ウィリアム・モリス -デザインの軌跡/大山崎山荘美術館

色彩は、古今東西の作家にとって着想の源でありつづけ、作家たちは、色彩の探求によって多種多様な表現の地平を切り拓いてきました。私たちは、色彩からその象徴性を連想し、意味を感じることもあれば、配色や形が生…


色彩は、古今東西の作家にとって着想の源でありつづけ、作家たちは、色彩の探求によって多種多様な表現の地平を切り拓いてきました。私たちは、色彩からその象徴性を連想し、意味を感じることもあれば、配色や形が生むリズムを楽しむこともできます。色彩の組みあわせは、寒暖や軽重、興奮と鎮静、前進と後退など、さまざまな感情を呼び起こします。

 

本展覧会では、アサヒビール社のコレクションからアメリカの抽象画家サム・フランシスの作品を当館で初めて公開するほか、素材の微妙な調合により釉薬を生みだした河井寬次郎と濱田庄司のやきものや、筆触分割による色彩の組みあわせで光と影を捉えようとした印象派以後の絵画など、色彩にまつわる多彩な表現をご紹介します。


≪作家略歴≫
サム・フランシス Sam Francis (1923-1994)
アメリカの画家。1923年カリフォルニア州に生まれ、同地で没。カリフォルニア大学で植物学、医学、心理学を学ぶが、兵役中の飛行訓練時に事故に遭遇。数年の病床生活のあいだに絵を描きはじめる。1957年の初来日以降何度も訪日し、美術関係者のみならず詩人・音楽家らとひろく交友をもつ。この頃から表現に余白やにじみの効果をいかすなど作風の変化がおとずれた。カリフォルニアに拠点を置きながら、パリ、ニューヨーク、東京のスタジオを行き来し、色彩のほとばしる作品を創作しつづけた。

 

 

 

 
 


企画展「夏のアサヒビール大山崎山荘美術館コレクション」
☆★☆★  サム・フランシスの色彩 ☆★☆★
■開催日時:2018/7/28~9/2  10:00~17:00 (入館16:30まで)
休館日/月曜日 (月曜祝日は翌火曜)
■開催場所:アサヒビール大山崎山荘美術館
〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字銭原5-3
■料  金:一般900円 高大生500円 中学生以下無料
■お問合せ:075-957-3123
■URL :http://www.asahibeer-oyamazaki.com/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


千總の屏風祭

祇園祭の宵山期間、京都の旧家・商家がこぞって秘蔵のお宝を公開する屏風祭。
明治維新から150年を迎える本年、千總ギャラリーでは明治時代の屏風が一堂に会し皆様をお迎えします。
作品を通して、当時の千總を取り巻…



祇園祭の宵山期間、京都の旧家・商家がこぞって秘蔵のお宝を公開する屏風祭。
明治維新から150年を迎える本年、千總ギャラリーでは明治時代の屏風が一堂に会し皆様をお迎えします。
作品を通して、当時の千總を取り巻く新たな時代の空気をお楽しみください。

● ギャラリートーク

展覧会の見どころや作品鑑賞のポイント、当時の時代背景などのエピソードをご紹介します。

7月28日(土)、8月5日(日)両日とも16時~
参加無料 事前申し込み制
申し込みフォームよりお申込みください

 

森祖仙「猪図屏風」 (部分) / 江戸時代後期(18世紀末期-19世紀初期)

主な出展作品

「花鳥図屛風」長沢蘆雪 (江戸時代 18世紀後期 紙本着色)
「花鳥図押絵貼屛風」松村景文 (江戸時代 19世紀初期 紙本墨画淡彩)
「猪図屛風」森祖仙(江戸時代 18世紀末期~19世紀初期 紙本墨画淡彩)
「水辺群鶴図屏風」吉村孝敬(天保3年 / 1832 / 紙本淡彩)
「大津唐崎図屏風」岸竹堂(明治9年 / 1876 / 絹本墨画淡彩)
「富士に松図屏風」竹陰=千總12代西村總左衛門(大正4年 / 1915 / 紙本着色)

 



☆★☆★ 千總の屏風祭 ☆★☆★

■開催日時:2018/6/30~8/26   10:00~18:00 水曜休館
■開催場所:千總ギャラリー/ CHISO GALLERY
京都市中京区三条通烏丸西入御倉町80 千總本社ビル2階
■入 場 料:無料
■お問合せ:075-211-2531  もしくは【お問い合わせフォーム】
■U R L :http://www.chiso.co.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

金属工芸公募展/ いまからまめさら2018☆清課堂

日本には小さいものを愛でる特有の美意識があります。その一つに手のひらに収まってしまうような小さなお皿 “豆皿” があります。
私たち日本人は、この愛らしい小さなお皿を日常的に見て楽しみ、使って楽しんでい…


日本には小さいものを愛でる特有の美意識があります。その一つに手のひらに収まってしまうような小さなお皿 “豆皿” があります。

私たち日本人は、この愛らしい小さなお皿を日常的に見て楽しみ、使って楽しんでいます。 また、豆皿の中には見事な世界が表現された芸術的な作品もあります。 金属工芸公募展「いまからまめさら」は、金属の豆皿の中に込められた作り手それぞれの世界観に触れていただく展覧会になります。




清課堂では、 国内・海外・地位・実績・手法を問わず出品を募り、金工を学ぶ若者から第一線で活躍する従事者らを一堂に会した金属工芸公募展「いまからまめさら」を2012年より毎年開催しております。中でも優れた作品には、山中源兵衛賞をはじめとした各賞を設けることでより多くの方に触れていただく機会をつくるだけなく、金属工芸界の活性に繋がること、そして、これから作り手の道を志す者にとっては、作品を販売することを想定し価値付けを行うことによって社会との関わりを深く意識できる経験になることを願っております。

 

 

 

☆★☆★☆ いまからまめさら2018   ☆★☆★☆

■開催期間:2018/7/7~7/16  10:00~18:00 ※ 会期中無休
■開催会場:清課堂ギャラリー
京都市中京区寺町通二条下ル 妙満寺前町462
■料  金 :無料
■お問合せ:075-231-3661   email: gallery@seikado.jp  担当:仲野
■URL :http://www.seikado.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


特集展示 新収品展 ☆ 京博平成知新館

展覧会の見どころ
平成22(2010)年から平成29(2017)年3月末までに当館が収集した美術品・文化財の一部を展示します。
当館では旧平常展示館建替などのため、購入やご寄贈によって収蔵品となった作品を、まとまった…

展覧会の見どころ

平成22(2010)年から平成29(2017)年3月末までに当館が収集した美術品・文化財の一部を展示します。
当館では旧平常展示館建替などのため、購入やご寄贈によって収蔵品となった作品を、まとまったかたちでお見せする機会がありませんでした。このたび満を持して、当館の新たな宝をご紹介いたします。なんといっても7年分ですから、盛り沢山の内容です。国宝「漢書楊雄伝第五十七」や、尾形光琳と乾山の合作である重文「銹絵寒山拾得図角皿」など、バラエティに富んだ名品の数々をお楽しみください。



重文 銹絵寒山拾得図角皿 尾形光琳画・尾形乾山作 京都国立博物館蔵

 

 

☆★☆★ 特集展示 新収品展   ☆★☆★

■開催日時:2018/6/12 ~ 7/16  9:30~17:00 (入館は16:30まで)
6月の金・土曜日:午前9時30分~午後8時(入館は午後7時30分まで)
7月の金・土曜日:午前9時30分~午後9時(入館は午後8時30分まで)
休館日/月曜日(祝日の場合は開館・翌火曜日休館)※ただし7月16日(月・祝)は開館
■開催場所:京都国立博物館 平成知新館2F-1、1F-2~6
京都府京都市東山区茶屋町527
■料   金:一般520円   大学生:260円
高校生以下(18歳未満)・満70歳以上の方:無料(年齢のわかるものをご提示ください)
■主  催:京都国立博物館
■お問合せ:075-525-2473
■URL :http://www.kyohaku.go.jp/








もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ROCK:POWER,SPIRIT&LOVE

クリエイターたちが影響を受けてきたROCKの世界。ついに展覧会となって京都で開催!
ROCKは20世紀が生んだ最大のカルチャー。単に音楽の1ジャンルというだけではなく、そのパワーやスピリットが多くの創造者(クリエイ…


クリエイターたちが影響を受けてきたROCKの世界。ついに展覧会となって京都で開催!


ROCKは20世紀が生んだ最大のカルチャー。単に音楽の1ジャンルというだけではなく、そのパワーやスピリットが多くの創造者(クリエイター)たちに影響を与え、それが人生や作品へと反映されていった。本展は、音楽、文学、演劇、美術、写真、さまざまなジャンルで活躍する創造者たちの過去から現在へと至るROCKとの関わりを、レコードジャケットや書籍をはじめとして、自己の作品を展示する展覧会です。
レコード視聴コーナーも開設予定。


 

【出展者】※出展者は変更になる場合がございます。予めご了承ください。
いのうえひでのり(劇団☆新感線 主宰・演出家)、江國香織(小説家)、岸田繁(くるり・作曲家)、
小林武史(音楽プロデューサー)、小籔千豊(お笑いタレント)、シシド・カフカ(ミュージシャン)、
篠山紀信(写真家)、鋤田正義(写真家)、SUGIZO(LUNA SEA・X JAPAN)、Char(ミュージシャン)、
手塚眞(ヴィジュアリスト)、徳岡邦夫(京都吉兆 総料理長)、奈良美智(画家・彫刻家)、古田新太(俳優)、
布袋寅泰(ミュージシャン・ギタリスト)、松尾レミ(GLIM SPANKY)、
松任谷由実(シンガーソングライター)、森永邦彦(アンリアレイジ デザイナー)、
ヤノべケンジ(現代美術作家)、山本里美(LIMI feuデザイナー)、行定勲(映画監督)、
吉田大八(映画監督・CMディレクター)

 

 

篠山紀信「ジョン・レノン オノ・ヨーコ」1980年

ギャラリー・トーク
立川直樹氏(プロデューサー)
■日時:6月9日(土)・10日(日) /①午前11時から ②午後1時30分から
※各回約30分
■会場:美術館「えき」KYOTO
※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説いたします。
※事前申し込み不要。ご参加は無料ですが、美術館入館券は必要です。
※混雑した際は、入館制限をさせていただく場合がございます。


ナイト★ミュージアム&スペシャルトーク
展覧会鑑賞+トークショー
ROCKを愛するクリエイターとROCKな時間を共有しよう!

 

鋤田正義氏

1. 鋤田正義(写真家)×立川直樹(プロデューサー)
■開催日:6月17日(日)
■開催時間:午後7時~8時45分(終了予定) 最終入場締切:午後7時30分
※スペシャルトーク開演時間:午後8時15分から (約30分)
■会場:美術館「えき」KYOTO
■料金(税込):お一人さま 1,300円
■定員:69名さま(自由席・整理番号付/中学生以上の方に限らせていただきます。)
■チケットの販売場所:ローソンチケット(Lコード58005) ※販売は、ローソンチケットのみ。
■チケットの発売日:6月3日(日)/午前10時から

SUGIZO氏

2. SUGIZO(LUNA SEA・X JAPAN)×立川直樹(プロデューサー)
■開催日:6月29日(金)
■開催時間:午後7時30分~9時15分(終了予定) 最終入場締切:午後8時
※スペシャルトーク開演時間:午後8時45分から (約30分)
■会場:美術館「えき」KYOTO
■料金(税込):お一人さま 1,300円
■定員:69名さま(自由席・整理番号付/中学生以上の方に限らせていただきます。)
■チケットの販売場所:ローソンチケット(Lコード58006) ※販売は、ローソンチケットのみ。
■チケットの発売日:6月10日(日)/午前10時から

※イベント内容が変更、または中止になる場合がございます。予めご了承ください。

 


☆★☆★  ROCK:POWER,SPIRIT&LOVE  ☆★☆★

■開催日時:2018/06/09~07/01   10:00~20:00
■開催場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
■主  催:美術館「えき」KYOTO、京都新聞
■入 場 料:中学生以上 690円
■お問合せ:075-352-1111
■URL :http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/






もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

大谷大博物館蔵品 みやこの年中行事

祭や祇園祭、五山の送り火、地蔵盆など、古都京都には四季を彩るさまざまな年中行事が伝わり、今も多くの人々に親しまれています。
これらの折々におこなわれる行事は江戸時代の絵図や地誌などにも見え、当時の人々の生活にとってなくてはならない大切なものであったことがう…

nab3mq000005tist-e1527987143363


祭や祇園祭、五山の送り火、地蔵盆など、古都京都には四季を彩るさまざまな年中行事が伝わり、今も多くの人々に親しまれています。


これらの折々におこなわれる行事は江戸時代の絵図や地誌などにも見え、当時の人々の生活にとってなくてはならない大切なものであったことがうかがえます。
本展覧会では、館蔵品を中心とする京都の年中行事に関する資料から、花祭り(灌仏会)・葵祭(賀茂祭)・祇園祭(祇園御霊会)・六斎念仏・五山の送り火などをとりあげ、その源流と当時の人々の姿を紹介いたします。







みやこの年中行事

開催要領
会   期  6月 12日(火)~ 7月 28日(土)
開館時間  10:00~17:00(入館は16:30まで)
観 覧 料  無料
休 館 日  日曜日・月曜日
 (6/10、7/15、8/4~5は10:00~15:00開館)
備   考  ※本館には駐車場がありません。
 ※ご来館の際は、公共交通機関をご利用ください。
所在地
大谷大学 博物館
京都市北区烏丸北大路 小山上総町
TEL:075-432-3131(代表)
ホームページ
http://www.otani.ac.jp/news/nab3mq000005tipg.html


明治150年記念「京のさきがけ」☆清水三年坂美術館

明治時代、維新前夜の混乱と天皇の東幸を機に人口が激減するなど、衰退の一途をたどろうとしていた京都で、輸出用美術工芸にいち早く活路を見出し、京都の復興を支えた人々がいました。粟田焼の錦光山宗兵衛は金彩色…



明治時代、維新前夜の混乱と天皇の東幸を機に人口が激減するなど、衰退の一途をたどろうとしていた京都で、輸出用美術工芸にいち早く活路を見出し、京都の復興を支えた人々がいました。粟田焼の錦光山宗兵衛は金彩色絵を施した薩摩金襴手様式の陶器、京薩摩を制作し、並河靖之は優美で洗練された有線七宝を完成させ、呉服商の西村總左衛門(千總)や飯田新七(高島屋)は日本画家に下絵を依頼し、刺繍絵画や天鵞絨(ビロード)友禅という新たな美術染織の分野を開拓しました。いずれも国内外の博覧会などで高い評価を受け、京都を訪れる外国人旅行者はしばしば彼らの工房を訪ねました。




本展では、京薩摩や京七宝、美術染織をはじめ、絢爛豪華な駒井の金属工芸や象彦の漆器など、時代のさきがけとなった作品の数々を展示します。

 



明治150年記念
☆★☆★ 「京のさきがけ」 ☆★☆★
■開催日時:2018/5/26~8/19  10:00~17:00
休館日/月・火曜日(祝日開館)  ※7/16(月・祝)は開館
■開催場所:清水三年坂美術館
〒605-0862 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1
■料  金:一般 800円   中高大生 500円   小学生 300円
■お問合せ:075-532-4270
■U R L:http://www.sannenzaka-museum.co.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


絵描きの筆ぐせ、腕くらべ ☆泉屋博古館

住友邸宅を飾った日本画家たちのくせのある名画、勢揃い!
日本画には、もともと流派がありました。古くは平安時代に成立した「やまと絵」があり、室町時代には中国画をもとにした「狩野派」が出て一世を風靡します。…


住友邸宅を飾った日本画家たちのくせのある名画、勢揃い!


日本画には、もともと流派がありました。古くは平安時代に成立した「やまと絵」があり、室町時代には中国画をもとにした「狩野派」が出て一世を風靡します。江戸中期には京にいた円山応拳がリアルな表現を導入した写生表現を打ちたて「円山四条派」の祖となり、さらに中国の明清時代の「文人画」も将来され、画譜などの出版メディアによって文人画風が流行します。近代には、そうした伝統的な諸流派は美術学校という教育システムのなかで継承されながらも解体され、「個性」を重視した個別の画法が絵画表現の中心になります。



本展は、住友家に伝わった近代日本画の名品を、画家の筆ぐせからご鑑賞いただく展覧会です。明治後期から昭和にかけて、大阪や京都、東京にあった住友家の邸宅では、それぞれの地域の画壇に所属する日本画家たちの作品がかけられ、鑑賞されていました。近代ならではの表現を求めた日本画家たしの腕くらべをご紹介いたします。


ギャラリートーク
5月26日(土)14:00~
ナビゲーター:野地耕一郎(泉屋博古館分館 分館長)

ゲストトーク
6月9日(土)14:00~
ゲスト:大野俊明氏(日本画家・京都市立芸術大学 特任教授)

6月30日(土)14:00~
ゲスト:竹内浩一氏(日本画家)

青銅器ギャラリートーク
6月23日(土)14:00~
ナビゲーター:廣川守(泉屋博古館 副館長)

 

 

住友コレクションの近代日本画
☆★☆★ 絵描きの筆ぐせ、腕くらべ ☆★☆★

■開催期間:2018/5/26 ~ 7/8 10:00~17:00
休館日/毎週月曜日
■開催場所:住友コレクション 泉屋博古館
〒606-8431 京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24
■料   金:一般800円 高大生600円 中学生350円 小学生以下無料
■お問合せ:075-771-6411  E-Mail:info@sen-oku.or.jp
■URL :https://www.sen-oku.or.jp/kyoto/program/index.html






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


「Bodylogue」!!/ 京都国際ダンスワークショップフェスティバル 2018

今年のテーマは「Bodylogue」!!
京都芸術センターは、「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」(通称:京都の暑い夏)を通して世界とつながり、京都からより多くのダンサーが輩出され、国内外で活躍していく…


今年のテーマは「Bodylogue」!!


京都芸術センターは、「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」(通称:京都の暑い夏)を通して世界とつながり、京都からより多くのダンサーが輩出され、国内外で活躍していく機会につながることを目指しています。


このフェスティバルは、日本全国、そして世界からダンスを学びたい人々にとってのプラットフォームでありたいと考えています。今回は国際的に活躍する振付家・ダンサー11名を招聘し、身体を通しての対話、身体をめぐる対話の〈場〉を京都芸術センターにて展開します。


講師カティア・ムストネン(ドイツ)
アビゲイル・イェーガー(USA)
フランチェスコ・スカベッタ(ノルウェー)
坂本公成 + 森裕子(京都)
長内裕美(ベルギー)
チョン・ヨンドゥ(韓国)
マルセロ・エヴェリン(ブラジル)
川口隆夫(東京)
秋津さやか(スペイン)アシスタント 合田有紀、野村香子
森井淳(大阪) 




☆★☆★☆  京都国際ダンスワークショップフェスティバル 2018 ☆★☆★☆
■開催日時:2018/4/20~5/6  開演15:00 開場14:30 受付開始14:00
■開催場所:京都芸術センター  講堂、フリースペース、大広間他
〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
■料   金:観覧無料
■お問合せ:075-213-1000     E-Mail:info@kac.or.jp
■U R L:http://www.kac.or.jp/








メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

「Bodylogue」!!/ 京都国際ダンスワークショップフェスティバル 2018

今年のテーマは「Bodylogue」!!
京都芸術センターは、「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」(通称:京都の暑い夏)を通して世界とつながり、京都からより多くのダンサーが輩出され、国内外で活躍していく…


今年のテーマは「Bodylogue」!!


京都芸術センターは、「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」(通称:京都の暑い夏)を通して世界とつながり、京都からより多くのダンサーが輩出され、国内外で活躍していく機会につながることを目指しています。


このフェスティバルは、日本全国、そして世界からダンスを学びたい人々にとってのプラットフォームでありたいと考えています。今回は国際的に活躍する振付家・ダンサー11名を招聘し、身体を通しての対話、身体をめぐる対話の〈場〉を京都芸術センターにて展開します。


講師カティア・ムストネン(ドイツ)
アビゲイル・イェーガー(USA)
フランチェスコ・スカベッタ(ノルウェー)
坂本公成 + 森裕子(京都)
長内裕美(ベルギー)
チョン・ヨンドゥ(韓国)
マルセロ・エヴェリン(ブラジル)
川口隆夫(東京)
秋津さやか(スペイン)アシスタント 合田有紀、野村香子
森井淳(大阪) 




☆★☆★☆  京都国際ダンスワークショップフェスティバル 2018 ☆★☆★☆
■開催日時:2018/4/20~5/6  開演15:00 開場14:30 受付開始14:00
■開催場所:京都芸術センター  講堂、フリースペース、大広間他
〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
■料   金:観覧無料
■お問合せ:075-213-1000     E-Mail:info@kac.or.jp
■U R L:http://www.kac.or.jp/








メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ