泉涌寺涅槃会★涅槃図御開帳

涅槃図は、釈迦の入滅を悼んで弟子や羅漢、動物が描かれている。
こちらの動物には「猫」はいない。
本法寺の長谷川等伯の涅槃図には猫もコリー犬もいる。
涅槃経に従い描かれるが、絵師によって表現が変わるようだ。

泉涌寺の大門を潜ると、坂を下って、最初が仏殿である…

4b030aa3


涅槃図は、釈迦の入滅を悼んで弟子や羅漢、動物が描かれている。
こちらの動物には「猫」はいない。


本法寺の長谷川等伯の涅槃図には猫もコリー犬もいる。
涅槃経に従い描かれるが、絵師によって表現が変わるようだ。


01c113ff


泉涌寺の大門を潜ると、坂を下って、最初が仏殿である。
ここに涅槃図が掛かっている。


27996128065d2d1b


「花供御(はなくご)」とは・・・、仏様へのお供物のことである。
こちらは醤油味で、煎られた黒豆が入っています。
地元京都は、今熊野の「つるき餅本舗」

涅槃図を見比べて、作者の表現の違いを見つけ出していただきたい。
涅槃図への興味が、更に深まり、観賞の楽しみが倍増すること間違いない。

たとえば・・・・・

・釈迦の横たわっている回りの木の位置。
(経本には、東西南北一双の沙羅双樹とある。)
・涅槃図右上の雲上のマヤ夫人の有無。
・生類の種類・猫の位置

などなどである。

他の涅槃図にも共通するが、釈迦が宝台に横たわるのは北向きに右を下にしている。
あるいは、沙羅双樹の本数は8本である。その木の一番低い枝に袋が掛かっている。
弟子や従者も必ず居る人は決まっている。
これらは経本に明確に記されているからであると聞く。

 

●涅槃会特別文化講座

2017年3月14日  13:30~14:30
泉涌寺本坊 妙応殿 (先着80名)
聴講無料(ただし、泉涌寺入山料500円は必要)
題名「古磵作「大般涅槃聖像」と泉涌寺涅槃会-古磵上人、最後の祈り」
発表者 西谷 功(泉涌寺宝物館・学芸員)

現在、古礀作「大般涅槃聖像」は泉涌寺涅槃会の本尊として仏殿に掛けられます。
しかし、江戸時代から「この涅槃図は泉涌寺に奉納しようとしたものではない」という不思議な話があります。
どうしてこのような話が生まれたのか、そしてそれは本当なのでしょうか?

 


☆★☆★ 泉涌寺涅槃会★涅槃図御開帳 ☆★☆★

■開催日時:2017/3/14~3/16  9:00~16:30 3/15 常楽会法要
■開催場所:御寺 泉涌寺
〒605-0977 京都市東山区泉涌寺山内町27
■拝 観 料:500円
■お問合せ: 075-561-1551






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ