関西髄一のつつじ寺満開見頃/三室戸寺

つつじ2万株・シャクナゲ1千株を有する三室戸寺がつつじのシーズンを迎えています。
関西屈指の平戸つつじの規模は訪れる参拝者を圧倒させ、
紫・ピンク・白の花々が見事に咲き誇ります。

境内の山の傾斜面を覆うように花開かせているつつじは20,000株。
平戸つつじの他…

mimurotoji28

つつじ2万株・シャクナゲ1千株を有する三室戸寺がつつじのシーズンを迎えています。
関西屈指の平戸つつじの規模は訪れる参拝者を圧倒させ、
紫・ピンク・白の花々が見事に咲き誇ります。


mimurotoji1

mimurotoji18


境内の山の傾斜面を覆うように花開かせているつつじは20,000株。
平戸つつじの他にも、霧島つつじ、久留米つつじ等もあり、
4月末から5月初め頃に見頃を迎え、例年はゴールデンウィークに満開となります。


 

本日の庭園

 

 

つつじの咲く頃には1000株の石楠花(しゃくなげ)も、三重塔を望む山の北斜面に、
赤ピンク 白の中に紫色の斑入りの西洋シャクナゲが咲いています。


mimurotoji31


 京都のつつじの名所「つつじ寺」とも呼ばれる三室戸寺へ是非おでましください。
例年はゴールデンウィーク前後に満開になります。




 

本日の庭園開花情報




 

☆★☆★  つつじ・しゃくなげ園  ☆★☆★

■開催日時:2017/4/22~5/14   8:30~16:30
■開催場所:三室戸寺
〒611-0013  京都府宇治市菟道滋賀谷21
■料  金:大人500円 小人300円
■お問合せ:0774-21-2067
■U R L:http://www.mimurotoji.com/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



洛西屈指の古刹ぼたん寺こと乙訓寺のぼたん祭り

赤門を潜ると、到る所・・・ボタン・ぼたん・牡丹 

麗しい美人女性を称える花が三つ伝わる。
シャクヤク・ユリ・・・そしてボタン

破けそうなくらいに、柔らかく薄い花弁がフリルの様に何枚も何枚もある。
中国では花の王と言われ、その豪華さは群を抜いている。
乙訓寺…

f9e7edbc63f1f389


赤門を潜ると、到る所・・・ボタン・ぼたん・牡丹
 

cdd0cff5

麗しい美人女性を称える花が三つ伝わる。
シャクヤク・ユリ・・・そしてボタン

3aa3d9ca-s


破けそうなくらいに、柔らかく薄い花弁がフリルの様に何枚も何枚もある。
中国では花の王と言われ、その豪華さは群を抜いている。

乙訓寺は、ボタンの寺として知られるが、その昔、本山である長谷寺からボタン2株を寄進されたのが始まりとされ、歴代住職らの尽力により株数も年を追って増加しているとか。今では約2000株の花が咲いている。

85a3ec77

乙訓寺のぼたん祭り
毎年行われる乙訓寺のぼたん祭り。
平成28年(2016)は、まだ未定です。

開催日が決まり次第、掲載されます。
平成29年ぼたん祭りについて(平成29年4月16日~5月7日予定)4/●発表!

 



☆★☆★ 乙訓寺 平成29年 ぼたん祭り ☆★☆★ 

■開催日時:2017/4/16~5/7     8:00~17:00 (入山16:30)
■開催場所:真言宗 乙訓寺
〒617-0814 京都府長岡京市今里3丁目14-7   地図
■拝観料金: 大人(高校生以上)500円   小人(中学生以下)無料
■お問合せ:075-951-5759 ‎
http://www.eonet.ne.jp/~otokunidera/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



松尾大社 山吹まつり

松尾大社境内は、京都随一の数を誇る山吹が咲くところで知られます。

 
品種としては現在、「一重(ひとえ)」「八重(やえ)」「菊咲(きくざき)」の三種類で、八重咲き型が最も観賞用に好まれているようです。
山の谷間で枝が風に揺れ動くさまから「山振」と呼ばれたのが語源…

DSC_2507


松尾大社境内は、京都随一の数を誇る山吹が咲くところで知られます。


DSC_2503DSC_2500DSC_2501

 

品種としては現在、「一重(ひとえ)」「八重(やえ)」「菊咲(きくざき)」の三種類で、八重咲き型が最も観賞用に好まれているようです。
山の谷間で枝が風に揺れ動くさまから「山振」と呼ばれたのが語源といわれ、『万葉集』に山振と記した歌があります。

DSC_2497


太田道灌は、ある日鷹狩りに出た際、雨に降られたため近くの小屋に入って蓑みのを貸してくれるよう申し入れたところ、若い女性が無言で山吹の花を一枝差し出しました。
道灌は花を貰いに来たのではない、誠にけしからんと怒って帰ってしまいました。
後日、この件を聞いたある人が、八重山吹の花に実のならないことを我が家に蓑が一つも無い侘びしさに掛けて、古歌の心を伝えたのだと道灌に教えたのです。
その古歌とは

「七重八重 花は咲けども山吹の みのひとつだになきぞかなしき」

醍醐天皇の皇子(914-987)の兼明(かねあきら)親王『後拾遺(ごじゅうい)和歌集』

道灌は無学を恥じ、これより歌道に励んだといわれます。
http://www.matsunoo.or.jp/yamabuki/yamabuki_index27.html

DSC_2526


春のライトアップが5/3(祝)に行われ、一ノ井川沿いの山吹と庭園がライトアップされます。
拝殿では奉納演奏”草雲会”も行われ、終日境内各所でさまざまな芸奉納が繰り広げられます。

 

☆★☆★☆ 松尾大社 山吹まつり ☆★☆★☆

■開催日時:2017/4/10~5/5
■開催場所:松尾大社
〒616-0024 京都府京都市西京区嵐山宮町3
■料   金:境内見学無料 庭園宝物館拝観‥500円、ライトアップ‥500円
■お問合せ:075-871-5016
■U R L:http://www.matsunoo.or.jp/index-1/index.html





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


第50回 菊花展 & 第32回 菊花切花展

大菊花壇、福助花壇、小菊盆栽、嵯峨菊、懸崖菊、トピアリーなど秋の代表花である「菊」各種約1000本を展示。
大覚寺で栽培されている、かつては門外不出とされてきた嵯峨菊も展示されてます。嵯峨菊独特の仕立て方「七五三仕立て」がご覧いただけます。
京都府立植物園
 

shokubutuen2013-kikkatenp-424x600


大菊花壇、福助花壇、小菊盆栽、嵯峨菊、懸崖菊、トピアリーなど秋の代表花である「菊」各種約1000本を展示。
大覚寺で栽培されている、かつては門外不出とされてきた嵯峨菊も展示されてます。嵯峨菊独特の仕立て方「七五三仕立て」がご覧いただけます。


10/28現在 京都府立植物園

京都府立植物園

 

第32回菊花切花展

日程:11月3日(木曜日・祝日)から5日(土曜日)

内容:大菊の切り花を中心に菊の小品盆栽など約100点を展示

会場:植物園会館2階 多目的室



 

 

syokubutsuen-kikkaten50

 



☆★☆★ 第50回 菊花展&第32回菊花切花展 ☆★☆★

■開催期間:2016/10/20~11/15       9:00~17:00((入園受付16:00迄)
切花展: 11/3~11/5 植物園会館1階展示室
■開催場所:京都府立植物園 大芝生地・特設展示場
京都市左京区下鴨半木町
■入 場 料:一般 200円 高校生 150円 小・中学生 無料
■お問合せ:075-701-0141
■URL :http://www.pref.kyoto.jp/plant

 





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム”京に癒されて” もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←


 

br_decobanner_20111026101943

合掌


京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ





第8回 藤袴と秋の和の花展/梅小路公園 (9/22~10/10)

いにしえの京都の人々に愛されてきた藤袴(フジバカマ)と、環境の変化により身近で見られなくなってしまった秋の和の花たちをあつめました。
梅小路公園にある日本庭園「朱雀の庭」をめぐりながら、約300鉢のフジバカマと、キキョウやオミナエシなど約160種300鉢におよぶ秋…

0001-010

いにしえの京都の人々に愛されてきた藤袴(フジバカマ)と、環境の変化により身近で見られなくなってしまった秋の和の花たちをあつめました。

梅小路公園にある日本庭園「朱雀の庭」をめぐりながら、約300鉢のフジバカマと、キキョウやオミナエシなど約160種300鉢におよぶ秋の和の花がつくる景色をお楽しみください。

0001-011

≪特別企画展≫
●10月7日(金)~10日(月・祝)
●9:00~17:00
●「緑の館」1階イベント室
『写真と標本で知る乙訓の自然~フジバカマに集まるアサギマダラと虫達~』
貴重な生態系が残る乙訓地域。大原野森林公園周辺が環境省の「生物多様性保全上重要な里地里山」に選定され、さらに注目されています。
フジバカマに集うアサギマダラを含む様々な蝶や昆虫類をテーマに、会員たちが永圓にわたり収集・記録してきた写真約180点と標本約1,000点を展示します。
出展 乙訓の自然を守る会

 
☆★☆★☆ 第8回 藤袴と秋の和の花展 ☆★☆★☆
■開催期間: 2016年9月22日(木・祝)~10月10日(月・祝)
※9月26日(月)、10月3日(月)は休園
■開催時間: 9:00~17:00(最終入場16:30)
■開催場所: 梅小路公園「朱雀の庭」、「いのちの森」
■入 場 料  : 200円(小学生未満無料)





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム”京に癒されて” もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

 





br_decobanner_20111026101943

合掌


京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ