新風館、エースホテル京都へ

「新風館再開発計画」について、NTT都市開発はエースホテル(本社: 米国ニューヨーク州)とホテル運営委託契約を締結した。日本のみならず、アジア初となる「エースホテル京都」の出店が決定し、2019年末の開業を予定している。

大正建築の旧京都中央電話局は、京都市指定・登…

「新風館再開発計画」について、NTT都市開発はエースホテル(本社: 米国ニューヨーク州)とホテル運営委託契約を締結した。日本のみならず、アジア初となる「エースホテル京都」の出店が決定し、2019年末の開業を予定している。





大正建築の旧京都中央電話局は、京都市指定・登録文化財第一号として、京都の街並みを形成、2001年からは商業施設「新風館」として生まれ変わり、街ににぎわいを作る功績を残した。
 同計画では風格のある歴史的街並みを保存しつつ、京都の都市環境への貢献を行い、にぎわいと魅力あふれる街づくりを目指している。



エースホテルは、地域性を取り入れてロケーションごとに独自のデザインを施し、地域コミュニティや周辺企業とのコラボレーションにより新たな文化発信と地域活性化の拠点を形成している。





建物の建築デザイン監修は隈研吾氏が行う。




隈氏は、「京都という場所とつながった、地域にひらかれたホテルを造りたいと考えた。まず、平安時代から様々な庭が造られてきたこの場所に、地域とホテル、そして現代と過去がつながる濃密な庭を造ろうとした。京都の和の伝統を引き継ぐ木組みと、日本の近代建築の巨人吉田鉄郎の設計した京都中央電話局の赤レンガがこの中庭で出会い、木とレンガが新しい会話を始めるだろう」とコメントしている。