2019年春季特別展「茶道具で花見」/ 野村美術館

 
「花鳥風月」「雪月花」などと日本人は古くより自然の移ろいを肌で感じ、愛でてきました。
とりわけ花に対しては特別な思いを抱いたようで、和歌をはじめ物語などの文学作品、
やきものやぬりものなどの工芸作品の…

 
「花鳥風月」「雪月花」などと日本人は古くより自然の移ろいを肌で感じ、愛でてきました。
とりわけ花に対しては特別な思いを抱いたようで、和歌をはじめ物語などの文学作品、
やきものやぬりものなどの工芸作品の意匠として多く取り入れられています。
四季それぞれに咲く花のなかで、とりわけ人気が高かったのはいうまでもなく桜の花でした。

仁阿弥道八作 雲錦手四方鉢 (後期展示)

桜の花を待ちわびて人々は胸をときめかせ、またその花の美しさに酔いしれました。
茶の湯はあまり目立たず、派手すぎないことをよしとする傾向があるとはいえ、
花に焦点をあてて見ていくと、思いのほか大胆なデザインやデフォルメがなされていることを知ることができます。これも茶の湯の奥深さ、懐の広さを示す好例かもしれません。

前期では「春の花」を、後期では「秋の花」を中心に展示いたします。
茶道具に意匠化された様々な花が、それぞれに咲き誇っている様子をお楽しみください。

 4月22日に全面的な展示替。
【前期】3月9日(土)~4月21日(日)
【後期】4月23日(火)~6月9日(日)

《主な展示作品》
【前期】 円山応挙筆 嵐山春喜図、酒井抱一筆 源氏紅梅図、仁清 色絵花笠香合、乾山 鑓梅香合、藤蒔絵四方香合、紅毛結文香合、古染付桜川水指、柳桜蒔絵棗、絵高麗草花文鉢、黒地青貝桜蒔絵懐石皆具、草花貼交屏風 など
【後期】 松村景文筆 秋草小禽図、堆黒花籠香合、女郎花蒔絵棗、薩摩瓢形秋草絵茶器、高台寺蒔絵棗、高原焼菊絵茶碗、乾山 色絵牡丹絵大皿、仁阿弥陀道八作 雲錦四方鉢、青木木米作 開扇鉢、呉洲赤絵花鳥鉢、九谷寄向付、立花図屏風 など

2





019年春季特別展
☆★☆★☆☆ 「茶道具で花見」 ☆★☆★☆

■開催日時:2019/3/9 ~ 6/9   10:00~16:30
休館日/月曜日  4/30(火)・5/7(火)
(※4/29・5/6は祝日のため開館。)
■開催場所:野村美術館
〒606-8434 京都市左京区南禅寺下河原町61
■料  金:一般800円    高大学生:300円     小中学生:無料
■お問合せ:075-751-0374
■URL :http://www.nomura-museum.or.jp/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ