なにで行く どこへ行く 旅っていいね

あなたは「旅」からなにを連想しますか? 移動の車内や、街で見かけたポスターに、見知らぬ場所を見つけ、わくわくドキドキしたことはありませんか? ポスターは、乗り物や観光地の紹介をする主要なメディアとして、人々と密接に繋がってきました。
今展覧会では、旅を移動…

img_1_00000688


あなたは「旅」からなにを連想しますか? 移動の車内や、街で見かけたポスターに、見知らぬ場所を見つけ、わくわくドキドキしたことはありませんか? ポスターは、乗り物や観光地の紹介をする主要なメディアとして、人々と密接に繋がってきました。


今展覧会では、旅を移動、場所、そして旅がもたらす楽しさや感傷といった視点から捉えたポスターを選んでみました。移動手段がどのように広がり、地域と世界の情報が人々にどのように伝わったのか、そして、旅に対する感情はどのように喚起されたのか、ポスターを通して旅をみつめます。DNP文化振興財団と京都工芸繊維大学美術工芸資料館の豊富なポスターコレクションの中から、「旅」をキーワードに選りすぐった多彩な作品をご紹介します。

 

img_7_00000688

 

本展は、京都工芸繊維大学アートマネージャー養成講座2015年度受講生9名が企画しました。
これまでの京都dddギャラリーでの展覧会は、主に世界の巨匠や新進気鋭の作家を取り上げ、グラフィックデザインの最先端をお見せするものでした。しかし、芸術系の大学や専門学校が集積する京都への移転を機に、今後は、教育機関や研究機関との連携を深めて、若い世代にグラフィックデザインの魅力を伝えたり、デザインの歴史を再検証したり、といった活動にも挑戦したいと考えています。京都工芸繊維大学アートマネージャー養成講座と共同で開催する本展はその第一弾となるものです。
京都dddギャラリーの新たな展開にぜひご期待ください。

シンポジウム「観光ポスターに見る日本の近代ツーリズムについて」
・日時:11月19日(土)午後12時半会場、13時開始~16時
・会場:京都工芸繊維大学 60周年記念館1階
・定員:  170名(申込不要)
・司会:  並木誠士(京都工芸繊維大学美術工芸資料館館長)
・パネリスト:   
 木戸英行氏(DNP文化振興財団)
 佐藤守弘氏(京都精華大学デザイン学部教授)
 平芳幸浩氏(京都工芸繊維大学美術工芸資料館准教授)

 

 
京都工芸繊維大学アートマネージャー養成講座連携企画展
☆★☆★ なにで行く どこへ行く 旅っていいね ☆★☆★

■開催期間:2016/11/11~12/3  11:00~19:00(土曜・11/20(日)は18:00まで)
休館日/祝日・日曜 (ただし* 11/20は特別開館)
■開催場所:京都dddギャラリー
〒616-8533 京都市右京区太秦上刑部町10
地下鉄東西線 太秦天神川駅1番出口 徒歩3分
駐車場 なし ※公共の交通機関をご利用ください。
■料  金:入場無料
■お問合せ:075-871-1296 担当:熊本
■URL :http://www.dnp.co.jp/gallery/ddd/









もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ