『ギア-GEAR-』日本初2000回突破へ!

ART COMPLEXグループが手がける日本発・日本初のノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』は、10月6日(金)19時公演で、公演回数2000回を達成する。
日本国内では、劇団四季の「ライオンキング」など海外作品や、故・森光子氏主演舞台「放浪記」などの公演記録の事例が…

f0cfc32e-s-e1507199287262

ART COMPLEXグループが手がける日本発・日本初のノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』は、10月6日(金)19時公演で、公演回数2000回を達成する。 日本国内では、劇団四季の「ライオンキング」など海外作品や、故・森光子氏主演舞台「放浪記」などの公演記録の事例があるが、「日本オリジナルコンテンツ」かつ「同一会場での無期限ロングラン」での2000回達成は日本初の偉業となる。

kyotogear

演劇の本場ブロードウェイでも、数ある作品のうちロングランを続けられる作品はごくわずかで、無期限ロングランの実施は日本では難しいとされる。そこで、あえて100席限定の会場で公演を行うことで、リスクを最小限にし、まずはロングランを継続すること、さらには作品をブラッシュアップすることで成し遂げた。 国内外のガイドブックへの掲載、また世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」をはじめ口コミでも話題にとなり、国内で熱望されるナイトカルチャーとしての期待も集める。 今年12月には関東へ進出予定という。 ◆『ギア』とは? 日本発×日本初のノンバーバル(=言葉に頼らない)パフォーマンス『ギア-GEAR-』。光や映像と連動したマイム、ブレイクダンス、マジック、ジャグリングによる迫力のパフォーマンスで感動のストーリーを描くと共にセリフを使わない “ノンバーバル”という演出により、小さなお子さまから大人まで、そして外国の方までもが、言葉の壁を越えて楽しんでいただけます。『ギア-GEAR-』は大きさや形、色の異なる歯車が噛み合い、大きなうねりを生み出す日本独特の和の文化である「調和」をテーマとし、公演を開始。2017年4月に京都ロングラン6年目に突入、同年7月には100席限定の劇場で観客動員数14万人を突破しました。


ギア-GEAR-公演概要 公演
日時 月曜・水曜・金曜 14時/19時 土曜・日曜・祝日 12時/17時
 場所 ギア専用劇場 京都市中京区弁慶石町56 1928ビル3階
チケット 一般3700円~/大学・専門学校生・60歳以上2700円~/高校生以下1700円~ チケット取り扱い:ローチケ、カンフェティ 問い合わせ 企画制作:ART COMPLEX 
主催:有限会社一九二八 TEL:075-254-6520 FAX:075-254-6521
MAIL:hayashi(at)artcomplex.net
参照web http://www.gear.ac



メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


ミュシャ展 ~運命の女たち~ / 美術館「えき」KYOTO

ポスター「《スラヴ叙事詩》展」(部分)1928年/リトグラフ

アルフォンス・ミュシャ(フランス語:ミュシャ/チェコ語:ムハ
1860-1939))は、1860年7月24日、現在のチェコ共和国モラヴィア地方の小さな町イヴァンチッツェに生まれました。ウィーンの舞台装置工房で働きなが…

ポスター「《スラヴ叙事詩》展」(部分)1928年/リトグラフ

アルフォンス・ミュシャ(フランス語:ミュシャ/チェコ語:ムハ 1860-1939))は、1860年7月24日、現在のチェコ共和国モラヴィア地方の小さな町イヴァンチッツェに生まれました。ウィーンの舞台装置工房で働きながら、夜間にデッサンを学び、1887年にはパリのアカデミー・ジュリアンで最後の歴史画家と言われたジャン=ポール・ローランスに学びました。1894年の年末に、舞台女優サラ・ベルナールの公演ポスター「ジスモンダ」をデザインしたことで、1895年にサラ・ベルナールと契約を結び、彼女のためのポスターや衣装、ジュエリー、ヘアスタイルから舞台装置まで手掛け、一躍大人気画家となります。1900年、パリ万国博覧会で活躍、アール・ヌーヴォーの旗手としての地位を不動のものにします。

商業的成功を収めたミュシャは、1910年に故国チェコに帰郷。20点から成る連載《スラブ叙事詩》の制作に着手。スメタナの組曲《わが祖国》にインスパイアーされたと言われ、完成に17年を費やしました。(1928年プラハでの展覧会で全20点を公開)。この時期、チェコへの愛国心を喚起する多くの作品群やプラハ市庁舎の装飾を手がけ、1918年、チェコスロバキア共和国成立にあたっては、新国家のため無償で紙幣、切手、国章などのデザインを引き受けました。1939年春、ドイツ軍がチェコスロバキアを占領した時、「国民の愛国心を刺激する」として捕えられ激しい尋問を受けます。釈放されますが7月14日プラハで死去。享年79歳でした。
本展は、ミュシャの初恋、あるいは人生の転機となったサラ・ベルナールとの出会いを始め、その生涯を彩った運命の女性たちに焦点をあてミュシャ芸術を紹介します。ミュシャの生まれ故郷であるイヴァンチッツェ近郊に居住する医師ズデニュク・チマル博士の祖父母から3代に亘るコレクションに限り、リトグラフのポスター、装飾パネル、さらには水彩画、素描画など、約150点を展覧いたします。


ギャラリー・トーク

会場:美術館「えき」KYOTO
10月14日(土)/午前11時から(約30分)
古谷可由(ふるたによしゆき)氏(ひろしま美術館 学芸部長)
※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説。
※事前申し込み不要。参加は無料、美術館入館券は必要。
※混雑した際は、入館制限。

 

☆★☆★ ミュシャ展 ~運命の女たち~ ☆★☆★
■開催日時:2017/10/14~11/26   10:00~20:00
■開催場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
■主  催:美術館「えき」KYOTO  MBS   京都新聞
■入 場 料:一般 900円(700円) 高大学生 700円(500円) 小中学生 500円(300円)
前売販売期間 / 8月19日(土)~10月13日(金)まで。。
■お問合せ:075-352-1111
■URL :http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


京都野外彫刻展

京都府と京都彫刻家協会は、府民の憩いの場である府立植物園と府立陶板名画の庭において、彫刻に対する理解を深めていただくとともに、京都彫刻界の振興を図るため、「京都野外彫刻展」を開催します。

京都を中心に活躍する現代彫刻…


京都府と京都彫刻家協会は、府民の憩いの場である府立植物園と府立陶板名画の庭において、彫刻に対する理解を深めていただくとともに、京都彫刻界の振興を図るため、「京都野外彫刻展」を開催します。



京都を中心に活躍する現代彫刻家の作品約40点の展示があり、それぞれの作家の立体造形の魅力をお楽しみください。

 

会期中の関連行事
小学生を対象としたワークショップ「植物園アートワーク 秋」

日時:平成29年10月1日(日曜日)13時30分から15時30分
場所:府立植物園内 くすのき並木(予定)
内容:彫刻家協会会員と一緒に作品制作
対象:小学生30名程度(保護者同伴)
申込:9月28日(木曜日)までに電話、FAX、はがき、E-mailにて、住所、氏名、学校名、学年、当日連絡できる電話番号をお知らせください。

<申込み・問合せ先>

〒602-8570(専用郵便番号)京都府文化芸術振興課 芸術担当
TEL:075-414-4221
FAX:075-414-4223
E-mail:bungeishin@pref.kyoto.lg.jp

 

 

☆★☆★ 京都野外彫刻展  ☆★☆★

■開催期間:2017/9/30~10/15      9:00~17:00
■開催場所:京都府立植物園/京都府立陶板名画の庭
〒606-0823 京都市左京区下鴨半木町
■料   金:共通券(一般250円、高校生200円)・中学生以下・70歳以上の方無料、
■お問合せ:075-414-4221 E-mail:bungeishin@pref.kyoto.lg.jp
■URL :http://kyoto-toban-hp.or.jp/ http://www.pref.kyoto.jp/plant/index.html








メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ




mm

イッセー尾形の 「妄ソーセキ劇場2017 in 京都」

 
 

 
 
 
☆★☆★ イッセー尾形の 「妄ソーセキ劇場2017 in 京都」  ☆★☆★
■開催日時:2017/9/29     開演19:00~
9/30  開演 15:00~     10/1   開演15:00~
■開催場所:京都府立文化芸術会館
〒605-0931…

 

 

 

 

 


☆★☆★ イッセー尾形の 「妄ソーセキ劇場2017 in 京都」  ☆★☆★


■開催日時:2017/9/29     開演19:00~
9/30  開演 15:00~     10/1   開演15:00~
■開催場所:京都府立文化芸術会館
〒605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527
■料   金:一般5000円  友の会会員3500円   ※全席指定/日時指定/当日500円増
■お問合せ:文化芸術会館   075-222-1046
■URL :http://issey-ogata-yesis.com/news/index.html
http://www.bungei.jp/index.shtml







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



桃源郷はここ ☆★☆ I.M.ペイとMIHO MUSEUMの軌跡

MIHO
MUSEUMは、この秋11月3日に開館20周年を迎えます。当館がグランド・オープンした1997年は、10月にフランク・ゲーリー設計のビルバオ・グッゲンハイム美術館(スペイン・ビルバオ)、11月にI.M.ペイ設計の当館、12月にリチャー…

MIHO MUSEUMは、この秋11月3日に開館20周年を迎えます。当館がグランド・オープンした1997年は、10月にフランク・ゲーリー設計のビルバオ・グッゲンハイム美術館(スペイン・ビルバオ)、11月にI.M.ペイ設計の当館、12月にリチャード・マイヤー設計のJ.ポール・ゲティ美術館(アメリカ・ロサンゼルス)と、著名な建築家が設計した美術館が立て続けにオープンし、世界的に話題となりました。その一翼を担った当館設計者のI.M.ペイ氏が、今年4月に満100歳を迎えられたことを寿ぐ意味を込め、「桃源郷はここ -I.M.ペイとMIHO MUSEUMの軌跡」と題して開館20周年記念特別展を開催いたします。

仏立像

本展は、全展示室を使ってMIHOコレクションの名品を展示します。
北館では、日本美術を中心に、グランド・オープン以降現在までに新たに収蔵された作品やお披露目された作品に始まり、徐々に展示替えを行いながら、会期後半にはグランド・オープン時の展示内容を再現し、当時を振り返ります。

南館では、エジプト、西アジア、南アジア、中国・西域など、世界の様々な地域、文明から選りすぐった古代美術を紹介します。中国山東省に寄贈した菩薩立像の5年ぶりの再来も見どころです。展示を通して、古代の人々の世界観や美意識、現代の私たちとも共通する美への思いが、浮き彫りとなってくることでしょう。「聖なるもの」「美しきもの」を求めて形成されたMIHOコレクションの精粋をどうぞお楽しみください。

 

 

主な展示

 

関連プログラム

とっておき美術公開講座
学芸員による解説とギャラリートーク
MIHO MUSEUMコレクション古代オリエントを中心に

日時・9月23日(土・祝)/10月14日(土)/11月11日(土)
いずれも14:00~15:30
場所:南レクチャーホール
参加費:無料(入場料要)
予約不要:当日会場へお越しください

とっておき美術公開講座
学芸員による解説とギャラリートーク
MIHO MUSEUMの日本美術について

日時・10月7日(土)/11月18日(土)
いずれも14:00~15:30
場所:南レクチャーホール
参加費:無料(入場料要)
予約不要:当日会場へお越しください

 



開館20周年記念特別展
☆★☆★☆  桃源郷はここ  ☆★☆★☆
I.M.ペイとMIHO MUSEUMの軌跡

■開催日時:2017/9/16~12/17     10:00~17:00
休館日/月曜日 ※ただし※9/18・10/9は開館、9/19・10/10は休館
■開催場所:MIHO MUSEUM   全館
〒529-1814 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
■料   金:一般1100円 高大生800円 小中生300円
■お問合せ:0748-82-3411
■U R L:http://mihojp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

 

京都観世会九月例会 其の二

 
演目
能「盛久」
シテ:古橋正邦

狂言「仏師」
シテ:五世 茂山忠三郎
能「夕顔 山ノ端之出 法味之伝」
シテ:大江又三郎
能「鉄輪」
シテ:吉浪壽晃
 

 
 
 
 京都観世会例会のオンラインチケット予約
 
 
☆★☆★…

 

演目
能「盛久」
シテ:古橋正邦

狂言「仏師」
シテ:五世 茂山忠三郎

能「夕顔 山ノ端之出 法味之伝」
シテ:大江又三郎

能「鉄輪」
シテ:吉浪壽晃

 

 

 

 

 京都観世会例会オンラインチケット予約

 

 

☆★☆★ 京都観世会9月例会 其の二 ☆★☆★

■開催日時:2017/9/24        開場10:00  開演11:00
■開催場所:京都観世会館
〒606-8344 京都市左京区東山仁王門東入岡崎円勝寺町44
■料    金:前売指席券6000円 当日指席券6500円 学生券(2階自由席)3000円
■お問合せ:075-711-6114
■URL :http://www.kyoto-kanze.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


麗しき日本の美─秋草の意匠─/細見美術館

細見美術館の多彩なコレクションから毎回テーマを設けて開催しているシリーズ「麗しき日本の美」展の第6弾。
今回は日本美術に多くみられる「秋草」がテーマです。その優美・繊細な趣きは、うつろいを愛でる日本人の美意識に寄り添うものとして、文学のみならず、絵画や工芸…


細見美術館の多彩なコレクションから毎回テーマを設けて開催しているシリーズ「麗しき日本の美」展の第6弾。

今回は日本美術に多くみられる「秋草」がテーマです。その優美・繊細な趣きは、うつろいを愛でる日本人の美意識に寄り添うものとして、文学のみならず、絵画や工芸作品の主題として好まれてきました。



本展では、琳派や若冲の絵画作品のほか、優美な意匠の羽黒鏡、華やかな蒔絵の調度品や七宝金具などを紹介します。萩、薄、桔梗、女郎花、菊、楓など、たおやかで可憐な意匠の数々を通して、少し早く訪れた秋の風情を味わってください。

酒井抱一 鹿楓図団扇
江戸後期

≪主な出品作品≫

  • 伊藤 若冲「菊花図押絵貼屛風」
  • 酒井 抱一「槇に秋草図屛風」
  • 鈴木 其一「月に葛図」
  • 椿 椿山「花卉虫魚図画帖」
  • 冷泉 為恭 重要美術品「年中行事図巻」
  • 重要文化財「羽黒山御手洗池出土銅鏡」

  • 「秋草鹿蒔絵文台」

  • 「七宝菊水文引手」

  • ほか 約50件

 

おすすめの一冊
「京都 細見美術館 琳派・若冲と雅の世界」

  • 展覧会図録 鈴木其一 江戸琳派の旗手 細見美術館

価格:2300円(税別) 本書では、細見コレクションより、宗達、光琳、抱一、雪佳など、琳派四百年の様式美と若冲の魅力をはじめ、仏像や荘厳具などの仏教美術や物語絵のほか、能装束、蒔絵、七宝など美術工芸品も収載。選び抜かれた名品の数々を掲載し詳細な解説付。


☆★☆★ 麗しき日本の美─秋草の意匠─ ☆★☆★

■開催日時:2017/8/26 ~ 10/9  10:00~18:00
休館日/月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
■開催場所:細見美術館  京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
■料  金:一般1200円   学生1000円
■お問合せ:075-752-5555  info@emuseum.or.jp
■URL :http://www.emuseum.or.jp/index.html






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



高台寺初秋の特別展「バロン吉元 画侠展」

漫画家、画家のバロン吉元氏の活動50周年を記念した作品展が、初秋の特別展として高台寺で開催される。
バロン吉元氏は、劇画ブームの全盛期を築いた劇画家の一人として、現在活躍中の…

baron_title


漫画家、画家のバロン吉元氏の活動50周年を記念した作品展が、初秋の特別展として高台寺で開催される。
バロン吉元氏は、劇画ブームの全盛期を築いた劇画家の一人として、現在活躍中の漫画家にも多大な影響を与える。
同作品展では、代表作「柔侠伝」シリーズをはじめ、「どん亀野郎」「殴り屋」など、バロン吉元氏が描く作品の数々が展示されるほか、オリジナルデザインの襖絵の奉納も拝観できる。


バロン吉元 画侠展
日時
平成29年9月2日(土)~10月15日(日)
午前9時~午後5時30分(午後5時・受付終了)
場所
高台寺 方丈/襖絵(オリジナルデザイン)奉納
     北書院/作品展
料金
無料 ※通常の拝観料(大人600円、中高生250円)に含みます
主催/問い合わせ
高台寺
京都市東山区高台寺下河原町526番地
tel:075-561-9966
【後援】京都府、京都市、京都商工会議所、(公社)京都府観光連盟 、(公社) 京都市観光協会、
   (公財)京都文化交流コンベンションビューロー、京都国際マンガミュージアム
参照web
https://www.kodaiji.com/topic/103.html

バロン吉元 氏 プロフィール

漫画家、画家。旧満州生まれ、鹿児島県指宿市育ち。高校時より画家を志し、上京。武蔵野美術大学西洋画科、セツ・モードセミナーへ入学。1959年の漫画家デビュー後、1970年代にかけて巻き起こった劇画ブームの全盛期を築いた劇画家のひとりとなり、代表作である「柔侠伝」シリーズ、「どん亀野郎」「殴り屋」等、多数の作品を発表。しかし人気絶頂であった1980年、全ての連載を終わらせ単身渡米、マーベル・コミックで執筆。帰国後は漫画と並行して一枚絵の制作を始める。2003年、文化庁指名により第一回文化庁文化交流使としてスウェーデンへ赴任。現在に至るまで国内外で展覧会を開催。2017年は「バロン吉元50周年」のアニバーサリーイヤーとなる。



 





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



絹谷幸二 色彩とイメージの旅 / 京都国立近代美術館

日本の美術界において、第一線で活躍している作家の一人である絹谷幸二は、1966年に東京藝術大学美術学部油画科を卒業後、同大学院の壁画科へ進学し、アフレスコの研究に邁進しました。アフレスコの巨匠、ブルーノ・サエッティとの出…


日本の美術界において、第一線で活躍している作家の一人である絹谷幸二は、1966年に東京藝術大学美術学部油画科を卒業後、同大学院の壁画科へ進学し、アフレスコの研究に邁進しました。アフレスコの巨匠、ブルーノ・サエッティとの出会いをきっかけに、1971年にイタリアのヴェネツィア・アカデミアに入学し、サエッティのもとでアフレスコ古典画法および現代アフレスコの研究に取り組みました。帰国後、画家の登竜門と言われた安井賞を歴代最年少で受賞。アフレスコ技法による色彩豊かで、エネルギーに満ち溢れた画面によって、独自の画風を確立し、2014年には文化功労者に選出されました。


 

本展覧会は、絹谷幸二の初期から現在に至る代表作を展示するとともに、素描や陶芸、ガラス作品に至るまで、この画家の多彩な活動の全貌に迫ろうとするものです。また、本展覧会のために制作した京都を題材とした新作や展覧会初公開作品のほか、絹谷作品の世界観を映像化した壮大な3面スクリーンの作品も出品され、絹谷芸術をご堪能いただけるまたとない機会となるでしょう。

 

作品リスト:絹谷幸二 色彩とイメージの旅 (PDF)

 

  • 対談
    日時:9月1日(金)午後6時~7時30分(午後5時30分開場)
    講師:山極壽一(京都大学総長)、絹谷幸二
    会場:京都国立近代美術館 1階講堂
    定員:先着100名(当日午前11時より1階受付にて整理券を配布します)
    参加費:無料(本展の観覧券が必要です)
  • 絹谷幸二公開制作
    日時:9月9日(土)、10日(日)午前10時~午後4時 (途中休憩あり)
    会場:京都国立近代美術館
    参加費:無料(本展の観覧券が必要です)
  • 鼎談
    日時:9月15日(金)午後6時~
    出演:宗由貴、小池薫、絹谷幸二
    会場:京都国立近代美術館 1階講堂
    定員:先着100名(当日午前11時より1階受付にて整理券を配布します)
    参加費:無料(本展の観覧券が必要です)
  • ギャラリートーク
    日時:8月26日(土)、9月3日(日)、9月23日(土)各日午後3時~
    9月29日(金)午後6時~
    講師:絹谷幸二
    参加費:無料(本展の観覧券が必要です)

    ※開始10分前に1階受付にお越しください

  • 東京音楽大学コンサート
    日時:9月30日(土)午後5時~
    出演:東京音楽大学
    会場:京都国立近代美術館 1階ロビー
    参加費:無料

 

☆★☆★ 絹谷幸二 色彩とイメージの旅 ☆★☆★
■開催日時:2017/8/22~10/15  9:30~17:00
金曜日、土曜日は午後9時まで開館
休館日/毎週月曜日   9/19(火)、10/10(火)
※ただし9/18(月)、10/9(月)は開館
■開催場所:京都国立近代美術館
京都市左京区岡崎最勝寺町(岡崎公園内)
■料  金:一般1400円 大学生900円 高校生500円  中学生以下無料
■主  催:京都国立近代美術館
■お問合せ:075-761-4111
■U R L:http://www.momak.go.jp/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ




京都dddギャラリー第213回企画展 TDC2017(巡回展)

Design by Naomi Hirabayashi
東京タイプディレクターズクラブが主催する国際アニュアルコンペティション「東京TDC賞2017」の成果をご覧いただく本展では、グランプリをはじめ受賞10作品やノミネート作品など、タイポグラフィを軸にし…

Design by Naomi Hirabayashi

東京タイプディレクターズクラブが主催する国際アニュアルコンペティション「東京TDC賞2017」の成果をご覧いただく本展では、グランプリをはじめ受賞10作品やノミネート作品など、タイポグラフィを軸にしたグラフィックデザインの優秀作品150点あまりを展覧いたします。受賞者には、TDC賞の作品のセレクションに共感する世界のデザイナーの強者が肩を並べ、TDCの設立30周年を祝うような豪華なラインナップとなりました。


■ TDC賞 M/M(Paris)(フランス)

TDC賞2017受賞作品

■グランプリ
Jonathan Barnbrook(イギリス)
Daid Bowie Blackstar Cover Design
LP・CD

■M/M(Paris)(フランス)
Parco Campaign AW 16, SS17(Poster + Film)
広告キャンペーン

tomato
O tomato Parco
展覧会・イベント、キャンペーン

大坪メイ
記憶のステッチ
トライアル

Nejc Prah,Ansambel(スロベニア)
Dreaming of Vacation
ポスター

Ralph Schraivogel(スイス)
Nodelle/Models
ポスター

■特別賞
服部一成
横山裕一『アイスランド』
ブックデザイン

■ブックデザイン賞
Abbott Miller(USA)
Matisse in the Barnes Foundation
ブックデザイン

■タイプデザイン賞
Bo Linnemann, Kontrapunkt(デンマーク)
Datsun Brand Typeface, Infiniti Brand Typeface, Nissan Brand Typeface
タイプデザイン

■RGB賞
藤田すずか+宇野由希子
夜は
映像

 

 

第213回企画展
☆★☆★ TDC2017(巡回展) ☆★☆★

■開催期間:2017/7/4~8/22  11:00~19:00(土曜・7月23日は18:00まで)
休館日/祝日・日曜(ただし7月23日は特別開館)
■開催場所:京都dddギャラリー
〒616-8533 京都市右京区太秦上刑部町10
地下鉄東西線 太秦天神川駅1番出口 徒歩3分
駐車場 なし ※公共の交通機関をご利用ください。
■料  金:入場無料
■お問合せ:075-871-1296   担当:熊本
■URL :http://www.dnp.co.jp/gallery/ddd/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ