化野念仏寺千灯供養

 
千灯供養とは・・・毎年8月23日・24日に、
念仏寺境内の西院の河原にj祀られている数千体の無縁仏に
ろうそくを灯し、供養する宗教行事です。
 

 
寺伝によれば、化野の地にお寺が建立されたのは、約千百年前、…

05ddb3fa

 

千灯供養とは・・・毎年8月23日・24日に、
念仏寺境内の西院の河原にj祀られている数千体の無縁仏に
ろうそくを灯し、供養する宗教行事です。

 

100824_DSC_0084

 

6a0982b4寺伝によれば、化野の地にお寺が建立されたのは、約千百年前、弘法大師が、五智山如来寺を開創され、その後、法然上人の常念仏道場となり、現在、華西山東漸院念仏寺と称し浄土宗に属する。 「あだしの」は「化野」と記す。「あだし」とははかない、むなしいとの意で、又「化」の字は「生」が化して「死」となり、この世に再び生まれ化る事や、極楽浄土に往来する願いなどを意図している。 この地は古来より葬送の地で、初めは風葬であったが、後世土葬となり人々が石仏を奉り、永遠の別離を悲しんだ所である。 境内に奉る多くの石仏・石塔は往古あだしの一帯に葬られた人々のお墓である。何百年という歳月を経て無縁仏と化し、あだしのの山野に散乱埋没したいた。明治中期に地元の人々の協力を得て集め、釈尊宝塔説法を聴く人々になぞらえ配列安祀してある。賽の河原に模して「西院の河原」と名付けられた。

 

100824_adasino_nenbutudera

 

整理券を配られ行列をなすことで情緒が興ざめしてしまうかもしれないが、
奥嵯峨に来て、日本人の心の琴線に触れない人はいないだろう。
奥嵯峨の燈明と真心に共鳴し、感動を持ち帰られてはいかがたろう。

 



☆★☆★ 化野念仏寺 千灯供養  ☆★☆★

■開催日時:2018/8/23~8/24     17:30~21:00
■開催場所:化野念仏寺  京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17
■拝 観 料:1000円(ろうそく・パンフレット込)  保護者同伴小学生以下無料
■お問合せ:075-861-2221
■URL     :http://www.nenbutsuji.jp/index.html