2016年 秋のかやぶきコンサート in 迦陵頻窟

かやぶきコンサート
音楽家にとって、自分のコンサートホールを持つということは、この上ない贅沢です。日吉町の胡麻にある私たちのコンサートホール~かやぶき音楽堂~は、約250人の収容が可能であり、いつも満員になっています。

14088502_1266044743430190_5331157264025785723_n


かやぶきコンサート

音楽家にとって、自分のコンサートホールを持つということは、この上ない贅沢です。日吉町の胡麻にある私たちのコンサートホール~かやぶき音楽堂~は、約250人の収容が可能であり、いつも満員になっています。

コンサートは、日本で最も季節の良い春と秋に行っています。というのは、お客さんを迎えるのに夏は暑すぎますし、冬は寒すぎますから。

2016年秋のかやぶきコンサートのご案内

この春と秋のコンサートは、西日本では一つの名物になっており、JR特急でさえこの行事のために特別に停車するようになっています。

是非、胡麻の里へ皆さんお誘い合わせていらしてください。

 
1500821_843071142394221_7100706451417405837_o


ザイラーかやぶき音楽堂 迦陵頻窟 KALAVINKUTSU

1784年(天明4年)建立された福井県大飯郡の禅寺「善応寺」の旧本堂を譲り受けて移築再建、かやぶき音楽堂として生まれ、天龍寺の平田精耕老師によって「迦陵頻窟(からびんくつ)」と命名されました。

迦陵頻窟とは「迦陵頻伽(かりょうびんが)という鳥のいる部屋」という意味です。仏教で極楽浄土にいると言われるその鳥は、美女の顔を持ち、常ならぬ美しい声を出すことから仏様のお声にたとえられているということです。

2006年に、文化庁により国の登録有形文化財に指定され、貴重な国民的財産として認められました。



map



かやぶき音楽堂“迦陵頻窟”
京都府南丹市日吉町上胡麻南2
かやぶき音楽堂コンサート情報 pianoduo@kayabuki.com 075-781-9003
http://kayabuki.com/kalavinkutsu.html





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム”京に癒されて” もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

 





br_decobanner_20111026101943

合掌


京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ