東アジア文化都市2017京都

「東アジア文化都市2017京都」
プロモーション映像が公開さる
 「東アジア文化都市」は、日本・中国・韓国の文化芸術による発展を目指す都市を選定し、その都市において、現代の芸術文化や伝統文化、生活文化に関連する文化芸術イベント等を実施する試みである。
日本/京都…

「東アジア文化都市2017京都」
プロモーション映像が公開さる

 「東アジア文化都市」は、日本・中国・韓国の文化芸術による発展を目指す都市を選定し、その都市において、現代の芸術文化や伝統文化、生活文化に関連する文化芸術イベント等を実施する試みである。
日本/京都市、中国/長沙市、韓国/大邱広域が選定されている。




映像は、東山区で若手芸術家の居住・制作・発表の場づくりに取り組んでいる HAPS( http://haps-kyoto.com/ ) が、ナガタタケシとモンノカヅエによるクリエイティブユニット トーチカ 監督の下、NAZE(映像),CEKAI(グラフィック),上田普(書家),山路敦司(作曲家)などともに、京都の美しい風景と最先端の映像技術「VR(ヴァーチャルリアリティ)」が融合した映像作品を制作した。

日中韓の共用漢字808字から選んだ漢字など、東アジアならではデザインモチーフが用いられている。

公式ホームページ
https://culturecity-kyoto.com/


A3二つ折り_裏(内側)

A3二つ折り_裏(内側)

culturecityofeastasia2017kyoto_%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99_4





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→→→→無料定期購読受付中←←←←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ