節分★伝統的厄払い 厄落とし法

そろそろ節分である。その翌日が立春だ。 旧暦でいうところの大晦日と元旦のことである。この季節の分かれ目は年に4回あり、四季の暦が成り立っている。 立春は迎春の意味で、草木も芽吹く新しいスタートの日ということである。 その日を迎える前には、邪悪や邪鬼などを祓う…



そろそろ節分である。その翌日が立春だ。
旧暦でいうところの大晦日と元旦のことである。

この季節の分かれ目は年に4回あり、四季の暦が成り立っている。
立春は迎春の意味で、草木も芽吹く新しいスタートの日ということである。
その日を迎える前には、邪悪や邪鬼などを祓う厄除の信仰が必然的に篤くなるのに不思議はない。

厄除には、「鬼やらい」に見る「厄払い」と呼ばれるものと、「厄落とし」と呼ばれるものとがある。
厄介で邪悪な鬼を追っ払うのは如何にするのか。





寺社仏閣で行われる節分祭や各家庭では「福豆」が投げられる。
また、町角の家々の門口などには「魔よけ」らしき「柊の枝に刺された鰯」が取り付けられ、「護符」が貼られる。これらは今も続いている。

鬼は炒り豆が大の苦手なのだ。貴船神社の神様はこの鬼のことを知り尽くされていて、
毎晩貴船から山を降り、農家を荒らす鬼退治の法を、上賀茂の庄屋に次のように教えた。






続きを読む









メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ





ジャパンコーヒーフェスティバルin下鴨

Japan Coffee Festivalとは全国からコーヒー屋が集うコーヒーで温まるコーヒーの新たな世界がきっと広がる全国各地からコーヒー屋が集い、それぞれ珠玉の1杯をお淹れします。今回、コーヒー屋に課せられたミッションはただ一つ。 たった1種類のコーヒーに、愛情をたっぷり…



Japan Coffee Festivalとは

全国からコーヒー屋が集う

コーヒーで温まる

コーヒーの新たな世界がきっと広がる

全国各地からコーヒー屋が集い、それぞれ珠玉の1杯をお淹れします。



今回、コーヒー屋に課せられたミッションはただ一つ。
たった1種類のコーヒーに、愛情をたっぷり注ぎ、お客様に届けること。

今まで出会ったことのないコーヒーがきっとあります。
ぜひお得なコーヒーチケットを利用して、存分にお楽しみください。



 




パフォーマンスを楽しむ



突然始まるストリートパフォーマンス
突如として始まるパフォーマンス。
音楽、大道芸など、多種多様なパフォーマーが出揃いました。
あっと驚く体験になるかも。ぜひ一体となって楽しみましょう。



 

COFFEE SHOP LIST - コーヒー出店一覧 -




 

☆★☆ ジャパン・コーヒーフェスティバル in SHIMOGAMO 2017  ☆★☆

■開催日時:2017/1/29 10:00~17:00 ※雨天決行
休館日/月曜日(3月20日は開館)、3/21
■開催場所:下鴨神社・糺の森
京都市左京区下鴨泉川町59
■料  金:前売り/600円 当日/1000円 15歳未満は入場無料
※コーヒー1杯無料券つき 出店店舗および全国のチケットぴあで販売中)
■お問合せ: 06-6907-6577 japancoffeefestival@gmail.com
■U R L:http://www.japancoffeefestival.com/
https://www.facebook.com/JapanCoffeeFestival/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ




Kyoto Art for Tomorrow-京都府新鋭選抜展2017 

  本展は、京都を中心に活動する新進若手作家を紹介し、次世代の作家が創造するみずみずしい作品を京都から世界へ積極的に発信していくことを目的として開催します。

オリンピックイヤーの2020年に向け、京都の地を拠点に活動する若きアーティストたちが社会に向けて創造…

 
本展は、京都を中心に活動する新進若手作家を紹介し、次世代の作家が創造するみずみずしい作品を京都から世界へ積極的に発信していくことを目的として開催します。
オリンピックイヤーの2020年に向け、京都の地を拠点に活動する若きアーティストたちが社会に向けて創造する新たな作品を紹介するとともに、世界的に活躍する京都ゆかりの現代美術家・束芋氏による新作を同時に公開し、京都の地で伝統と現代の間に生み出される新しい芸術の創造に取り組む若手作家の創作活動を奨励します。


 

出品作家:
浅野真一、今尾拓真、今岡一穂、大森準平、笠井遥、上根拓馬、
岸雪絵、北川安希子、木山恵莉、久保田万絵、熊田悠夢、後藤吉晃、
西條茜、才田茜衣、榊原太朗、杉本奈奈重、髙木あすか、髙木智子、
武村和紀、田中克典、谷川美音、谷原菜摘子、寺脇さやか、
戸田香織、中村文治、西久松友花、西久松綾、野上徹、橋本知成、
濱野裕理、廣田美乃、フジモトアヤ、藤原裕之、札本彩子、増田晴香、
松村綾香、松本和子、三宅佑紀、宮田彩加、三輪田めぐみ、
山下萌、山下裕美子、山西杏奈(五十音順、敬称略)




特別展
☆★☆ Kyoto Art for Tomorrow-京都府新鋭選抜展2017 ☆★☆

■開催日時:2017/1/28 ~2/12 10:00~18:00    金曜日 ~19:30
休館日/月曜日
■開催場所:京都文化博物館
〒604-8183 京都市中京区三条高倉
■料  金:一般500円 大学生400円 高校生以下無料
■お問合せ: 075-222-0888
■U R L:http://www.bunpaku.or.jp/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ






近代京都の商業学校・工業学校

江戸時代の京都は,学問都市であるだけでなく,織物・染物・焼物などを生産する工業都市・商業都市をしても発展しました。しかし,幕末の動乱と明治初期の奠都(てんと)で,大量の人口流出にみまわれます。近代京都の出発は,そこからの復興の始まりでもありました。

明治…

江戸時代の京都は,学問都市であるだけでなく,織物・染物・焼物などを生産する工業都市・商業都市をしても発展しました。しかし,幕末の動乱と明治初期の奠都(てんと)で,大量の人口流出にみまわれます。近代京都の出発は,そこからの復興の始まりでもありました。
明治初期,番組小学校の創設など人づくりの力で京都は復興を果たし,その後の商業・工業の発展には目覚しいものがありました。その発展を支えたのが,明治19(1886)年に誕生した京都府商業学校(現 西京高校)と京都染工講習所(現 洛陽工業高校・伏見工業高校・京都工学院高校)でした。
これらの学校の歴史と伝統は,現在にも引き継がれています。その歩みを振り返ります。




◆◇◆今回の展示では,京都市の学校に遺されていたものや,新たに市民の方々から寄贈されたものなど,写真・史料等約90点を出品いたします◆◇◆

 

企画展関連講演会
「明治の青年と学校」
日 時 平成29年3月11日(土)午後2時~3時30分(受付は午後1時30分から)
講師 和崎 光太郎 (京都市学校歴史博物館 学芸員)

◆◇お申込方法◇◆
定 員 60名(申込先着順)
費 用 聴講無料 (要当日入館券200円,各種割引制度あり)
場 所 学校歴史博物館
申 込 先着順,定員に達し次第受付終了します
以下により学校歴史博物館へお申込みください
●TEL:075-344-1305 (午前9時~午後5時,水曜休館)
●FAX:075-344-1327
●ハガキ:〒600-8044 京都市下京区御幸町通仏光寺下る橘町437
京都市学校歴史博物館 宛
●Email:rekihaku-jigyou@edu.city.kyoto.jp

※イベント名,代表者氏名,連絡先電話番号,参加人数(申込方法に合わせて住所・FAX番号・メールアドレス)を明記して下さい
※おかけ間違いのないようご注意ください
※ハガキ,FAX,Emailへの受信確認の返信は行っておりませんのでご了承ください


企画展 

☆★☆ 近代京都の商業学校・工業学校 ☆★☆
■開催日時:2016/12/17~2017/3/14   9:00~17:00
休館日/水曜日(祝日の場合は翌平日)・12月28日~1月4日
■開催場所:京都市学校歴史博物館
〒600-8044 京都市下京区御幸町通仏光寺下ル橘町437
■料  金:大人200円 小中高生100円 京都市内の小・中学生の土日は無料
■お問合せ:075-344-1305  rekihaku-igyou@edu.city.kyoto.jp
■U R L:http://kyo-gakurehaku.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




戦国時代展 -A CENTURY of DREAMS- 京都文化博物館

前期:2月25日(土)~3月20日(月・祝) 後期:3月22日(水)~4月16日(日) ※会期中に展示品の入れ替えがあります。日本における戦国時代といえば、下克上の言葉に代表されるように、室町幕府の衰退に伴って各地で群雄が割拠し、相次ぐ戦乱によって国の秩序が大きく乱れ…


前期:2月25日(土)~3月20日(月・祝)
後期:3月22日(水)~4月16日(日)
※会期中に展示品の入れ替えがあります。

日本における戦国時代といえば、下克上の言葉に代表されるように、室町幕府の衰退に伴って各地で群雄が割拠し、相次ぐ戦乱によって国の秩序が大きく乱れた時代だとイメージされてきました。ところが近年では、研究の進展により、このようなイメージが見直されるようになっています。

 

幕府の衰退により政治的な中央集権が次第に薄れ、上杉謙信、武田信玄、毛利元就、織田信長など有力な大名たちはそれぞれの地方で、自らの領国の経営に力を入れるようになります。その過程で、絵画や建築、そして茶の湯など、京都で成熟した文化は列島各地へもたらされ、新たな地域文化として再生産されました。戦国時代は列島規模で各地に大きな文化的、経済的な実りをもたらした時代ということができます。

 

参考・巡回展/
江戸東京博物館 戦国時代展 A Centry of Dreams 序章「時代の転換」、第1章「合戦 静寂と喧騒」
江戸東京博物館 戦国時代展 A Centry of Dreams 第2章「群雄 駆け抜けた人々」
江戸東京博物館 戦国時代展 A Centry of Dreams 第4章「列島 往来する人と物」、終章「新たなる秩序」

本展では、戦国時代に列島の各地で生成された歴史資料や美術工芸品を一堂に展示し、多様な広がりを見せる時代を叙述しつつ、逞しく躍動した人々の姿を追います。新たな戦国時代像を描くこの展覧会をお楽しみください。

関連行事

①講演会「戦国大名と小京都」

日  時:2017年2月25日(土)10:30~12:00
会  場:京都文化博物館3階フィルムシアター(定員:150名)
講  師:村井康彦氏(国際日本文化研究センター名誉教授)
参加費 :無料 ※ただし、本展覧会入場券〈半券可〉が必要です


②トークイベント「戦国時代展のメッセージ」

日  時:2017年3月22日(水)13:00~16:00
会  場:京都文化博物館別館ホール(定員:200名)
パネリスト:
阿部哲人氏(米沢市上杉博物館主任学芸員)
齋藤慎一氏(江戸東京博物館学芸員)
長村祥知(当館学芸員)
西山 剛(当館学芸員)
参加費 :無料 ※ただし、本展覧会入場券〈半券可〉が必要です


③講演会「戦国武将の憧憬・由緒 ― 室町文化と同朋衆をめぐって ―」

日  時:2017年3月25日(土)10:30~12:00
会  場:京都文化博物館3階フィルムシアター(定員:150名)
講  師:家塚智子氏(宇治市源氏物語ミュージアム学芸員)
参加費 :無料 ※ただし、本展覧会入場券〈半券可〉が必要です


④担当学芸員によるギャラリートーク

日  時:会期中の3月の毎週金曜日18:00~(30分程度)
会  場:戦国時代展会場内
※事前申し込み不要。参加無料。ただし、当日の入場者に限ります。

 

特別展
☆★☆ 戦国時代展 -A CENTURY of DREAMS-  ☆★☆

■開催日時:2017/2/25 ~4/16 10:00~18:00    金曜日~19:30 (入場は閉室の30分前まで)
休館日/月曜日(3月20日は開館)、3/21
■開催場所:京都文化博物館
〒604-8183 京都市中京区三条高倉
■料  金:一般1300(1100)円  大高生900(700)円  中小生500(300)円
※( )内は前売料金及び20人以上の団体料金。(会期中は当日券のみ)
■お問合せ: 075-222-0888
■U R L:http://www.bunpaku.or.jp/
http://sengoku-period.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



誰も観たことのない原体験<primal>を貴方に

京都から発信する、新しいカタチのアート

若手クリエイターをプロデュースする学生団体「20HIVE」は1月22日(日)京都文化博物館別館にて音楽、服飾、映像を融合させたファッションショー『Primal』を開催。生演奏に乗せてモデルがランウェイを歩き、完全なライブでしか…

京都から発信する、新しいカタチのアート



若手クリエイターをプロデュースする学生団体「20HIVE」は1月22日(日)京都文化博物館別館にて音楽、服飾、映像を融合させたファッションショー『Primal』を開催。生演奏に乗せてモデルがランウェイを歩き、完全なライブでしか生み出せない幻想的で鮮烈な空間を演出する。インディーズバンド「the brownies」と「ゼノ」、ファッション団体「Allure」、メディアアーティストのヤマダヨシキが演出を手がける。



Primal ???
最初の、という意味の他に、以後の思想形成に影響を与える体験、すなわち原体験という意味があります。無垢な空間から全く新感覚な空間を生み出し、新たな芸術体験をお届けします。
既に東京やパリではこのようなイベントがいくつか開催されていますが、関西で行われた例は未だにありません。関西でこのような規模の新しい動きが生まれることで一部のアート・ファッション界を中心に注目されるイベントとなるでしょう。
イベント後半ではゲストの方々を交えて、「魅せる」をテーマにトークショーを行います。どんなものに魅せられ、どんなふうに魅せるのか。それぞれの領域から多角的に意見を交換します。

Primal
日時
2017年1月22日(日)
13:30~16:10
会場
京都文化博物館別館
京都市中京区三条高倉 東片町623-1
主催
無料
詳しくは
20HIVE
立命館大学映像学部中村研究室
京都市北区等持院北町56-1
無料
詳しくは
 http://20hive.org/primal/ 






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ




特別陳列 「写真同好会 冬季写真展 氷」★同志社ギャラリー

今回の写真展では、私たちの身近にある「水」をお題に部員たちが様々な形で表現を試みています。瑞々しい草花、生き生きとした水辺の動物、海沿いの人々の暮らし。表現の手段は写真という枠に入れつつも、その技法や着眼点は個人のセンスが感じられる作品が多数集まっていま…



今回の写真展では、私たちの身近にある「水」をお題に部員たちが様々な形で表現を試みています。瑞々しい草花、生き生きとした水辺の動物、海沿いの人々の暮らし。表現の手段は写真という枠に入れつつも、その技法や着眼点は個人のセンスが感じられる作品が多数集まっています。また、自由作品も同時に展示しており各人の最も得意とする分野の選び抜いた写真が揃っております。実は、写真同好会としてハリス理化学館を使って展示するのは今回が初めての試み。多くの学生・教職員の方々にご来場いただくことを心よりお待ちしております。


 

常設展示室『同志社の今』
☆★☆★☆ 特別陳列 「写真同好会 冬季写真展 氷」  ☆★☆★☆

■開催日時:2017/1/17~1/28  10:00~17:00
休館日/日、月曜日
■開催場所:ハリス理化学館同志社ギャラリー
〒602-8580 京都市上京区今出川通烏丸東入 同志社大学今出川キャンパス内
■料  金:入場無料、事前申込不要
■お問合せ:075-251-2716
■U R L:http://harris.doshisha.ac.jp/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




Chocolate×Berry Special Buffet

約25種のチョコレート×ベリースイーツが楽しめる「Chocolate×Berry Special Buffet」

京都タワーホテル3階「レストラン タワーテラス」で、約25種のチョコレート×ベリースイーツが楽しめる「Chocolate×Berry Special Buffet」が、1月13日~2月12日の金・土・日限定で開…

約25種のチョコレート×ベリースイーツが楽しめる「Chocolate×Berry Special Buffet」

京都タワーホテル3階「レストラン タワーテラス」で、約25種のチョコレート×ベリースイーツが楽しめる「Chocolate×Berry Special Buffet」が、1月13日~2月12日の金・土・日限定で開催される。

今回のスイーツビュッフェでは、「フランボワーズショコラ」や「いちごとチョコレートのシュークリーム」「いちごとショコラのマカロン」などカカオのコクや香りを活かしたチョコレートスイーツに、旬のいちごやラズベリー、フランボワーズなどを組み合わせた約25種のスイーツが楽しめる。

シェフズコーナーでは、「ワイルドベリーのデニッシュ ショコラエスプーマ フローズンラズベリー添え」が登場。

ライトミールも提供され、「2種のベリーとクリームチーズのピザ」や「シーフードとベリーのペペロンチーノ」の他に、「自分でつくるオープンサンド」や「自分でつくるジャートスサラダ」など約10種で遅めのランチとしてもよい。

Chocolate×Berry Special Buffet
期間

2017年1月13日(金)~2月12日(日) 金・土・日 限定開催

提供時間
15:30~17:00(時間内無制限)
料金
大人 3,300円 小学生 1,900円 幼児(3歳以上) 1,200円
お問い合わせ
京都タワー
京都市下京区烏丸通七条下ル 東塩小路町 721-1
JR京都駅より徒歩2分
レストランタワーテラス直通 075-371-3370
ホームページ
https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/tower_hotel/restaurant/menu/chocolate_berry.html






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


けいはん、アニメ『響け!ユーフォニアム2』とコラボ

デジタルスタンプラリーやキャラの等身大パネルも登場テレビアニメ「響け!ユーフォニアム2」と同作の舞台となった宇治市で、京阪電鉄のコラボ企画が、21日から実施される。 アニメでは京阪電鉄宇治線の電車や駅、宇治市内の風景などが描かれており、スマートフォンアプリ「…

デジタルスタンプラリーやキャラの等身大パネルも登場


テレビアニメ「響け!ユーフォニアム2」と同作の舞台となった宇治市で、京阪電鉄のコラボ企画が、21日から実施される。
アニメでは京阪電鉄宇治線の電車や駅、宇治市内の風景などが描かれており、スマートフォンアプリ「舞台めぐり」を利用したデジタルスタンプラリー開催、駅にキャラクターの等身大パネルの設置などからなる。
また、4月8日には、原作者で宇治市観光大使の武田綾乃さんが登場するイベント「宇治市×京阪電車 響け!ユーフォニアム2 コラボレーションフェスタ」が開催される。


 デジタルスタンプラリーは、21日~5月21日に実施。期間ごとに設定されたスポットなどを巡ると、キャラクターと写真撮影を楽しめる「マイAR」をプレゼントする。また、同期間、宇治駅に黄前久美子、高坂麗奈、黄檗(おうばく)駅に川島緑輝、加藤葉月、六地蔵駅に制服姿のキャラクターの集合、中書島駅に私服姿のキャラクターの集合の等身大パネルが展示される。ほかにも、京阪電車の主要駅や宇治市観光センターで、テレビアニメに登場した宇治市内のスポットを紹介する「舞台めぐりMAP」を配布する。

「舞台めぐり」 デジタルスタンプラリー
開催期間
平成29年1月21日(土)~5月21日(日)
参加方法
スマートフォンアプリ「舞台めぐり」をダウンロードし、アプリ内の専用ページにアクセス
参考
◆スマートフォンアプリ「舞台めぐり」について
アニメの物語や登場人物にゆかりのある地を訪れるうえで欠かせない機能が満載の無料のスマートフォンアプリです
キャラクター等身大パネル

展示期間
平成29年1月21日(土)~5月21日(日)
展示場所
宇治駅:黄前久美子・高坂麗奈
黄檗駅:川島緑輝・加藤葉月
六地蔵駅:全員集合(制服バージョン)
中書島駅:全員集合(私服バージョン)

▼[中書島駅]全員集合(私服バージョン)

詳細なイベント情報
京阪電車×響け!ユーフォニアム
https://www.keihan.co.jp/traffic/specialtrain-goods/euphonium/
お問い合わせ
京阪電車お客さまセンター
TEL.06-6945-4560(平日9時~19時、土休日9時~17時)年中無休(12/30~1/3を除く)




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





第3回「藝文京展2017」入選作品展

募集分野=「文字~書からカリグラフィー、タイポグラフィーまで~」
テーマ=「白と黒の調和」
公益財団法人京都市芸術文化協会による、毎年異なる分野の作品を対象とした公募展。第3回となる今回は、書からカリグラフィー、タイポグラフィーまで、文字…

募集分野=「文字~書からカリグラフィー、タイポグラフィーまで~」
テーマ=「白と黒の調和」
公益財団法人京都市芸術文化協会による、毎年異なる分野の作品を対象とした公募展。第3回となる今回は、書からカリグラフィー、タイポグラフィーまで、文字を扱う芸術全般の作品を募集しました。そのなかから入選した作品(受賞作品7点含む入選作品25点)の展覧会を開催。

審査員
[五十音順]
味岡伸太郎(美術家、タイポグラファー)
奥村昭夫(デザイナー)
白井進(書家、毎日書道展審査会員、京都書道連盟理事長)
鈴木佳子(デザイナー、京都市立芸術大学名誉教授)
吉井公林(書家)

藝文京展大賞(副賞30万円):1 名
藝文京展優秀賞(副賞10万円):2 名
京都市長賞:1名
京都商工会議所会頭賞:1名
NHK 京都放送局長賞:1名
京都新聞賞:1名

 
 
☆★☆★ 第3回「藝文京展2017」入選作品展 ☆★☆★

■開催日時:2017/1/15~2/11 10:00~20:00 ※会期中無休
■開催場所:京都芸術センター フリースペース
〒604-8156 京都市中京区室町通錦小路上ル京都芸術センター北隣
■入 館 料:入場無料
■お問合せ:075-213-1003 kouboten@geibunkyo.jp
■URL  :http://www.kac.or.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ