泉涌寺涅槃会★涅槃図御開帳

涅槃図は、釈迦の入滅を悼んで弟子や羅漢、動物が描かれている。
こちらの動物には「猫」はいない。
本法寺の長谷川等伯の涅槃図には猫もコリー犬もいる。
涅槃経に従い描かれるが、絵師によって表現が変わるようだ。

泉涌寺の大門を潜ると、坂を下って、最初が仏殿である…

4b030aa3


涅槃図は、釈迦の入滅を悼んで弟子や羅漢、動物が描かれている。
こちらの動物には「猫」はいない。


本法寺の長谷川等伯の涅槃図には猫もコリー犬もいる。
涅槃経に従い描かれるが、絵師によって表現が変わるようだ。


01c113ff


泉涌寺の大門を潜ると、坂を下って、最初が仏殿である。
ここに涅槃図が掛かっている。


27996128065d2d1b


「花供御(はなくご)」とは・・・、仏様へのお供物のことである。
こちらは醤油味で、煎られた黒豆が入っています。
地元京都は、今熊野の「つるき餅本舗」

涅槃図を見比べて、作者の表現の違いを見つけ出していただきたい。
涅槃図への興味が、更に深まり、観賞の楽しみが倍増すること間違いない。

たとえば・・・・・

・釈迦の横たわっている回りの木の位置。
(経本には、東西南北一双の沙羅双樹とある。)
・涅槃図右上の雲上のマヤ夫人の有無。
・生類の種類・猫の位置

などなどである。

他の涅槃図にも共通するが、釈迦が宝台に横たわるのは北向きに右を下にしている。
あるいは、沙羅双樹の本数は8本である。その木の一番低い枝に袋が掛かっている。
弟子や従者も必ず居る人は決まっている。
これらは経本に明確に記されているからであると聞く。

 

●涅槃会特別文化講座

2017年3月14日  13:30~14:30
泉涌寺本坊 妙応殿 (先着80名)
聴講無料(ただし、泉涌寺入山料500円は必要)
題名「古磵作「大般涅槃聖像」と泉涌寺涅槃会-古磵上人、最後の祈り」
発表者 西谷 功(泉涌寺宝物館・学芸員)

現在、古礀作「大般涅槃聖像」は泉涌寺涅槃会の本尊として仏殿に掛けられます。
しかし、江戸時代から「この涅槃図は泉涌寺に奉納しようとしたものではない」という不思議な話があります。
どうしてこのような話が生まれたのか、そしてそれは本当なのでしょうか?

 


☆★☆★ 泉涌寺涅槃会★涅槃図御開帳 ☆★☆★

■開催日時:2017/3/14~3/16  9:00~16:30 3/15 常楽会法要
■開催場所:御寺 泉涌寺
〒605-0977 京都市東山区泉涌寺山内町27
■拝 観 料:500円
■お問合せ: 075-561-1551






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

小正月には小豆粥で初春を祝う!

平安時代から続く小正月の習わしである「小豆粥」。
神社、禅寺や市内の旧家では今も受け継がれて、1月15日の小正月に食する。
1月7日人日の節句に頂く「七草粥」に次ぐ、正月に頂く御粥さん(おかいさん)である。京の白粥、大和の茶粥というが、小豆粥…

114d7bea-s

平安時代から続く小正月の習わしである「小豆粥」。

神社、禅寺や市内の旧家では今も受け継がれて、1月15日の小正月に食する。
1月7日人日の節句に頂く「七草粥」に次ぐ、正月に頂く御粥さん(おかいさん)である。

京の白粥、大和の茶粥というが、小豆粥はその色から桜粥ともいう。
小豆粥の赤が邪気を祓うと考えられていたのである。
fc61d02d

1月15日、上賀茂神社では「御粥神事」が執り行われ、
下鴨神社の「御粥祭」は紅白に並ぶ小豆粥・大豆粥が備えられ、
貴船神社では「御粥祭」、北野さんも小豆粥が神饌となっている。

e126353e126462



妙心寺東林院(JR嵯峨野線花園駅)では法要「小豆粥散飯式」が行われ、
自由に参列もでき、予約なしに精進料理「小豆粥」がいただける。

 




小豆粥で初春を祝う会
(あずきがゆではつはるをいわうかい)

■開催期間 2017/1/15~1/31  11:00~15:00
■開催場所: 妙心寺塔頭・東林院
〒616 – 8035   京都市右京区花園妙心寺町59
■参加料金: 1/15日10:00~ 小豆粥散飯式法要 参拝自由
(梅湯茶礼、小豆粥と精進料理、大般若札、お年玉 / 3800円 )
■お問合せ:東林院  075-463-1334







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


上賀茂特産「すぐき漬」の季節

「すぐき漬」がお店に並ぶ季節
味わい深い酸味と爽快な歯ごたえを
すぐき漬け(賀茂のすぐき販売所)

面取り作業

大きな樽での「荒漬け」

本漬け

乳酸菌が作りあげる、ホンマもんのすぐき漬け。
京都を代…

「すぐき漬」がお店に並ぶ季節
味わい深い酸味と爽快な歯ごたえを

すぐき漬け(賀茂のすぐき販売所)

乳酸菌が作りあげる、ホンマもんのすぐき漬け。

京都を代表する漬物のひとつである北区上賀茂地域の特産「すぐき漬」は、江戸時代からの長い歴史を持ち、乳酸菌による独特の風味で知られる。
一説では、上賀茂神社の神官が賀茂川の河原に自生していたすぐきを持ち帰り、上賀茂神社の境内で栽培したのが発祥とされている。
原料となるすぐきの生産から漬物加工までを全て農家の手で行うのが特徴で、収穫から加工の時期を終え、店先に並ぶ時期となった。

 すぐき漬の原料はすぐきと塩のみ。すぐきの表面を削る「面取り」や「荒漬け」,「本漬け」の工程の後,室(むろ)に入れて乳酸発酵を促し,約3~4週間ほどで「すぐき漬」ができあがる。

植物性乳酸菌の『ラブレ菌』は「すぐき漬け」から発見され乳酸発酵による自然漬物は、健康志向の強い層の支持を得ている。

上賀茂すぐきの秘められた効用

京漬物 / すぐき by 五所光一郎
http://kyoto-brand.com/read_column.php?cid=5010

京都なり田

147_2
上賀茂本店
京都市北区上賀茂山本町35番地
tel 075-721-1567
京都高島屋店/JR京都伊勢丹店
http://www.suguki-narita.com/suguki.html
 

志ば久

04281802_49f6c62b98e86
京都市左京区大原勝林院町58
tel 075-744-4893
http://www.shibakyu.jp/
 

賀茂のすぐき販売所

suguki3150
京都市上京区今出川通御前西入ル紙屋川町1015-3
tel 075-366-3213
http://www.suguki.jp/




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

美食家の舌も満足★寺町 西むら

リーズナブルだけど一流の味を!
もっと身近に京料理を感じてほしい

有名料亭で25年の経験を積んだ店主・西村さんが、「京都の和食は高い」というイメージを払拭したいと始めた京料理店。ランチは限定20食の二重弁当のみで、夜はコースから一品料理ま…


4510

リーズナブルだけど一流の味を!
もっと身近に京料理を感じてほしい

有名料亭で25年の経験を積んだ店主・西村さんが、「京都の和食は高い」というイメージを払拭したいと始めた京料理店。

4511ランチは限定20食の二重弁当のみで、夜はコースから一品料理まで幅広く楽しむことができる。

日本酒は京都の酒蔵のものを中心にラインナップ。店主一押しの京都の地酒「伊根満開」を、料理と一緒に味わって。


1日限定20食のお昼の二重弁当1,728円。
焼き物やお造り、自家製ごま豆腐など全11品が付く。




4512

城陽産のいちじくを丸々一個揚げたいちじくの揚げ出し800円。
いちじくの酸味と優しい出汁の風味が相性抜群。




img2314
寺町 西むら


京都市中京区寺町二条下ル榎町98-9
アンリービル1 階
075-254-8154

不定休 /  11:30 ~ 14:00、17:00 ~ 22:00
(ランチはなくなり次第終了)







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム”京に癒されて” もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←


 

br_decobanner_20111026101943

合掌


京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

京都伏見 SAKEZO’S BAR 3店オープン!

酒の漢字の“酉”は、十二支の中の10番目の“酉”としても使われています。酉の月は10月の新穀の実る月で、その穫り入れた新穀を使い、酒造りを一斉に始めた月。10月から翌年の9月までを酒造年度としていたようで、酒造元日である10月1日が「日本酒の日」となった。
この「…

sake_chirasi


酒の漢字の“酉”は、十二支の中の10番目の“酉”としても使われています。酉の月は10月の新穀の実る月で、その穫り入れた新穀を使い、酒造りを一斉に始めた月。10月から翌年の9月までを酒造年度としていたようで、酒造元日である10月1日が「日本酒の日」となった。 この「日本酒の日」に合わせ、伏見の清酒バー"FUSHIMI SAKEZO’S BAR"が開催される。 今年も、期間限定会場が3か所になりました。   


l969apvg
  第1会場  COCON KARASUMA /古今烏丸2016.10.1(土)→12.11(日) 第2会場  FORTUNE GARDEN KYOTO2016.10.1(土)→12.11(日) 第3会場  Sunny 2016.10.1(土)→12.11(日))

  2

http://www.fushimi.or.jp/