Live! Do You KYOTO? Vol.12~音楽と自然を結ぶ~円山公園音楽堂

京都市では,「DO YOU KYOTO?(環境にいいことしていますか?)」を合言葉に,地球温暖化防止に向けた取組を進めています。
京都市「DO YOU KYOTO?」大使として活動いただいている「Live! Do You
KYOTO?実行委員会」との共催により,音楽を楽しみながら自然環境の大切さや…



京都市では,「DO YOU KYOTO?(環境にいいことしていますか?)」を合言葉に,地球温暖化防止に向けた取組を進めています。
京都市「DO YOU KYOTO?」大使として活動いただいている「Live! Do You KYOTO?実行委員会」との共催により,音楽を楽しみながら自然環境の大切さや美しさを共有し,来場者の皆様の環境意識の向上を図るイベント 「Live! Do You KYOTO? Vol.10~音楽と自然を結ぶ~」を下記のとおり開催します

主な内容
(1)出演者による音楽ライブやダンス等のパフォーマンス
(2)出演者からのエコに関するメッセージの発信
当日,門川大作 京都市長も登壇予定。
(3)リユース食器を活用したエコ屋台
(4)ペットボトルキャップの回収(エコキャップ運動への参加)
(5)環境の取組や物産等のPRブース

11015779_900562750004554_7694184441399817740_n

主な出演者
【出演者】堀江ほりえ淳じゅん,鈴木すずきトオル,ACEエース,秋人あきひと,みのや雅彦まさひこ,ふくい舞まい,ナシルほか(順不同)<司会・進行>星のお兄さん,對馬つし ま京子 (五十音順)

 

 


 Live! Do You KYOTO? Vol.12
☆★☆★☆ ~音楽と自然を結ぶ~  ☆★☆★☆

■開催日時:2019/05/26   開場 13:45    14:30~18:30  雨天決行(荒天中止)
■開催場所:円山公園音楽堂
605-0071 京都府京都市東山区円山町
■主  催:京都市/Live! Do You KYOTO?実行委員会ほか
■料   金:当日3500円   前売3000円
■お問合せ:075-213-1000
■U R L:https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000251018.html






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ





ときたび展 -時を超えて、絵画で旅する日本の名所 -

嵯峨嵐山文華館があるここ嵐山にも、毎年たくさんの旅行者が訪れますが、 日本において 「旅」 が一般的になったのは江戸時代のことです。 各地の美しい景色は 「名所」 となり、 一般庶民がこぞって訪れました。

嵯峨嵐山文華館があるここ嵐山にも、毎年たくさんの旅行者が訪れますが、 日本において 「旅」 が一般的になったのは江戸時代のことです。 各地の美しい景色は 「名所」 となり、 一般庶民がこぞって訪れました。

歌川広重が描いた 「東海道五十三次」 は東海道沿いの名所を斬新な切り口で描き、 爆発的な人気を博しました。本展覧会では五十三次を前期 ・ 後期に分けて一挙公開いたします。 他にも葛飾北斎 「墨堤三美人図」 、 江戸時代の京都の様子を描いた 「洛中洛外図屏風」 など、 人気の名所を描いた作品をご紹介します。

さあ、 時をこえて、 名所めぐりの旅に出かけましょう!

☆★☆★ ときたび展 -時を超えて、絵画で旅する日本の名所 - ☆★☆★

■開催日時:2019/05/18 ~07/21    10:00~17:00
休館日  火曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
■開催場所:嵯峨嵐山文華館(旧・小倉百人一首殿堂 時雨殿)
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11
■観覧料金:一般・大学生900円 高校生500円 小中学生300円
■お問合せ:075-882-1111
■U R L:http://www.samac.jp






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ




京都観世会5月例会

演目
能「賀茂」梅田嘉宏
狂言「文荷」茂山七五三
能「夕顔 山ノ端之出法味之伝」河村和重
仕舞 「淡路」浅井通昭
「班女アト」橋本擴三郎
「大江山」片山伸吾
能「藤戸 蹉跎之伝」橋本雅夫

 
☆★☆★ 京都観…

演目

能「賀茂」梅田嘉宏

狂言「文荷」茂山七五三

能「夕顔 山ノ端之出法味之伝」河村和重

仕舞 「淡路」浅井通昭

「班女アト」橋本擴三郎

「大江山」片山伸吾

能「藤戸 蹉跎之伝」橋本雅夫

 

☆★☆★ 京都観世会5月例会  ☆★☆★

■開催日時:2019/5/26      開場10:00  開演11:00
■開催場所:京都観世会館
〒606-8344 左京区東山仁王門東入岡崎円勝寺町44
■料   金:前売指席券6000円 当日指席券6500円 学生券(2階自由席)3000円
■お問合せ:075-771-6114

■URL :http://www.kyoto-kanze.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


ピカソ銅版画347シリーズ展~愛・イメージの奔走

京セラギャラリーにて銅版画作品の最高峰「347シリーズ」全作品を一挙に展示
京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、社会貢献活動の一環で開設している京セラギャラリー※1(京セラ本社ビル1階)において、本年5月18日(土)から6月30日(日)まで、京セラ株式会社創立60周…


京セラギャラリーにて銅版画作品の最高峰「347シリーズ」全作品を一挙に展示
京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、社会貢献活動の一環で開設している京セラギャラリー※1(京セラ本社ビル1階)において、本年5月18日(土)から6月30日(日)まで、京セラ株式会社創立60周年記念展「ピカソ銅版画347シリーズ -愛・イメージの奔走-」を開催します。

 

ピカソは、生涯にわたり2,000点あまりの版画作品を制作していますが、「347シリーズ」は、86歳に達したピカソが、1968年3月16日から10月5日までの204日間に制作した347点の連作銅版画です。 生涯の命題であった女性に対する「愛」を中心テーマとしながら、創造的イメージを展開させていると同時に、画家として生涯に取り上げた数々の題材を回顧している作品でもあります。 絵画とは比べようもないスピードで制作が可能な版画の世界の中で、残されたわずかな時間に溢れんばかりの創造力を一気に爆発させ、なおも革新的な手法に挑戦しつづけたピカソの飽くなき意欲を、この作品群を通して感じていただける内容となっています。

 

[前期] 2019年5月18日(土)~6月5日(水)
[後期] 2019年6月8日(土)~6月30日(日) 




特別展

☆★☆★ ピカソ銅版画347シリーズ展~愛・イメージの奔走 ☆★☆★

■開催日時:2019/5/18~6/30     10:00~17:00
休館日/会期中は無休   (展示替え日6/6  6/7を除く)
■開催場所:京セラギャラリー
〒612-8501 京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地 京セラ本社ビル1F
■観覧料金:無料
■お問合せ:075-604-3518
■U R L:http://www.kyocera.co.jp/company/csr/facility/museum/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


「裏千家所蔵の優品」 / 茶道資料館

本年、茶の湯に関する資料を収集し企画展示を行ってきた「茶道資料館」が開館40周年を迎えます。また、裏千家の歴代家元が収集した文献など約6万点の資料を収蔵する茶の湯の専門図書館「今日庵文庫」も開館50周年となります。この節目の年を祝し、春と秋の2回にわたり記念特…



本年、茶の湯に関する資料を収集し企画展示を行ってきた「茶道資料館」が開館40周年を迎えます。また、裏千家の歴代家元が収集した文献など約6万点の資料を収蔵する茶の湯の専門図書館「今日庵文庫」も開館50周年となります。この節目の年を祝し、春と秋の2回にわたり記念特別展を行います。

 

黒楽茶碗 銘シコロヒキ
長次郎作 今日庵蔵



記念特別展Ⅰは、裏千家今日庵の所蔵品および今日庵文庫所蔵の茶書を展示いたします。あわせて、前家元で開館以来館長をつとめる裏千家十五代千玄室(鵬雲斎)のコレクションの展示も行います。


「出品目録」はこちら

 

前期:4月16日(火)~ 5月12日(日)
後期:5月18日(土)~ 6月16日(日)
(※前期と後期で展示替えを行います)

 
《茶道資料館開館40周年・今日庵文庫開館50周年記念特別展Ⅰ》
☆★☆★「裏千家所蔵の優品」 ☆★☆★

併設展「鵬雲斎コレクション撰」

■開催日時:2019/4/16~6/16 9:30~16:30(入館と無料呈茶は16:00まで)
休館日/月曜日  (但し4月29日、5月6日は開館)5月7日(火)、5月13日~17日(展示替え期間)
■開催場所:茶道資料館
京都市上京区堀川通寺之内上ル682番地(裏千家センター内)
■料   金:一般1000円 大学生600円 中高生350円 小学生以下無料
■お問合せ:075-431-6474
■URL :http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/tenjinow/tenji.html







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



没後10年・ロニスの愛したパリ WILLY RONIS展 ☆何必館・京都現代美術館

ウィリー・ロニス(1910-2009)は、アンリ・カルティエ=ブレッソンやロベール・ドアノーとともに、フランスが生んだ世界的写真家の一人です。
パリに生まれたロニスは音楽家を志しますが、写真修正師の父の影響で写真の世界に入り、…



ウィリー・ロニス(1910-2009)は、アンリ・カルティエ=ブレッソンやロベール・ドアノーとともに、フランスが生んだ世界的写真家の一人です。

パリに生まれたロニスは音楽家を志しますが、写真修正師の父の影響で写真の世界に入り、優れたルポルタージュの作品をはじめ、広告、ファッションなど、多方面に渡って活躍しました。まさに20世紀の証人ともいえるロニスですが、その中でも身の周りにある、ふとした日常の時間を切り取った写真には独自のユーモアと温かさが光ります。


 

ロニスの没後10年の節目に開催する今回の展覧会では、、ロニスが生涯をかけて撮影したパリの日常に焦点を当て、何必館コレクションの中から厳選したオリジナルプリント約60点を展覧いたします。

 

 




☆★☆★  没後10年・ロニスの愛したパリ WILLY RONIS展    ☆★☆★
■開催日時:2019/4/11~6/23  10:00~18:00
休館日/月曜日 (祝日は開館/但し、※4/29・5/6は祝日のため開館)
■開催場所:何必館・京都現代美術館
京都市東山区祇園町北側271
■入 場 料:一般1000円 学生800円
■お問合せ:075-525-1311     mailto:kaahitsukan@kahitsukan.or.jp
■U R L :http://www.kahitsukan.or.jp





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

第182回 鴨川をどり☆先斗町歌舞練場 

新緑の京都を美しく彩る「鴨川をどり」は、
明治5年(1872年)東京遷都後の京都の繁栄を願って開かれた第1回京都博覧会の附博覧として、観光客誘致の一助として創演され、
以来一世紀余にわたって継承され、豪…

新緑の京都を美しく彩る「鴨川をどり」は、
明治5年(1872年)東京遷都後の京都の繁栄を願って開かれた第1回京都博覧会の附博覧として、観光客誘致の一助として創演され、
以来一世紀余にわたって継承され、豪華絢爛の舞台と京風芸舞妓姿の茶席の京情緒は洗練の美を誇る京の年中行事です。

美しく楽しい華舞台、興趣の内容を盛った舞踊劇と艶麗京情緒の踊り絵巻の豪華番組は、国内はもとよりひろく海外にまで知られ、今や京の初夏に欠くことのできないものとなっています。

 

演 目

  • 作/戸部和久  振付/尾上菊之丞  作曲/常磐津文字兵衛  
    作調/藤舎呂船  作調/藤舎名生


    第1 わかよたれそ 筒井筒 (つついづつ)
  • 作/戸部和久  振付/尾上菊之丞  作曲/常磐津文字兵衛  
    作調/藤舎呂船  作調/藤舎名生


    第2 艶姿祝新御代祭 (あですがたしんみよまつり)

 

 

 

 

☆★☆★ 第182回 鴨川をどり ☆★☆★

■開催日時:2019/5/1~5/24     12:30~ 14:20~ 16:10~
■開催場所:先斗町歌舞練場
〒604-8003 京都市中京区三条大橋西詰橋下町130
■料  金:茶券付特別席4800円  特別席4200円  普通席2300円 お茶券700円
■お問合せ:075-221-2025
■U R L:http://www.kamogawa-odori.com/
https://www.facebook.com/ponto.kamo.odori/

美の饗宴 若冲と祈りの美― 細見美術館

今春、開館21周年を迎える細見美術館は、新しい時代の幕開けに臨み、細見コレクションの原点、若冲と宗教美術の展覧を行います。
江戸時代絵画を代表する絵師 伊藤若冲(1716~1800)。彼の精緻な彩色表現や自由闊達な水墨画風は、生きとし生けるものの姿を独自の視点で捉え…

今春、開館21周年を迎える細見美術館は、新しい時代の幕開けに臨み、細見コレクションの原点、若冲と宗教美術の展覧を行います。



江戸時代絵画を代表する絵師 伊藤若冲(1716~1800)。彼の精緻な彩色表現や自由闊達な水墨画風は、生きとし生けるものの姿を独自の視点で捉え、瑞々しい絵画世界を創り上げました。

 

一方若冲と並び、細見コレクションにおいて蒐集や展示に力を注いできたのは、宗教美術でした。仏像や仏画はもとより、神仏習合を物語る作品にも広く関心を寄せ、人々から祈りの心を託された諸像や荘厳具に気高い尊さを見出したのです。自然や神仏への敬意、それを見事に造形化した日本美術の豊かさをご堪能ください。

  

有料・事前申込制

第45回アートキューブレクチャー
伊藤若冲筆「糸瓜群虫図」を読み解く
-平安の花鳥文様から若冲まで-

開催日時:2019年5月25日(土) 午後2時~
会場:京都市勧業館 みやこめっせ 大会議室(地下1階)

 

☆★☆★ 美の饗宴 若冲と祈りの美 ☆★☆★

■開催日時:2019/4/27 ~ 6/16  10:00~18:00
休館日/月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)(4月29日、5月6日は開館、5月7日は休館)
■開催場所:細見美術館  京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
■料  金:一般1300円(1200円)  学生1000円(900円)
■お問合せ:075-752-5555  info@emuseum.or.jp
■URL :http://www.emuseum.or.jp/index.html







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

 



記事タイトル「Bodylogue」!!/ 京都国際ダンスワークショップフェスティバル 2018

今年のテーマは「Interlace」!!

京都芸術センターは、「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」(通称:京都の暑い夏)を通して世界とつながり、京都からより多くのダンサーが輩出され、国内外で活躍していく…

今年のテーマは「Interlace」!!

京都芸術センターは、「京都国際ダンスワークショップフェスティバル」(通称:京都の暑い夏)を通して世界とつながり、京都からより多くのダンサーが輩出され、国内外で活躍していく機会につながることを目指しています。


このフェスティバルは、日本全国、そして世界からダンスを学びたい人々にとってのプラットフォームでありたいと考えています。今回は国際的に活躍する振付家・ダンサー12名を招聘し、様々な身体技法や身体をめぐる対話の織り混ざる<場>を展開します。

【京都国際ダンスワークショップフェスティバル 2019】フライヤー全体

 




☆★☆★☆  京都国際ダンスワークショップフェスティバル 2019 ☆★☆★☆
■開催日時:2019/4/19~5/6  開演15:00 開場14:30 受付開始14:00
■開催場所:京都芸術センター  講堂、フリースペース、大広間他
〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
■料   金:観覧無料
■お問合せ:075-213-1000     E-Mail:info@kac.or.jp
■U R L:http://www.kac.or.jp/








メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



国宝 一遍聖絵と時宗の名宝★京都国立博物館

踊り念仏で知られる時宗は、宗祖一遍(1239~89)が鎌倉時代に開いた宗派です。一遍は念仏をとなえることで誰もが往生をとげられると説き、全国を行脚(遊行)して、念仏札を配り(賦算)、布教につとめました。この…

踊り念仏で知られる時宗は、宗祖一遍(1239~89)が鎌倉時代に開いた宗派です。一遍は念仏をとなえることで誰もが往生をとげられると説き、全国を行脚(遊行)して、念仏札を配り(賦算)、布教につとめました。この時宗を教団として整備し、大きく発展させたのが二祖の真教(1237~1319)でした。2019年に真教の七百年遠忌を迎えるのを記念して、時宗の名宝を一堂に会する展覧会を開催いたします。

本展では、全国各地を遍歴した一遍の生涯を描いた国宝「一遍聖絵」(清浄光寺(遊行寺)蔵)をはじめ、真教の足跡もつづられた「遊行上人縁起絵」、一遍や真教ら歴代祖師の肖像画や肖像彫刻など、時宗の名宝の全貌をご紹介いたします。なかでも、日本を代表する絵巻であり、中世の歴史を語る上でも重要な作品である「一遍聖絵」については、12巻全巻を公開します。
また、展覧会の事前調査によって発見された作品など、新たな研究成果もあわせてご覧いただきます。

 前期:2019年4月13日(土)~ 5月12日(日)
後期:2019年5月14日(火)~ 6月9日(日)
※会期中、一部の作品は上記以外にも展示替を行います。

 

 

 

特別展 時宗二祖上人七百年御遠忌記念
☆★☆★ 国宝 一遍聖絵と時宗の名宝    ☆★☆★

■開催日時:2019/4/13 ~ 6/9  9:30~17:00 (入館は16:30まで)金・土曜日:9:30~20:00
休館日/月曜日(祝日の場合は開館・翌火曜日休館)
※4/29(月・祝)から5/6(月・休)までは続けて開館し、5/7(火)を休館
■開催場所:京都国立博物館 平成知新館
京都府京都市東山区茶屋町527
■料   金:一般:1,500円(1,300円)大学生:1,200円(1,000円)
高校生:900円(700円)中学生以下は無料
※大学生・高校生の方は学生証をご提示ください。
■主  催:京都国立博物館
■お問合せ:075-525-2473
■URL :http://www.kyohaku.go.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ