船岡大祭で信長を偲ぶ☆建勲神社

 
10月19日11時より毎年恒例の船岡大祭が斎行されます。
仕舞『敦盛』や舞楽が奉納、火縄銃演武の奉納が行われます。
 

 
ご祭神信長公の偉大な功勲を後世に伝えようと永禄11年(1568)の信長公上洛の日を祭日として、ご鎮座当初よ…

101012_teppotai_funaokasai2009_10b

 

10月19日11時より毎年恒例の船岡大祭が斎行されます。

仕舞『敦盛』や舞楽が奉納、火縄銃演武の奉納が行われます。

 

101012_atumori_funaokasai101012_kotyonomai_funaokasai

 

ご祭神信長公の偉大な功勲を後世に伝えようと永禄11年(1568)の信長公上洛の日を祭日として、ご鎮座当初より盛大に行われている御祭で、地元の西陣各学区を始め各地よりの崇敬者で賑わいます。
毎年、仕舞『敦盛』や舞楽が奉納されるほか、宝物展示や火縄銃演武の奉納などが年次ごとに行われます。


funaokayama-mitorizu2s

 

信長関連コラム~織田信長を訪ねて

 

101012_DSC_4581

建勲神社/ 300年の時を経て建勲の神号で奉斎される武人となる

安土城址/ 城址より信長陵と呼ぶにふさわしい

総見院・本能寺・二条殿/  ちょっと行ったとこで信長に出くわします

南蛮寺/  現実主義的な信念で尾張の暴れん坊が西洋を理解した

阿弥陀寺・大雲院・総見院 / 歴史ロマンの宝庫で空想に果てがない

 

 

2017/10/19   11:00~

 今年は仕舞『敦盛』『小鍛冶』、舞楽『陵王』、また4年ぶりに火縄銃演武の奉納が予定されております。
火縄銃につきましては、お祭りにおける演武奉納に加え、
14時からも再度演武を実施致します。皆様どうぞご参列ください。

 

 

建勲神社
〒603-8227 京都市北区紫野北舟岡町49
075-451-0170
http://kenkun-jinja.org/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ





mm

春は”京おどり”、秋は” みずゑ会” 宮川町歌舞練場

 京都五花街の一つ、宮川町の秋の公演「みずゑ会」が10月、東山区の宮川町歌舞練場で開かれる。

平成29年10月12日(木)・13日(金)/ 1回公演

16:00 開演

平成29年10月14日(土)・15日(日)/2回公演

1回目 13:00 開演
2回目 16:00 開演

*各回 …

 京都五花街の一つ、宮川町の秋の公演「みずゑ会」が10月、東山区の宮川町歌舞練場で開かれる。

平成29年10月12日(木)・13日(金)/ 1回公演
16:00 開演
平成29年10月14日(土)・15日(日)/2回公演
1回目 13:00 開演
2回目 16:00 開演

*各回 30分前に開場

 

毎年古典から曲目を選んでいます。
芸舞妓が日替わりで出演し、日頃の稽古のおさらい会とはいえ、その熟練の技で披露される舞は通にも評判です。

 

 

 

☆★☆★☆ みずゑ会 ☆★☆★☆
■開催期間: 平成29年10月12日~10/15日
■開催場所: 宮川町歌舞練場
〒605-0801 京都府京都市東山区宮川筋4丁目306
■開催時間:1回目 午後1時 開演 2回目 午後4時 開演
■料   金:(税込) 1等席8,000円、2等席4,000円 全席指定
■お問合せ: 075-561-1151 宮川町お茶屋組合 075-708-2306 宮川町歌舞練場
■URL : http://www.miyagawacho.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


神泉苑観月会 2017

神泉苑では中秋の名月として観月会が行われます。
平安京造営以来1200年の歴史を誇る神泉苑で、奉納演奏と船上でのお月見を楽しみませんか。
★観月法要 午後6時~30分 本堂にて
★船上茶席 午後6時30分~8時半  有料船中…



神泉苑では中秋の名月として観月会が行われます。
平安京造営以来1200年の歴史を誇る神泉苑で、奉納演奏と船上でのお月見を楽しみませんか。


★観月法要 午後6時~30分 本堂にて
★船上茶席 午後6時30分~8時半  有料船中月見にて 当日券700円 150名様限定
★庭園特別拝観 午後6時30分~
★音楽奉納 午後7時~ 龍王社拝殿



天皇や貴族も愛でた禁苑の名月―――
当日、観月会を記念した御朱印帳を授与されます。(朱印済み・1冊1500円) 



gosyuintyou02

keidaikangetsu01

meisyo 

神泉苑は、平安京(大内裏)の南東隣りに位置し、八町の規模を有する苑池であり、禁苑とされています。
苑内には、大池、泉、小川、小山、森林などの自然を取り込んだ大規模な庭園が造られており、
敷地の北部には乾臨閣を主殿とし、右閣、左閣、西釣台、東釣台、滝殿、後殿などを伴う宏壮な宮殿が営まれていました。
天長2年(824)淳和天皇の勅命により弘法大師空海は神泉苑の池畔にて祈られ
北印度の無熱池の善女龍王を勧請された。
すると、日本国中、雨が降り、人民が大いに喜んだことから、以降神泉苑の池には善女龍王がお住みになると信仰されています

 

kangetsu03 

 

☆★☆★ 神泉苑観月会 ☆★☆★

■開催日時:2017/10/7    18:00~20:30
■開催場所:神泉苑
京都市中京区御池通神泉苑東入門前町166
■拝 観 料:無料・抹茶接待有料
■お問合せ:075-821-1466
■URL :http://www.shinsenen.org/index.html






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



粟田祭☆祇園祭の代役を担った室町時代

「神輿と剣鉾の巡行列」や「剣鉾の居祭り」もさることながら、 粟田神社を出発し知恩院黒門前瓜生石までの「夜渡り行列」と、 瓜生石前での「れいけん祭」を知らずして、京の祭りは語れないといえる。
 

まず、この粟田大祭の「れ…

f7b6c109

「神輿と剣鉾の巡行列」や「剣鉾の居祭り」もさることながら、 粟田神社を出発し知恩院黒門前瓜生石までの「夜渡り行列」と、 瓜生石前での「れいけん祭」を知らずして、京の祭りは語れないといえる。

 

b442fb24

まず、この粟田大祭の「れいけん祭」には圧倒される。

66050453

10月に執り行われる大祭は千年以上の歴史をもつ神事であり、
祇園祭の代役を担った室町時代の歴史をも持つ。

722afd12
081021_09Awatasai_daitourou_kane1_IMG_4435

夜渡り神事の行列には、十二灯や粟田大灯絽、
神輿のナリカンが練り歩く。

081021_11Awatasai_daitourou_yamatanooroti2IMG_4436

8eec3df8

081021_17Awatasai_uryusekimawariDSC_0397

行列が知恩院前黒門前に到着すると、
門が開かれ僧職が厳かに石段を降りて来る。
新しく神霊を迎え入れる儀式「れいけん」が
神職・僧職の合同で執り行われる。
そして、瓜生石の周りを、おのおのが神かがったように廻り出すのである。


 

 もっと知りたい と思えば→→  コラム/ 粟田大燈呂 ねぶた祭の原点か

 

その瓜生石とは、牛頭天王が瓜生山に降臨し、後再びこの石に来現し、 一夜のうちに瓜が実り、その瓜の表面には「牛頭天王」の文字が記されていたと語り継がれている石である。

そして、この祇園の地に牛頭天王を祭る祇園感神院(876年祇園寺建立)が創建され、 牛頭天王の神霊を移すその瓜を納めた(860年)場所には祇園感神院新宮を設けた(876年)という。
その後明治時代になり、神仏分離令によりその祇園感神院が八坂神社と、
祇園感神院新宮が粟田神社と改称され、今日を迎えている。

 bf5e9785

 

粟田神社大祭
2017/10/7(土)~10/15(日)
粟田神社
京都市東山区粟田口鍛冶町1番地
075-551-3154
http://www.awatajinja.jp/

 

 

日程

2017年10月7日 18:00神賑・石見神事 22:00~出御祭(おいでまつり)
2016年10月8日 夜渡り行列 出発   17:30頃 「れいけん祭」
2016年10月9日 12:00神幸祭 12:20「剣鉾」の先之行列出発  12:45「神輿」の渡御行列出発  18:00頃 神輿の帰着 還幸祭

2016年10月15日11:00~ 例大祭(舞楽の奉納、抹茶の接待など)





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


京都市内の「秋祭りひろいだし」

10/8~10/9  「今宮神社例大祭」

今宮神社
京都府京都市北区紫野今宮町21
075-491-0082

http://www.imamiyajinja.org/jpn/imamiya_JPN/li_ji.html
 

8日は前夕神事、19時~「御神楽(人長舞)」奉納。9日が例大祭、10時~「東…

10/8~10/9  「今宮神社例大祭」

今宮神社
京都府京都市北区紫野今宮町21

075-491-0082

http://www.imamiyajinja.org/jpn/imamiya_JPN/li_ji.html

 



8日は前夕神事、19時~「御神楽(人長舞)」奉納。9日が例大祭、10時~「東遊」が奉納される。 平安建都以前より疫神(えきしん)を祀る社があったといわれる。建都ののち平安京が都市として栄える一方で、人々はうち続く疫病や災厄に悩まされ、これを鎮めるため神泉苑、御霊社、祗園社など各地で盛んに御霊会(ごりょうえ)が営まれた。

 

 

10/9 「繁昌大国秋祭」

下鴨神社
京都市左京区下鴨泉川町59

075-781-0010
http://www.shimogamo-jinja.or.jp
9日 13:00~ 
本殿にて神事後、豊かな秋の実りに感謝し、橋殿にて舞楽の奉納などが行われる。
境内には模擬店や空くじなしの福引きが一般参加で催される。
下鴨神社では大国主命を各々言霊の働きによって七つのお社に分けており、特に本社の大前にお祀りされているのが、いわゆる下鴨の繁昌大国神である。

 

 

10/6~10 金毘羅秋期大祭

安井金比羅宮
京都市東山区下弁天町70
075-561-5127

http://www.yasui-konpiragu.or.jp/

 

mig


年中祭事のうち最も重要なお祭りです。神幸祭では御祭神の御神霊がお乗りになった御鳳輦と宝船を模した花車が氏子町内を渡御いたします。また御鳳輦は出御(体育の日の前々々日金曜日)から神幸祭までの間、本殿前の拝殿にお飾りされます。
体育の日の前日15:00~ 神幸祭・渡御 数々の御神宝が供奉する中、雅楽が奏され御鳳輦と宝船の花車、獅子舞が氏子町を巡行します。体育の日は納輦祭で、御鳳輦・子供みこし・花車・御神宝を御蔵に納め全祭事が無事終了したことを感謝し、御神前に奉告されます。

 

 

10/14~15   「春日祭」(第二土曜日・日曜日)

春日神社
京都市右京区西院春日町61
075-312-0474
http://kasuga.or.jp/frameindexjp.htm

 


剣鉾五基・神輿二座巡幸/春日祭列「若武者・童女・裃列」 鼓笛隊 「春日神社奉賛会」主催の、無病息災・五穀豊穣を祈る秋祭りで、京都でも屈指のにぎやかなお祭です。 春日通に並ぶ祭の風物、露店。祭の両日は夜の10時ごろまで人出でにぎわいます。

 

 

10/8      「平岡八幡宮例祭・三役相撲」
平岡八幡宮京都市右京区梅ヶ畑宮ノ口町23
075-871-2084

 


平岡八幡宮は、高雄山神護寺の守護神として、弘法大師(空海)が809年に創建した山城国最古の八幡宮です。
例祭は毎年体育の日の前日の日曜に開催され、祭事の後に、奉納太鼓、10:00~三役相撲、15:30~鉾さしが行われます。



続いて神輿が境内と町内を巡行します。

 

 

 

10/7~15   「粟田神社大祭」(体育の日前々日~体育の日~15日)

粟田神社

京都市東山区粟田口鍛冶町1番地
075-551-3154
http://www.awatajinja.jp/




8日18:00~ 夜渡り神事  「粟田大燈呂(あわただいとうろ)」の行列・御神宝の阿古陀鉾と地蔵鉾が金札の現れた瓜生石(うりゅうせき)の周りを三度巡拝する「れいけん」の神事を執り行い、その後氏子町内を巡る。


9日12:30~ 神幸祭・還幸祭 剣鉾・神輿巡幸 粟田祭は一千年の歴史を持ち、室町時代には祇園祭が齋行できなかった時には、粟田祭を以って祇園祭の代わりをさせたと伝えられる。

 


氏子町内を渡御し、青蓮院の四脚門から入御。青蓮院では宮司が当社の本地仏(本地垂迹説による神様の本来のお姿である仏様)であり、明治まで神社でお祀りされていた薬師如来に献幣し、青蓮院御門主が御加持を授ける。

 


15日 11:00~ 例大祭 本来の祭礼日で、本殿にて祭典が行われ、舞楽(蘭陵王)の奉納がある。

 

 

 

10/8~15      「炬火祭」  (第2,3日曜日)

三栖神社

京都市伏見区横大路下三栖城ノ前町82
http://misu.future-support.net/index.html

 




8日(日)神幸祭(炬火巡行)20時~ふれ太鼓続き、剣鉾、高張り提灯、大炬火、神輿の順に、竹田街道を中書島駅付近から、京橋まで進みます。大炬火以外は京橋手前で折り返し、御旅所に戻ります。直径が120センチもあろう大きなタイマツを燃やし練り歩き、神輿を先導します。


15日(日)還幸祭







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

花傘と神輿が練る! 洛南最大の祭礼・御香宮神幸祭

 
9/30~10/11日  「御香宮神幸祭」
 

 
御香宮神社 京都市伏見区御香宮門前町
075-611-0559
http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/shrine/09/040/
 

 
第一日目(9月 30日) 第11回ちびっ子相撲大会(午前9時半~)花傘…

 

9/30~10/11日  「御香宮神幸祭」

 

 

御香宮神社 京都市伏見区御香宮門前町
075-611-0559

http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/shrine/09/040/

 

 

第一日目(9月 30日) 第11回ちびっ子相撲大会(午前9時半~)花傘総参宮(午後7時頃~9時頃)
お神酒頂戴(午後7時~8時半)※雨天中止

第二日目(10月 1日)神賑奉納行事:民謡・民舞 若柳流吟峰会(午後7時~・於、能舞台)
お神酒頂戴(午後7時~8時半)※雨天中止


第五日目(10月 4日) 神賑奉納行事:尺八 石道鶉山尺八教室(午後7時~・於、能舞台)
武者組具足飾りつけ(神賑奉納行事終了後)
第七日目(10月 6日)  お神酒頂戴(午後7時 ~8時半)※雨天中止
雌雄獅子母衣(ほろ)付け・厄除け行事(午後8時頃~詳細

第八日目  (10月 7日)宵宮祭  花傘総参宮(表門付近午後7時頃~9時頃)
オクライモライ(猿田講社、武者組、皇馬)お神酒頂戴(午後7時~8時半)※雨天中止

最  終  日 (10月 8日)神輿巡幸 午前5時発輿祭~ 獅子若 猿田講社 武者行列 稚児行列 神輿A班 神輿B班 神輿C班 夫々が氏子域を練り、最終の宮入は午後8時頃と予定されている。



古来『伏見祭』とも称せられ洛南随一の大祭として聞こえている。
この祭の特徴はお迎え提灯として、各町内より『花傘』が神社に多く参拝するのが有名で、別名『花傘まつり』とも称せられ、六百年にわたる伝統の上に花傘が年々町内の人々の趣向を凝らした姿で祭礼に参加するのである。花傘の総参宮日は、一日目と八日目の夕刻七時頃から、伏見随一の繁華街大手筋を上がって神社に参拝する。 神幸祭の中心は神輿渡御で、旧神輿は、徳川家康の孫娘、千姫の初誕祝いに奉納された。通称『千姫神輿』は、日本一重い神輿として氏子の自慢の一つであったが余りにも重く、今はかけない。 現在は、境内見所に保管されており、祭礼期間中のみ、見学ができる。 昭和三十七年、千姫神輿にかわって鵜鳥型と神明型(雁又)の二基を新調、昭和六十二年神輿一基を新調して渡御している。





この祭の九日間、境内には百数十軒の露店が並び、昼夜を問わず参拝者の絶える間が無く、特に、八、九日目は多数の群集が参拝される。






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


春は”都をどり”、秋は”温習会” ★京都芸術劇場 春秋座

祇園甲部の芸妓・舞妓が、井上流の演目による舞を披露し、期間中総勢81名出演します。
本年は京都芸術劇場 春秋座にて開催致します。
 

 
温習会は、毎年秋に催される祇園甲部歌舞会主催の京舞井上流の会です。
明治初期頃から開…


祇園甲部の芸妓・舞妓が、井上流の演目による舞を披露し、期間中総勢81名出演します。
本年は京都芸術劇場 春秋座にて開催致します。

 

stagepict_12_05

 

温習会は、毎年秋に催される祇園甲部歌舞会主催の京舞井上流の会です。
明治初期頃から開催されたと思われますが、当時の資料が失われており詳しいことはわかっていません。当初は、日頃の贔屓客がつめかけ、出演する芸舞妓の舞・地方囃子・地唄・三味線・浄瑠璃・琴・胡弓・明清楽などの各部門を公開し、 各自の技能を批評・採点したそうです。

 

0cb0969e-398x600

 

 

その成績は、お正月に行われる女紅場の始業式で発表され、成績優秀者には紅白の真綿を授与していたらしく、 ただのおさらい会というよりは、 女紅場の生徒(芸舞妓)の試験であったようです。 

 http://www.miyako-odori.jp

 

 

☆★☆★☆ 温習会 ☆★☆★☆
■開催期間: 平成29年10月1日(日)~10/6日(月)
■開催場所: 京都芸術劇場 春秋座
〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
■開催時間:毎日午後4時開演 (開場 午後3時30分)
■料    金:全席指定席:8,500円(税込)
■お問合せ: 祇園甲部歌舞会 075-561-1115
■URL :http://k-pac.org/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


北野天満宮のずいき祭

京都の代表的な秋祭として知られるずいき祭は、村上天皇の御代(天慶9年~康保4年・西暦946~967)にはじまると伝えられ、御祭神菅原道真公が大宰府で彫られた木像を随行の西ノ京の神人(じにん)が持ち帰りお祀りし、秋の収穫時に野菜や穀物をお供えしたのが始まりという。
今日で…

京都の代表的な秋祭として知られるずいき祭は、村上天皇の御代(天慶9年~康保4年・西暦946~967)にはじまると伝えられ、御祭神菅原道真公が大宰府で彫られた木像を随行の西ノ京の神人(じにん)が持ち帰りお祀りし、秋の収穫時に野菜や穀物をお供えしたのが始まりという。


今日では、北野の神を 10月1日から10月4日まで西ノ京の御旅所へお迎えして
「ずいき御輿」を奉り、本年の収穫に感謝の誠心を捧げる。


9861b906


神 事

17ef6ebf第一日目、10月1日には午前9時半から鳳輦(ほうれん)に[御霊]を移す出御祭が行われたあと午後1時導山をはじめ三基の鳳輦と松鉾他が本社を出御、

宮司以下神職をはじめ氏子崇敬者らが供奉、約150人余が祭列を整え氏子区内を巡行して午後4時頃西ノ京の御旅所に到着、

着御祭に引き続き氏子地域より選ぱれた女児による「八乙女舞(やおとめまい)」が奉納される(拝観自由)。

 

 

 

  といえば→→ コラム/ 西ノ京の京野菜御輿といえる


 

 

f51bedbd


鳳輦は還幸祭の4日迄ずいき御輿とともに御旅所に駐輦され、
その間御旅所には多くの出店が連日午後10時頃まで軒を並べ祭り気分で賑う。

二日目は御旅所で表千家宗匠による献茶祭、

三日目には、西ノ京七保会による甲御供奉饌(かぶとのごくほうせん)行われる。
こうして御旅所での三日間に亘る神事を終え、

 

 

10月4日午前10時
御旅所で出御祭が執り行われ、
午後1時出御、
牛に曳かれた御羽車も加わり祭礼の行列が氏子区内を巡行して
午衝4時半頃
本社に還御、午後5時還幸祭が行われる。

5日には午後 3時半より
后宴祭があり、拝殿前にて「八乙女舞]が奉納される(拝観自由〉。

 

 

 

 

ずいき祭

1015

 

〒602-8386
京都市上京区馬喰町
075-461-0005

北野天満宮御旅所
京都市中京区西大路上ノ下立売通西入ル御輿岡町

 

 

zuiki_junkouro


ずいき御輿は、ずいき祭期間中(10月1日~4日午前中)御旅所に展覧されている。
4日の巡行路は鳳輦の還幸路と異なるので注意のこと。


http://www.kitanotenmangu.or.jp/ 





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ




 

陰陽師安倍晴明公を祀る☆晴明祭

夢枕獏さん、岡野玲子さんの「陰陽師」の主人公でも知られる安倍晴明公を祀る
晴明神社の例祭「晴明祭」が始まる。
9/22~23日 「晴明神社・例祭」

22日19時~宵宮祭・湯立神楽  23日13時…

seimei_gobosei


夢枕獏さん、岡野玲子さんの「陰陽師」の主人公でも知られる安倍晴明公を祀る
晴明神社の例祭晴明祭が始まる。


9/22~23日 「晴明神社・例祭」


22日19時~宵宮祭・湯立神楽  23日13時~神幸祭/神輿巡幸


宵宮祭では迎え提灯のお練りや湯立神楽の奉納があり、
23日の神幸祭では本殿祭りの後、
維新少年鼓笛隊の隊列を先頭に、
菊鉾、扇鉾、獅子、御神宝、飾馬、晴風稚児、八乙女、四神稚児など約500人が西陣界隈を神輿巡行する。


巡幸路は・・・こちら 



seimeisai8


神輿は本社神輿の他に「桃薗みこし」「聚楽みこし」の二社の若神輿が巡幸し、
道中御旅所祭を行い、17時本社に還御予定。


 

嵯峨墓所祭(9月26日)

晴明公の御命日にあたり、嵯峨墓所に参拝し、祭典を執り行います。お供えをし、祝詞(のりと)を上げる簡素なものですが、例年熱心な方がお参りされます。

 

晴明神社

京都市上京区智恵光院通今出川上ル桜井町102-1
075-431-0977
http://www.seimeijinja.jp/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



上京薪能/崇徳天皇祭神賑行事

上京の秋の風物詩「上京薪能(たきぎのう)」が今年で52回目を迎えます。
かがり火に照らされた舞台で演じられる能や狂言に酔いしれる初秋の一夜、
かがり火と伝統文化の競演を是非ご堪能ください。
第一部/午後4時開演
各社中によ…

0002-1


上京の秋の風物詩「上京薪能(たきぎのう)」が今年で52回目を迎えます。
かがり火に照らされた舞台で演じられる能や狂言に酔いしれる初秋の一夜、
かがり火と伝統文化の競演を是非ご堪能ください。

第一部/午後4時開演
各社中による居囃子(いばやし), 独調, 舞囃子(まいばやし), 仕舞(しまい), 箏演奏

第二部/午後6時頃より
邦舞・長唄「藤娘(ふじむすめ)」, 麗調会・箏演奏「嵯峨(さが)の秋(あき)」,
観世流・仕舞「道明寺(どうみょうじ)」, 金剛流・舞囃子(まいばやし)「龍田(たつた)」,
大蔵流・狂言「口真似(くちまね)」, 観世流・能「小袖(こそで)曽我(そが)」など

 終演予定 午後8 時30分ごろ

 

0002-005 


前売券は,上京区役所地域力推進室(075-441-5040)と白峯神宮(075-441-3810)で販売中です

上京薪能/白峯神宮  http://www.city.kyoto.lg.jp/kamigyo/page/0000223179.html

 

第75代 崇徳天皇

gosaizin-img01


平安時代末の元永2年(1119)に鳥羽天皇の皇子として御降誕になりました。保安4年(1123)に第75代の天皇に御即位あそばされましたが、保元の乱(1156)に遭われて讃岐国へ配流遷奉され、同国に在られること8年の長寛2年(1164)8月に、45歳の聖寿を以って崩御なさいまして、その地の白峯山陵に奉葬されました。


天皇は御幼少時より和歌・管絃の道に秀でられ、王朝文化の進展に大きく御貢献、数多の名歌をお詠みになり、殊に小倉百人一首の「瀬をはやみ岩にせかるる滝川の われても末に逢はむとぞ思ふ」は有名であります。


しかし、皇子重仁親王を皇位に推す叡慮も実現せず、かえって保元の乱の災いによって僻陬の地に御配流の躬となられ、都への還幸を望まれつつ御非運の生涯であられました。「保元物語」や能の「松山天狗」などによれば、御無念の様子を偲んであまりあるものがあります。

また「太平記」「雨月物語」、などにも天皇をお偲びすることができますほか、「詞花和歌集」の勅撰、や
西行法師とのかかわりなど、そのご事績は多彩であります。このように時代の流れの大きな分岐点を歩まれた事になり、その結果が、武士の世を開くきっかけになったのです。

 



白峯神宮秋季例大祭(9月21日午前11時より斎行)に併せて執り行われる
奉納薪能です。




 
☆★☆★ 第53回 上京薪能 ☆★☆★

■開催日時:2017/9/21    16:00~20:30頃
■開催場所:白峯神宮  上京区今出川通堀川東入飛鳥井261 ※雨天の場合,金剛能楽堂
■入 場 料:前売券2000円 当日券2500円
■主  催:上京区文化振興会・上京区役所
■お問合せ:京都いつでもコール 075-661-3755
■URL :http://shiraminejingu.or.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ