古墳発掘の大家☆末永コレクションを中心に 大谷大学博物館 

大谷大学博物館が収蔵する資料には、京都の町文書があります。この古文書の多くは江戸時代の後期に書かれたものです。くずし字で書かれた古文書を読み解いていくと、当時の人々の暮らしが浮かび上がってきます。

本展覧会では、「洛…


大谷大学博物館が収蔵する資料には、京都の町文書があります。この古文書の多くは江戸時代の後期に書かれたものです。くずし字で書かれた古文書を読み解いていくと、当時の人々の暮らしが浮かび上がってきます。




本展覧会では、「洛中洛外図屏風」や京都の地図・地誌などに描かれた近世の京都の姿を紹介するとともに、現在も繁華街となっている四条先斗町にある柏屋町や六角寺町に接し誓願寺とも関わりのある八百屋町の古文書、五条高倉付近の福田寺町の町絵図などを通じて、当時の人々の暮らしについて紹介します。

 

 
2017年度夏季企画展
☆★☆★ 古文書が語る人々の暮らし ☆★☆★
-京都 柏屋町・八百屋町・福田寺町-

■開催日時:2017/06/13~7/29    10:00~17:00
休館日/日曜日・月曜日((ただし7/16は10:00~15:00開館))
■開催場所:大谷大学博物館 京都市北区小山上総町
■入 場 料:無料
■お問合せ:075-411-8483
■URL :http://www.otani.ac.jp/kyo_kikan/museum/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



布の道標(みちしるべ)―古裂(こぎれ)に宿る技と美―/細見美術館

今に伝わる染織遺品は、その時々最高の素材や技術を駆使して生み出され、権威や富を象徴するものでもあります。本来の役目を終えた小さな断片=裂〈きれ〉は「古裂〈こぎれ〉」とよばれ、茶の湯の世界をはじめ、美術工芸品を守り、引…



今に伝わる染織遺品は、その時々最高の素材や技術を駆使して生み出され、権威や富を象徴するものでもあります。本来の役目を終えた小さな断片=裂〈きれ〉は「古裂〈こぎれ〉」とよばれ、茶の湯の世界をはじめ、美術工芸品を守り、引き立てるだけでなく、裂そのものが芸術品として永く大切に愛で伝えられてきました。


本展は、そのコレクションより中国唐代に遡る貴重な遺品や、民間に流出した最大級の正倉院裂として近年、話題を呼んだ「唐花文錦」をはじめ、中世の綾・錦から近世の辻が花や慶長裂、友禅など東洋染織史を概観できる染織芸術品の数々を紹介するものです。



 

齋藤貞一郎古裂コレクション

京都・ぎをん齋藤創業170年の記念として、現7代目当主・齋藤貞一郎の古裂コレクションを書籍化、出版致しました。
当主が30歳半ばより少しずつ蒐めてきた裂類300点余りの中から選りすぐりの裂約80点をオールカラーでご紹介致します。
正倉院裂、唐時代のものから幕末までの染織裂に、一点ごとに精緻な作品解説を付随させました。
また英文解説付きであり、収録作品は付属DVDにて実際に手元にあるような詳細写真からその美しさをご堪能頂けます。

 

 

 

 

■京都ホテルオークラ展示
展示期間:2016年6月3日(金)~6月29日(水)
会場: 京都ホテルオークラ 1階ロビー中央(観覧無料)
住所 :京都市中京区河原町御池
展示予定作品:
「雪中雄鶏図」、「糸瓜群虫図」、「伏見人形図」、「群鶏図」、「風竹図」(すべて複製)

 



ぎをん 齋藤コレクション
☆★☆★ 布の道標(みちしるべ)―古裂(こぎれ)に宿る技と美―☆★☆★
■開催日時:2017/6/17 ~ 8/20  10:00~18:00
休館日/月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
■開催場所:細見美術館  京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
■料  金:一般1200円   学生1000円
■お問合せ:075-752-5555  info@emuseum.or.jp
■URL :http://www.emuseum.or.jp/index.html

http://www.gion-saito.com/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ






のっぴきならない遊動:黒宮菜菜/二藤建人/若木くるみ

わたしたちの祖先はなぜ、自らの身体を過酷な環境においてまでも危険な拡散を試みたのだろうか

KAC TRIAL PROJECT / Co-Program 2017 カテゴリーB「共同開催」(展覧会事業)採択企画京都芸術センターは今年度より、アーティストとの…

わたしたちの祖先はなぜ、自らの身体を過酷な環境においてまでも危険な拡散を試みたのだろうか

KAC TRIAL PROJECT / Co-Program 2017 カテゴリーB「共同開催」(展覧会事業)採択企画


京都芸術センターは今年度より、アーティストとの連携を強化して創作・発表の場を広げるべくKAC TRIAL PROJECT / Co-programを始動。昨年12月に、カテゴリーA「共同制作」(公演事業)、カテゴリーB「共同開催」(展覧会事業)、カテゴリーC「共同実験」(リサーチ、レクチャー、ワークショップ等)、カテゴリーD「KAC セレクション」(舞台芸術の分野での発表に限定した支援)の4つの枠組みの中でプランを募集しました。

 

黒宮菜菜《女性と浴槽》2016
栖鳳紙、染料

出展作家

黒宮菜菜、二藤建人、若木くるみ

 

彼らの創作に共通するのは、目の前の現実を各々の方法で咀嚼し、確かめようとする実直な姿勢です。そしてそれは、かつて遊動を始めた過去の人類にとっても、同じことだったのかもしれません。この瞬間が、10万年前から続いている今日だということを改めて実感する機会に、どうぞご期待ください。





☆★☆★☆  のっぴきならない遊動:黒宮菜菜/二藤建人/若木くるみ ☆★☆★☆
■開催日時:2017/5/25~7/2  10:00~20:00
■開催場所:京都芸術センター  ギャラリー北・南、和室「明倫」
〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
■料   金:入場無料
■お問合せ:075-213-1003    Email:info@kac.or.jp
■U R L:http://www.geibunkyo.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



第246回 市民狂言会

時代を超えて愛され続ける、狂言の笑いに触れてみてください
昭和32年から続く、歴史ある狂言会。
さまざまな演目が用意されています。

 

 
☆★☆★ 第246回 市民狂言会  ☆★☆★
■開催日時:2017/6/9     開場18:30  …




時代を超えて愛され続ける、狂言の笑いに触れてみてください
昭和32年から続く、歴史ある狂言会。
さまざまな演目が用意されています。

 

 


☆★☆★ 第246回 市民狂言会  ☆★☆★

■開催日時:2017/6/9     開場18:30  開演19:00
■開催場所:京都観世会館
〒606-8344 左京区東山仁王門東入岡崎円勝寺町44
地下鉄東西線「東山駅」から徒歩約5分
■料    金:一般前売券2500円 当日券3000円
■主   催:京都市
■お問合せ:075-213-1000 京都芸術センター
■URL :http://www.kyoto-kanze.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


京都岡崎音楽祭2017★「OKAZAKI LOOPS」

高木正勝、Aimer、渋さ知らズら豪華アーティストの出演決定!
今年も開催!京都が誇る文化エリア 岡崎発、ジャンルレスな音楽祭 
昨年9月に続き、今年で2回目となる京都岡崎音楽祭2017「OKAZAKI LOOPS(オカザキ …


高木正勝、Aimer、渋さ知らズら豪華アーティストの出演決定!
今年も開催!京都が誇る文化エリア 岡崎発、ジャンルレスな音楽祭 

昨年9月に続き、今年で2回目となる京都岡崎音楽祭2017「OKAZAKI LOOPS(オカザキ ループス)」の開催とともに、ロームシアター京都で開催する3公演が決定!
「OKAZAKI LOOPS」は、ロームシアター京都を中心とした岡崎の文化ゾーンを舞台に、岡崎地域を回遊(ループ)しながら、音楽を軸に文学・メディアアート・演劇など多様なジャンルの表現を楽しんでいただく、京都発の音楽祭です。同時に、岡崎公園での野外イベント、京都の名産品展、平安神宮の夜の拝観なども開催します。


参加アーティスト

高木正勝、広上淳一、京都市交響楽団、アン・サリー、渋さ知らズオーケストラ、Aimer、尾崎裕哉、シンリズム、山内総一郎(フジファブリック)、平野啓一郎、福田進一、沖野修也、照明探偵団 ほか

 

■公演1  -SYMPHONIC EVOLUTION SPECIAL-

高木正勝オーケストラコンサートwith広上淳一×京都市交響楽団
⑴ 日 程  平成29年6月10日 土曜日 午後2時半開演
⑵ 会 場  ロームシアター京都 メインホール
⑶ 出 演  高木正勝(ピアノ),広上淳一(指揮),京都市交響楽団(管弦楽)
ゲスト/アン・サリー(ヴォーカル)
⑷ 料 金  一般券 6,500円 [当日7,000円]
ユース(25歳以下)4,000円 [当日座席指定 当日要身分証明書]
○全席指定

■公演2  agehasprings produce

≪node_vol.1≫ Featuring Aimer × LOOPS strings
⑴ 日 程  平成29年6月11日 日曜日 午後2時半開演
⑵ 会 場  ロームシアター京都 メインホール
⑶ 出 演  Aimer(エメ)(ヴォーカル)/OKAZAKI LOOPSストリングス
(京都市立芸術大学卒業・大学院・在学生)
⑷ 料 金  一般券 6,500円 [当日7,000円]
ユース(25歳以下)4,000円 [当日座席指定 当日要身分証明書]
○全席指定

 

 

■公演3  渋さ知らズオーケストラ

⑴ 日 程  平成29年6月10日 土曜日 午後5時半開演
⑵ 会 場  ロームシアター京都 サウスホール
⑶ 出 演  渋さ知らズオーケストラ
⑷ 料 金  一般券 4,000円 [当日4,500円]
ユース(25歳以下)3,000円 [当日座席指定 当日要身分証明書]
○全席指定

両日ともにそのほかコンテンツが盛りだくさんで、高木正勝がピアノ、広上淳一指揮による京都市交響楽団のコンサート、若手アート作家による音にまつわる作品展示、そしてカフェ&レストラン「京都モダンテラス」でのDJライブなどが行われる予定。

 




京都岡崎音楽祭
2017OKAZAKILOOPS

■開催日程:平成 29年6月10日(土),11日(日)
■開催会場:ロームシアター京都及び岡崎 地域 内の施設とそれらをつなぐエリア (ロームシアター京都 ,平安神宮,岡崎公園ほか )
京都市左京区岡崎最勝寺町13
■主   催:OKAZAKI LOOPS実行委員会,MBS
■料  金:無料のイベントも多数あり ※チケット情報の詳細はウェブサイトにて
■お問合せ:075-771-6051(9時から17時まで)FAX:075-746-3366
OKAZAKI LOOPS実行委員会事務局(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)
■WEBサイト:http://okazaki-loops.com/    http://rohmtheatrekyoto.jp/

Turn On Builder







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



春期特別展「大勢至菩薩―祖師報恩のかたち―」

勢至菩薩は観音菩薩と共に阿弥陀如来の脇侍として比較的良く知られている尊格です。浄土宗では、元祖法然上人が勢至菩薩の化身であるという信仰を基盤に、勢至菩薩を独尊で制作しお祀りしてきました。この様な信仰は法然上人と勢至菩薩の関係を説く伝記などによって永らく語…


勢至菩薩は観音菩薩と共に阿弥陀如来の脇侍として比較的良く知られている尊格です。浄土宗では、元祖法然上人が勢至菩薩の化身であるという信仰を基盤に、勢至菩薩を独尊で制作しお祀りしてきました。この様な信仰は法然上人と勢至菩薩の関係を説く伝記などによって永らく語り継がれ育まれています。


本展では、ゆかりの寺院に伝来する豊富な文化財を通して、東アジア仏教圏においても珍しい勢至菩薩信仰を中心に、浄土宗における祖師信仰の一側面を紹介します。

 


~館長ごあいさつ(図録より抜粋)~
浄土宗寺院や浄土宗関係機関が設立した多くの幼稚園や保育園では、園の入り口近くに「勢至丸さま」の像が建立されています。これは宗祖法然上人の幼ない頃のお姿をお像にしたもので、「勢至丸」とは法然上人の幼名です。(中略)勢至菩薩の名前の由来となっているmahāsthāmaprāpta(マハースターマプラープタ)とは「大きな勇気を得た」という意味で、「さあ、がんばってみよう」と園児たちを励ます存在が勢至丸さまなのです。法然上人が、信念に基づいて新たな道を切り開かれていったのも、その並外れた知性に裏付けられ深められた確信によって、大きな信念と勇気を得られたからに他なりません。
その意味ではまさしく宗祖は大勢至菩薩の化身なのです。
<春期特別展関連講演会「勢至菩薩と法然上人―大勢至菩薩展鑑賞のために―」>
■期 間:2017年6月11日(日曜)14時~(13時30分開場)
※入場無料、事前申込不要
■場 所:佛教大学宗教文化ミュージアム 宗教文化シアター(アクセス・周辺マップ) 
■定 員:130名
■講 師:植村 拓哉(本館学芸員)


 



平成29年度春期特別展
☆★☆  大勢至菩薩―祖師報恩のかたち― ☆★☆
■開催期間:2017/5/20~6/18      10:00 ~17:30
休館日/月曜日(但し5月22日は開館)
■開催場所:佛教大学宗教文化ミュージアム 第一研究成果展示室(アクセス・周辺マップ)
〒616-8306 京都市右京区嵯峨広沢西裏町5-26   広沢キャンパス
■料    金 :無料
■お問合せ:075-491-0666
■URL : http://www.bukkyo-u.ac.jp/facilities/museum/








メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


帝室技芸員の仕事〈蒔絵編〉☆清水三年坂美術館

明治時代、金工、七宝、蒔絵などの優れた美術工芸品は、開国間もない日本にとって、文化レベルの高さや国力を世界に示す重要な産業であった。こうした優れた工芸技術を帝室の保護のもとに継承、発展させるために設けられたのが帝室技芸員制度である。
当時の美術界において…



明治時代、金工、七宝、蒔絵などの優れた美術工芸品は、開国間もない日本にとって、文化レベルの高さや国力を世界に示す重要な産業であった。こうした優れた工芸技術を帝室の保護のもとに継承、発展させるために設けられたのが帝室技芸員制度である。


当時の美術界において、帝室技芸員に任命されることは最高の名誉であり、帝室および宮内省からの依頼による作品制作や更なる技術の錬磨、そして後進の育成につとめる義務が課されるとともに、高潔な人間性が求められた。


柴田 是真《瓢箪蒔絵盆》 17.9×23.3×1.8 cm


蒔絵の分野で帝室技芸員に選ばれたのは、柴田是真、池田泰真、川之辺一朝、白山松哉の四人限りで、いずれも当時の万国博覧会において活躍した、日本を代表する名工たちである。彼らが手掛けた作品は、卓越した技でもって描かれる洗練された意匠、そしてその作品の完成度の高さと品格、風格で他を圧倒している。



川之辺 一朝《七香蒔絵文庫》
42.0×34.5×16.0 cm



本展では、四人の帝室技芸員の作品を、彼らが残した独創性と気品あふれる美しい仕事を展示する。

 

 

☆★☆★ 彫嵌細工の世界 ☆★☆★
■開催日時:2017/5/20~8/13 10:00~17:00
休館日/月・火曜日(祝日開館)
■開催場所:清水三年坂美術館
〒605-0862 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1
■料  金:一般 800円 中高大生 500円 小学生 300円
■お問合せ:075-532-4270
■U R L:http://www.sannenzaka-museum.co.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


万華鏡世界大会in京都 2017

万華鏡の世界大会が初めて日本で開催
現代の万華鏡は新しいアートです。
子どもの頃親しんだ経験のある方には懐かしい気持ちを起こさせることでしょう。
でも子どものおもちゃだけでなく、大人も楽しみ、味わえるアート作品、工芸作品といった万華鏡が、万華鏡作家の手によ…



万華鏡の世界大会が初めて日本で開催



現代の万華鏡は新しいアートです。
子どもの頃親しんだ経験のある方には懐かしい気持ちを起こさせることでしょう。
でも子どものおもちゃだけでなく、大人も楽しみ、味わえるアート作品、工芸作品といった万華鏡が、万華鏡作家の手によって生み出されています。
ブリュースター・カレイドスコープソサエティは、そんな万華鏡の奥深い世界、魅力的な世界を分かち合い、多くの人に紹介し、新しいアートとして広めています。
京都での大会は、国内外の万華鏡作家が集い、たくさんの万華鏡作品を楽しんでいただける機会となるでしょう。



この万華鏡世界大会は、ブリュースター・カレイドスコープソサエティの会員が年に一回集まり、万華鏡を楽しみ、万華鏡について語り、交流を深める機会となっています。
国内外のアーティストによる展示販売や新作発表の場は現代万華鏡の粋を集めた素晴らしい機会となるでしょう。
日本で初の大会では、会員のみならず、万華鏡に興味のある多くの方にご来場いただきたく、27日と28日を一般公開といたしました。(入場料500円)
4日間の全プログラムを通してのご参加の場合は、BKSコンベンション参加登録手続きをしていただき、参加登録費のお支払いが必要です。
詳細は参加方法をご覧ください。

 

 




ブリュースター・カレイドスコープソサエティ・インターナショナルコンベンション 2017 in 京都
☆★☆★ 万華鏡世界大会in京都 2017  ☆★☆★

■開催期間:2017/5/25 ~5/28  10:00~17:00
■開催場所:堀川御池ギャラリー
604-0052 京都市中京区油小路通御池押油小路町238-1
■料   金:500円 (27日と28日の一般公開)
■お問合せ:075-254-7902
■URL :http://bks2017kyoto.com/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ




岩合光昭写真展 ねこの京都

ねこを通して京都を見る。
京都の風土に生きる
ねこを撮影していたら、
いつの間にか、敷居が高いと
思っていたはずのこの都が、
心地よくなっていた。
彼らの生き様が
古の都の文化を息づかせている。
そう、ここは
ねこが案内してくれた
「ねこの京都」。

岩合さんが、京…



ねこを通して京都を見る。
京都の風土に生きる
ねこを撮影していたら、
いつの間にか、敷居が高いと
思っていたはずのこの都が、
心地よくなっていた。
彼らの生き様が
古の都の文化を息づかせている。
そう、ここは
ねこが案内してくれた
「ねこの京都」。




岩合さんが、京都のねこを撮りました。春夏秋冬…移り変わる京都の街。
そこに生活する“ねこたち”との様々な出会いがありました。岩合さんの写真から、ねこを通してどんな京都が見えてくるのでしょうか。本展では、約150点の作品をご紹介します。写真集やオリジナルグッズも販売します。

岩合光昭 プロフィール

1950年東京生まれ。地球上のあらゆる地域をフィールドに活躍する動物写真家。
その美しく、想像力をかきたてる作品は世界的に高く評価されている。一方で、身近なネコを40年以上ライフワークとして撮り続けている。2012年からNHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」の番組撮影を開始。著書に『ねこ』『ねこ歩き』『ネコライオン』『岩合光昭の世界ネコ歩き』『ふるさとのねこ』『ねこのとけい』『ねこの京都』などがある。



 

☆★☆★ 岩合光昭写真展 ねこの京都 ☆★☆★

■開催日時:2017/05/18~06/04   10:00~20:00
■開催場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
■主  催:美術館「えき」KYOTO、京都新聞
■入 場 料:一般 800円 高大学生 600円 小中学生 400円
■お問合せ:075-352-1111
■URL :http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展/ 立命館大学国際平和ミュージアム

現在の日本におけるメディアのあり方を問うDAYS
JAPANは、戦争、貧困、環境問題など現在起こっている様々な問題を私たちに伝えています。DAYS JAPANが開催する「DAYS国際フォトジャーナリズム大賞」は、日本ではじめての本格的な国…



現在の日本におけるメディアのあり方を問うDAYS JAPANは、戦争、貧困、環境問題など現在起こっている様々な問題を私たちに伝えています。DAYS JAPANが開催する「DAYS国際フォトジャーナリズム大賞」は、日本ではじめての本格的な国際レベルのフォトジャーナリズムの賞です。人間と自然の尊厳が奪われていることを告発する作品、人間と自然の尊厳を謳い上げる作品、心温まるストーリー、自然と動物のドキュメンタリー作品の部門から審査が行われています。



A Palestinian family who fled their homes is en route to seek shelter in a UN school in Khan Younis, central Gaza Strip, 18 July 2014.


本展は、これまでの受賞作品を展示し、世界が抱える問題とそこに生きる人々の姿を知り、いま一度、平和とは何かを考えるきっかけにしていただきたく開催するものです。

 


KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2017」のアソシエイテッドプログラム
★☆★ DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展 ★☆★
■開催期間:2017/4/15~7/9   9:30~16:30
休館日/月曜日 4/30  9/6
■開催場所:立命館大学国際平和ミュージアム
603-8577 京都市北区等持院北町56-1
■料   金:大人400円 中高生300円 小学生200円
■お問合せ:075-465-8151
■URL :http://www.ritsumei.ac.jp/mng/er/wp-museum/index.html






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ