サラ・ベルナールの世界 京都特別展

19世紀末パリ、ベル・エポックを生きた大女優サラ・ベルナール。彼女は、新芸術様式“アール・ヌーヴォー”が輝き始めた頃、演劇・芸術・ファッションで人々を魅了し、広く名声を博しました。
また、当時ポスター画家…

19世紀末パリ、ベル・エポックを生きた大女優サラ・ベルナール。彼女は、新芸術様式“アール・ヌーヴォー”が輝き始めた頃、演劇・芸術・ファッションで人々を魅了し、広く名声を博しました。
また、当時ポスター画家として無名だったミュシャに劇場ポスターの制作を依頼。そのポスターはたちまち人気となり、ミュシャはアール・ヌーヴォーの代表的な芸術家となりました。そこにデザインされた、いわば“ミュシャ・スタイル”は、演劇世界だけでなく、消費社会の到来にあわせて、商品広告にも応用されていきました。
20世紀になると女優としての活躍だけでなく、イギリスやアメリカ、世界各地で興業を主催し、国際的な大女優となります。さらに、自ら執筆や彫刻の制作を行うアーティストの一面もあり、多彩な才能を発揮していきます。


本展は大女優サラ・ベルナールを様々な側面から紹介する日本初の展覧会です。

彼女の芸術表現ともいえる「舞台」(衣装・装身具など)を中心に、ミュシャ、ラリックなどアール・ヌーヴォー、アール・デコの作家として有名な数多くの著名作家の作品を一堂に集め、「ベル・エポック(美しき時代)」の世界を紹介いたします。

 

 

☆★☆  サラ・ベルナールの世界 京都特別展 ☆★☆

■開催日時:2018/11/17 ~12/1 10:00~17:00
休館日/日曜・祝日
■開催場所:京都工芸繊維大学 美術工芸資料館
〒606-8585 京都市左京区松ヶ崎橋上町
■料  金:一般200円 学生150円 高校生以下無料
■お問合せ:075-724-7924 E-Mail:siryokan@kit.ac.jp
■U R L:http://www.museum.kit.ac.jp/






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ