もみじのトンネルを抜けて清涼感たっぷりの洛北へ

叡山電鉄では、2019年4月27日(土)~5月31日(金)に市原駅~二ノ瀬駅間の通称「もみじのトンネル」区間で徐行運転を行う。
通常より速度を落とし、新緑が芽吹くもみじをゆっくり楽しむことができる。

 秋には、紅く色づく美しい「もみじのトンネル」は、この季…

叡山電鉄では、2019年4月27日(土)~5月31日(金)に市原駅~二ノ瀬駅間の通称「もみじのトンネル」区間で徐行運転を行う。
通常より速度を落とし、新緑が芽吹くもみじをゆっくり楽しむことができる。

 秋には、紅く色づく美しい「もみじのトンネル」は、この季節には瑞々しい「青もみじのトンネル」に変わります。
車窓に迫るもみじの新葉は太陽の光を受けることによりスプリンググリーンに輝き、春風によって揺れる青もみじは、生命の息吹を感じさせてくれます。

また、今年は「鞍馬線開通90周年事業」の一環として本年3月より期間限定で運行している「メープルグリーン」塗装の「青もみじきらら」が、イメージとなったこの季節の爽やかな新緑のもみじと競演します。



青もみじ新緑の徐行運転
期間
2019年4月27日(土)~5月31日(金)の毎日
徐行区間
鞍馬線 市原駅~二ノ瀬駅間にある「もみじのトンネル」区間(約250m)
対象列車
出町柳駅発 9:02~16:20  鞍馬駅発 9:41~16:59

【土曜・休日ダイヤ】

出町柳駅発 9:00~16:30  鞍馬駅発 9:34~17:04

主催/問い合わせ
叡山電鉄
参照web
https://eizandensha.co.jp/event/detail559/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



禅茶一心☆春の庭園特別公開・寺宝展 2019

 
宋より茶を持ち帰った栄西を開祖とする建仁寺を本山とし、茶人として名を馳せた織田有楽斎の墓所を擁す正伝永源院。塔頭寺院の中にあって、とりわけ
茶の湯に縁の深い当院には客人をもてなすという茶道の心が色濃…

 
宋より茶を持ち帰った栄西を開祖とする建仁寺を本山とし、茶人として名を馳せた織田有楽斎の墓所を擁す正伝永源院。塔頭寺院の中にあって、とりわけ 茶の湯に縁の深い当院には客人をもてなすという茶道の心が色濃く受け継がれています。境内には、有楽斎が建てた国宝の茶室「如庵」が復元されています。池 泉観賞式の庭園と併せて公開。


 

 

11018133_400129430159625_6771773470963900832_n

image150116_sp

 

 

 寺宝一覧




春の庭園特別公開・寺宝展

☆★☆★ 禅茶一心 ☆★☆★

■開催期間:2019/4/12~5/12       10:00~16:30  (閉門は17:00)
■開催場所:建仁寺塔頭 正伝永源院
〒605-0811 京都府京都市東山区大和大路通四条下る四丁目 小松町586
■拝観料 :通常非公開 特別公開時 大人600円  中高生300円 小学生以下無料
■お問合せ:075-531-0200
■URL :http://www.shoden-eigenin.com/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ




春の特別拝観2018☆嵐山の新緑と名画/宝厳院・弘源寺

嵐山・天龍寺の塔頭「宝厳院」「弘源寺」で春の特別拝観が開催されています。
宝厳院では、嵐山を借景とする名庭「獅子吼(ししく)の庭」が公開され、これから美しくなる新緑も楽しめます。弘源寺では、竹内栖鳳の日…

嵐山・天龍寺の塔頭「宝厳院」「弘源寺」で春の特別拝観が開催されています。
宝厳院では、嵐山を借景とする名庭「獅子吼(ししく)の庭」が公開され、これから美しくなる新緑も楽しめます。弘源寺では、竹内栖鳳の日本画や毘沙門天立像(重文)などの寺宝を拝観できます。
開催期間は、宝厳院が6月30日まで、弘源寺が5月16日まで。共通拝観券もあります。

宝厳院



右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町36


嵐山借景 回遊式山水庭園 「獅子吼(ししく)の庭」 公開
「風河燦燦三三自在」(田村能里子画伯筆) 公開
当院の庭園「獅子吼の庭」は、室町時代に中国に二度渡った禅僧、策彦周良禅師によって作庭され、嵐山の景観を匠に取り入れた借景式枯山水庭園です。その名 にある「獅子吼」とは「仏が説法する」の意味であり庭園内を散策し、鳥の声、風の音を聴く事によって、人生の心理、正道を肌で感じ、心が大変癒する庭で す。

■開催期間 : 2019年3月16日~6月30日
(本堂襖絵は、法要等により拝観出来ない場合が有ります。)
■拝観時間 : 午前9時~午後5時(本堂襖絵は受付終了午後4時30分)
■拝観志納料(庭園) : 大人500円 小中学生300円 弘源寺割引共通券 : 900円
(本堂襖絵は別途参拝料必要 大人500円)
■お問合せ : 075-861-0091
■URL    : http://www.hogonin.jp/

 

弘源寺

 

右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町65


枯山水庭園「虎嘯の庭」。
竹内栖鳳とその一門(上村松園・西山翠嶂・徳岡神泉ほか)など文化勲章受章画家の日本画等の公開を予定しております。
幕末に長州藩がつけた刀傷も見所のひとつです。
また、毘沙門天立像(国指定重要文化財)も公開予定です。


■開催期間:2019年3月16日 ~ 5月19日
■拝観時間:午前 9:00~ 午後 5:00
■拝 観 料:大人500円 小人300円 宝厳院割引共通券:900円
■お問合せ: 075-881-1232
■URL  : http://kogenji.jp/index.html

 







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ




日本一の長浜盆梅展2019

盆梅とは鉢植えの梅、つまり梅の盆栽のこと。
長浜盆梅展は開花時期に応じ、300鉢の中から約90鉢を純和風の座敷にずらりと展示されています。

高さ3m近い巨木や樹齢400年を超える古木も、盆栽らしき風情の中鉢、小蜂もあります。
なんと、巨木の名前は「不老」と…

盆梅とは鉢植えの梅、つまり梅の盆栽のこと。
長浜盆梅展は開花時期に応じ、300鉢の中から約90鉢を純和風の座敷にずらりと展示されています。

48ebb06626a1a235
高さ3m近い巨木や樹齢400年を超える古木も、盆栽らしき風情の中鉢、小蜂もあります。
なんと、巨木の名前は「不老」とついています。
今年も元気に咲いてます。

 
天井に届く高さで、全景がカメラに収めることが難しい。
その「不老」は、高さ2m50 幹周り1m80 で三尺鉢(90cm)に植わっています。

長浜盆梅展は平成30年で67回目を迎えます。

70dc2e3b

【長浜盆梅展の歴史】
長浜盆梅展は、昭和26年(1951年)、故高山七蔵翁(たかやま しちぞう)が、長浜市に寄贈されたのが始まりです。
当時、第2次世界大戦後で荒廃した世相の中、高山氏は湖北の山で集めた梅から育てた盆栽を、多くの人に見て喜んでいただきたいという思いで寄贈されました。
翌年の昭和27年に長浜盆梅展が開催されて以来、長浜の春の訪れを告げる風物詩となり、歴史・規模ともに日本一の盆梅展として親しまれています。

故 高山七蔵翁

 

911f2989

明治20年明治天皇の長浜行幸に際し、当地の富豪・浅見又蔵氏が行在所として建設し、その名は初代総理大臣伊藤博文の命名による「慶雲館」と、京都の平安神宮や南禅寺・対龍山荘などを手がけた7代目小川治兵衛の作なる名勝庭園が器となる盆梅、出かけないわけには行かないでしょう。

 

展示盆梅の一覧写真と開花状況

 

683c45673c8c165d

そして、お帰りのお土産には・・・「長浜盆梅餅」などいかがでしょうか。

 

 

 盆梅フォトコンテスト募集中 1/10~3/25

 



☆★☆★  第68回 長浜盆梅展   ☆★☆★

■開催日時:2019/1/10~3/10     9:00~17:00
期間中無休 ・(夜間ライトアップは2月2日(土)~3月3日(日)の土日祝日)(入館は20:00まで)
〒526-0067 滋賀県長浜市港町2-5
■入館料金:大人500円 小中学生200円
■お問合せ: 0749-65-6521    長浜市観光協会
http://bonbai.jp/

 

メルマガ「京都電脳新聞」 コラム“京に癒されて” もお読みください。
→→→→→→→無料定期購読受付中←←←←←←←

 

Turn On Builder [Edit]

蹴鞠はじめ2019

蹴鞠(けまり)は,約1,400年前の大和朝廷時代に,中国から我が国に伝えられたといわれる球戯の一種です。
勝敗はありません。
我が国では,時代によって宮中において盛んに鞠会が催され,平安時代中頃以降の古文書には,鞠会の記述がしばしば見られます。
鎌倉時代には,武…

kemari_simogamojinjya
蹴鞠(けまり)は,約1,400年前の大和朝廷時代に,中国から我が国に伝えられたといわれる球戯の一種です。
勝敗はありません。

我が国では,時代によって宮中において盛んに鞠会が催され,平安時代中頃以降の古文書には,鞠会の記述がしばしば見られます。

鎌倉時代には,武士階級でも盛んに蹴鞠が行われるようになり,室町時代を経て江戸時代に入ると,徐々に一般庶民にまで普及し,謡曲・狂言・浮世草子など様々な所でも題材になりました。

お正月の蹴鞠はじめには京都蹴鞠保存会の方々により蹴鞠はじめが催され披露されます。

 

 

 

 

 

☆★☆★  蹴鞠はじめ  ☆★☆★

■開催日時:2019/1/4  13:30~
■開催場所:下鴨神社 京都市左京区下鴨泉川町59
■拝 観 料:境内無料 有料観覧席あり((パンフレット付 2,000円)
■お問合せ:075‐781‐0010
■URL :http://www.shimogamo-jinja.or.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



年始めは、いの(猪)一番に、干支めぐり

2019年の干支は「亥(い)」です。
いのしし所縁のラッキースポット、ご紹介します。
 

 
★護王神社(ごおうじんじゃ)
————————————————————————
■見所  :足腰の守護神として広く崇敬される護王神社は和気清麻呂公ゆかり
の神社で、清麻呂…

2019年の干支は「亥(い)」です。

いのしし所縁のラッキースポット、ご紹介します。

 

 

★護王神社(ごおうじんじゃ)

————————————————————————

■見所  :足腰の守護神として広く崇敬される護王神社は和気清麻呂公ゆかり

の神社で、清麻呂公をたくさんの猪が守ったという故事に因んで、

狛猪や猪の像が置かれています。

 

■住所  :京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385

■拝観時間:自由

■拝観料金:境内無料

■アクセス:市営地下鉄「丸太町」下車 徒歩6分

■お問合せ:TEL.075-441-5458

■URL   :http://www.gooujinja.or.jp/

 

 

★建仁寺塔頭 禅居庵 (けんにんじたっちゅう ぜんきょあん)

————————————————————————

■見所  :臨済宗建仁寺派の塔頭寺院で、開運勝利のご利益により多くの参詣

者をあつめています。ご開山が元の国から将来された摩利支天が秘

仏として祀られ七百年近くになり、摩利支天は仏法を護る善神とし

て禅宗では大切にされており、七頭の猪の上に座しておられるその

お姿から境内には多くの狛亥が祀られています。

 

■住所  :京都市東山区大和大路通四条下ル4丁目小松町146

■拝観時間:9:00~17:00

■拝観料金:参拝自由

■アクセス:京阪本線「四条駅」より徒歩10分

■お問合せ:TEL.075-561-5556

■URL   :http://zenkyoan.jp/

 

 

 

★南禅寺塔頭 聴松院(なんぜんじたっちゅう ちょうしょういん)

————————————————————————

■見所  :南禅寺三門に向かって左側に建つ 摩利支天をお祀りしています。

開運勝利、福利円満、万難消除などの信仰を集めています。

本堂前の両側に狛猪が置かれています。

 

■住所  :京都市左京区南禅寺福地町86-15

■拝観時間:自由

■拝観料金:参拝自由

■アクセス:地下鉄「蹴上」駅下車、徒歩8分

■お問合せ:TEL.075-761-2187

 

 

★高台寺塔頭 春光院(こうだいじたっちゅう しゅんこういん)

————————————————————————

■見所  :臨済宗建仁寺派の寺院。

茅葺きの山門のかたわらに猪に乗った摩利支天が鎮座しています。

 

■住所  :京都市東山区高台寺下河原町531

■拝観時間:お寺は非公開

■アクセス:市バス「東山安井」下車徒歩5分

 

 

 

 

★本法寺(ほんぽうじ)

————————————————————————

■見所  :本阿弥家代々の菩提寺で知られるお寺です。

境内には、摩利支天をまつる摩利支天堂があります。摩利支天は陽

炎を神格化した女神ともいわれ、猪を神使いとし、亥年の守護神と

しても信仰を集めています。

 

■住所  :京都市上京区小川通寺ノ内上ル本法寺前町617

■拝観時間:10:00~16:00

■拝観料金:境内無料

■アクセス:市バス「天神公園前」徒歩約3分

■お問合せ:TEL.075-441-7997

■URL   :https://eishouzan.honpouji.nichiren-shu.jp/

 

 

★下鴨神社(しもがもじんじゃ)                                  世界遺産

————————————————————————

■見所  :世界遺産の下鴨神社には言社(ことしゃ)という干支の守護神とし

て古くから信仰をあつめるお社があります。その中に、亥年生まれ

の守護神のお社があります。

 

■住所  :京都市左京区下鴨泉川町59

■拝観時間:6:30~17:00

■拝観料金:境内無料

■アクセス:http://www.shimogamo-jinja.or.jp/access/

■お問合せ:TEL.075-781-0010

■URL   :http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

 

 

★伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)

————————————————————————

■見所  :711年創建、全国4万の稲荷神社の総本山。商売繁盛・五穀豊穣のご

利益で知られる伏見稲荷大社の裏参道にあるいなり大神。全ての干

支の動物の像が祀られています。

 

■住所  :京都市伏見区深草藪之内町68

■拝観時間:境内自由

■拝観料金:境内無料

■アクセス:http://inari.jp/access/

■お問合せ:TEL.075-641-7331

■URL   :http://inari.jp/








メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


二条城庭園・年末年始公開

年末26日から28日・新年元旦~3日の二条城庭園(御殿除く)が公開されています。
休城日
12/29~12/31予定
そして、清々しい新年の庭園を散策なさいませんか。
(一般400円小中高生200円和装の方無料)

1 日  時
平…

img_01

年末26日から28日・新年元旦~3日の二条城庭園(御殿除く)が公開されています。

休城日
12/29~12/31予定

そして、清々しい新年の庭園を散策なさいませんか。

(一般400円小中高生200円和装の方無料)

img_03

1 日  時
平成30年12月26日(水)~12月28日(金) 3日間
平成31年 1月 1日(火)~ 1月 3日(木) 3日間

午前8時45分~午後5時(受付終了:午後4時

※二条城障壁画展示収蔵館
午前9時午後4時45分(受付終了:午後4時30分)

2 公開場所
・元離宮二条城内 庭園(二の丸庭園,本丸庭園,清流園)
・二条城障壁画展示収蔵館
(第4期展示事業「探幽(たんゆう)の孔雀 ~ 美しき写実と創作  ~」を開催中)
※二の丸御殿内は非公開です。

3 入城料等
一般400円,小中高生200円    ※和装の方は,入城料無料
京都市内在住の小中学生,満70歳以上の方,身分証明を提示で入城料無料
※障害者の方は,手帳の提示で入城無料
※二条城障壁画展示収蔵館は,別途100円小学生以上)

 

 

元離宮二条城
■所在地 :京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
■開城時間:8:45~17:00(受付終了16:00)
■入城料 :一般600円 中高生350円 小学生200円
■お問合せ:文化市民局文化芸術都市推進室元離宮二条城事務所
TEL.075-841-0096
■URL   : http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



今年の漢字募集中

2018年はどんな1年だったのでしょうか。
2017年は「北」、2016年は「金」、2015年は「安」でした。
今年はどんな漢字を20万の漢字ファンは選ぶでしょうか?
あなたにとっては何が印象に残る世相でしたでしょうか。

応募要項
期間 2018年12月5日必着
発表 2018年12月12日 …

2018年はどんな1年だったのでしょうか。
2017年は「北」、2016年は「金」、2015年は「安」でした。
今年はどんな漢字を20万の漢字ファンは選ぶでしょうか?

あなたにとっては何が印象に残る世相でしたでしょうか。

応募要項

期間 2018年12月5日必着
発表 2018年12月12日 清水寺
「漢字の日」は12月12日
応募
2018年の世相を表す漢字一字とその理由
郵便番号、住所
氏名、年齢、性別、電話番号

応募方法

インターネット応募
https://fofa.jp/kanken/a.p/101/

はがき郵送

はがきに氏名・年齢・性別・郵便番号・住所・電話番号・2017年の世相を表す漢字一字と、
その字を選んだ理由を明記のうえ、下記のあて先にお送りください。(応募は1通につき一字とします)

郵送先:
〒605-8799 東山郵便局 私書箱第11号
2018年「今年の漢字」係

応募箱
清水寺、書店・図書館など全国約500箇所以上で、所定の応募用紙にて
【設置場所一覧】PDFアイコン書店

※1回の応募につき、漢字は一字とします。
※同一人の複数応募可。
同一の漢字は1票のみ有効とします。

問い合わせ

財団法人日本漢字能力検定協会
http://www.kanken.or.jp/
〒600-8585 京都市下京区烏丸通松原下る五条烏丸町398
0120-509-315(無料)

  • edification_years_kanji_history_pic_1998
  • edification_years_kanji_history_pic_1997
  • edification_years_kanji_history_pic_1996





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



長楽寺★紅葉祭りと久寿扇祈願会

 
真葛原にそよそよと 秋の色ます華頂山
時雨を厭う唐傘の濡れて紅葉の長楽寺
 
この歌は、長楽寺の景勝をこよなく愛し、遺言によって境内に眠る江戸末期の有名な文人・頼山陽が詠んだ「京の四季」の一節で、今日…

momijimaturi2014_1

 

真葛原にそよそよと 秋の色ます華頂山
時雨を厭う唐傘の濡れて紅葉の長楽寺

 
この歌は、長楽寺の景勝をこよなく愛し、遺言によって境内に眠る江戸末期の有名な文人・頼山陽が詠んだ「京の四季」の一節で、今日も多くの人々に詠われ舞われて深く親しまれています。
晩秋の一日、詠われた境内の時雨の紅葉が燃ゆるがごとく染まる頃、この地の景勝をこよなく愛した、ゆかりの人々を偲んで、「長楽寺紅葉祭り」が開催されます。

 p_hondoup_niwa

■見どころ:14時・15時からの二回、舞妓さんたちにより京舞が奉納された後、本堂での久寿扇(くすおうぎ)祈願会で、病魔退散祈願法要が営まれ、祈願済みの扇(茶扇)が授与されます。長楽寺を訪れ紅葉を愛でた頼山陽、西行、長沢蘆雪など多くの文人墨客を偲び開催されます。

平敦盛の奥方であった玉織姫が、京の五条大橋のほとりにあった新善光寺御影堂で出家し、一の谷の合戦で没した敦盛の霊を弔うとともに、後鳥羽上皇のご病気の全快を祈願して阿古女扇に呪文を封じ献上されるや、たちまちにご病気が平癒されたという。上皇はこの霊験あらたかな扇に御心をうごかされ、特別に「久寿扇」の名称を下賜されました。

 

05121001_chourakiji
 よもすがらをしげなく吹く嵐かな
わざと時雨の染むる紅葉を
西行(山家集)



 

☆★☆★ 紅葉祭りと久寿扇祈願会 ☆★☆★

■開催会場:長楽寺(京都市東山区円山町626番地)
■開催期間:平成30年11月23日(祝)  午後2時/午後3時
■休館日:木曜日(特別拝観中は除く)
■拝観時間:9:00~17:00    扇祈願会 午後3時~午後4時30分頃まで
■拝観料:高校生以上500円 小人200円 扇祈願会冥参集志納料4,000円
■お問合せ:長楽寺  075-561-0589

■URL :http://www.age.ne.jp/x/chouraku/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



広隆寺・聖徳太子御火焚祭

11月22日は聖徳太子の月命日である。この日に広隆寺では、

年に唯一度 非公開の本堂上宮王院(じょうきゅうおういん)太子殿が一日公開され、
黄櫨染(こうろぜん)の御袍(ごぼう)を纏(まと)った
本尊・秘仏聖徳太子立…

081125_01ohitaki_climax_kouryujiDSC_0243

11月22日は聖徳太子の月命日である。この日に広隆寺では、

081125_03nioumon_kouryujiDSC_0325_edited081125_05ohitakisa_kouryuji_taremakuDSC_0316

年に唯一度 非公開の本堂上宮王院(じょうきゅうおういん)太子殿が一日公開され、
黄櫨染(こうろぜん)の御袍(ごぼう)を纏(まと)った
本尊・秘仏聖徳太子立像(1120年作)を見ることができる。

黄櫨染御袍は天皇が重要な儀式の際に着用する束帯装束で、
天皇以外使用できない禁色とされていたものである。

081125_10yamabusigyoretu_kouryujiDSC_0088

本堂での約半時間の法要の後、ほら貝を吹く山伏が先導し、
上宮王院太子殿を後に薬師堂前に設けられた護摩壇のある斎場へ場所を移し、
いよいよ、「聖徳太子御火焚祭」の火入れがはじまる。

081125_081125_16gomadan_mouen_2

御火焚の種火が、祭壇のろうそくの神火から竹に刺した松に移され、
円を描き護摩壇に差し込まれるや斎場は煙一面に包まれ、
薬師堂、講堂、地蔵堂など、どの甍も見えなくなってしまう。

081125_17ohitaki_dosi_honoDSC_0232

その一瞬である。白く立ち込める煙の中に、赤い火柱が立ち上がる。

081125_06reihouden_iriguti_kouryujiDSC0398edited081125_reihoudenmae_kouryujiIMG_5352

また、宝物館の秘仏薬師如来像を開帳し、
京都最古のお寺の国宝・桂宮院本堂も同時に公開されている。

この体験をしたものにしか分らない感動を、あなたも経験されてみてはどうだろうか。
紅葉狩りを兼ねた絶好の日の参詣となるはずだ。

081125_keikyuin_koryuji_zenkeiDSC_0356

最後に、4、5、10、11月の日・祝日とこの日は桂宮院の公開日にあたる。

京都最古のお寺の国宝・桂宮院本堂は、法隆寺の夢殿に似た単層八角円堂で、
一重、桧皮葺の構造で夙に知られるが、同日に特別公開されている。

 



聖徳太子御火焚祭

■開催日時:2018/11/22   13:00~   本堂ご開帳 9:00~16:00
■開催場所:広隆寺 京都市右京区太秦蜂岡町32
■拝 観 料:見学無料
■お問合せ:075-861-1461







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ