAX)0772-68-5056
(メールアドレス)info@uminokyoto.jp
数量
プレゼント数は各サイズ100セット限定。1人あたり2セットまで
※送料は着払い
主催/問い合わせ
海の京都DMO
京丹後市大宮町口大野226
0772-68-5055
参照web
http://www.uminokyoto.jp/

同氏の作品は、風景に主人公のタボンとコロネを取り入れて描くのが特長で、独特な世界はストーリーやイラストから続く景色を想像させてくれます。現地でポスターと実際の風景を見比べながら、ぜひお楽しみください。

《ジュジュタケシ氏について》

何気ない普段見慣れた風景に主人公(タボンとコロネ)を取り入れて描く独特な世界は、イラストから見る事で身近な風景の素晴らしさを再認識し、新鮮な喜びと新たな感動を与える生活感が有り距離の近い表現を続けている。
作品は主にコンピューターグラフィックスで描いたものをジクレーで制作している。
日産NISSANオリジナル商品、横浜みなとみらいスタンプラリー、江ノ電ポスターなどイラスト提供多数、個展・百貨店イベント展示会多数開催。

ポスター公開

公開開始
2018年9月8日~
公開場所
【東京都】みなとパーク芝浦1F区民ギャラリー(10/16~11/6まで)
【京都市】京都銀行本店営業部ロビー(9月下旬~10月下旬)
【舞鶴市】舞鶴赤れんがパーク2号棟(2F)
【福知山市】福知山観光ギャラリー
【綾部市】あやべ観光案内所、あやべ特産館、あやべ温泉、綾部市里山交流研修センター
【宮津市】宮津市ミップル浜町ギャラリー(10/15~10/27まで)、天橋立温泉 天橋立ホテル
【伊根町】伊根町観光案内所
【与謝野町】道の駅シルクのまち かや
【京丹後市】丹後王国「食のみやこ」、道の駅くみはまSANKAIKAN、道の駅てんきてんき丹後、
アミティ丹後、豪商稲葉本家、天女の里、琴引浜鳴き砂文化館、いととめ本部EAT店



メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


特別展「信楽に魅せられた美の巨匠たち」★滋賀県立陶芸の森

鈴木治波の化石1988年滋賀県立陶芸の森
中世古窯以来の伝統を誇り、焼締め陶をはじめ多彩なやきもの文化が育まれてきたた陶郷・信楽。近代陶芸の巨匠・富本憲吉、現代陶芸の開拓者として活躍した八木一夫や熊倉順吉、…

鈴木治波の化石1988年滋賀県立陶芸の森

中世古窯以来の伝統を誇り、焼締め陶をはじめ多彩なやきもの文化が育まれてきたた陶郷・信楽。近代陶芸の巨匠・富本憲吉、現代陶芸の開拓者として活躍した八木一夫や熊倉順吉、また絵画や彫刻の世界で活躍した岡本太郎など。長年人々の生活を支え続けてきた歴史や技術への興味や関心から、この地を訪れた作家も少なくありません。彼らはどのような経緯で信楽を訪れ、どのような仕事を手掛けてきたのでしょうか。

富本憲吉 
「土焼鉄描銅彩大和風景大皿」
1929年制作 個人蔵

本展では、そうした作家たちの取り組みをたどりながら、信楽のやきものの新たな魅力を探ります。

北大路魯山人 書「樂山樂水」 1925~1939年 個人蔵

出品作家富本憲吉、河井寛次郎、濱田庄司、北大路魯山人、荒川豊蔵、小山冨士夫、八木一夫、熊倉順吉、日根野作三、鈴木治、岡本太郎、横尾忠則、ロバート・ラウシェンバーグ


 

☆★☆★ 特別展「信楽に魅せられた美の巨匠たち」 ☆★☆★

■開催日時:2018/10/6~12/20       9:30~17:00
■開催場所:滋賀県立陶芸の森  陶芸館
〒529-1804 滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7
■入 場 料:一般:700円(560円)高大生:500円(400円)中学生以下無料
■お問合せ:0748-83-0909
■URL   :http://www.sccp.jp/








メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


田名網敬一の現在 -Keiichi Tanaami Dialogue

1960年代から半世紀以上ものキャリアを誇り、今も尚トップランナーとして、
そのキャリアの頂点を極めている田名網の現在を紐解こうとするものです。
田名…

1960年代から半世紀以上ものキャリアを誇り、今も尚トップランナーとして、
そのキャリアの頂点を極めている田名網の現在を紐解こうとするものです。
田名網が、これまで制作をしてきた作品は、デザイン、イラストレーション、アニメーション、実験映画、立体作品、絵画と多岐にわたります。そこには、可変的な創造者であろうとしてきた田名網敬一の等身大の姿があります。現在、田名網が世界中のアーティスト、デザイナー、ミュージシャン、ファッションデザイナーから集めている尊敬は、あらゆる境界、領域を超えて創作活動を続けてきた歴史の重みに比例するものです。
近年、田名網は、自身の記憶や夢を原風景にして、その80年以上もの歴史を記したいわば
“曼荼羅図”の制作に取り組んでいます。一見すると奇怪でありながらもポップな妖怪画のように見える
田名網の近作ですが、そこに描かれているものは田名網の実体験に基づく様々な記憶です。
アメリカンコミックを引用したアメリカの爆撃機、その中で光を放つ擬人化した爆弾、威嚇するように蠢めく鶏や金魚などは、田名網が幼少期に実際に体験した戦争の記憶に深く関係をしています。また、田名網が敬愛するアーティストたちの作品や、SF雑誌、漫画のキャラクターなどの引用も数多く画面に発見することができます。こうした引用は、田名網とポップアートとの関係性を示す一方で、作品を通して自身の記憶をポジティブなものへと変換しようとする作家の自然な姿を映し出しています。

本展は、約20点の新作プリント作品、アニメーション、立体作品から、ファッションブランドとのコラボレーションアイテム、出版物、プロダクトアイテムなどを網羅する予定です。

 

☆★☆★ 田名網敬一の現在 -Keiichi Tanaami Dialogue ☆★☆★

■開催期間:2018/8/28~10/23  11:00~19:00(※土曜日と9月9日(日)は18:00まで)
休館日/祝日・日曜(ただし※特別開館9月9日(日))
■開催場所:京都dddギャラリー
〒616-8533 京都市右京区太秦上刑部町10
地下鉄東西線 太秦天神川駅1番出口 徒歩3分
駐車場 なし ※公共の交通機関をご利用ください。
■料  金:入場無料
■お問合せ:075-871-1296   担当:熊本
■URL :http://www.dnp.co.jp/gallery/ddd/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ