桔梗の花が咲いてます/紫式部邸宅址

 
紫式部が育ち、未婚時代を過ごしたのは堤第といわれた藤原兼輔(紫式部の曽祖父であり、堤中納言といわれる)が建てた邸宅であり、父・為時の邸宅においてでした。
この邸宅で結婚生活を送り、一人娘の賢子(かた…

01

 

333fe202


紫式部が育ち、未婚時代を過ごしたのは堤第といわれた藤原兼輔(紫式部の曽祖父であり、堤中納言といわれる)が建てた邸宅であり、父・為時の邸宅においてでした。
この邸宅で結婚生活を送り、一人娘の賢子(かたこ)を育て、源氏物語を執筆しました。それは平安京の東に接した中河と呼ばれる地にあり、現在の廬山寺の境内を中心とする処に営まれていました。

 

20160614_04
源氏庭は平安朝の庭園の「感」を表現したものであり、白川砂と苔の庭です。 源氏物語に出てくる朝顔の花は今の桔梗のことであり、紫式部に因み、紫の桔梗が例年6月中旬から9月初め頃まで静かに花開きます。

02

 

 Instagramは随時更新中です。 桔梗の開花中は、紫式部邸宅址の御朱印に桔梗の印を押印いたします。

 



☆★☆★ 桔梗の花が咲いてます/紫式部邸宅址 ☆★☆★

■開催日時:2019/6/中旬~8/31 9:00 ~16:00
■開催場所:廬山寺  京都市上京区寺町通広小路上ル
■料  金:大人600円 小中学生500円
■お問合せ:075-231-0355
■U R L:http://www7a.biglobe.ne.jp/~rozanji/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ