沙羅の花を愛でる会 / 東林院

通常非公開の本堂前庭は、
十数本の沙羅双樹からなる「沙羅林」で、
見頃になると、青苔に落花の風情が楽しめる。

沙羅は、
長旅と病気で憔悴しきったお釈迦さまが、
2本並んだ沙羅の樹の間に 頭を北に向けて床に…

東林院

通常非公開の本堂前庭は、
十数本の沙羅双樹からなる「沙羅林」で、
見頃になると、青苔に落花の風情が楽しめる。

東林院1

東林院3東林院2

沙羅は、
長旅と病気で憔悴しきったお釈迦さまが、
2本並んだ沙羅の樹の間に 頭を北に向けて床につき、最期の説法の後入寂されたとき、
いっせいに花開き、その死を悲しんだといわれる縁の木。

涅槃図1

涅槃図

そういえば木には花が咲いているような・・・・・

しかし
日本の沙羅はインドのそれとは似て非なるもの。
インドの沙羅は、フタバガキ科の常緑高木で、樹高30メートルに達する大きな木で、
日本の沙羅はツバキ科で、木の高さは10~20メートルと、インドの沙羅には及ばない。

花が似ていたので、夏椿を沙羅と呼ぶようになったとのこと。

苔の上に落ちた白い花に諸行無常の響きあり

 

 

沙羅の花を愛でる会

■開催会場:妙心寺塔頭 東林院
京都市右京区花園妙心寺59
■開催日時:2019年6月15日~6月30日 9:30~16:00
■料   金:お抹茶付 1,600円
お抹茶と精進料理付 5,950円(予約不要)
■お問合せ:東林院 TEL.075-463-1334




※「花供養」と「お香を聴く会」/15日9:30~、沙羅の夕べ/22日18:00~20:30頃まで(予約が必要)
開催場所 京都市 妙心寺塔頭・東林院
料金 沙羅の庭園特別公開:会費/1600円(抹茶付)・5950円(抹茶・精進料理付)  沙羅の夕べ:会費/1人8000円(予約が必要、80人程度限定、電話もしくは往復ハガキで申込)

※要予約です。東林院までお電話でご確認ください。
TEL 075-463-1224






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ