特集展示☆いぬづくし ─干支を愛でる─

社会性が高い犬は、古くから人間に愛されてきました。やはり猟犬としてのかかわりが古く、『播磨国風土記』には麻奈志漏(まなしろ)という応神天皇の猟犬の話が出てきます。
その一方で、愛玩犬 特に、小型室内愛玩犬として狆(ち…


社会性が高い犬は、古くから人間に愛されてきました。やはり猟犬としてのかかわりが古く、『播磨国風土記』には麻奈志漏(まなしろ)という応神天皇の猟犬の話が出てきます。
その一方で、愛玩犬 特に、小型室内愛玩犬として狆(ちん)と呼ばれた一類があります。現在では白黒の長毛で鼻がくしゃっとつまった(短吻種と言います)ジャパニーズ・チンと呼ばれる日本原産の改良・固定種が狆とされています。
狆の歴史は非常に古く、短吻種犬は、チベット原産で奈良時代には既に日本に伝わっていました。しかし、江戸時代には、短吻種だけではなく、長吻種の日本テリアに近い姿のものも狆と呼ばれていました。


花卉鳥獣図巻(部分)国井応文・望月玉泉筆 京都国立博物館蔵

 

新春特集陳列
☆★☆★ いぬづくし ─干支を愛でる─ ☆★☆★

■開催日時:2017/12/19~2018/1/21  9:30~17:00 毎週金・土曜日は20:00まで
休館日/月曜日(ただし、月曜日が祝日・休日となる場合は開館し、翌火曜日を休館) 年末年始(12/25~1/1)
■開催場所:京都国立博物館 平成知新館2F-1・2
〒605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527
■料   金:一般520円 大学生260円 高校生以下・満70歳以上無料
■お問合せ:075-525-2473
■URL :http://www.kyohaku.go.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ




「お酒のポスターからみる昭和レトロな世界」

企画展:「お酒のポスターからみる昭和レトロな世界」
昭和初期のお酒のポスターは色鮮やかに刷り上げられており、単に広告としての役割だけでなく、芸術品として鑑賞されていたこともあって、当時から収集の対象となっていました。…

企画展:「お酒のポスターからみる昭和レトロな世界」

昭和初期のお酒のポスターは色鮮やかに刷り上げられており、単に広告としての役割だけでなく、芸術品として鑑賞されていたこともあって、当時から収集の対象となっていました。そんな芸術品としても愛されたポスターは、昭和を感じる一つの作品と言えるでしょう。昔懐かしい雰囲気を味わってもらい、お酒のポスターから大衆文化の変化も感じてもらえるよう、キリンビールやサッポロビール、月桂冠など、現代でもよく聞く酒造メーカーのポスターを中心に、十一点の作品を紹介します。

同時開催/ 企画展:「まるてん。―AtoZで巡るポスター表現」

「まる」という要素はその幾何学的形状のため、ポスターのデザインにおいて様々な役割を与えられてきました。そんな「まる」の多様性を様々な切り口で直感的に理解できるよう、女性らしさ(FEMININE)や渦(VORTEX)などの要素をキーワードとしてとりあげ、1960年代から90年代までの20作品ほどを展示します。
里見宗次や福田繁雄などの有名デザイナーらが、どのように「まる」を用い表現したのかを、展覧会を通じて感じていただければ幸いです。

 

 

☆★☆  「お酒のポスターからみる昭和レトロな世界」  ☆★☆

■開催日時:2017/11/13 ~12/21 10:00~17:00
休館日/日曜・祝日
■開催場所:京都工芸繊維大学 美術工芸資料館
〒606-8585 京都市左京区松ヶ崎橋上町
■料  金:一般200円 学生150円 高校生以下無料
■お問合せ:075-724-7924 E-Mail:siryokan@kit.ac.jp
■U R L:http://www.museum.kit.ac.jp/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



京都観世会12月例会

 
演目
能「三笑」
シテ:林宗一郎  ツレ:松野浩行  宮本茂樹
間狂言:茂山童司
狂言「魚説経」
茂山千五郎
能「玉鬘」
シテ:青木道喜  ワキ:江崎欽次朗
間狂言:茂山逸平
仕舞「巻絹キリ」 浅井通昭 仕舞「蝉丸」 橋本礒道…


 

演目

能「三笑」

シテ:林宗一郎  ツレ:松野浩行  宮本茂樹

間狂言:茂山童司

狂言「魚説経」

茂山千五郎

能「玉鬘」

シテ:青木道喜  ワキ:江崎欽次朗

間狂言:茂山逸平

仕舞「巻絹キリ」 浅井通昭 仕舞「蝉丸」 橋本礒道 仕舞「車僧」 河村和貴

能「大江山」

シテ:味方團  ワキ:原大  ワキツレ:小林努  有松遼一 岡充 原陸

間狂言:山口耕道 茂山忠三郎


 

 

 

☆★☆★ 京都観世会12月例会  ☆★☆★

■開催日時:2017/12/17    開場10:00  開演11:00
■開催場所:京都観世会館
〒606-8344 左京区東山仁王門東入岡崎円勝寺町44
■料    金:前売指席券6000円 当日指席券6500円 学生券(2階自由席)3000円
■お問合せ:075-771-6114
■URL :http://www.kyoto-kanze.jp/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



秋季特別展「京都七宝の時代」 ☆ 並河靖之七宝記念館 

 
明治大正期の七宝家、並河靖之の旧邸である「並河靖之七宝記念館」では、ただ今秋季特別展「京都七宝の時代」を開催中です。旧並河邸は明治27年に竣工、京都の伝統的な商家の構えをしています。母屋は2階建で、縁側にはめられ…

 
明治大正期の七宝家、並河靖之の旧邸である「並河靖之七宝記念館」では、ただ今秋季特別展「京都七宝の時代」を開催中です。旧並河邸は明治27年に竣工、京都の伝統的な商家の構えをしています。母屋は2階建で、縁側にはめられたガラス障子は当時はモダンなものでした。

 

 
また、母屋の前に広がる庭園は、七代目小川治兵衛によるもの、こちらもみどころです。琵琶湖疏水から引いた水がたゆまなくそそぎ、その流れは母屋の縁の下へも流れ、やわらかに響く水音が邸内を満たします。並河七宝の数々の作品とあわせ、縁側で新緑の美しい庭園をゆっくりお楽しみください。


img179

 
map1

 

 


☆★☆★☆  秋季特別展「京都七宝の時代」 ☆★☆★☆

■開催日時:2017/9/1~12/17  10:00~16:30
休館日/月曜日・木曜日 (祝日の場合開館・翌休)
■開催場所:並河靖之七宝記念館
〒605-0038 京都市東山区三条通北裏白川筋東入堀池町388
■休園日 :毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
■入園料 :一般800円 大学生・70歳以上600円 高中生400円 小学生以下無料
■お問合せ:075-752-3277
■URL :http://www8.plala.or.jp/nayspo/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ




一乗寺音楽フェス the Day of Pleasure 2017

一乗寺界隈の飲食店、商店が一体となってが音楽フェス会場となる「the Day of Pleasure」。
ことし、めでたく3年目を迎える。

クラシック、ロック、ブルース、ジャズ、ポップス、ヒッ…



スクリーンショット 2017-11-07 10.42.30



一乗寺界隈の飲食店、商店が一体となってが音楽フェス会場となる「the Day of Pleasure」。
ことし、めでたく3年目を迎える。

クラシック、ロック、ブルース、ジャズ、ポップス、ヒップホップ、DJパフォーマンスなど多彩な演奏ジャンル、至近距離での迫力の演奏に加えて、この街ならではの「体験型ワークショップ」、「地域との協力で行われる特設イベント」などますますパワーアップして開催。
紅葉が鮮やかな比叡山麓をバックにして、ビール片手に音楽と食べ物が楽しめる。

こだわりの会場飲食店のフェスフードに加え、ご当地なクラフトビール「一乗寺ブリュワリー」も数種類、用意されている。

一乗寺 the Day of Pleasure 2017
開催日
2017年11月25日(土) 前夜祭 DOP satellite
11月26日(日) the Day of Pleasure
会場
京都市左京区一乗寺周辺
25日(土)
AKOSHAN、ジャズカフェむ~ら、インキョカフェ (各会場1公演のみ)
(※25日のみ各会場、要飲食オーダー)
26日(日)
AKOSHAN、焼肉屋いちなん、インキョカフェ、RAVENALA CUT&STAND、KARIN、
AVRIL pepin京都 一乗寺、POUSSETTE、パンとごはんAOW、CafeNorwegianwood、喫茶Anne Shirley、ジャズカフェむ~ら、恵文社COTTAGE(全12会場)
出演
青葉市子、有山じゅんじ、石田裕子・内藤大輔・安次嶺悟、臼井ミトン、大槻美奈、大宅休実、
大和田慧、クンチョウ・反町信之助、激団モンゴイカ、佐藤タイジ(シアターブルック)、
下津光史(踊ってばかりの国)、城領明子、白川ミエ・道祖淳平、SUKIDARAKE MAFIA、
7th.Strings’[MC Mystie/箕作元総]、タカツキタツキ(Band Set)、竹上久美子、タケフミ、
DJs[Ouch!(Connected Underground)/Pinch(Heavy Funk System)/田村正樹(Do it Jazz!)]、
トミーブギー、中田雅史、fuyuco.、宮腰理、森伸吾(雨面ナラカシ)、山田兎、
yuki with spiral rhythm、吉澤友里絵・大谷祥子・岡山理絵、
RADIACTIVE、ワニ クマ日和[ゴトウゆうぞう/森扇背]
チケット
・前売 (当日は全て500円up)
一般 3500円、専門/大学生 2000円、中/高校生 1000円
→小学生以下 無料、乳幼児の入場歓迎
・会場店舗店頭
(※学割チケットは会場店頭のみの販売となります)
・チケットぴあ Pコード 782898
・イープラス
公演名「一乗寺ザ・デイ・オブ・プレジャー2017」にて検索※2日間通し券のみの販売となります。チケット1枚にて全ての公演にご入場いただけます
※25日(土)「ジャズカフェむ~ら」公演のみ 2500円(別途2オーダー)にて予約が可能です
→ただし、他の会場/26日の公演にはご入場いただけません。
主催/問い合わせ
一乗寺DOP実行委員会事務局
thedayofpleasure@gmail.com
ジャズカフェむ~ら(075 -703 -0120)
参照web
■特設サイト
http://www.dop2017.thedayofpleasure.com
■Facebook Page
https://www.facebook.com/ichijyoji/
■一乗寺のコアな街情報サイト
(過去のDOPのようすも閲覧できます)
http://www.ichijyoji.net












メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ





特別展「木島櫻谷―近代動物画の冒険」★泉屋博古館

明治から昭和にかけて活躍した京都の日本画家木島櫻谷(1877-1938)。
2013年の久々の回顧展では平明で清澄な画風が反響をよび、再評価の気運が高まっています。
生誕140年を迎える本年、眠りから覚めた京都画壇の暁星、木島櫻谷の特…


明治から昭和にかけて活躍した京都の日本画家木島櫻谷(1877-1938)。
2013年の久々の回顧展では平明で清澄な画風が反響をよび、再評価の気運が高まっています。
生誕140年を迎える本年、眠りから覚めた京都画壇の暁星、木島櫻谷の特別展を新たに開催します。


 

木島櫻谷(このしま・おうこく)
近代の京都を代表する日本画家のひとりとして知られる木島櫻谷。明治10年(1877)京都・三条室町の商家に生まれ、円山四条派の流れをくむ今尾景年に入門し画技を学びます。20代から頭角を現し、明治後半から大正期にかけて文展・帝展の花形として活躍し、京都画壇の巨人・竹内栖鳳と並び立つ人気を博しました。近年、櫻谷の画業が改めて注目され、本年は生誕140年のメモリアルイヤーにあたります。





生誕140年記念特別展
☆★☆★ 「木島櫻谷―近代動物画の冒険」☆★☆★

■開催期間:2017/10/28 ~ 12/3    10:00~17:00
休館日/毎週月曜日
■開催場所:住友コレクション 泉屋博古館
〒606-8431 京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24
■料   金:一般800円 高大生600円 中学生350円 小学生以下無料
■お問合せ:075-771-6411  E-Mail:info@sen-oku.or.jp
■URL :http://www.sen-oku.or.jp
https://www.facebook.com/SenOkuHakukoKan/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


大政奉還150周年記念アートアクアリウム城

日本中が感動した“アートアクアリウム”が2年ぶりに、京都の夜を艶やかに彩る。
400年以上の歴史を持つ元離宮二条城の中でも通常は入城できない夜の時間帯に一般非公開エリアの、二の丸御殿中庭、台所前庭、台所という厳かな空間で…


日本中が感動した“アートアクアリウム”が2年ぶりに、京都の夜を艶やかに彩る。


400年以上の歴史を持つ元離宮二条城の中でも通常は入城できない夜の時間帯に一般非公開エリアの、二の丸御殿中庭、台所前庭、台所という厳かな空間で本展覧会唯一かつ最大級で開催される。




日本の美のひとつともいえる金魚や錦鯉が、光・音楽・映像などの最新の演出技術が駆使された空間造形の中でより絢爛に観られる“和の世界のアートアクアリウム”と着物など京都が誇る日本の伝統工芸品を新たな形でアートとして昇華させ、舞の公演や京都の地酒、お抹茶と老舗の京和菓子などとともに味わう壮大な「宴」の世界が出現。


大政奉還150周年記念
アートアクアリウム城
~京都・金魚の舞~

会期
2017年10月25日(水)-12月11日(月)
会期中無休
開催時間
17:00-22:00(最終入場 21:30)
場所
元離宮二条城(二の丸御殿中庭、台所前庭、台所)
入場料
当日:一般(中学生以上) 1,500円/子ども(4歳以上 小学生以下) 1,000円/3歳以下無料
〈早割券〉セブン-イレブン・店頭マルチコピー機(セブンコード:058-263)
http://7ticket.jp/s/058263/p/20171211/1
主催/問い合わせ
京都市、アートアクアリウム城実行委員会
ハローダイヤル:050-5542-8600
参照web
http://artaquarium.jp/kyoto2017/
※作品は写真撮影可能ですが、フラッシュ・三脚・一脚・自撮り棒などの使用および、動画撮影はご遠慮ください。





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



開館120周年記念 特別展覧会 国宝★京都国立博物館

 
現在国宝に指定されている美術工芸品のうち、
およそ4分の1にあたる200件以上が展示。
 
 
2017年は、日本の法令上「国宝」の語が初めて使用された「古社寺保存法」制定より120年にあたります。昭和51年(1976)に「日本国宝…

 


現在国宝に指定されている美術工芸品のうち、
およそ4分の1にあたる200件以上が展示。


 

 



2017年は、日本の法令上「国宝」の語が初めて使用された「古社寺保存法」制定より120年にあたります。昭和51年(1976)に「日本国宝展」を開催して以来、実に41年ぶりとなる「国宝展」を開催します。

古より我々日本人は、外来文化を柔軟に取り入れつつ、独自の美意識によって世界にも類を見ない固有の文化を育んできました。歴史的、芸術的、学術的に特に優れ、稀少である国宝は、何よりも雄弁に我々の歴史や文化を物語る、類い希なる国の宝といえます。


本展覧会では、絵画・書跡・彫刻・工芸・考古の各分野から、歴史と美を兼ね備えた国宝約200件を大きく4期に分けて展示し、わが国の悠久の歴史と美の精華を顕彰します。

 

 

 

記念講演会 特別展覧会「国宝」開催記念講演会
「国宝の杜へ─京都国立博物館と古社寺保存法─」

登壇者:京都国立博物館館長 佐々木丞平
日 時:11月4日(土)午後1時30分~午後3時
会 場:京都国立博物館 平成知新館 講堂
申込方法:往復はがきに住所・氏名(フリガナ)・電話番号を明記の上、下記の申込先までお申込ください。 往復はがき1枚につき1名様分のお申込となります。聴講無料(当日の特別展覧会「国宝」観覧券が必要)。定員190名。
申込先:〒605-0931京都市東山区茶屋町527京都国立博物館 11/4記念講演会係
*熱で消せるボールペン(フリクションボールペン等)は使用しないでください。 応募締切:10月17日(火)(必着)
*応募者多数の場合は抽選となります。
*当日の座席につきましては、当選の返信の際に指定させていただきます。

 

 

 

【主な展示替:4期に分けて一挙公開!】
Ⅰ期 10月3日(火)~10月15日(日)
Ⅱ期 10月17日(火)~10月29日(日)
Ⅲ期 10月31日(火)~11月12日(日)
Ⅳ期 11月14日(火)~11月26日(日)
※Ⅰ~Ⅳ期は主な展示替です。一部の作品は、上記以外に展示替を行います。

 



 

開館120周年記念
☆★☆★ 特別展覧会 国宝  ☆★☆★

■開催日時:2017/10/3~11/26    9:30~18:00 毎週金・土曜日は20:00まで
休館日/月曜日(ただし、月曜日が祝日・休日となる場合は開館し、翌火曜日を休館)
■開催場所:京都国立博物館 平成知新館
〒605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527
■料   金:一般1500円(1300円)大学生1200円(1000円)高校生900円(700円)中学生以下無料
■お問合せ:075-525-2473
■URL :http://www.kyohaku.go.jp/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



『ギア-GEAR-』日本初2000回突破へ!

ART COMPLEXグループが手がける日本発・日本初のノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』は、10月6日(金)19時公演で、公演回数2000回を達成する。
日本国内では、劇団四季の「ライオンキング」など海外作品や、故・森光子氏主演舞台「放浪記」などの公演記録の事例が…

f0cfc32e-s-e1507199287262

ART COMPLEXグループが手がける日本発・日本初のノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』は、10月6日(金)19時公演で、公演回数2000回を達成する。 日本国内では、劇団四季の「ライオンキング」など海外作品や、故・森光子氏主演舞台「放浪記」などの公演記録の事例があるが、「日本オリジナルコンテンツ」かつ「同一会場での無期限ロングラン」での2000回達成は日本初の偉業となる。

kyotogear

演劇の本場ブロードウェイでも、数ある作品のうちロングランを続けられる作品はごくわずかで、無期限ロングランの実施は日本では難しいとされる。そこで、あえて100席限定の会場で公演を行うことで、リスクを最小限にし、まずはロングランを継続すること、さらには作品をブラッシュアップすることで成し遂げた。 国内外のガイドブックへの掲載、また世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」をはじめ口コミでも話題にとなり、国内で熱望されるナイトカルチャーとしての期待も集める。 今年12月には関東へ進出予定という。 ◆『ギア』とは? 日本発×日本初のノンバーバル(=言葉に頼らない)パフォーマンス『ギア-GEAR-』。光や映像と連動したマイム、ブレイクダンス、マジック、ジャグリングによる迫力のパフォーマンスで感動のストーリーを描くと共にセリフを使わない “ノンバーバル”という演出により、小さなお子さまから大人まで、そして外国の方までもが、言葉の壁を越えて楽しんでいただけます。『ギア-GEAR-』は大きさや形、色の異なる歯車が噛み合い、大きなうねりを生み出す日本独特の和の文化である「調和」をテーマとし、公演を開始。2017年4月に京都ロングラン6年目に突入、同年7月には100席限定の劇場で観客動員数14万人を突破しました。


ギア-GEAR-公演概要 公演
日時 月曜・水曜・金曜 14時/19時 土曜・日曜・祝日 12時/17時
 場所 ギア専用劇場 京都市中京区弁慶石町56 1928ビル3階
チケット 一般3700円~/大学・専門学校生・60歳以上2700円~/高校生以下1700円~ チケット取り扱い:ローチケ、カンフェティ 問い合わせ 企画制作:ART COMPLEX 
主催:有限会社一九二八 TEL:075-254-6520 FAX:075-254-6521
MAIL:hayashi(at)artcomplex.net
参照web http://www.gear.ac



メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


ミュシャ展 ~運命の女たち~ / 美術館「えき」KYOTO

ポスター「《スラヴ叙事詩》展」(部分)1928年/リトグラフ

アルフォンス・ミュシャ(フランス語:ミュシャ/チェコ語:ムハ
1860-1939))は、1860年7月24日、現在のチェコ共和国モラヴィア地方の小さな町イヴァンチッツェに生まれました。ウィーンの舞台装置工房で働きなが…

ポスター「《スラヴ叙事詩》展」(部分)1928年/リトグラフ

アルフォンス・ミュシャ(フランス語:ミュシャ/チェコ語:ムハ 1860-1939))は、1860年7月24日、現在のチェコ共和国モラヴィア地方の小さな町イヴァンチッツェに生まれました。ウィーンの舞台装置工房で働きながら、夜間にデッサンを学び、1887年にはパリのアカデミー・ジュリアンで最後の歴史画家と言われたジャン=ポール・ローランスに学びました。1894年の年末に、舞台女優サラ・ベルナールの公演ポスター「ジスモンダ」をデザインしたことで、1895年にサラ・ベルナールと契約を結び、彼女のためのポスターや衣装、ジュエリー、ヘアスタイルから舞台装置まで手掛け、一躍大人気画家となります。1900年、パリ万国博覧会で活躍、アール・ヌーヴォーの旗手としての地位を不動のものにします。

商業的成功を収めたミュシャは、1910年に故国チェコに帰郷。20点から成る連載《スラブ叙事詩》の制作に着手。スメタナの組曲《わが祖国》にインスパイアーされたと言われ、完成に17年を費やしました。(1928年プラハでの展覧会で全20点を公開)。この時期、チェコへの愛国心を喚起する多くの作品群やプラハ市庁舎の装飾を手がけ、1918年、チェコスロバキア共和国成立にあたっては、新国家のため無償で紙幣、切手、国章などのデザインを引き受けました。1939年春、ドイツ軍がチェコスロバキアを占領した時、「国民の愛国心を刺激する」として捕えられ激しい尋問を受けます。釈放されますが7月14日プラハで死去。享年79歳でした。
本展は、ミュシャの初恋、あるいは人生の転機となったサラ・ベルナールとの出会いを始め、その生涯を彩った運命の女性たちに焦点をあてミュシャ芸術を紹介します。ミュシャの生まれ故郷であるイヴァンチッツェ近郊に居住する医師ズデニュク・チマル博士の祖父母から3代に亘るコレクションに限り、リトグラフのポスター、装飾パネル、さらには水彩画、素描画など、約150点を展覧いたします。


ギャラリー・トーク

会場:美術館「えき」KYOTO
10月14日(土)/午前11時から(約30分)
古谷可由(ふるたによしゆき)氏(ひろしま美術館 学芸部長)
※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説。
※事前申し込み不要。参加は無料、美術館入館券は必要。
※混雑した際は、入館制限。

 

☆★☆★ ミュシャ展 ~運命の女たち~ ☆★☆★
■開催日時:2017/10/14~11/26   10:00~20:00
■開催場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
■主  催:美術館「えき」KYOTO  MBS   京都新聞
■入 場 料:一般 900円(700円) 高大学生 700円(500円) 小中学生 500円(300円)
前売販売期間 / 8月19日(土)~10月13日(金)まで。。
■お問合せ:075-352-1111
■URL :http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ