春は”北野をどり”、秋は”寿会” 上七軒歌舞練場

 
毎年十月上旬に五日間行われる踊の会です。 四月の「北野をどり」と違い、寿会では古典もの、踊りが中心で赴きが違います。
 
この舞台のために稽古を積んでいる芸妓さん、舞妓さんの成果をぜひご覧下さい。
 

 
 

 
 
☆…


 

毎年十月上旬に五日間行われる踊の会です。 四月の「北野をどり」と違い、寿会では古典もの、踊りが中心で赴きが違います。

 

この舞台のために稽古を積んでいる芸妓さん、舞妓さんの成果をぜひご覧下さい。

 

 

 

20141007213719107m,aiko

 

 

☆★☆★☆ 第68回 寿会 ☆★☆★☆
■開催期間:平成29年10月8日~12日
10月8日のみ二回公演(13:00開演/16:00開演)
■開催場所:上七軒歌舞練場
■開催時間:午後4時 開演
■料   金:(税込)8,000円
■お問合せ:075-461-0148
■URL : http://www.maiko3.com/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





櫛祭☆彡安井金比羅宮

使い古した櫛やかんざしに、感謝を込めてお清めし供養するお祭りです。
昭和36年9月に境内北側に久志塚(櫛塚)が建立されてより、女性の命である髪の美しさを引き立てる櫛をお祀りし、女性の美容美顔美髪にご利益があります。
 
午…


使い古した櫛やかんざしに、感謝を込めてお清めし供養するお祭りです。
昭和36年9月に境内北側に久志塚(櫛塚)が建立されてより、女性の命である髪の美しさを引き立てる櫛をお祀りし、女性の美容美顔美髪にご利益があります。

 

午後1時より塚の前で祭典が執り行われ、皆様から寄せられた櫛を塚内へ納め、拝殿で舞踊「黒髪」が奉納されます。
2時頃より、伝統の髪型と風俗衣装の解説の後、時代風俗行列が神社周辺祇園界隈を練り歩きます。古墳時代から現代の舞妓の髪型まで、伝統の髪型は全て地髪で結い上げられ、大変習熟した結髪の技術を要します。毎年京都美容文化クラブの皆様ご奉仕により伝統の髪型が現代に再現されています。


 

日本髪の美しさと結髪技術のすばらしさ、京都らしい町並みの祇園界隈を進む時代絵巻をぜひご覧下さい。
なお雨天の場合、行列巡行は中止

【神事櫛祭】
午後1時

【時代風俗行列巡行】
午後2時




☆★☆★ 櫛まつり ☆★☆★

■開催日時:2017/9/25    (9月第4月曜日)
■開催場所:安井金比羅宮
〒605-0823 京都市東山区下弁天町70
■料    金:無料
■お問合せ: 075-561-2277(ミナミ美容室内櫛祭実行委員会)
075-561-5127(安井金比羅宮)
■URL :http://www.yasui-konpiragu.or.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

萩の宮で萩まつり/梨木神社

梨木神社は「萩の宮」ともいわれ、京都を代表する萩の名所として知られています。
毎年9月第3または第4日曜日前後に行われる「萩まつり」の日には参道から社殿前まで咲きみだれる萩の花を愛でる参拝者で賑わいます。
祭典では、神…

img_7615-448x600


梨木神社は「萩の宮」ともいわれ、京都を代表する萩の名所として知られています。
毎年9月第3または第4日曜日前後に行われる「萩まつり」の日には参道から社殿前まで咲きみだれる萩の花を愛でる参拝者で賑わいます。
祭典では、神饌とともに紅白の萩の花と鈴虫を竹のかごに入れてご神前に奉納します。また、境内の萩には献詠された短冊が下げられ、拝殿で献華式、弓術披露、狂言、舞、琴、尺八などの奉納行事が行われます。

 

IMG_7616

 

IMG_7616









☆★☆★☆ 萩まつり ☆★☆★☆
 ■開催日時:2017/9/18~9/24
 ■開催場所:梨木神社 〒602-0844 京都市上京区寺町通広小路上ル
 ■料   金:散策無料
 ■お問合せ:075-211-0885
 ■U R L:http://www.nashinoki.jp/page/hagimaturi







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


満月法会・・・大覚寺で観月の舟あそび

嵯峨天皇が大沢池にて、中秋の名月に舟を浮かべ、
文化人・貴族の方々と遊ばれたことから始まった「観月の夕べ」。
中秋には「満月法会」が行われ、
月を望む祭壇に供物を供え、農作物の豊作と人々の幸せが祈願されます。
観月の夕べ…

gyoji05_01b


嵯峨天皇が大沢池にて、中秋の名月に舟を浮かべ、
文化人・貴族の方々と遊ばれたことから始まった「観月の夕べ」。
中秋には「満月法会」が行われ、
月を望む祭壇に供物を供え、農作物の豊作と人々の幸せが祈願されます。

観月の夕べの期間中は、大沢池に浮べられた龍頭舟、鷁首舟の遊覧を楽しむことができます。


gyoji05_02b


空を見上げれば煌々と、目を落とせば静かな水面に映る月。
この2つの月が見られる稀有な時間、ぜひご堪能ください。


舟券の販売について

10653655_690288124381686_202778266390090695_n-423x600


・当日、勅使門前舟券売場にて販売致します。
・1枚1000円(本年はお抹茶とお菓子はございません)にて販売致します。
・お一人様4枚まで購入できます。
・当日、整理券が配布される予定です。
・17時台、18時台、19時台、20時台から選べます。
・当日販売分が無くなり次第、終了致します。
※乗船方法/乗船時間になりましたら、舟乗り場にお並びいただき、順次乗船となります。
同じ券をお持ちの方が一斉に並ばれますので、乗船時間に乗船できるわけではございません。.

 



☆★☆★ 大覚寺 観月の夕べ  ☆★☆★

■開催日時:2017/10/4~10/7    17:00~21:00 (20:30受付終了)
■開催場所:大覚寺大沢池一帯    京都市右京区嵯峨大沢町4
■料  金:夜間拝観料料 大人500円・小中高生300円
舟券 1000円 茶席(観月席) 800円
■お問合せ:075-871-0071 旧嵯峨御所大覚寺門跡
■URL        : http://www.daikakuji.or.jp/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


松尾大社 八朔祭

八朔とは、旧暦8月1日(朔日)の事で、台風や病害虫の被害をこうむる事が多く、 近づきつつある収穫へ順調な五穀豊穣、家内安全を祈るお祭りである。
起源は、古来からの習わしで、いわゆる「八朔」または「怙恃(たのみ)の節」、「たのみ…


八朔とは、旧暦8月1日(朔日)の事で、台風や病害虫の被害をこうむる事が多く、 近づきつつある収穫へ順調な五穀豊穣、家内安全を祈るお祭りである。
起源は、古来からの習わしで、いわゆる「八朔」または「怙恃(たのみ)の節」、「たのみの節」といわれてきた人々の年中行事に遡るとも言われる。


この「八朔」には、・田の実りをお供えする・稲穂の豊穣を祈願するという二つの意味合いがあり、鎌倉時代からの農耕社会では、春の節分とともに最重要の祭事だった。

 

 
fe_mikoshi


平安時代に、空也上人が神前において初めて奏したと言われる嵯峨野六斎念仏(無形文化財)、京都で最後の「盆踊り」、相撲場では、鎌倉時代からに今日まで続いている八朔相撲が奉納され、ゆく夏を惜しむ浴衣姿の参拝者で賑わう。


event0904_pic02


また、夜ともなると境内・参道すべてに、奉献された数千個の提灯に灯が点され、八朔祭を盛り上げています。

祭りの期間中、「女みこし」と酒樽の「子供みこし」の巡行があlります。
 

event0904_pic01

 

☆★☆★ 松尾大社 八朔祭 ☆★☆★

■開催日時:2017/9/2~9/3
(元々は9月1日に執り行われていたが、昭和51年以降、9月の第一日曜日となった)。
■開催場所:松尾大社 京都市西京区嵐山宮町3
■お問合せ:075-871-5016
■URL :http://www.matsunoo.or.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

化野念仏寺千灯供養

 
千灯供養とは・・・毎年8月23日・24日に、
念仏寺境内の西院の河原にj祀られている数千体の無縁仏に
ろうそくを灯し、供養する宗教行事です。
 

 
寺伝によれば、化野の地にお寺が建立されたのは、約千百年前、弘法大師が、五…

05ddb3fa

 

千灯供養とは・・・毎年8月23日・24日に、
念仏寺境内の西院の河原にj祀られている数千体の無縁仏に
ろうそくを灯し、供養する宗教行事です。

 

100824_DSC_0084

 

6a0982b4寺伝によれば、化野の地にお寺が建立されたのは、約千百年前、弘法大師が、五智山如来寺を開創され、その後、法然上人の常念仏道場となり、現在、華西山東漸院念仏寺と称し浄土宗に属する。 「あだしの」は「化野」と記す。「あだし」とははかない、むなしいとの意で、又「化」の字は「生」が化して「死」となり、この世に再び生まれ化る事や、極楽浄土に往来する願いなどを意図している。 この地は古来より葬送の地で、初めは風葬であったが、後世土葬となり人々が石仏を奉り、永遠の別離を悲しんだ所である。 境内に奉る多くの石仏・石塔は往古あだしの一帯に葬られた人々のお墓である。何百年という歳月を経て無縁仏と化し、あだしのの山野に散乱埋没したいた。明治中期に地元の人々の協力を得て集め、釈尊宝塔説法を聴く人々になぞらえ配列安祀してある。賽の河原に模して「西院の河原」と名付けられた。

 

100824_adasino_nenbutudera

 

整理券を配られ行列をなすことで情緒が興ざめしてしまうかもしれないが、
奥嵯峨に来て、日本人の心の琴線に触れない人はいないだろう。
奥嵯峨の燈明と真心に共鳴し、感動を持ち帰られてはいかがたろう。

 

☆★☆★ 化野念仏寺 千灯供養  ☆★☆★

■開催日時:2017/8/23~8/24     17:30~21:00
■開催場所:化野念仏寺  京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17
■拝 観 料:1000円(ろうそく・パンフレット込)  保護者同伴小学生以下無料
■お問合せ:075-861-2221
■URL     :http://www.nenbutsuji.jp/index.html







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



小山郷六斎念仏が見られる/上御霊神社

 
18日の宵は 念仏踊りが見られる。今宵も出向きたい。
上御霊神社の六斎念仏では「小山郷六斎念仏」が興じられる。
 

 
19:30からは和太鼓の奉納があり、
境内では小山郷六斎念仏保存会の念仏踊が賑やかに催される。
 

424c1848-s

 

18日の宵は 念仏踊りが見られる。今宵も出向きたい。
上御霊神社の六斎念仏では「小山郷六斎念仏」が興じられる。

 

ad6fcc1144984ebe

 

19:30からは和太鼓の奉納があり、
境内では小山郷六斎念仏保存会の念仏踊が賑やかに催される。

 

6e85e10a
1adc325b

 

踊念仏は、平安時代中期の僧空也によって始められた。

 

 托鉢に用いる鉢を叩いて、「南無阿弥陀仏」を唱えて町々を廻わり、
人々の不安を取り除いたのが六斎の始まりと言われている。

 

239839dc

中世に入り「南無阿弥陀仏」の念仏に複雑な節がつけられ、
当初は鉦だけであったが、それに太鼓が加わったお囃子となり、

 

 六斎日におこなれるようになったことから、「六斎念仏」と呼ばれるようになった。

 

70556acb

 

六斎日とは1ヶ月のうち在家の者が八斎戒を守らなければならない日のことで、
8日・14日・15日・23日・29日・30日の6日であった。

 

d81c7b3e61c2a916

 

六斎日には、悪鬼が人を惑わす日とされて、何事も自粛されてたのである。
洛中に疫病が流行して多くの死者が出た時、 人々が不安に陥っていたところ、
空也上人が托鉢の鉢を叩いて、
疫病死の不安を取り除いたことに始まる「六斎念仏」を目の当たりにしてみませんか。

 

DSC_0074












■場所: 上御霊神社
■日時: 8/18 例祭 狂言奉納:9時半~
小山郷六斎念仏:20時半頃~
■アクセス: 地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅
■お問合せ:               075-441-2260




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


お盆の地獄絵は見たか!? これだ!  西福寺

西福寺(京都市東山区松原通大和大路東入ル)にやってくると、
普段は非公開の地獄絵が飾られている。
拝観料などいらない。(だからお賽銭などに財布の紐を是非緩めて貰いたい)
 

 
「悪いことしたら 地獄へ落ちるんえ」
そう…

DSC_0021

DSC_0039_editedDSC_0053


西福寺(京都市東山区松原通大和大路東入ル)にやってくると、
普段は非公開の地獄絵が飾られている。

拝観料などいらない。(だからお賽銭などに財布の紐を是非緩めて貰いたい)

 

rokudo_no_tsuji_sekihiDSC_0020DSC_0045_editedDSC_0046_edited

 

「悪いことしたら 地獄へ落ちるんえ」
そう言って幼い頃に 連れて行かれて見た絵はこんなのであった。

 

DSC_0044DSC_0043_edited

 

今の子供達は、インターネットなどで、
もっとリアルでグロテスクなものを平気で見ているのだろうか。

 

DSC_0047_editedDSC_0048_edited

 

「壇林皇后九想図」の絵解・・・
見目麗しい十二単衣の女御も・・・土と化する様子が・・・ 

 

danrinkogo_saifukujiDSC_0042_editedDSC_0049_edited

 

「壇林皇后九想図」の絵解きには、死人が腐敗し、白骨化して、
土に還る様子がリアルに描かれている。
檀林皇后とは嵯峨天皇の皇后のことで、
わが子(正親親王)の病気が治るように祈願されたのが西福寺のお地蔵さまである。
左が、壇林皇后像で、包み込んでくれるような優しいお顔の表情であった。

 

DSC_0050_edited
DSC_0051_edited

 

この絵図は西福寺にあるもので、
その町名は「西轆轤町(ろくろちょう)」でとなっていた。

今の学校では到底習えないものが、ここでは教えられている。

 

8/8~8/10

  西福寺
〒605-0813 京都府京都市東山区松原通大和大路東入2丁目轆轤町81
075-551-0675
地図






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

醍醐寺万灯会

万灯会と書いて・・・「まんどうえ(まんとうえ)」とよむのが正しい。
 
万灯会といえば、多くの灯明をともして仏・菩薩(ぼさつ)を供養し、
衆人の罪障を懺悔(さんげ)し、滅罪を祈願する伝統的な法会のこと。
 

 
そろそろお盆の季節なんですね。
そこで、夕涼みを兼ねた…

万灯会と書いて・・・「まんどうえ(まんとうえ)」とよむのが正しい。

 

万灯会といえば、多くの灯明をともして仏・菩薩(ぼさつ)を供養し、
衆人の罪障を懺悔(さんげ)し、滅罪を祈願する伝統的な法会のこと。

 

2013_mantoe

 

そろそろお盆の季節なんですね。
そこで、夕涼みを兼ねた風物詩、「墓地の度胸だめし」ではなくて、 「万灯会」や「夜まいり」。

 

events_4-1


醍醐寺万灯会


各家のご先祖と精霊(しょうりょう)を供養し、命の尊さに心を寄せるため、毎年8月5日に醍醐寺全山で営まれるのが「醍醐山万灯会」です。多くの置き灯篭や提灯が参道を照らす中で「精霊供養法要」や「お施餓鬼(せがき)供養が執り行なわれます。


当日は国宝の金堂や五重塔などが特別にライトアップされ、幻想的な雰囲気を静かに演出されています。

参道を照らすのは600個の堤灯、500個の灯籠。
ライトアップされた仁王門・ 五重塔・金堂・弁天堂天・大講堂。林泉の灯籠流し。

 

足元が暗いので懐中電灯は必携です。

 



■開催場所: 醍醐寺 伽藍 (国宝・金堂、五重塔周辺)
京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
■開催日時: 2017/8/5 18:00~20:30
万灯会法要 午後6時から/施餓鬼供養 午後7時頃から
■拝観料金: 下伽藍(しもがらん)は無料 ・ ※夜店、そうめんのお接待(先着500食)
■アクセス : 地下鉄東西線「醍醐」駅
■お問合せ: 万灯会:075-571-0002

 







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



京の夏の火祭り7/28 19:00 / 狸谷山・千日詣り火渡り祭

京都で火祭りといえば・・・
「鞍馬の火祭り」「大文字の送り火」「花背の松上げ」が挙げられるが、

忘れちゃならない火祭りがある。それは「千日詣り 火渡り祭」。
場所は左京区一乗寺にある狸谷山不動院だ。
宮本武蔵が滝に打たれて修行をしたことでも知られる霊山である…

京都で火祭りといえば・・・
「鞍馬の火祭り」「大文字の送り火」「花背の松上げ」が挙げられるが、


DSC_0053

忘れちゃならない火祭りがある。それは「千日詣り 火渡り祭」。
場所は左京区一乗寺にある狸谷山不動院だ。
宮本武蔵が滝に打たれて修行をしたことでも知られる霊山である。


火祭りといえば →→ 狸谷不動院 千日詣り火渡り祭





IMG_6501DSC_0072

IMG_6543IMG_6522

山伏が護摩焚きをしたあと、残り火を絨毯のように敷き、その火の上を歩くのだ。
遅くとも19時には到着して、できれば17時頃から参詣して、お山を満喫されるが良い。

IMG_6550


ご覧になる価値が十二分にある。
夏越祓いの儀式で、今年半年に染み付いた穢れを取り払い、
残る半年の厄除けを願うものである。

行けば必ず感動を持ち帰れるだろう。

千日詣り火渡り祭 

 7月28日 19:00~21:00
狸谷山不動院
〒606-8156 京都府京都市左京区一乗寺松原町

叡山電車 :一乗寺下車 徒歩15分 /市バス
:一乗寺下り松町下車徒歩約10分
駐車場情報:バス20台分 無料 / 自家用車150台分 無料

075-722-0025
http://www.tanukidani.com/top.html