節分★伝統的厄払い 厄落とし法

そろそろ節分である。その翌日が立春だ。 旧暦でいうところの大晦日と元旦のことである。この季節の分かれ目は年に4回あり、四季の暦が成り立っている。 立春は迎春の意味で、草木も芽吹く新しいスタートの日ということである。 その日を迎える前には、邪悪や邪鬼などを祓う…



そろそろ節分である。その翌日が立春だ。
旧暦でいうところの大晦日と元旦のことである。

この季節の分かれ目は年に4回あり、四季の暦が成り立っている。
立春は迎春の意味で、草木も芽吹く新しいスタートの日ということである。
その日を迎える前には、邪悪や邪鬼などを祓う厄除の信仰が必然的に篤くなるのに不思議はない。

厄除には、「鬼やらい」に見る「厄払い」と呼ばれるものと、「厄落とし」と呼ばれるものとがある。
厄介で邪悪な鬼を追っ払うのは如何にするのか。





寺社仏閣で行われる節分祭や各家庭では「福豆」が投げられる。
また、町角の家々の門口などには「魔よけ」らしき「柊の枝に刺された鰯」が取り付けられ、「護符」が貼られる。これらは今も続いている。

鬼は炒り豆が大の苦手なのだ。貴船神社の神様はこの鬼のことを知り尽くされていて、
毎晩貴船から山を降り、農家を荒らす鬼退治の法を、上賀茂の庄屋に次のように教えた。






続きを読む









メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ