特別展 浅井忠の京都遺産   ―京都工芸繊維大学 美術工芸コレクション―

明治期を代表する洋画家、日本洋画壇の先覚者・浅井忠(1856-1907)。浅井は、明治33
年(1900)訪れたフランス・パリで図案研究の必要性を感じ、帰国後は京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)教授として図案家の育成に努めました。さらに自らも斬新なデザインの作品…



明治期を代表する洋画家、日本洋画壇の先覚者・浅井忠(1856-1907)。浅井は、明治33 年(1900)訪れたフランス・パリで図案研究の必要性を感じ、帰国後は京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)教授として図案家の育成に努めました。さらに自らも斬新なデザインの作品を発表するなど、京都の美術工芸に新たな息吹をもたらした浅井忠。京都工芸繊維大学と泉屋博古館の所蔵品からその多彩な足跡をたどります。


明治の洋画からアール・ヌーヴォーの工芸までを展観。


パリで学んだ浅井が遺した、近代京都を彩った数々の美術品を鑑賞しながら、マルシェで新緑のひとときをご家族で愉しみませんか?会場ではアーティストによる生演奏や各種ワークショップも開催。竹で組んだお茶席”帰庵”では、塩芳軒特製のお茶菓子とともに、お茶をお召し上がり戴けます。マルシェでお買い上げの方には入館料の半額割引特典も。

 

関連イベント
●Marche Musee ~マルシェ・ミュゼ~

美術館にマルシェがやってくる!!!
5月27日(土)・28日(日)  10時~17時

●講演会「浅井忠とデザイン教育の夜明け―京都工芸繊維大学コレクションから」
日時:6月10日(土)午後1時30分~3時
講師:並木誠士氏(京都工芸繊維大学美術工芸資料館 館長)
内容:浅井忠ら指導者が選んだ〝教材〞を通じて彼らの理想を探ります

●ゲストキュレータートーク
日時:6月24日(土)午後2時~3時
ゲスト:和田積希氏(京都工芸繊維大学美術工芸資料館 学芸員)
内容:浅井の図案資料について、歴史的見地から解説します

●列品解説 各日午後2時より展示室にて学芸員が行います
6月3日(土)森下 愛子氏 「浅井忠の京都遺産―工芸を中心に」
7月1日(土)実方 葉子氏「浅井忠の京都遺産―絵画を中心に」
6月17日(土)廣川 守氏 「中国青銅器の時代」

 

☆★☆★ 特別展 浅井忠の京都遺産  ☆★☆★
―京都工芸繊維大学 美術工芸コレクション―

■開催期間:2017/5/20 ~7/9     10:00~17:00
休館日/毎週月曜日(祝日の場合翌平日休館)
■開催場所:住友コレクション 泉屋博古館
〒606-8431 京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24
■料   金:一般800円 高大生600円 中学生350円 小学生以下無料
■お問合せ:075-771-6411  E-Mail:info@sen-oku.or.jp
■URL :http://www.sen-oku.or.jp





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



原の白隠さん ―松蔭寺と静岡沼津伝来の禅画・墨蹟―

 
白隠慧鶴(1685~1768)の由緒寺院として、その代表にあるのが住持をつとめた松蔭寺(静岡県沼津市原)。沼津を中心とする静岡地方には、白隠による夥しい数の禅画と墨蹟が伝来しています。まさに白隠遺墨の宝庫といえます。
これ…

 

白隠慧鶴(1685~1768)の由緒寺院として、その代表にあるのが住持をつとめた松蔭寺(静岡県沼津市原)。沼津を中心とする静岡地方には、白隠による夥しい数の禅画と墨蹟が伝来しています。まさに白隠遺墨の宝庫といえます。

これまで、松蔭寺をはじめ沼津地方の禅宗寺院に伝来する白隠遺墨は、展覧会などを通じて紹介されてきました。しかし、松蔭寺に蔵される白隠遺墨がまとまって展観されたことはありません。




本展覧会では、松蔭寺の全面的協力のもと、同寺に蔵される白隠の禅画と墨蹟の全貌を紹介します。
さらに、沼津の禅宗寺院に伝来する白隠の画賛作品をあわせて展観し、白隠画の魅力に迫ります。

沼津の地において「白隠さん」と親しまれた白隠の禅風に触れていただくとともに、庶民に向けた数々の禅画により、白隠が私たちに投げかける問いを再認識する機会となれば幸いです。

 

 

出品作品リストはこちらへ[PDF, 248KB]


 

  ※会期中、大幅な作品の展示替を行います。
前期:4月3日(月)~5月4日(木・祝)
後期:5月8日(月)~6月10日(土)

 



★☆ 原の白隠さん ―松蔭寺と静岡沼津伝来の禅画・墨蹟―  ☆★
■開催日時:2017/4/3~6/10       10:00~16:00(土曜日は14:00まで)
休館日/日曜日  5/5(木・祝) 5/6(金)
■開催場所:花園大学歴史博物館 (無聖館4階)
〒604-8456 京都府京都市中京区西ノ京壺ノ内町8-1
■主  催:花園大学歴史博物館、公益財団法人 禅文化研究所
■料   金:無料
■お問合せ:075-811-5181
■U R L:http://www.hanazono.ac.jp/event/20170310-7342.html






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



春の芸術月間 セイアンアーツアテンション/成安造形大学 

どのようなきっかけで着想され、どんな道筋を辿って完成へと至るのか。
既に完成された作品から、考察してみる。
 
トークイベント|
日時:2017年5月27日 15:00–16:30(予約不要、無料)
会場:成安造形大学
ゲスト:福元崇志(国立国際美術館 研究員)
出演:植松琢麿…


どのようなきっかけで着想され、どんな道筋を辿って完成へと至るのか。
既に完成された作品から、考察してみる。

 

トークイベント|
日時:2017年5月27日 15:00–16:30(予約不要、無料)
会場:成安造形大学
ゲスト:福元崇志(国立国際美術館 研究員)
出演:植松琢麿、国谷隆志、君平

 

 

成安造形大学【キャンパスが美術館】では、植松琢麿、国谷隆志、君平の3 名の美術家によるグループ展「UNCOVER」を開催致します。
美術作品には、常に様々なバックグラウンドが隠されているものです。それは作家の個人的な経験や思想であり、制作の中から生まれた独自の技術でもあります。


《ヒゴタイ》2016 | 撮影:高嶋清俊 提供:六甲山観光株式会社


本展では3 名の作品展示と合わせ、それぞれが普段の制作とは異なる手法やメディウムを使用して、作品に潜む要素を自らの手で可視化することを試みます。完成された地点から、タイムラインを逆方向へと掘り進めていくことにより設計される展示空間は、作家が本質的に持ちうる新たな側面と可能性を鑑賞できる貴重な機会となるでしょう。
<スクールバスのご案内> JRおごと温泉駅前と大学をシャトル運行しています。 キャンパスが美術館や大学にご用の方も無料でご利用いただけます。(所要時間約3分)

<スクールバスのご案内>
JRおごと温泉駅前と大学をシャトル運行しています。
キャンパスが美術館や大学にご用の方も無料でご利用いただけます。(所要時間約3分)

 

 

2017春の芸術月間 セイアンアーツアテンション VOL.9
☆★☆★☆ 「UNCOVER」 ☆★☆★☆

■ 開催日時:2017年 5月22日—  6月24日  12:00-18:00
休館日/ 日曜日 ただし 6/4は開館
■ 開催場所:成安造形大学【キャンパスが美術館】
ギャラリーアートサイト、ライトギャラリー、ウインドウギャラリー
520-0248 滋賀県大津市仰木の里東 4-3-1
■ 料  金:入場無料
■ 主  催:成安造形大学
■ お問合せ: 077-574-2118(直通)  077-574-2111(代表)
https://www.facebook.com/seianartcenter
http://www.seian.ac.jp/gallery/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


決定的瞬間  HENRI CARTIER-BRESSON展 ☆何必館・京都現代美術館

ムフタール街、パリ 1952年
アンリ・カルティエ=ブレッソン(1908-2004)は、20世紀という時代を撮らえ表現した、世界で最も重要な写真家です。
1952年の写真集「Images a Ia Sauvette(すりぬけていく映像)」はアメリカで『The De…

ムフタール街、パリ 1952年


アンリ・カルティエ=ブレッソン(1908-2004)は、20世紀という時代を撮らえ表現した、世界で最も重要な写真家です。


1952年の写真集「Images a Ia Sauvette(すりぬけていく映像)」はアメリカで『The Deeisive Moment(決定的瞬間)』と訳され、むけれこの言葉と共に作品は世界の写真家に大きな影響を与えました。アメリカ、中国、インドなど世界各地を訪れたブレッソンは、小型カメラ『ライカ』によってロシアの解放やガンジーの死など歴史的な瞬間を撮影すると同時に、その土地に生きる人々の生活も撮らえてきました。


ブレッソンは時代を撮った。つまり人間を撮った。カメラの現場とは、そこにしかないのかもしれないということを、彼の現代への批評精神とみることができるのではないでしょうか。


マルヌ川の土手、フランス 1938年


本展では、アンリ・カルティエ=ブレッソンが生涯をかけて撮影した作品の中から、サイン入りオリジナルプリント約60点と併せ、ブレッソン夫人であるマルティーヌ・フランク撮影の、日常のカルティエ=ブレッソンの写真も展示。

 

 
☆★☆★  決定的瞬間  HENRI CARTIER-BRESSON展 ☆★☆★
■開催日時:2017/4/5~6/18  10:00~18:00
休館日/月曜日 (祝日は開館/但し、3/20は開館)
■開催場所:何必館・京都現代美術館
京都市東山区祇園町北側271
■入 場 料:一般1000円 学生800円
■お問合せ:075-525-1311     mailto:kaahitsukan@kahitsukan.or.jp
■U R L :http://www.kahitsukan.or.jp





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


仲條正義 IN&OUT,あるいは飲&嘔吐★京都dddギャラリー

「Mother & Others」/「IN & OUT」,あるいは飲&嘔吐」展
「IN & OUT, あるいは飲&嘔吐」という、仲條節炸裂の展覧会タイトルをつけられた本展は、「MOTHER &
OTHERS」という、スイスサイズの少し大きめのポスター新作22点に挑戦しました。御歳82にして放つ若々しい感性…

「Mother & Others」/「IN & OUT」,あるいは飲&嘔吐」展


「IN & OUT, あるいは飲&嘔吐」という、仲條節炸裂の展覧会タイトルをつけられた本展は、「MOTHER & OTHERS」という、スイスサイズの少し大きめのポスター新作22点に挑戦しました。御歳82にして放つ若々しい感性は他の追随を許さず、模倣すら寄せ付けない圧倒的な存在感を示します。それに対峙するように、そんな過ぎ去った個展作品と、仲條といれば『花椿』がところ狭しと並びます。40年前の『花椿』のエディトリアルデザインが色褪せることなく、今もほとばしる瑞々しいデザインの数々とともに、現代に違和感なく存在し続ける奇跡を目撃してください。生みだす苦労はあれど、それでも創造を止めることなく作り続け、仕事はもちろん、精力的に個展を開くなど、まだまだ氏のデザインライフは続きます。

 

『花椿 2005年9月号』/資生堂

新作22点のスイスサイズにポスターを引き連れて、京都へ巡回。
今も色褪せることのなく、また挑戦しつづける仲條のデザインをどうぞ。

 

プロフィール/仲條正義
1933年東京生まれ。1956年東京藝術大学美術学部図案科を卒業後、資生堂宣伝部、デスカを経て、1961年仲條デザイン事務所設立。主な仕事に40年以上にわたった資生堂『花椿』誌のアートディレクション及びデザイン、資生堂パーラのロゴタイプ及びパッケージデザイン、東京銀座資生堂ビルのロゴタイプ及びデザイン計画、松屋銀座、スパイラル、東京都現代美術館、細見美術館のCI計画、またNHK Eテレ『にほんごであそぼ』のカルタイラスト、『暮らしの手帖』誌の表紙イラストなど、グラフィックデザインを中心に活動。東京ADC会員最高賞、東京TDC会員金賞、JAGDA亀倉雄策賞、毎日デザイン賞、日本宣伝賞山名賞、紫綬褒章、旭日小綬賞ほか授賞多数。東京ADC会員、JAGDA会員、東京TDC副理事長、TIS会員、女子美術大学客員教授。

 

ギャラリートーク

2017年5月18日(木)16:00-17:30
講師:仲條正義+山下裕二(美術史家)
会場:京都dddギャラリー
定員:50名  入場無料、要予約
※準備が整い次第、申込みを開始します。

オープニングパーティ

2017年5月18日(木)17:30-19:00
会場:京都dddギャラリー

 

第212回企画展
☆★☆★ 仲條正義 IN&OUT,あるいは飲&嘔吐 ☆★☆★

■開催期間:2017/5/9~6/24  11:00~19:00(土曜・1/29(日)は18:00まで)
休館日/祝日・日曜 (ただし* 1/29は特別開館)
■開催場所:京都dddギャラリー
〒616-8533 京都市右京区太秦上刑部町10
地下鉄東西線 太秦天神川駅1番出口 徒歩3分
駐車場 なし ※公共の交通機関をご利用ください。
■料  金:入場無料
■お問合せ:075-871-1296 担当:熊本
■URL :http://www.dnp.co.jp/gallery/ddd/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


杉浦非水 ―モダンデザインの先駆者― 細見美術館

愛媛県松山市出身の杉浦非水(1876~1965)は、東京美術学校で川端玉章に日本画を学びますが、在学中に洋画家・黒田清輝がもたらしたアール・ヌーヴォー様式の図案やポスターに魅せられたことをきっかけに図案家となりました。ポスターや雑誌の表紙、書籍の装幀、絵葉書、パン…



愛媛県松山市出身の杉浦非水(1876~1965)は、東京美術学校で川端玉章に日本画を学びますが、在学中に洋画家・黒田清輝がもたらしたアール・ヌーヴォー様式の図案やポスターに魅せられたことをきっかけに図案家となりました。ポスターや雑誌の表紙、書籍の装幀、絵葉書、パンフレットやパッケージデザインなど、さまざまな分野で多くの作品を残しています。





本展は、愛媛県美術館が所蔵する約7,000件に及ぶ非水コレクションから、選りすぐりの名品を紹介するものです。京都の美術館で杉浦非水を単独で取り上げる初めての展覧会となるこの機会に、非水のモダンかつおしゃれなデザイン世界を是非ご堪能ください。


 

ご優待券(PDF) 


 

杉浦非水  明治9~昭和40年(1876~1965)

三越呉服店図案部にて 大正3年(1914)
明治・大正・昭和にわたり活躍したデザイナー。愛媛県松山市生まれ。東京美術学校で川端玉章に師事し日本画を学ぶも、洋画家・黒田清輝がフランスよりもたらしたアール・ヌーヴォー様式の図案類に魅せられ、以後図案家となる。
明治41年(1908)には三越呉服店に入社、同店のポスターやPR誌の表紙絵などを27年間手掛けた。このほか、雑誌の表紙、書籍の装幀、絵葉書、ポスター、パンフレット、商品パッケージやラベルなど多くの分野で先進的なデザインを数多く残している。

 

 

 

☆★☆★ 杉浦非水 ―モダンデザインの先駆者― ☆★☆★
■開催日時:2017/4/15 ~ 6/11  10:00~18:00
休館日/月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
■開催場所:細見美術館  京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
■料  金:一般1200円(1100円)  学生1000円(900円)
■お問合せ:075-752-5555  info@emuseum.or.jp
■URL :http://shunga.emuseum.or.jp/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

海北友松☆京博平成知新館

海北友松(1533~1615)は狩野永徳や長谷川等伯と並び称される桃山画壇の巨匠です。
近江浅井家の家臣の家に生まれた彼は、若年を東福寺で過ごしましたが、主家や兄が信長に滅ぼされるに及び、還俗して狩野派の門を敲き、画の道に進んだと伝えられています。いま遺る作品の…


海北友松(1533~1615)は狩野永徳や長谷川等伯と並び称される桃山画壇の巨匠です。


近江浅井家の家臣の家に生まれた彼は、若年を東福寺で過ごしましたが、主家や兄が信長に滅ぼされるに及び、還俗して狩野派の門を敲き、画の道に進んだと伝えられています。いま遺る作品のほとんどは狩野派から独立して以後の晩年期(60歳以降)のものですが、鋭い筆遣いが駆使された気迫溢れる水墨画や詩情豊かな大和絵金碧画などは、ほかの誰の作とも似ていない、まさに友松ならではのものといえましょう。



最晩年まで絵筆を握り続け、83歳でその生涯を終えた桃山最後の巨匠の世界を、心ゆくまでご堪能ください。


 




 演会
対談「海北友松を語る」

日時:4月22日(土)午後1時30分~3時
場所・定員:平成知新館 講堂 定員200名
登壇者:葉室麟氏(小説家)、山本英男

「孤高の絵師・海北友松」

日時:4月29日(土)午後1時30分~3時
場所・定員:平成知新館 講堂 定員200名
講師:山本英男

「友松の作品─剛と柔・漢と和」

日時:5月13日(土)午後1時30分~3時
場所・定員:平成知新館 講堂 定員200名
講師:田沢裕賀氏(東京国立博物館学芸研究部調査研究課長)

参加方法:いずれも当日12時より、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布し、定員になり次第、配布を終了します。聴講無料(ただし「海北友松」展の当日の観覧券が必要)。

 

*会期中、一部の作品は展示替を行います。
【主な展示替:前期 4月11日~4月30日/後期 5月2日~5月21日】

 

 


☆★☆★ 開館120周年記念特別展覧会 海北友松  ☆★☆★

■開催日時:2017/4/11 ~ 5/21  9:30~17:00 (入館は16:30まで)
金・土曜日:9:30~20:00
休館日/月曜日(祝日の場合は開館・翌火曜日休館)
■開催場所:京都国立博物館    平成知新館
京都府京都市東山区茶屋町527
■料   金:一般1500円  大学生1200円 高校生900円 中学生以下無料
■主  催:京都国立博物館、毎日新聞社、NHK京都放送局、NHKプラネット近畿
■お問合せ:075-525-2473
■URL :開館120周年記念特別展覧会 海北友松




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



第19回 水谷喜美子 個展

 

 

 
☆★☆★第19回 水谷喜美子 個展☆★☆★
■開催日時:2017/4/11~4/16   11:00~22:00(最終日:16:00まで)
■開催場所:喜聞堂 アートスペース余花庵
〒604-0925 京都市中京区寺町通御池上ル上本能寺前町475(京都市役所西側)
■料  金:無料
■お問合せ:075-…

 

 

 

☆★☆★第19回 水谷喜美子 個展☆★☆★

■開催日時:2017/4/11~4/16   11:00~22:00(最終日:16:00まで)
■開催場所:喜聞堂 アートスペース余花庵
〒604-0925 京都市中京区寺町通御池上ル上本能寺前町475(京都市役所西側)
■料  金:無料
■お問合せ:075-212-9793
■URL :http://yokaan.com/2017-0411_exhibition.html





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


榊莫山と紫舟のシンフォニー(交響)/奈良県立美術館

榊莫山「寒山拾得」 平成6(1994)年 三重県立美術館蔵
大和の仏像や自然との深い交流を創作へ結びつけた榊莫山(1926-2010)と、奈良の伝統工芸から学んだ美意識を基に世界で活躍する紫舟。奈良とゆかりが深い書家二人の独創的な芸術世界が紹介されます。
「莫山先生」と…

榊莫山「寒山拾得」 平成6(1994)年 三重県立美術館蔵



大和の仏像や自然との深い交流を創作へ結びつけた榊莫山(1926-2010)と、奈良の伝統工芸から学んだ美意識を基に世界で活躍する紫舟。奈良とゆかりが深い書家二人の独創的な芸術世界が紹介されます。

「莫山先生」と親しみを込めて呼ばれる榊莫山は、旧制上野中学校(三重県)で松永楳ばい園(えん)に書を習うなど早くから書に馴染み、満19歳で終戦を迎えた後は奈良の書家辻(つじ)本(もと)史(し)邑(ゆう)(1895-1957)に師事しました。戦後間もなくの書道界は、書道団体や公募展の創設、前衛書道の台頭など活気ある時代を迎え、その中で榊は自己の書を追求しました。



そして、当時の主流であった中国の王(おう)羲(ぎ)之(し)から明・清へ至る洗練された書の規範に従うのではなく、より古い木簡・石碑の素朴で力強い書風を取り入れ、題材も古典的な漢詩文から現代詩や自作の文へ対象を移すなど、独自性・創造性を重視して様々な試みを行いました。師・辻本史邑の没後は公募展から退き、独立した立場で作品を世に問いました。


「天地開闢鶏図」(書画) 2015年 紫舟氏蔵

 

6歳で書を始めた紫舟は、書家としての第一歩を踏み出した奈良で筆・漆工・陶芸など伝統工芸の技術を学び、それにより養われた眼・感覚が以後の活動の基礎になっているといいます。平面の書だけではなく、書の彫刻と光・影との融合、書と絵画との融合、デジタル技術との融合など書の可能性を広げ、国・文化の枠を超えた芸術として書に取り組んでいます。

このような榊莫山と紫舟の素晴らしい作品により、書の芸術性や、自己を表現する手段としての書の魅力を感じていただけることでしょう。

 

 屏風7点/絵画2/書彫刻4点/キュビズム5点
/浮世絵+墨蹟彫刻1点/書多数/
紫舟全作品を公開、総勢40点超の大型展!

 

 

www_mahoroba_ne_jp_~museum_koutuu1

 

書の源流 企画展

☆★☆★ 榊莫山と紫舟のシンフォニー(交響)  ☆★☆★

■開催期間:2017/4/15~7/23  9:00~17:00
休館日/月曜日(ただし、5/1、6/12,19,7/17は開館  7/18は休館)
■開催場所:奈良県立美術館 〒 630-8213 奈良市登大路町10-6
■主  催:奈良県立美術館、産経新聞社
■入 場 料:一般400円 大高生250円 中小学生150円
■お問合せ:0742-23-3968
■URL :http://www.pref.nara.jp/dd.aspx?menuid=11842
https://www.facebook.com/narakenmuseum
https://www.facebook.com/sisyu8/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




特別企画 うつわ ドラマチック展/陶芸の森

やきものの“うつわ”は、世界各地でつくられ暮らしの中で用いられています。
“うつわ”とは、まさにやきもののシンボルであるといえるでしょう。また、現代の陶芸において“うつわ”は、用途を離れやきものの美を表現するテーマのひとつになっています。
イギリスでは用と…


やきものの“うつわ”は、世界各地でつくられ暮らしの中で用いられています。

“うつわ”とは、まさにやきもののシンボルであるといえるでしょう。また、現代の陶芸において“うつわ”は、用途を離れやきものの美を表現するテーマのひとつになっています。
イギリスでは用と美の融合を探求したバーナード・リーチらを先駆けとし、ルーシー・リーに続く作家たちは、使う器から、魅せる“うつわ”へとその美の領域を広げていきました。戦後の国々がたどったそれぞれの 道筋、そしてつくり手たちの個性-。これが “うつわ”の中に、さまざまな国々の特徴とともに映し出されています。


ルドルフ・スタッフェル
「Light Gatherer」
1986年制作

 本展では、世界の陶芸家たちが“うつわ”の中にドラマチックに映し出す、美の競演をご覧いただきます。

 

関 連 行 事
ギャラリートーク

申込不要、入館券必要
3月26日(日)、4月30日(日)、5月28日(日) *各日とも13時30分から
つちっこ“うつわ”講座「オリジナル仕切り皿づくり」

朝食やランチが楽しくなるお皿をつくってみませんか。
大人も子どもも参加OK。
要事前申込 3月25日(土) 13時~16時 講師:桝本 佳子
ギャラリー企画

平成28年度ゲスト・アーティスト3人展 3月11日(土)~4月23日(日)

平成28年度ゲスト・アーティスト 武村和紀展 4月29日(土)~6月11日(日)

信楽作家市/陶芸の森太陽の広場
5月2日(火)~5日(金・祝)

 

同時開催:平成28年度ゲスト・アーティスト3人展 2017年3月11日(土)~2017年4月23日(日)

 

☆★☆★ 特別企画 うつわ ドラマチック展 ☆★☆★
■開催日時:2017/3/11~6/11     9:30~17:00
休館日/毎週月曜日(※3/20(月)は開館、3/21(火)が振替休館)
■開催場所:滋賀県立 陶芸の森
〒529-1804  滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7
■料  金:一般700円 高大生500円 中学生以下無料
■お問合せ:0748-83-0909
■URL   :http://www.sccp.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ