謎の蒔絵師 永田友治 ―尾形光琳の後継者を名乗った男 ―/MIHO MUSEUM

近年、友治研究家の調査から、江戸中期に京都と大坂を拠点として活動した友治の姿がおぼろげながら見えてきました。今展はこれを機に永田友治の作品を集め、友治がめざしたもの、そして彼の作品の魅力や秘密について…

近年、友治研究家の調査から、江戸中期に京都と大坂を拠点として活動した友治の姿がおぼろげながら見えてきました。今展はこれを機に永田友治の作品を集め、友治がめざしたもの、そして彼の作品の魅力や秘密について、化学分析による研究成果も交えて紹介します。謎の多い永田友治にせまる初めての展覧会です。

6月30日 (日)
講演会
「謎の蒔絵師 永田友治」

講演者:高尾 曜 (国立能楽堂 事業推進課 調査資料係長)
日時:6月30日 (日) 13:30~15:00 (予定)
会場:南レクチャーホール
定員:100名
申込:不要 当日美術館棟受付にて整理券配布
参加費:無料 別途入館料要

 

 

 

夏季特別展
☆★☆★☆ 謎の蒔絵師 永田友治
―尾形光琳の後継者を名乗った男 ―
☆★☆★☆
■開催日時:2019/6/8~7/15  10:00~17:00
休館日/月曜日 ※(7月15日は開館)
■開催場所:MIHO MUSEUM 南館 中国・西域展示室
〒529-1814 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
■料   金:一般1100円  高大生800円  小中生300円
■お問合せ:0748-82-3411
■U R L:http://mihojp/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ