便利堂創業130周年記念 ☆★☆ 至宝をうつす ☆★☆京都文化博物館

わが国は先人たちの手によって伝えられた文化財―いわゆる「伝世品」が数多く遺されている国であり、その文化財の中には「日本書紀」や「源氏物語」などのように「写本」になって伝えられているものが少なからずあります。
古代から…


わが国は先人たちの手によって伝えられた文化財―いわゆる「伝世品」が数多く遺されている国であり、その文化財の中には「日本書紀」や「源氏物語」などのように「写本」になって伝えられているものが少なからずあります。

古代から長い年月にわたり、貴重な文字資料や優れた絵画作品は臨写や模写など人の手によって写しが作られてきましたが、写真技術が生まれた近代以降は、人の手がカメラに変わり、文化財はカメラによって写されることになります。

撮影された文化財の象徴的な存在に法隆寺金堂壁画があります。昭和24年(1949)の不慮の火災で壁画が焼損したことから、その14年前(昭和10年・1935)に便利堂によって撮影された焼損前の壁画のガラス乾板は、その価値が評価されて国の重要文化財に指定されています。

 

尾形光琳筆「風神雷神図屏風」コロタイプ復元複製

明治以降に写真技術を応用して生み出された技術にコロタイプがあります。コロタイプは撮影された写真を原版とする印刷技法で、自然な濃淡や階調の表現に優れており、国宝・重要文化財の絵画や書跡などの複製に利用され、文化財を後世に伝える役割を果たしています。

本展覧会では、明治20年(1887)に京都の地で創業し今年で130周年を迎える便利堂が手掛けてきた文化財写真撮影と複製の歴史をたどります。法隆寺金堂壁画や高松塚古墳の撮影の歴史を紹介し、また、便利堂が製作した文化財複製を展示します。

関連イベント

①記念講演会(1)「文化財写真と歴史学―歴史史料の複製とコロタイプ印刷の関係から―」

日  時:2017年12月23日(土・祝)10:30~12:00
講  師:谷 昭佳氏(東京大学史料編纂所技術専門職員)
会  場:本館3階フィルムシアター(定員150名)
参 加 費:無料(ただし、本展覧会の入場券[半券可]が必要です)

②記念講演会(2)「文献資料の書写と複製」

日  時:2018年1月13日(土)10:30~12:00
講  師:長村 祥知(当館学芸員)
会  場:本館3階フィルムシアター(定員150名)
参 加 費:無料(ただし、本展覧会の入場券[半券可]が必要です)

③文化財複製シンポジウム

日  時:日時:2018年1月7日(日)13:30~16:00
会  場:別館ホール(定員100名)
参 加 費:無料(ただし、本展覧会の入場券[半券可]が必要です)
〈基調講演①〉13:40~14:10
「模写・複製の理念と意義-絵画模写をめぐって-」
講  師:朝賀 浩 氏(文化庁美術学芸課主任文化財調査官)
〈基調講演②〉14:20~14:50
「美の記憶-封印された姿と時間-」
講  師:村上 隆 氏(京都美術工芸大学副学長)
〈座談会〉15:00~16:00
「うつす」文化の未来 -変わるものと変わらないもの-
パネリスト:朝賀浩、村上隆、長村祥知
司会進行:西村寿美雄(株式会社便利堂)

 

便利堂創業130周年記念

☆★☆ 至宝をうつす-文化財写真とコロタイプ複製のあゆみ-   ☆★☆

■開催日時:2017/12/16 ~2017/1/28 10:00~18:00    金曜日~19:30 (入場は閉室の30分前まで)
休館日/月曜日(※12/28~1/3は休館)
■開催場所:京都文化博物館   4階展示室
〒604-8183 京都市中京区三条高倉
■料  金:一般1000(800)円  大高生700(500)円  中学生以下は無料
※( )内は前売料金及び20人以上の団体料金。(会期中は当日券のみ)
■お問合せ: 075-222-0888
■U R L:http://www.bunpaku.or.jp/

https://www.benrido-130th-anniv-ex.com/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





没後40年 濱田庄司展 -山本爲三郎コレクションより

アサヒビール大山崎山荘美術館(所在地 京都府乙訓郡大山崎町 館長
粟津晶(あきら))は、2017年12月16日(土)から2018年4月8日(日)まで、濱田庄司(1894-1978)の没後40年を記念し、企画展「没後40年
濱田庄司展 ―山本爲三郎コレクションより」を開催いたします。
 



アサヒビール大山崎山荘美術館(所在地 京都府乙訓郡大山崎町 館長 粟津晶(あきら))は、2017年12月16日(土)から2018年4月8日(日)まで、濱田庄司(1894-1978)の没後40年を記念し、企画展「没後40年 濱田庄司展 ―山本爲三郎コレクションより」を開催いたします。


 




没後40年が経過する現在もなお、濱田の魅力あふれる作品の数々は、私たちを惹きつけてやみません。濱田は「私の陶器の仕事は、京都で道を見つけ、英国で始まり、沖縄で学び、益子で育った」と自身の活動を振り返っていますが、本展では、京都市陶磁器試験場時代の貴重な初期の作例や、英国や沖縄での作陶経験の影響がみられるもの、益子へ移住してから手がけられた作品群はもちろん、山本家のくらしを彩ったうつわまで、特徴ある山本爲三郎コレクションより濱田作品を一挙に公開いたします。

 

 
 

☆★☆★ 没後40年 濱田庄司展 -山本爲三郎コレクションより ☆★☆★
■開催日時:2017/12/16~2018/4/8  10:00~17:00 (入館16:30まで)
休館日/月曜日 (月曜祝日は翌火曜), 12/25- 1/3
■開催場所:アサヒビール大山崎山荘美術館
〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字銭原5-3
■料  金:一般900円 高大生500円 中学生以下無料
■お問合せ:075-957-3123
■URL :http://www.asahibeer-oyamazaki.com/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




連載40周年記念 ガラスの仮面展 / 美術館「えき」KYOTO

幻の名作「紅天女」の主役をめぐり、激しい争いを繰り広げる天才少女・北島マヤと、宿命のライバル・姫川亜弓。マヤを陰から支える「紫のバラのひと」大都芸能社長・速水真澄や、伝説の大女優でありマヤの師である月影千草。登場するキャラクターも作品の大きな魅力となり、単…



幻の名作「紅天女」の主役をめぐり、激しい争いを繰り広げる天才少女・北島マヤと、宿命のライバル・姫川亜弓。マヤを陰から支える「紫のバラのひと」大都芸能社長・速水真澄や、伝説の大女優でありマヤの師である月影千草。登場するキャラクターも作品の大きな魅力となり、単行本49巻までの累計発行部数は5,000万部を超えるベストセラーとなりました。



本展では、1976年に連載を開始した当初の貴重な漫画原画を含む約300点を一堂に展観し、名シーンを振り返ります。
息を呑むほどの過激な特訓、少女漫画特有のきらめきや乙女が抱く恋心、こまやかに表現されるキャラクターの心理描写、そして、熱く演じられる劇中劇の数々をどうぞお楽しみください。

 

「ガラスの仮面展」フォトスポット

日時:11月27日(月)~12月25日(月)/各日午前10時~午後8時
会場:京都駅ビル2階 駅ビルインフォメーション前
あのシーンがフォトスポットに!ご自由に撮影ができます。
カメラはお客さまご自身でご用意ください。
お問合せ:京都駅ビルインフォメーション 075-361-4401(午前10時~午後7時)

 



☆★☆★ 連載40周年記念 ガラスの仮面展☆★☆★
■開催日時:2017/12/1~12/25   10:00~20:00
■開催場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
■主  催:美術館「えき」KYOTO     朝日新聞社
■入 場 料:一般 900円(700円) 高大学生 700円(500円) 小中学生 500円(300円)
■お問合せ:075-352-1111
■URL :http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



ウィム・クロウェル グリッドに魅せられて

designed by Wim Crouwel in cooperation with Helmut Schmid
本展はオランダのグラフィックデザイナー、ウィム・クロウエルの業績の全容を伝える日本初の展覧会です。クロウエル(1928年-)は、1952年に展覧会を手掛けるデザイナーと…

designed by Wim Crouwel in cooperation with Helmut Schmid

本展はオランダのグラフィックデザイナー、ウィム・クロウエルの業績の全容を伝える日本初の展覧会です。クロウエル(1928年-)は、1952年に展覧会を手掛けるデザイナーとして出発しましたが、アムステルダム市立美術館のグラフィックデザイナー(1963-1984年)としての仕事が最も著名と言えるでしょう。

 

ジルベルト・ツォーリオ展/1979 カタログ

また、実験的なコンピューター・アルファベット、切手、そしてカレンダーのデザインでも知られており、高く評価されています。

1963年、多分野を総合的に扱う大手デザイン会社、トータルデザインの共同設立者となりますが、同社はスイス・モダニズムとコーポレート・アイデンティティをオランダに広めることとなります。クロウエルは教育、執筆、そして講演活動も精力的に行いながら、グラフィックデザイナーとして、グリッドを活用した合理的かつシステマティックなデザインを推進していきました。デザイナーとは、広告よりむしろ客観的な姿勢を持ってインフォメーションデザインに取り組むべき、と主張する彼の見解は、新たなパラダイムの形成を後押しし、生き生きとしたデザインの風潮を生み出すことにも貢献しました。クロウエルの全業績を顧みると、理論と手法に前例のない次元の詩情と美学を統合させつつ、半世紀にわたって極めて一貫性のある作品づくりを実現し続けてきた証しが浮かび上がってきます。

 


京都dddギャラリー第215回企画展
☆★☆★  ウィム・クロウェル グリッドに魅せられて ☆★☆★

■開催期間:2017/12/14~2018/3/17  11:00~19:00(土曜・3/4(日)は18:00まで)
休館日/日曜日・祝日、12/28-1/4   ただし3/4は特別開館
■開催場所:京都dddギャラリー
〒616-8533 京都市右京区太秦上刑部町10
地下鉄東西線 太秦天神川駅1番出口 徒歩3分
駐車場 なし ※公共の交通機関をご利用ください。
■料  金:入場無料
■お問合せ:075-871-1296
■URL :http://www.dnp.co.jp/gallery/ddd/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



改組 新 第4回日展京都展

日本最大規模の総合公募展「日展」の京都巡回展。日本画,洋画,彫刻,工芸美術,書の5部門を設け,全国を巡回する基本作品と京都・滋賀の地元関係作品を展示。

改組 新 第4回(平成29年度)日展 受賞者

ギャラリートーク(作品解…



日本最大規模の総合公募展「日展」の京都巡回展。日本画,洋画,彫刻,工芸美術,書の5部門を設け,全国を巡回する基本作品と京都・滋賀の地元関係作品を展示。






改組 新 第4回(平成29年度)日展 受賞者



ギャラリートーク(作品解説)

本展会期中,展覧会場で各部門出品作家が解説を行います。・解説者=上記のとおり

・会 場=(日本画)京都市美術館別館(洋画)
みやこめっせ地下1階 日図デザイン博物館(工芸美術・書)
みやこめっせ地下1階 第1展示場(彫刻)
みやこめっせ地下1階 特別展示場

・参加費=無料(ただし,入場料が必要です。)
・参加方法=当日,直接会場へお越しください。

 

 


☆★☆★改組 新 第4回日展京都展☆★☆★

■開催日時:2017/12/17~2018/1/12        9:00~17:00
休館日/月曜日  12/25,12/28~1/3 (12/18と1/8は開館。)
■開催場所:京都市美術館別館・みやこめっせ・日図デザイン博物館
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町124
■主   催 :改組新第4回日展京都展実行委員会(京都市・京都新聞)
■入館料金:大人1000円(800) 高大生600円(500)
■お問合せ:075-771-4107      bijutsukan@city.kyoto.lg.jp
■URL     :http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/kmma/index.html

https://www.facebook.com/Nitten.ART/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



錦織の装い展 -光峯の織物美術- アートスペース余花庵

織物美術家龍村光峯と後継龍村周による錦織作品と小物類の展示販売。
来年の干支戌にちなんで制作した新作錦織「犬喜文」、
錦織で仕立てた本袋帯・バッグ・名刺入れ・小物類など。
 

緑地花鳥獣文錦
本裂は、東京、京都両博物館…

織物美術家龍村光峯と後継龍村周による錦織作品と小物類の展示販売。
来年の干支戌にちなんで制作した新作錦織「犬喜文」、
錦織で仕立てた本袋帯・バッグ・名刺入れ・小物類など

 

緑地花鳥獣文錦

本裂は、東京、京都両博物館の所蔵する正倉院裂の一つで、聖武天皇一周忌斎会(757年)を飾った道場幡の垂脚(すいきゃく)の止め飾りとして使用された古代の緯錦、倭錦(やまとにしき)である。実物を御覧になれば一目瞭然であるが、デザインが非常に精緻で高度なことが挙げられる。中央にはいわゆる「唐花」といわれる大きな花があり、対の「獅子狛犬」が上部にいて、さらに上部には対の水鳥が波紋と思われる上に浮かんでいる。副文には小さな花と「ザクロ」と思われる紋などがあるが、やはりメソポタミア起源の対の動物の中央に「生命の木」がある樹下動物文の系統を引く図柄であると考えられる。これを見ているとつくづくデザインなどは「不易流行」という場合の流行があるだけでまったく進歩していないのではないかと思われる。コンポジションは明晰に「同心円」と「六角形」で構成されているが、決して単に「抽象的」とはいい切れず、「抽象」とか「具象」とかいう近代の狭苦しい枠を悠に超えている。また、すべての白い線が古代紫の線で「くくられている」ことと、何となく線が柔らかくやまとぶりを感じさせる、見事な錦である。

 

 

☆★☆★錦織の装い展-光峯の織物美術-☆★☆★

■開催日時:2017/12/5~12/10    10:00~18:30
■開催場所:喜聞堂 アートスペース余花庵
〒604-0925 京都市中京区寺町通御池上ル上本能寺前町475(京都市役所西側)
■お問合せ:075-212-9793
■URL :http://yokaan.com/about.html






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




改組 新 第4回日展京都展

日本最大規模の総合公募展「日展」の京都巡回展。日本画,洋画,彫刻,工芸美術,書の5部門を設け,全国を巡回する基本作品と京都・滋賀の地元関係作品を展示。

改組 新 第4回(平成29年度)日展 受賞者

ギャラリートーク(作品解…


日本最大規模の総合公募展「日展」の京都巡回展。日本画,洋画,彫刻,工芸美術,書の5部門を設け,全国を巡回する基本作品と京都・滋賀の地元関係作品を展示。



改組 新 第4回(平成29年度)日展 受賞者

ギャラリートーク(作品解説)

本展会期中,展覧会場で各部門出品作家が解説を行います。・解説者=上記のとおり

・会 場=(日本画)京都市美術館別館(洋画)
みやこめっせ地下1階 日図デザイン博物館(工芸美術・書)
みやこめっせ地下1階 第1展示場(彫刻)
みやこめっせ地下1階 特別展示場

・参加費=無料(ただし,入場料が必要です。)
・参加方法=当日,直接会場へお越しください。

 

 

☆★☆★改組 新 第4回日展京都展☆★☆★

■開催日時:2017/12/17~2018/1/12        9:00~17:00
休館日/月曜日  12/25,12/28~1/3 (12/18と1/8は開館。)
■開催場所:京都市美術館別館・みやこめっせ・日図デザイン博物館
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町124
■主   催 :改組新第4回日展京都展実行委員会(京都市・京都新聞)
■入館料金:大人1000円(800) 高大生600円(500)
■お問合せ:075-771-4107      bijutsukan@city.kyoto.lg.jp
■URL     :http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/kmma/index.html

https://www.facebook.com/Nitten.ART/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



THE GIFT BOX 2017 アーティストが提案する特別なギフト

今年で5回目となる当イベントは,日本有数の近代建築物である京都府京都文化博物館 別館ホール(旧日本銀行京都支店)を巨大なギフトボックスに見立て,クリエイター自身がブースに立ち,工芸品,アクセサリー,雑貨などの展示販売を行います。

また,音楽学部学生らによ…

今年で5回目となる当イベントは,日本有数の近代建築物である京都府京都文化博物館 別館ホール(旧日本銀行京都支店)を巨大なギフトボックスに見立て,クリエイター自身がブースに立ち,工芸品,アクセサリー,雑貨などの展示販売を行います。

また,音楽学部学生らによる無料のコンサートも同時開催いたします。年末・クリスマスシーズンのこの時期に,素敵な“ギフト”に出会いに,ぜひ御来場ください。




THE GIFT BOX 2016
アーティストが提案する特別なギフト
日時
2017年12月16日(土),17日(日)
  • 販売展示:午前11時~午後6時
  • コンサート(1回30分):午後2時~午後2時30分,午後5時~午後5時30分
会場
京都府京都文化博物館 別館ホール(旧日本銀行京都支店)
京都市中京区高倉通三条上ル東片町623-1
アクセス
地下鉄「烏丸御池駅」下車【5】番出口から三条通りを東へ徒歩3分
内容
◆出展
とんぼせんせい,花背WARA,MOTEL,Hiyomi circle 他


 
◆出演
12月16日(土)宮後 優(ソプラノ)黒澤 あみ(ピアノ)
12月17日(日)樋上 眞生(ピアノ)
*コンサートはいずれも,午後2時~午後2時30分,午後5時~午後5時30分

料金

入場無料

主催/問い合わせ
京都市立芸術大学キャリアデザインセンター
TEL : 075-334-2348
http://www.kcua.ac.jp/event/20171217_the-gift-box-2017/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




秋期特別展 名碗 ロシアを旅した樂

大昔から現代に至るまで日常生活には欠かせない、うつわ。 ガラスのうつわ。陶器のうつわ。金属のうつわ。時には、葉っぱをうつわにすることも。 それぞれの楽しみ方や感性で、うつわは使う人、見る人を魅了します。2015年に国際交流基金、ロシア・エルミタージュ美術館、プ…

大昔から現代に至るまで日常生活には欠かせない、うつわ。
ガラスのうつわ。陶器のうつわ。金属のうつわ。時には、葉っぱをうつわにすることも。
それぞれの楽しみ方や感性で、うつわは使う人、見る人を魅了します。

2015年に国際交流基金、ロシア・エルミタージュ美術館、プーシキン美術館、樂美術館の主催によって「樂‐茶碗の中の宇宙」が開催されました。樂焼という日本の特殊な焼物の展覧会にもかかわらず、ロシアの人々の高い関心を集め、特にプーシキン美術館においては、およそ13万人の入場者があり大盛会となりました。
プーシキン美術館の展覧会では、講演会や15代吉左衞門と樂篤人氏によるギャラリートークの他にも、子供たちによる茶碗を制作するワークショップや樂茶碗を描くワークショップ等が催され、関連イベントも極めて充実したものとなりました。
こうした取り組みは、単に海外で日本の展覧会を行うということに留まらず、ロシアと日本の市民の間に深い交流を生み、中でも子供たちとの交流は、大変意義のあるものでした。
昨年から今年にかけては、京都国立近代美術館、東京国立近代美術館において「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」がロシアでの帰国展として開催されました。開催中は若い人々の姿も多く見られ、約13万人の入館者がありました。
今回の秋期特別展では、樂美術館特別版の帰国展として、ロシアの人々との交流にも焦点を当て心の中に残るこの素晴らしい思い出を展覧会に致しました。
ロシアを旅した樂焼の名品と共に、ロシアの子供たちが描いた樂茶碗の絵、15代吉左衞門と子供たちが制作した樂茶碗なども特別出品されます。

 「15代樂吉左衞門 ギャラリートーク」

当代と一緒に展覧会を観ましょう!

初代長次郎作 二彩獅子(重要文化財)や、かつて千利休が所持した長次郎作 黒樂茶碗「万代屋黒」、三代道入作 黒樂茶碗「青山」(重要文化財)と共に樂歴代の名品が一堂に並ぶ今回の秋期特別展。

ギャラリートークでは、当代がこれらの名品について解説すると共に、ロシアで現地の方々と交流して感じ取った思いなどをお話いたします。

開催日時:
10月13日(金)、10月20日(金)、11月10日(金)、11月17日(金)、12月1日(金)

各回 17:00~18:30

会費:3000円(入館料含む。ロシア展記念グッズ、展覧会冊子付)

ご予約はお電話にて(075-414-0304)樂美術館まで。

 

 

☆★☆★ 秋期特別展 名碗 ロシアを旅した樂  ☆★☆★
樂美術館版 エルミタージュ、プーシキン美術館帰国展

■開催日時:2017/9/30~12/24   10:00~16:30 (入館は16:00まで)
休館日/月曜日(祝日は開館)
■開催場所:樂美術館 京都市上京区油小路通一条下る
■料  金:大人1000円  大学生800円  高校生400円  中学生以下無料
■お問合せ:075-414-0304
■U R L:http://www.raku-yaki.or.jp/




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



座辺の骨董展 「祈りと遊び」

秋恒例の「座辺の骨董展」を今年も開催いたします。
テーマは「祈りと遊び」。古民藝から仏教美術まで、味わい深く心に残るもの、見て愉しめるもの、使ってうれしいもの等々多彩に出品の予定です。
●幾一里は今年開店20周年。
深まり行く秋、京都散策とともに、お気軽にご…

秋恒例の「座辺の骨董展」を今年も開催いたします。
テーマは「祈りと遊び」。古民藝から仏教美術まで、味わい深く心に残るもの、見て愉しめるもの、使ってうれしいもの等々多彩に出品の予定です。
●幾一里は今年開店20周年。
深まり行く秋、京都散策とともに、お気軽にご来廊のほどを。感謝の心を込めてお待ちしています。



座辺の骨董展 「祈りと遊び」
日時
2017年11月18日~26日
12:00~18:00まで、会期中無休
所在地
京都市中京区坊城通後院通下ル壬生馬場町19-1
19b4ec5ad1c090ce81499d5579a459de0e7ff7f1_l

アクセス
・市バスみぶ操車場前又は壬生寺道から徒歩2~4分
・JR嵯峨野線・地下鉄東西線二条駅、阪急・嵐電大宮駅から徒歩7分
駐車場 無
お問い合わせ
ギャラリー[幾一里](いくいちり)
tel 075-811-8454
fax 075-811-8454
ホームページ
幾一里のブログ http://ikuichiri.exblog.jp





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ