台湾女性金工作家二人展★清課堂

実験的な作品を制作する葉秀薇、日々の暮らしの中の器を制作する姚怡欣。この対照的な二人の作品を通し、台湾における現代の金工の潮流をご覧いただければと思います。
葉秀薇は繊細な銅線を用い、線によって実体を構…


実験的な作品を制作する葉秀薇、日々の暮らしの中の器を制作する姚怡欣。この対照的な二人の作品を通し、台湾における現代の金工の潮流をご覧いただければと思います。


葉秀薇は繊細な銅線を用い、線によって実体を構築する試み「銅編みオブジェ」をテーマに実験的な作品制作を2013年以降取り組んでいます。本展覧会ではこの「銅編みオブジェ」シリーズの中からオブジェとジュエリーを約33点ご紹介いたします。

姚怡欣は陶芸、木彫、宝石や竹の加工細工など様々な工芸を学ぶ中で、自身の価値観を新たにした金属細工に出会い、金工の道へと進みました。本展覧会では錫を素材とした花器やお茶にまつわる道具などを中心に約50点ご紹介いたします。

 




☆★☆★☆ 台湾女性金工作家二人展   ☆★☆★☆

■開催期間:2019/4/27~5/6  10:00~18:00 ※ 会期中無休
■開催会場:清課堂ギャラリー
〒604-0932 京都市中京区寺町通二条下ル 妙満寺前町462
■料  金 :無料
■お問合せ:075-231-3661   email: gallery@seikado.jp  担当:仲野
■URL :http://www.seikado.jp/







「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



「土蔵が見守る 京のとらや」★虎屋 京都ギャラリー

虎屋 京都ギャラリーは、開設10周年を記念し、創業の地である京都での虎屋のあゆみを振り返ります。

 
虎屋菓寮 京都一条店の庭には、江戸時代に建てられた土蔵が今も残されています。古くはこの土蔵に収められてい…

虎屋 京都ギャラリーは、開設10周年を記念し、創業の地である京都での虎屋のあゆみを振り返ります。

 





虎屋 京都ギャラリー 開設10周年
☆★☆★☆「土蔵が見守る 京のとらや」  ☆★☆★☆

■開催日時:2019/4/20~5/19    10:00~17:00
■開催場所:虎屋 京都ギャラリー
〒602-0911 京都市上京区一条通烏丸西入 虎屋菓寮 京都一条店横
■主  催:とらや
■料   金:入場無料
■お問合せ:075-431-4736  kyotobunka@toraya-group.co.jp
■U R L:https://www.toraya-group.co.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



画題で見る 近代の日本画表現★京都市学校歴史博物館


本展では,明治期以降の画家たちの師弟関係に注目し,師匠と画家の日本画作品を並べて展示します。両者はどのように似ているのか、また、どのように異なるのかを見ることにより、流派のなかで継承されてきたもの…

。 本展では,明治期以降の画家たちの師弟関係に注目し,師匠と画家の日本画作品を並べて展示します。両者はどのように似ているのか、また、どのように異なるのかを見ることにより、流派のなかで継承されてきたもの、変容していくものを見てみましょう。師匠と弟子の性格の違いなどを考えてみるのも面白いかもしれません。

 

日本画作品約40点に中心に,写真パネルや画家の伝記などを振り返り,京都画壇を作ってきた画家たちのつながりを見てみましょう。


企画展

☆★☆  学んで伝える絵画のかきかた ☆★☆
■開催日時: 2019/4/13~5/14   9:00~17:00
休館日/水曜日(祝日の場合は翌平日)
■開催場所:京都市学校歴史博物館   第1会場:1階 第2展示室 , 第2会場:3階 第3展示室
〒600-8044 京都市下京区御幸町通仏光寺下ル橘町437
■料  金:大人200円 小中高生100円     京都市内の小・中学生の土日は無料
■お問合せ:075-344-1305  rekihaku-igyou@edu.city.kyoto.jp
■U R L:http://kyo-gakurehaku.jp/





「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






篠山紀信写真展-KABUKI 藤十郎と仁左衛門- 美術館「えき」KYOTO

十五代目 片岡仁左衛門舞台製作:松竹株式会社
歌舞伎と写真の神様が降りてきた。篠山紀信は現代の浮世絵師。
1960年代から活躍し、日本を代表する写真家・篠山紀信。2017年には、40年以上にわたり撮り続けた自らの歌…

十五代目 片岡仁左衛門
舞台製作:松竹株式会社

歌舞伎と写真の神様が降りてきた。篠山紀信は現代の浮世絵師。
1960年代から活躍し、日本を代表する写真家・篠山紀信。2017年には、40年以上にわたり撮り続けた自らの歌舞伎写真の集大成『KABUKI by KISHIN』(光村推古書院刊)を発表し、国内外で高い評価を得ました。
今回の、美術館「えき」KYOTOでの個展では、京都に縁ある歌舞伎界の二大巨頭、四代目 坂田藤十郎と十五代目 片岡仁左衛門の舞台を、迫力あるカメラワークで捉えた写真を展示いたします。名歌舞伎俳優が演じる舞台に、歌舞伎の神と写真の神が降臨した刹那を活け撮りにした奇跡の一瞬。緊迫感のある張りつめた写真の数々。篠山紀信が撮り続ける「歌舞伎の美」をぜひご堪能ください。
※出展数は約40点の予定。坂田藤十郎、片岡仁左衛門の写真を中心に展示。中村鴈治郎、中村扇雀、中村壱太郎、中村虎之介、 片岡我當、片岡孝太郎、片岡千之助の写真も展示いたします。
※本展は、KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭2019 アソシエイテッド・プログラムとして開催します。

イベント

篠山紀信写真展 開催記念トークショー「中村扇雀vs 篠山紀信」


ゲスト:中村扇雀氏
(歌舞伎俳優)

【開催要項】
■日時:4月28日(日)
■開場:午後1時10分/開演:午後1時30分(終演予定:午後3時)
■会場:キャンパスプラザ京都5階(京都駅下車・徒歩5分)
■参加料:お一人さま 1,800円(税込/展覧会入館券付)
※入場券は、3月30日(土)より4月25日(木)までローソン(Lコード52071)にて販売。
※残券がある場合は、4月27日(土)より当館チケット窓口にて販売いたします。
※定員に達した場合は販売終了となります。
■定員:250名(中学生以上/自由席)
※開場時間になりましたら、入場券の整理番号順にご入場いただきます。
■お問合せ:美術館「えき」KYOTO
電話:075-352-1111(ジェイアール京都伊勢丹大代表)

 

 

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2019 アソシエイテッド・プログラム
☆★☆★ 篠山紀信写真展-KABUKI 藤十郎と仁左衛門- ☆★☆★

■開催日時:2019/4/12~5/6  10:00~20:00
■開催場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
■入 場 料:一般900円   高・大学生700円   小・中学生500円
■お問合せ:075-352-1111
■URL :http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



 




暮らしのうつわからアートまで、内田鋼一作品展

ご存知でしょうか、内田鋼一氏が開設された三重県四日市の「萬古アーカイブデザインミュージアム」。(2015年開館)
作陶と美術館活動、大活躍の内田氏です。幾一里での個展は4年ぶり。
茶器、酒器からアート作品など、内田氏の感性と技が一堂に・・…

0c56bf0e86641f9b7dc253048fdc0196



ご存知でしょうか、内田鋼一氏が開設された三重県四日市の「萬古アーカイブデザインミュージアム」。(2015年開館)
作陶と美術館活動、大活躍の内田氏です。幾一里での個展は4年ぶり。
茶器、酒器からアート作品など、内田氏の感性と技が一堂に・・・。期待で胸が膨らみます。
初日、4月13日は内田氏在廊の予定です。



暮らしのうつわからアートまで
内田鋼一作品展
日時
2019年4月13日(土)~21日(日)
12:00~18:00まで、会期中無休
所在地
京都市中京区坊城通後院通下ル壬生馬場町19-1
19b4ec5ad1c090ce81499d5579a459de0e7ff7f1_l
アクセス
・市バスみぶ操車場前又は壬生寺道から徒歩2~4分
・JR嵯峨野線・地下鉄東西線二条駅、阪急・嵐電大宮駅から徒歩7分
駐車場 無
お問い合わせ
ギャラリー[幾一里](いくいちり)
tel 075-811-8454
fax 075-811-8454
ホームページ
幾一里のブログ http://ikuichiri.exblog.jp






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ある日の都路華香/

都路華香は、明治から昭和初期にかけて活躍した日本画家です。円山派、四条派の流れを汲む幸野楳嶺の門人で、菊池芳文、谷口香きょう(山へんに喬)、竹内栖鳳とともに「楳嶺四天王」として知られます。
松花堂庭園内…

都路華香は、明治から昭和初期にかけて活躍した日本画家です。円山派、四条派の流れを汲む幸野楳嶺の門人で、菊池芳文、谷口香きょう(山へんに喬)、竹内栖鳳とともに「楳嶺四天王」として知られます。
松花堂庭園内の泉坊書院(京都府登録文化財)には、華香の筆になる山水図襖絵(19面)があります。泉坊書院は、明治時代に現在の場所に移築されたもので、襖絵の制作時期もその頃と考えられます。華香の若かりし頃の代表的作品といえるものです。

この度の展覧会では、襖絵の一部を美術館にて初公開します。あわせて、華香作品の魅力をご紹介するべく、作品やスケッチなど約40点を展示いたします。

<前期> 3月21日(木・祝)~4月14日(日)
<後期> 4月16日(火)~5月12日(日)

☆ 講演会
 「華香の人と芸術」
講 師 : 小倉 実子 氏(京都国立近代美術館 主任研究員)

日 時 : 2019年4月28日(日) 午後1時30分~
会 場 : 八幡市立松花堂美術館 講習室
参加費 : 無料
定 員 : 80名(定員になり次第、締切)
申込方法 : お電話・FAXまたはご来館にて、事前にお申込みください

 ☆ 当館学芸員によるギャラリートーク
3月24日(日)、4月7日(日)、21日(日)、5月12日(日)
各日午後2時より展示室にて *申込不要(観覧料が必要です)

 

 

2019年春季展
☆★☆★ ある日の都路華香 ☆★☆★   

■開催日時:2019/3/21~5/21     9:00~17:00 (最終入園は午後4時30分まで)
休館日/月曜日(ただし4/1、29、5/6は開館)、5/7(火)
■開催場所:八幡市立松花堂庭園・美術館
〒614-8077 京都府八幡市八幡女郎花43番地の1
■観 覧  料: 一般500円・学生400円・高校生以下無料
■お問合せ:075-981-0010
■U R L:http://www.yawata-bunka.jp/syokado/event/#ev401






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



久保 修 切り絵の世界 ★美術館「えき」KYOTO

切り絵画家、久保 修くぼ
しゅう(1951年―山口県美祢市生まれ)。大学建築科在学中に切り絵に出会い、独学で切り絵の制作を始めます。スペインでの海外生活を経て、様々な素材を使い表現するミクストメディア(混合技…


切り絵画家、久保 修くぼ しゅう(1951年―山口県美祢市生まれ)。大学建築科在学中に切り絵に出会い、独学で切り絵の制作を始めます。スペインでの海外生活を経て、様々な素材を使い表現するミクストメディア(混合技法)と呼ばれる独自の技法を築きあげます。久保修の切り絵は、質感や立体感、遠近感を感じさせ、線の太さによって光と影を表現しています。描いた絵を和紙と重ねてアートナイフで切り抜いて制作しますが、残った黒い線が全てつながっているのが大きな特徴です。

旅行記の新聞連載や郵便ふるさと切手、年賀はがき、飲料缶など様々なところで作品が使われています。活躍は国内にとどまらず、2010年~ニューヨークを拠点に活動、また国際交流基金主催事業などでスペイン、ポルトガル、フィリピン、イラン、トルコ、中国、ロシア、キューバ、シンガポールなど世界各国を訪れ、切り絵を通じ継続的に日本文化を紹介しています。2012年には、日米桜寄贈100周年記念事業として、エンパイア・ステート・ビル、2014年にはロシア・モスクワ国立東洋美術館において展覧会を開催、また作品集も多数出版するなど活躍の場は広がっています。

2回目となる今回は、季節の食材や京都の風景を切り取った作品など、約100点の切り絵を紹介します。

久保 修 ギャラリー・トーク
●会場:美術館「えき」KYOTO
●3月9日(土)・10日(日)・24日(日)・25日(月)/
各日午前11時から・午後1時30分から・3時から
●3月23日(土)/午後1時30分から・3時から
※各回約30分

※マイクを使用し、会場内を移動しながらお話します。
※事前申し込み不要。ご参加は無料ですが美術館入館券は必要です。
※混雑した際は、入館制限をさせていただく場合がございます。

 




☆★☆★ 久保 修 切り絵の世界 ☆★☆★
-紙のジャポニスム-
■開催日時:2019/3/9~4/7  10:00~20:00
■開催場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
■入 場 料:中学生以上  500円
■お問合せ:075-352-1111
■URL :http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




「調度を彩る蒔絵の美」☆清水三年坂美術館

蒔絵は器体に漆で描いた文様が乾かない内に、その部分に金銀等の粉を蒔きつけて定着させる技法です。古くは社寺に奉納する神々のための道具等に施されましたが、後に生活空間における道具類、いわゆる調度品にも用い…

蒔絵は器体に漆で描いた文様が乾かない内に、その部分に金銀等の粉を蒔きつけて定着させる技法です。古くは社寺に奉納する神々のための道具等に施されましたが、後に生活空間における道具類、いわゆる調度品にも用いられるようになります。江戸時代には、将軍・諸大名がお抱えの蒔絵師に道具類を作らせたことや、町人の需要に応える町の蒔絵師が新たな意匠を生み出したことを通じ、蒔絵の技法・装飾は豊かに発展しました。

 

明治維新によって蒔絵師は幕府や大名の庇護を失いますが、皇室・財閥向けの調度品、そして輸出向けの小箱や香合等の制作において、その腕を揮うようになります。このたびの展覧会では、幕末・明治に制作された作品を中心に、文台・料紙箱・書棚といった大型の作品をはじめ、文台や料紙箱とセットで制作されることの多かった硯箱、愛らしい小箱や香合といった蒔絵の調度品を展示します。生活と空間を彩り、海外の人々も魅了した典雅な装飾を、お楽しみください。

 

 

☆★☆★ 「調度を彩る蒔絵の美」 ☆★☆★
■開催日時:2019/02/23~5/19  10:00~17:00
休館日/月・火曜日(祝日開館)
■開催場所:清水三年坂美術館
〒605-0862 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1
■料  金:一般 800円 中高大生 500円 小学生 300円
■お問合せ:075-532-4270
■U R L:http://www.sannenzaka-museum.co.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



中国文房具と煎茶 -清風にふかれて ☆泉屋博古館

館蔵の住友春翠コレクションの中には、中国の文房具が数多く残されている。世の喧噪を煩い、自然の中で哲学や藝術について語らう生活を理想とする文人によって愛好されてきた文房具。

こうした中国の文人趣味は、江…



館蔵の住友春翠コレクションの中には、中国の文房具が数多く残されている。世の喧噪を煩い、自然の中で哲学や藝術について語らう生活を理想とする文人によって愛好されてきた文房具。

こうした中国の文人趣味は、江戸時代以降、煎茶の流行によって日本に広まります。文人趣味と結びついた煎茶の理念は、「清風」と形容され、煎茶席は文房具で清らかに彩られました。



春季企画展
☆★☆★ 中国文房具と煎茶 -清風にふかれて ☆★☆★

■開催期間:2019/3/2~ 5/6    10:00~17:00
休館日/毎週月曜日、4/25(ただし 4/29、5/6は開館、4/30休館)
■開催場所:住友コレクション 泉屋博古館
〒606-8431 京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24
■料   金:一般800円 高大生600円 中学生350円 小学生以下無料
■お問合せ:075-771-6411  E-Mail:info@sen-oku.or.jp
■URL :http://www.sen-oku.or.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






日本フラワーデザイン大賞

フラワーデザインの日本一を決定する「日本フラワーデザイン
大賞2019」の開催。コンテスト部門は全6部門。
“DO IT WITH FLOWERS ~それぞれの春~”をテーマに、1次審査を通過した全6部門約350作品が展示され、その中から最優秀賞の「大賞・内閣総理大臣賞」が、決定され…

フラワーデザインの日本一を決定する「日本フラワーデザイン

大賞2019」の開催。コンテスト部門は全6部門。

“DO IT WITH FLOWERS ~それぞれの春~”をテーマに、1次審査を通過した全6部門約350作品が展示され、その中から最優秀賞の「大賞・内閣総理大臣賞」が、決定されます。

子どもたちが独創的な作品を展示する「子ども部門」や、これまでの入賞者による「指名作家部門」など、さまざまな作品が並びます。場内では、人気の体験レッスンや、フラワーデモンストレーションなども行われます。

 



☆★☆★☆  日本フラワーデザイン大賞 ☆★☆★☆
■開催日時:2019/2/23~2/24   10:00~19:00 ※最終日は17:00まで
■京都市勧業館「みやこめっせ」
〒606-8343 京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1
■料  金:前売り 1,000円(税込)
チケットぴあ、またはセブン-イレブンの端末機より購入
■お問合せ:03-5420-8741      fd-award@nfd.or.jp
■URL :http://www.nfd.or.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ