城南宮「しだれ梅と椿まつり」

2月下旬になると150本の枝垂れ梅が春を告げる。
神苑「春の山」は、白河上皇が城南(鳥羽)離宮を築く際に、『源氏物語』に描かれた光源氏の大邸宅、すなわち四季の庭を備えた六條院をモデルにしたといわれ、対をな…

89d353497c5431db5b036bed1814baa3
2月下旬になると150本の枝垂れ梅が春を告げる。

神苑「春の山」は、白河上皇が城南(鳥羽)離宮を築く際に、『源氏物語』に描かれた光源氏の大邸宅、すなわち四季の庭を備えた六條院をモデルにしたといわれ、対をなす「秋の山」とともに史蹟公園になっている。
早咲きの白梅は2月の下旬から咲きはじめ、追いかける紅梅は3月中旬頃が見頃となります。

梅の香のする桜花が柳の枝に咲いているそうな
観梅 城南宮の枝垂れ梅 by 五所光一郎 から
http://kyoto-brand.com/read_column.php?cno=130207

100223_DSC_0030_edited

100223_hiyodori_sidareume_jyonagu

 
散り始めの数日間、「花びらの絨毯」を楽しめます。満開を迎えた後、風の強い日や雨などの翌日が絶好の機会です。
神苑入口から春の山、さらに平安の庭にかけて300本の椿が次々に花開きます。12月から咲き始める中輪白色の「初嵐(はつあらし)」、ピンク椀咲き大輪の「曙(あけぼの)」、愛らしい真紅の藪椿「城南椿」など、3月末頃の落花もまた楽しめます。

 

 

 



☆★☆★ 城南宮「しだれ梅と椿まつり」 ☆★☆★

■開催日時:2019/2/18~3/22    9:00~16:30
■開催場所:城南宮  京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
■拝観料:神苑大人600円  小中学生400円
■お問合せ:TEL.075-623-0846
■URL:http://www.jonangu.com/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ