大政奉還150周年記念 二条城ライトアップ

平成29年は,日本が近代国家としての歩みを始めた慶応3年(1867年)の「大政奉還」から150年の節目に当たり、京都を始め幕末に縁を持つ全国の22都市で「大政奉還150周年記念プロジェクト」が開催中だ。
この記念プロジェクトのメイン…



平成29年は,日本が近代国家としての歩みを始めた慶応3年(1867年)の「大政奉還」から150年の節目に当たり、京都を始め幕末に縁を持つ全国の22都市で「大政奉還150周年記念プロジェクト」が開催中だ。
この記念プロジェクトのメイン事業として「二条城ライトアップ」では初の御殿内夜間一般公開が行われる。



大政奉還150周年記念
二条城ライトアップ

開催期間
平成29年10月13日(金)~10月22日(日) 10日間
時間
各日とも 午後6時~午後9時(閉城 午後9時30分)
内容
(1)二の丸御殿内・二の丸庭園・唐門等のライトアップ
庭園や唐門・東大手門のほかに,一般公開としては初の御殿内をライトアップ,絢爛豪華な障壁画や欄間が浮かび上がる。
御殿内において,洛中洛外図屏風(複製)の展示。


 
(2)プロジェクションマッピング
幕末をイメージした映像を投影し,ライトアップを彩る。

(3)京の老舗物産品展
京都の伝統工芸・菓子・漬物・お酒が揃う「京の老舗名産品展」を開催。
期間:10月7日(土曜日)~11月26日(日曜日)
西利(京つけもの),藤菜美(京だんご),大多安(京の細うどん)、井筒八つ橋本舗(なま八つ橋・夕子),福寿園(銘茶)ほか
鑑評会金賞受賞蔵の日本酒販売,試飲

(4)幕末ゆかりの都市物産展
(5)幕末ゆかりの都市 伝統芸能公演


参画都市の特産品や地酒の販売す。
期間:10月13日(金曜日)~15日(日曜日)
会津若松市ほか


(6)ステージイベント
新選組ゆかりの島原の太夫による太夫道中や,水墨武人画パフォーマンスなど多彩なステージをお届けします。


入城料
一般 600円  小・中高生 300円
主催/問い合わせ
京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課
〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階
電話:075-366-0033






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



京都国際映画祭★京都三泊四日。

京都三泊四日。
京都の街にしかない魅力は長い歴史や有名神社仏閣だけではなく路地の風情や庶民の食や昭和の建物やそこに生きる人々だったりします。
京都国際映画祭は「映画もアートもその他もぜんぶ」。
だから京都国際映画祭の4日…

京都三泊四日。

京都の街にしかない魅力は長い歴史や有名神社仏閣だけではなく路地の風情や庶民の食や昭和の建物やそこに生きる人々だったりします。
京都国際映画祭は「映画もアートもその他もぜんぶ」。
だから京都国際映画祭の4日間は、京都に住む人も来る人もこの街をまるごと楽しんで欲しい、そんな気持ちを込めました。
登場人物(?)はご存じ鳥獣戯画のカエルさんとウサギさん。
観光シーズンで忙しい中、京都ロケに付き合ってもらいました。


オープニングセレモニー– 10月12日(木)

重要文化財『西本願寺 南能舞台』にて開催!

オープニングセレモニーは、「古都京都の文化財」として、世界遺産に登録されている西本願寺の重要文化財である南能舞台にて実施いたします。
国宝の対面所(鴻の間)に客席をしつらえ、重厚で歴史的な空間に、多くのゲストをお迎えします。
牧野省三賞、三船敏郎賞の授賞式も行う予定です。



第四回目となる「京都国際映画祭2017」では、【映画部門】にアニメーションカテゴリーを追加させていただく事となりました。
幅広い年齢の方々が楽しめる長編・短編の上映と関連のイベントを計画していますので、ご期待下さい。

また、【映画部門】アニメーションカテゴリーのナビゲーターとしてアニメ「有頂天家族」とコラボレーションする事も決定しました。



KYOTO INTERNATIONAL FILM AND ART FESTIVAL2017 
☆★☆★ 京都国際映画祭2017 ☆★☆★

会 期
2017年10月12日(木)~15日(日)
会 場
■よしもと衹園花月
■元・立誠小学校
■岡崎公園
■京都伝統産業ふれあい館
■大江能楽堂
■京都府立京都学・歴彩館
■京都府立植物園
■イオンモール京都桂川
■イオンモールKYOTO
■イオンモール京都五条
■イオンモール久御山
■イオンモール高の原
■イオンモール草津
■イオン近江八幡ショッピングセンター
■京都駅ビル
■京都タワーサンド
■京都マルイ
■藤井大丸
■イオンシネマ京都桂川
■T・ジョイ京都
■TOHOシネマズ二条
■西本願寺
ほか
■主 催 :京都国際映画祭実行委員会  ■運 営 株式会社きょうのよしもと
■お問合せ:京都国際映画祭実行委員会 075-532-0800  press@kiff.kyoto.jp
■URL :http://kiff.kyoto.jp/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



第25回名月観賞の夕べ☆シカゴフードル /京都府立植物園

                                                    大芝生地で、中秋の名月を観賞する。
会場ステージでは音楽コンサートが催される。
また、天体望遠鏡による「月の観察会」も行われる予定…


                                                    大芝生地で、中秋の名月を観賞する。

会場ステージでは音楽コンサートが催される。
また、天体望遠鏡による「月の観察会」も行われる予定。
植物園ならではの「月見草」「ヨルガオ」など夜に咲く花も、
この機会に見ることができる。


 
出演者/Chicago Poodle・さぁさ・まゆまろ


 



☆★☆  第25回 名月観賞の夕べ  ☆★☆

■開催期間: 2017/10/4    18:30~20:30 (開園 18:00)  小雨決行・雨天中止
■開催場所: 京都府立植物園 大芝生地(野外音楽会会場)
京都市左京区下鴨半木町
■入場料金: 無料
■お問合せ: 075-701-0141
■URL : https://www.facebook.com/kyotomeigetsu
http://www.pref.kyoto.jp/plant/

 





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

2017秋の特別拝観 嵐山☆虎嘯の庭&獅子吼の庭

 
弘源寺
枯山水庭園「虎嘯の庭」の公開
竹内栖鳳とその一門(上村松園・西山翠嶂・徳岡神泉ほか)の名作一挙公開
毘沙門天立像(国指定重要文化財)公開
宝厳院
嵐山借景 回遊式山水庭園 「獅子吼(ししく)の庭」 公開
本堂襖絵「風…

event_2015autumn011-429x600

 

弘源寺
枯山水庭園「虎嘯の庭」の公開
竹内栖鳳とその一門(上村松園・西山翠嶂・徳岡神泉ほか)の名作一挙公開
毘沙門天立像(国指定重要文化財)公開


宝厳院
嵐山借景 回遊式山水庭園 「獅子吼(ししく)の庭」 公開
本堂襖絵「風河燦燦三三自在」(田村能里子画伯筆) 公開

05121001_3hougonin

秋の夜間特別拝観  天竜寺塔頭 宝厳院 ライトアップ

嵐山借景 回遊式山水庭園 「獅子吼(ししく)の庭」 公開
本堂襖絵「風河燦燦三三自在」(田村能里子画伯筆) 公開

 

夜間特別拝観期間   平成29年11月10日~12月3日
拝観時間   午後5時30分~午後8時30分閉門(受付終了 午後8時15分)
拝観志納料 (庭園)大人600円 小中学生 300円
(※宝厳院本堂特別公開:別途志納料(大人500円・小中学生300円)が必要です。)

 

 

大亀山 宝厳院(だいきざん ほうごんいん)は、臨済宗大本山天龍寺の塔頭寺院のひとつ。
寛正2年(1461年)室町幕府の管領であった細川頼之公の財をもって、
天龍寺開山夢窓国師より三世の法孫にあたる聖仲永光禅師を開山に迎え創建されました。

 

km_03_05_006g
都林泉名勝図会  天龍寺


嵐山借景 回遊式山水庭園「獅子吼(ししく)の庭」は、
都林泉名勝図会』にも掲載された名園です。



 

☆★☆★☆ 秋の特別拝観 京都嵐山「宝厳院 」「弘源寺」 ☆★☆★☆

■開催日時:2017/10/7~12/10   9:00~17:00
■開催場所:総本山天龍寺塔頭 弘源寺 ・ 宝厳院
〒616-8385 京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町68
■拝観料金:各寺院とも各500円  (2ケ寺割引共通券900円)
■お問合せ:(宝厳院)  075-881-0091   (弘源寺)  075-881-1232
■U R L:http://kogenji.jp/                http://www.hogonin.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


智積院観月会

真言宗智山派 総本山智積院でのお月見イベントは・・・。
声明の公演や瞑想体験、お月見コンサート!の他、国宝長谷川等伯の障壁画や名勝庭園のライトアップ、非公開の宸殿堂本印象襖絵の特別公開など盛り沢山です。
中秋の満月を本…


真言宗智山派 総本山智積院でのお月見イベントは・・・。
声明の公演や瞑想体験、お月見コンサート!の他、国宝長谷川等伯の障壁画や名勝庭園のライトアップ、非公開の宸殿堂本印象襖絵の特別公開など盛り沢山です。


中秋の満月を本尊に瞑想する「月輪観(がちりんかん)」は、自分の心が「満月のように欠けることなく真ん丸で、澄みきって清らかに明るく光り輝いている」と感じる真言宗ならではの瞑想法なのだそうです。



第1部:声明公演(智積院に伝わる節付のお経)
瞑想体験「月輪観」
第2部:お月見コンサート
出演:カトレアサクソフォンカルテット

特別公開:国宝長谷川等伯障壁画
名勝庭園ライトアップ
非公開宸殿堂本印象襖絵

 

916_ext_01_0 




□■□■ 智積院 観月会 □■□■

■開催日時:2017/10/4   中秋 18:00~(17:00開場・21:00閉門)
■開催場所: 智積院
〒605-0951 京都市東山区東大路通り七条下る東瓦町964番地
■料  金:前売券3700円(完売)、 当日券4200円(枚数限定)
※全チケット月見弁当・お茶付き 智積院会館宿泊パック9,000円(完売)
■お問合せ:075-541-5361
■URL :http://www.chisan.or.jp/event/list/detail/id=1279







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

第15回 京・西陣伝統文化祭☆「千両ヶ辻」

恒例となった「西陣千両ヶ辻伝統文化祭」は今年で15年目を迎える。
また、氏神である晴明神社の例祭とあいまって、一層賑わう。

 
Copyright(C) 2004-2013 Senryogatsuji.com All Rights Reserved.
 
・晴明神社 祭礼巡行
・千両ヶ辻界隈の景観建造物の一般公開
・創業以…

恒例となった「西陣千両ヶ辻伝統文化祭」は今年で15年目を迎える。
また、氏神である晴明神社の例祭とあいまって、一層賑わう。

 

Copyright(C) 2004-2013 Senryogatsuji.com All Rights Reserved.
Copyright(C) 2004-2013 Senryogatsuji.com All Rights Reserved.

 



・晴明神社 祭礼巡行
・千両ヶ辻界隈の景観建造物の一般公開
・創業以来二百七十年の老舗他、各家コレクションの展示
・町家・坪庭の公開

・和装品の展示・販売 ・染織作品の展示・販売
・講演会 講演「平安宮豊楽殿の発掘調査」 午前11時~・午後2時~(京都市考古資料館)
・町家写真館 水野克比古・秀比古の写真展示 29
・野点茶会 29 水野家
・町家レストラン・食事処・茶処 他
・町家内部の見学 西陣くらしの美術館 国登録有形文化財 冨田屋33  舞妓さんのお点前・写真撮影会

 

 参加店一覧とイベントはこちら

 

西陣千両ヶ辻伝統文化祭
■開催日時:2017年9月23日(土祝)  10:00~17:00
■開催場所:大宮通今出川以南一条通以北 薬師町・北之御門町・石薬師町
■主   催:伝統文化祭「西陣 千両ヶ辻」 実行委員会
■お問合せ:http://www.senryougatsuji.com/

 

 

 

江戸時代中期、大宮今出川を「千両ヶ辻」と呼んだ。

なぜなら・・・・・建ち並ぶ糸屋・織物商が、一日に千両に値する生糸・織物を商ったからである。

 

 

5cba9a25


晴明祭  http://www.seimeijinja.jp/archives/category/feature/seimeisai


来る9月22日(金)23日(土・秋分の日)は、年中の最も重要なる祭儀 「晴明祭」。 

23日の神幸祭では本殿祭りの後、
維新少年鼓笛隊の隊列を先頭に、菊鉾、扇鉾、獅子、御神宝、飾馬、晴風稚児、八乙女、四神稚児など約500人が西陣界隈を神輿巡行する。

 

湯立神楽の奉納
湯立神楽の奉納
神輿巡幸
神輿巡幸







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


 

高瀬川舟まつり

“高瀬川舟まつり”は、江戸時代に豪商角倉了以が開削し京都~伏見間の重要な物資輸送路となった高瀬川を、より多くの人に知ってもらおうと、高瀬舟の復元を機に、1991年から毎年行われています。

 
高瀬川の水運の起点となってい…

funamatsuri2011

“高瀬川舟まつり”は、江戸時代に豪商角倉了以が開削し京都~伏見間の重要な物資輸送路となった高瀬川を、より多くの人に知ってもらおうと、高瀬舟の復元を機に、1991年から毎年行われています。

 

hosho_6_p2高瀬川の水運の起点となっていた「一之船入」には、酒樽を積んだ高瀬舟か普段観賞用に浮かんでいます。
秋分の日でもある高瀬川舟まつりでは、この高瀬舟に一般の方も乗船していただけます。
また、先斗町の舞妓さんの茶席接待や、舞妓さんの船上撮影会も催されています。
家族連れのお子さんに向けた企画イベントも用意されていますので、是非お出かけください。

 

高瀬川舟まつり協賛・無料公開のご案内
shimazuseisakusyo
9月23日(祝)、史跡・一之船入りで行われる『高瀬川舟まつり』に協賛し、無料公開を行います。
各種イベントが周辺で行われるほか、当館ではお子様は記念品つきクイズに挑戦いただけますので、
この機会にぜひ、ご来館ください。島津製作所 創業記念資料館
http://www.shimadzu.co.jp/visionary/memorial-hall/index.html

gankozushi-teienn高瀬川源流庭苑の無料公開 / がんこ高瀬川二条苑
京の人々に古くから親しまれ愛されてきた高瀬川の流れは、豪商・角倉了以の
別邸跡「がんこ高瀬川二条苑」を通り、木屋町通りをくぐって再び姿を現します。
この機会に了以別邸の庭園を鑑賞されませんか。

 

☆★☆★ 高瀬川舟まつり ☆★☆★

■開催日時:2017/9/23       10:00~16:00
■開催場所:中京区木屋町通二条下ルの一ノ舟入北側
■料  金:参加無料
■主  催:銅陀高瀬川保勝会
■お問合せ: 075-231-3722 takasegawa@email.plala.or.jp
■URL :http://kanko.city.kyoto.lg.jp/area/hoshokai/hoshokai_index_6.html






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


特別公開☆大徳寺本坊 

狩野永徳筆 『織田信長公像』(初公開・前期展示)

沿革
臨済宗大徳寺派の大本山。大燈国師(宗峰妙超)が紫草の茂る洛北の野原に大徳という小庵を結んだことに始まる。大燈国師の教えは次第に世に知られるようになり、後に花園・後醍醐両天皇の帰依を受け、勅願所として嘉…

狩野永徳筆 『織田信長公像』(初公開・前期展示)


img2

沿革

臨済宗大徳寺派の大本山。大燈国師(宗峰妙超)が紫草の茂る洛北の野原に大徳という小庵を結んだことに始まる。大燈国師の教えは次第に世に知られるようになり、後に花園・後醍醐両天皇の帰依を受け、勅願所として嘉暦元年(1326)に現在の龍宝山大徳寺と命名された。
室町時代には幕府から冷遇されるが、それが厳しい禅風を残す要因ともなる。優れた禅僧を多数輩出し、桃山時代には豊臣秀吉や前田利家、細川忠興など多くの 大名が自らの帰依した禅僧を開祖として、塔頭寺院を創建する。千利休が建てた金毛閣は、この楼上に利休木造を置いたことから秀吉の逆鱗に触れ、利休切腹の 要因になったことでも知られる。

 

img1


京都の豪商・後藤益勝の寄進により再建された。重要文化財である狩野探幽筆の障壁画や、日本に36件のみ存在する特別名勝の方丈庭園がある。前庭は天祐和尚、東庭は小堀遠州の作庭で、江戸初期を代表する枯山水である。

 

公開場所
方丈(国宝)
狩野探幽筆 方丈障壁画(重文)
方丈庭園(史跡・特別名勝)
法堂 並びに 狩野探幽筆 法堂天井画「雲龍図」(重文)
唐門(国宝)

【特別展示】 狩野永徳筆 『織田信長公像』(初公開・前期展示)



2011年、大徳寺が所蔵する『織田信長公像』が狩野永徳の真筆であることが判明した。同時代の他の人物画と比べて描き方に非常に力があり、日本美術の専門家が見ても美術的な価値は非常に高い。また、元々描いた肖像画を描き直して現在の形となっていることも伝えられた。制作年月は、豊臣秀吉が信長の三回忌を大徳寺で執り行う前月で、法要のための制作であったことが想像できる。今公開ではこの『織田信長公像』を、所蔵する大徳寺では初めて展示する。

【特別展示】  後期/「豊国大明神」、「天瑞寺殿像」

 
honbo_main-800x533


住職の居住空間としての性格も持っていた方丈。江戸時代初期の建築で、法堂や仏殿などの伽藍が中国風なのに対し、方丈は日本様式となっています。開山であ る大燈国師の塔所「雲門庵」を中心とした独特の造りであり、室中には江戸時代の絵師・狩野探幽筆の障壁画84面が当時の姿のまま残っています。絢爛豪華な 装飾がなされた国宝・唐門や、狩野探幽が35歳の時に描いた法堂の天井龍も公開されます。

 



☆★☆ 特別公開☆大徳寺 本坊 ☆★☆
■開催日時:2017/9/16~10/15        9:30~16:00(最終受付)
拝観休止日/9/21・10/4・ 10/8
■開催場所:大徳寺 本坊
〒603-8231 京都市北区紫野大徳寺町53
■料  金:大人1000円 中高生700円 小学生以下無料(保護者同伴)
■お問合せ:京都春秋事務局 075-231-7015     大徳寺 075-491-0019
■URL   :http://kyotoshunju.com/?temple=daitokuji-honbo






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


平岡八幡宮 「花の天井」☆恒例秋の特別拝観

花の天井は毎年春と秋に公開されている。70センチ四方の格子が計44枚並び、1枚ずつにアジサイやザクロ、アヤメなどの花や果実が色鮮やかに描かれ、ブドウやケシなど当時は珍しかった花もある。
☆見どころ:
空海が神護寺の守護神として創建した京都最古の八幡宮…


花の天井は毎年春と秋に公開されている。70センチ四方の格子が計44枚並び、1枚ずつにアジサイやザクロ、アヤメなどの花や果実が色鮮やかに描かれ、ブドウやケシなど当時は珍しかった花もある


☆見どころ:
空海が神護寺の守護神として創建した京都最古の八幡宮。
本殿の内陣天井に44面の花が描かれた「花の天井」は江戸末期のもの。

 

 

平岡八幡宮は高雄山神護寺の守護神として、弘法大師(空海)が大同4年(809年)に創建した山城国最古の八幡宮です。

※拝観希望の旨を伝えると、宮司さん自ら案内、解説していただけます。
※期間中は、宮司さんが漬けられた梅干と結び昆布の入った大福茶(おおぶくちゃ)の接待が受けられます。

 




平岡八幡宮 2017  秋の特別拝観「花の天井」


■開催日時:2017/9/8~12/3   10:00~16:00(最終受付15:30頃)
※10月1日、7日~9日は拝観休止
■開催場所:平岡八幡宮 本殿
京都市右京区梅ヶ畑宮ノ口町23番地
■拝 観 料:拝観料800円(宮司のお話と大福茶接待付)
JRバス、市バス8系統「高雄」行き。「平岡八幡前」下車徒歩約3分
京都駅、四条大宮より40分
■お問合せ:平岡八幡宮 TEL.075-871-2084
地図






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



特別公開☆加賀前田家ゆかりの寺院/大徳寺 興臨院

町期の建築様式の特徴を見せる本堂(重要文化財)や唐門を持つ大徳寺興臨院。その後、豊臣政権の五大老を務めた前田利家が本堂屋根を修復、また菩提寺とするなど前田家とも非常に縁の深い寺院です。
優美で安定感のある姿が静寂と落…

47829658184932553c0005973e788118


町期の建築様式の特徴を見せる本堂(重要文化財)や唐門を持つ大徳寺興臨院。その後、豊臣政権の五大老を務めた前田利家が本堂屋根を修復、また菩提寺とするなど前田家とも非常に縁の深い寺院です。
優美で安定感のある姿が静寂と落ち着きを感じさせる本堂や、「昭和の小堀遠州」とも言われた作庭家、中根金作が復元した方丈庭園を持つこの寺院が特別公開を迎えます。


 

 


公開内容


表門(重文)
方丈庭園
本堂(重文)

境内は撮影禁止

 

沿革/臨済宗大徳寺派大本山、大徳寺の塔頭寺院。大永年間(1521-1528)に能登(現在の石川県)の守護、畠山義総が創建。その法名を取って寺名を興臨院とした。畠山家の衰退と共に荒廃するが、天正9年(1581)に前田利家によって屋根の葺き替えが行われ、以後、畠山家に加え前田家の菩提寺ともなる。
創建当時の姿が残る表門と本堂(唐門を含む)が共に重要文化財指定されている。

 



☆★☆ 特別公開 大徳寺 興臨院 ★☆★

■開催日時:2017/9/9~10/1・10/7~12/17  10:00~
※9/21~23、10/30~11/1は拝観休止
■開催場所:大徳寺 興臨院 京都市北区大徳寺町80
■拝 観 料:大人600円、中高生400円、小学生300円
■お問合せ:075-231-7015  京都春秋事務局








メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ