賀茂曲水宴2017/上賀茂神社

寿永元年(1182)に神主重保(しげやす)が行ったことに起源をもつもので、当日は斎王代陪覧の下、当代一流歌人によって和歌が詠まれ、冷泉家時雨亭文庫の方々によって披講されます。

本殿にお参りのあと渉渓園に移られた斎王代からまず本年の歌題が披露されます。
そのあ…

img271-425x600


寿永元年(1182)に神主重保(しげやす)が行ったことに起源をもつもので、当日は斎王代陪覧の下、当代一流歌人によって和歌が詠まれ、冷泉家時雨亭文庫の方々によって披講されます。


16e06abbimg272


本殿にお参りのあと渉渓園に移られた斎王代からまず本年の歌題が披露されます。
そのあと童子が羽觴(酒の入った盃を運ぶ鳥形の小船)を流し、短冊に和歌を詠み上げると、歌人は流れる羽觴から盃を受け飲み干します。


和歌の詠まれた短冊は神職により集められ、冷泉家時雨亭文庫の方々により雅に朗詠されます。


ec60ad07


境内の桜を楽しみながら、雅な春の一日を平安の世界観の中で過されませんか。



 

散り逝く桜花、神泉の流れに平安の世界観を見る
桜見に曲水宴 by 五所光一郎

 

 

 


☆★☆★☆ 賀茂曲水宴 ☆★☆★☆

■開催日時:2017/4/9    13:00~
■開催場所:上賀茂神社  渉渓園
〒603-8047 京都市北区上賀茂本山339
■料   金:抹茶券付入場1000円 見学無料
■お問合せ:075-781-0011
■U R L:http://www.kamigamojinja.jp/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ