赤山禅院・もみじ祭と数珠供養

観光寺院を嫌い紅葉狩をする人たちに人気が高いのが赤山禅院である。

古来より「もみじ寺」として親しまれ、例年この時季になると紅葉を愛でながら参拝する者の後が絶えない。
修学院離宮よりも更に山手に入ることから、知る人ぞ知…

71a6f14a

観光寺院を嫌い紅葉狩をする人たちに人気が高いのが赤山禅院である。

4391ddbffb846fb5

古来より「もみじ寺」として親しまれ、例年この時季になると紅葉を愛でながら参拝する者の後が絶えない。 修学院離宮よりも更に山手に入ることから、知る人ぞ知る隠れた名所として守られている。 「もみじ祭り」期間中の境内は伸び伸びとした木々に相応しいお山の色づきで、紅葉狩を楽しむ人の心を捕まえて離さない。

9a6a61f79fb60d07

 

毎年11月23日には恒例の「珠数供養大護摩供」が執り行われる。
珠数(じゅず、数珠とも書く)は、私たちが仏様にお参りするときに使う法具のひとつである。

34d85128
仏に念ずるときに用いる珠という意味から「念珠(ねんじゅ)」とも呼ばれる。
傷ついて使わなくなった珠数捨てるのではなく、炎によるお浄め「お焚きあげ」を行う。
珠数供養大護摩供・放生会・大般若転読会

全国から寄せられた数珠が次々と焚き上げ供養される。
お数珠の焚き上げは午前中。 数珠供養では比叡山大阿闍梨のお加持が行われる。

11月23日 珠数供養
     10時から大行満大阿闍梨により厳修されます。(15時頃まで)
11月25日 赤山大明神 縁日 御加持 
     11時より不動堂において
11月28日 雲母不動尊 縁日 御加持
     10時より不動堂において
 

b82ad90c

 

 

☆★☆★ 赤山禅院・もみじ祭と数珠供養 ☆★☆★

■開催期間:2017/11/1~11/30      9:00~16:30
■開催場所:赤山禅院     京都市左京区修学院開根坊町18
■料   金:拝観自由
■お問合せ:075-701-5181(赤山禅院)
■URL     :http://www.sekizanzenin.com/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

広隆寺・聖徳太子御火焚祭

11月22日は聖徳太子の月命日である。この日に広隆寺では、

年に唯一度 非公開の本堂上宮王院(じょうきゅうおういん)太子殿が一日公開され、
黄櫨染(こうろぜん)の御袍(ごぼう)を纏(まと)った
本尊・秘仏聖徳太子立像(1120年作)を…

081125_01ohitaki_climax_kouryujiDSC_0243

11月22日は聖徳太子の月命日である。この日に広隆寺では、

081125_03nioumon_kouryujiDSC_0325_edited081125_05ohitakisa_kouryuji_taremakuDSC_0316

年に唯一度 非公開の本堂上宮王院(じょうきゅうおういん)太子殿が一日公開され、
黄櫨染(こうろぜん)の御袍(ごぼう)を纏(まと)った
本尊・秘仏聖徳太子立像(1120年作)を見ることができる。

黄櫨染御袍は天皇が重要な儀式の際に着用する束帯装束で、
天皇以外使用できない禁色とされていたものである。

081125_10yamabusigyoretu_kouryujiDSC_0088

本堂での約半時間の法要の後、ほら貝を吹く山伏が先導し、
上宮王院太子殿を後に薬師堂前に設けられた護摩壇のある斎場へ場所を移し、
いよいよ、「聖徳太子御火焚祭」の火入れがはじまる。

081125_081125_16gomadan_mouen_2

御火焚の種火が、祭壇のろうそくの神火から竹に刺した松に移され、
円を描き護摩壇に差し込まれるや斎場は煙一面に包まれ、
薬師堂、講堂、地蔵堂など、どの甍も見えなくなってしまう。

081125_17ohitaki_dosi_honoDSC_0232

その一瞬である。白く立ち込める煙の中に、赤い火柱が立ち上がる。

081125_06reihouden_iriguti_kouryujiDSC0398edited081125_reihoudenmae_kouryujiIMG_5352

また、宝物館の秘仏薬師如来像を開帳し、
京都最古のお寺の国宝・桂宮院本堂も同時に公開されている。

この体験をしたものにしか分らない感動を、あなたも経験されてみてはどうだろうか。
紅葉狩りを兼ねた絶好の日の参詣となるはずだ。

081125_keikyuin_koryuji_zenkeiDSC_0356


最後に、4、5、10、11月の日・祝日とこの日は桂宮院の公開日にあたる。

京都最古のお寺の国宝・桂宮院本堂は、法隆寺の夢殿に似た単層八角円堂で、
一重、桧皮葺の構造で夙に知られるが、同日に特別公開されている。

 



聖徳太子御火焚祭

■開催日時:2017/11/22   13:00~   本堂ご開帳 9:00~16:00
■開催場所:広隆寺 京都市右京区太秦蜂岡町32
■拝 観 料:見学無料
■お問合せ:075-861-1461

白い煙、赤い炎、青い空、色づく紅葉
広隆寺 聖徳太子御火焚祭 by 五所光一郎

 







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



秋の特別拝観 勝林寺★紅葉のライトアップ

天文十九年(一五五〇)に第二百五世住持高岳令松によって創建。

仏法と北方を守護する毘沙門天を祀ることから「東福寺の毘沙門天」と呼ばれています。

その東福寺の仏殿に密かに安置されていた秘仏の毘沙門天立像(伝 定朝作…

shourinji


天文十九年(一五五〇)に第二百五世住持高岳令松によって創建。

仏法と北方を守護する毘沙門天を祀ることから「東福寺の毘沙門天」と呼ばれています。


db8cf0d9061b1121


その東福寺の仏殿に密かに安置されていた秘仏の毘沙門天立像(伝 定朝作)・吉祥天像(清水隆慶作)・善膩師童子像(清水隆慶作)が特別ご開帳となっています。毘沙門天曼荼羅 田村 月樵(宗立)作も同時展観いたします。
その他 多数の平安時代の仏像もご覧いただけます。

境内には無数の虎が月に吠える様子を表現した「嘯月庭」を初め無数の楓があり、特に「吉祥紅葉」が有名である。その美しさから吉祥天が宿る紅葉される。「吉祥紅葉」の紅葉は圧巻です。

 

6d4f5db3

 15036276_1136471696442980_66691658070125215_n


紅葉狩真っ盛りのシーズンに東福寺にお出かけください。


今回は、本尊胎内に納められていた像高16.7cmの「毘沙門天像」も特別御開帳されるほか、明兆筆「瀧見観音図」、「七難七福図」など寺宝も特別展示いたします。

 

 


☆★☆★ 秋の特別拝観   勝林寺 ☆★☆★

■開催日時:2017/11/18~12/3    10:00~19:00 昼夜入れ替えなし
■開催場所:東福寺毘沙門堂 勝林寺
京都市左京区川端通仁王門東入
■拝 観 料:大人600円・中学・高校生300円(寺宝の説明付き)小学生以下無料
■お問合せ:075-561-4311
■URL        :http://shourin-ji.org/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


京の文化財探訪・紅葉の醍醐を訪ねて

☆★☆★ 京の文化財探訪・紅葉の醍醐を訪ねて ☆★☆★
■開催日時:2017/11/23・24・25    10:00~16:00
■開催場所:
醍醐寺別格本山 理性院   075-571-0006
(〒601-1325 京都府京都市伏見区醍醐東大路町2…





☆★☆★ 京の文化財探訪・紅葉の醍醐を訪ねて ☆★☆★


■開催日時:2017/11/23・24・25    10:00~16:00
■開催場所:
醍醐寺別格本山 理性院   075-571-0006
(〒601-1325 京都府京都市伏見区醍醐東大路町21)
長尾天満宮   075-571-0074
( 〒601-1323 京都府京都市伏見区醍醐赤間南裏町21)
赤間薬師
( 〒601-1313 京都府京都市伏見区醍醐御陵東裏町27)
■拝 観 料:1000円(高校生以上三か所共通)
■お問合せ:075-752-0235
■U R L :http://www.kyobunka.or.jp/




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



光明寺★紅葉の特別入山

 紅葉期は大変混雑しますので公共交通機関をご利用下さい。
光明寺には駐車場はございません。また近隣は全面駐車禁止です。

■見どころ:西山三山の一つである紅葉の名所です。
総門から表参道「女人坂」のなだらかな石段を登りつ…

 紅葉期は大変混雑しますので公共交通機関をご利用下さい。

光明寺には駐車場はございません。また近隣は全面駐車禁止です。

12241436_898090763603844_6166191986681559510_n

■見どころ:西山三山の一つである紅葉の名所です。
総門から表参道「女人坂」のなだらかな石段を登りつめた御影堂、薬医門を中心とした「もみじ参道」の、樹齢150年・約500本の楓による紅葉のトンネル、参道に敷きつめられた輝きを増す敷きもみじが見所です。

komyoji-koyo2015
 
☆★☆★☆ 光明寺★紅葉の特別入山 ☆★☆★☆

■開催日時:2017/11/11~12/6    9:00~16:00
■開催会場:光明寺
〒617-0811 長岡京市粟生西条内26-1
■入山料:高校生以上500円  中学生以下無料
※光明寺には駐車場がないので、「JR長岡京」駅前の「パークアンドライド」がおすすめ。
■お問合せ:光明寺 075-955-0002  honzan@komyo-ji.or.jp
■URL :http://www.komyo-ji.or.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



建仁寺 正伝永源院★秋の庭園特別公開 寺宝展2017

正伝永源院は、織田信長の弟で大名茶人・織田有楽斎と、熊本藩主・細川家の菩提所です。境内には、有楽斎が建てた国宝の茶室「如庵(じょあん)」が復元されており、暦張りや「鱗板(うろこいた)」「有楽窓」など有楽斎好みの特徴を見ることができます。
また方丈は、狩野山楽…


正伝永源院は、織田信長の弟で大名茶人・織田有楽斎と、熊本藩主・細川家の菩提所です。境内には、有楽斎が建てた国宝の茶室「如庵(じょあん)」が復元されており、暦張りや「鱗板(うろこいた)」「有楽窓」など有楽斎好みの特徴を見ることができます。


また方丈は、狩野山楽筆の鮮やかな金碧の襖絵「蓮鷺図」や、平成25年春に奉納された元首相・細川護煕(もりひろ)氏揮毫 襖絵の四季山水図の夏(渓聲)・冬(聴雪)が公開されます。

 


寺宝一覧



 

正伝永源院




 

image140616

 




☆★☆★ 秋の特別庭園公開 寺宝展 ☆★☆★

■開催日時:2017/11/17~12/5    10:00~17:00
■開催場所:建仁寺 正伝永源院
〒605-0811 京都府京都市東山区大和大路通四条下る四丁目 小松町586
■拝観料金:通常非公開 特別公開時 大人500円 中高生300円 小学生以下無料
■お問合せ:075-531-0200
■URL :http://www.shoden-eigenin.com/

,




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



知恩院★秋のライトアップ2017(夜間特別拝観)

今年で18回目を迎える『知恩院ライトアップ2017』

京友禅の祖・宮崎友禅斎ゆかりの庭園「友禅苑」や、日本最大級の木造二重門である「三門」、
阿弥陀如来立像、四天王をお祀りしている「宝佛殿」がライトアップされます。。

 

今年で18回目を迎える『知恩院ライトアップ2017』

京友禅の祖・宮崎友禅斎ゆかりの庭園「友禅苑」や、日本最大級の木造二重門である「三門」、
阿弥陀如来立像、四天王をお祀りしている「宝佛殿」がライトアップされます。。

img_05img_09

 

昼間の拝観では味わうことのできない、自然と建造物が織りなす幻想的な雰囲気をご堪能ください。

11月3日~5日のおてつぎフェスでは、三門下にて二胡とシンセサイザーの演奏が行われます。11月7日以降(月曜日を除く)には今年で4回目となる「聞いてみよう!お坊さんのはなし」、毎週月曜日は新企画「ぶつけてみよう!あなたのオモイ」が開催されます。

 

 

例年大好評の「聞いてみよう!お坊さんの話」は、11月7日以降の毎日(月曜日を除く)実施
開始時間 ❶18:00~ ❷18:45~ ❸19:30~ ❹20:15~
(各回お話15~20分、木魚念仏体験10分程度)

《週替わりテーマ》
1週目「お坊さんとは?」
2週目「なぜ手を合わせるの?」
3週目「幸せとは?」
4週目「死にむかうとは?」

 

chioinn-sannmonn-lightup

 

☆★☆★ 知恩院ライトアップ2017(夜間特別拝観) ☆★☆★
■開催日時:2017/11/3~12/3      17:30~21:00(受付終了)
■開催場所:知恩院  友禅苑、三門、宝佛殿、女坂
〒605-8686   京都市東山区林下町400
■拝 観 料:大人800円(高校生以上) 小人400円(小・中学生)
■お問合せ:075-541-5142  布教部(ライトアップ




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ





大覚寺門跡・夜間特別拝観「真紅の水鏡」

恒例のライトアップでは、放生池に映し出される心経宝塔や紅葉など、
1200年の歴史を誇る大覚寺ならではの“悠久の時間の流れ”を体感することができます。

大沢池の散策のほか、
勅使門前の白砂の上に浮かび上がる嵯峨菊のあでや…

e6a48bb2-s

gyoji08_02b

恒例のライトアップでは、放生池に映し出される心経宝塔や紅葉など、
1200年の歴史を誇る大覚寺ならではの“悠久の時間の流れ”を体感することができます。

oosawa

大沢池の散策のほか、
勅使門前の白砂の上に浮かび上がる嵯峨菊のあでやかさは圧巻の光景です。

gyoji08_01b
日が沈むと紅葉と光の競演、いよいよ水面に映る心経宝塔を目にすることができます。

大覚寺が紡ぐ幻想的な世界
これぞ真紅の水鏡。

本堂および大沢池周辺の広大なエリアは、幻想的で柔らかな光で照らし出され、
そこでは盛りの紅葉と光の織り成す風雅を愛でることができるのです。

※本年度は行事中の諸堂エリアを拝観不可とさせて頂きます。
何卒、ご理解、ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。
日中(9時~16時30分)は通常通りご参拝いただけます。

 

 

☆★☆★ 大覚寺 夜間特別拝観 「真紅の水鏡」☆★☆★

■開催期間:2017/11/10~12/3  17:30~20:30(受付終了20:00まで)
■開催場所:旧嵯峨御所大覚寺門跡
〒616-8411  京都市右京区嵯峨大沢町4
■拝 観 料: 大人500円 小人300円 (嵯峨菊展見学付き~11/30 ※昼夜入替制)
■お問合せ: 075-871-0071
■URL :http://www.daikakuji.or.jp






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


真如堂☆紅葉と観経曼荼羅特別公開

広い境内の紅葉を楽しむ期間は長く、
11月中頃から12月初旬にかけての錦秋の織り成す模様は圧巻です。
山門から三重塔、本堂・鐘楼の廻りへと散策すると、どこを切り撮ろうか迷うばかり。本堂より拝観順路に沿い、涅槃の庭越し眺める大文字も格別の感があります。
更に、こ…

bfa525c2

2c04f1550f06e67b

広い境内の紅葉を楽しむ期間は長く、
11月中頃から12月初旬にかけての錦秋の織り成す模様は圧巻です。
山門から三重塔、本堂・鐘楼の廻りへと散策すると、どこを切り撮ろうか迷うばかり。本堂より拝観順路に沿い、涅槃の庭越し眺める大文字も格別の感があります。
更に、この時季の拝観順路には、本堂の大きさにあわせて製作された
縦5メートル、幅4.4メートルの”観経曼陀羅”が特別公開されています。

 
225_1


真如堂の”観経曼陀羅”は金糸などによる刺繍で、明和4年(1767)に製作されたものです。

画面の左右と下辺を小区画して、左側に頻婆娑羅王と韋提希夫人、阿闍世による王舎城の物語を、右に極楽浄土のイメージ法ともいえる十六観相のうち十三観を、下部に九品来迎図を描き、中央大画面には阿弥陀如来を中心とする極楽浄土のありさまが描かれています

 
7f036fc7

 

『観経曼荼羅』は、奈良・当麻寺にあることから『当麻曼荼羅』とも呼ばれますが、正式には『阿弥陀浄土変相図』といい、『観無量寿経』を絵解きしたものです。

秋深まる境内の紅葉とともに、拝観鑑賞をお奨めします。

 

11月5日~11月15日「十日十夜別時念仏会」    11月15日「本尊特別拝観」

 

☆★☆★ 紅葉と観経曼荼羅特別公開 ☆★☆★

■開催日時:2017/11/1~12/3      9:00~16:00
■開催場所:真如堂 京都市左京区浄土寺真如町82
■料  金:大人500円 高校生300円 中学生200円 小学生無料
■お問合せ:075-771-0915
■URL :http://shin-nyo-do.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



瑠璃光院 秋の特別拝観 2017

叡山電鉄八瀬比叡山口駅を超えて進み高野川の清流に沿って、吊り橋を渡ると青紅葉でも名高い山門がある。 三条実美の別荘跡で、料亭だったところが寺院に生まれ変わったという珍しいところで「瑠璃の庭」「臥龍の庭」「山露地の庭」三…



叡山電鉄八瀬比叡山口駅を超えて進み高野川の清流に沿って、吊り橋を渡ると青紅葉でも名高い山門がある。 三条実美の別荘跡で、料亭だったところが寺院に生まれ変わったという珍しいところで「瑠璃の庭」「臥龍の庭」「山露地の庭」三つの庭園を有する。


期間限定で公開される瑠璃光院は、春には青紅葉、秋には真っ赤な紅葉風景が楽しめる。古く貴族や武士が愛した静寂の中、まぶしいほどの紅葉に包まれる。 写経体験、八瀬のかま風呂、三条実美公命名の茶室で抹茶をいただいたり、数百年の歴史を有する寺宝の数々が所蔵される美術館など見所が多い。

 
img_topmain_aki

 

期間 : 平成29年10月1日(日)~12月10日(日)
時間 : 10:00~16:30(閉門17:00)
料金 : 一般 2,000円 学生 1,000円 小学生 無料

 

無量寿山光明寺瑠璃光院
京都市左京区上高野東山55
所要時間:約40分
休日・休館 通常非公開 叡山電車 八瀬比叡山口 徒歩約5分
tel 075-781-4001 web : http://rurikoin.komyoji.com/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ