比叡山やくばらい散歩

延暦寺と日吉大社の両方で
「やくばらい」参拝
女性は、前厄・後厄含め、30代に6年間厄年があり、昔から女性は厄年の年齢で病気になることが多かったことから、お祓いの文化/歴史が始まったと言われています。最近では結婚や出産など人生の転機を迎える時期とも重なることか…

延暦寺と日吉大社の両方で
「やくばらい」参拝

女性は、前厄・後厄含め、30代に6年間厄年があり、昔から女性は厄年の年齢で病気になることが多かったことから、お祓いの文化/歴史が始まったと言われています。最近では結婚や出産など人生の転機を迎える時期とも重なることから、厄払いを受ける方が多くなったと言われている。


1200年前から厄除けの山といわれる比叡山中の立地を活かし、宿泊者限定で参加できるる「比叡山やくばらい散歩」をご用意しております。
創業300年の蕎麦屋にて宿泊者限定の「やくばらい蕎麦」も同時に楽しめる。

やくよけ・やくばらい 参拝プラン

スケジュール

1日目
15:00 チェックイン 護摩木を受け取る
2日目
06:30 延暦寺での「朝のお勤め」
09:30 延暦寺に向けて出発
10:45 延暦寺会館にて「御守の授受と梵字ラテ」
11:10 坂本ケーブル延暦寺駅へ出発
11:30 坂本ケーブル延暦寺駅でケーブルカー乗車
11:41 坂本ケーブル 坂本駅で下車 徒歩で日吉大社へ
12:00 日吉大社にて「やくばらい祈祷」を受ける
12:20 日吉大社や門前町坂本を散策
13:00 本家鶴喜そば「やくばらい蕎麦」(オプション)

体験1:日吉大社 やくばらい参拝
国宝日吉大社西本宮の拝殿での「やくばらい祈祷」

体験2:比叡山延暦寺でのやくよけ参拝
比叡山延暦寺で毎朝行われている勤行。
祈願の護摩木は、午前に行われる国宝の総本堂「根本中堂」での護摩焚きで祈祷され、代わりに宿坊で「御守り」を授受されます。

体験3:延暦寺宿坊での梵字(ぼんじ)ラテ
生まれ年の仏様を知りながら、カフェを楽しむことができます。写真は、ねずみ年の守護尊である「千手観音菩薩」を表現した「キリーク」という梵字です。

オプション:創業300年本家鶴喜そばでやくばらい蕎麦
本家鶴喜そばにて、同じく食べる際に切れやすい野菜を、てんぷらにしてセットにしたオリジナルの蕎麦を提供します。





やくよけ・やくばらい 参拝プラン
料金
お一人3,700円
料金に含まれるもの:延暦寺参拝料、御守代、梵字ラテ、護摩木
日吉大社参拝料、祈祷、お下がり
*オプション「やくばらい蕎麦」:2,500円/人(税・サ込)
やくよけ・大祓特別参拝プラン

料金
12,500円/人(税・サ込)
料金に含まれるもの:延暦寺参拝料、御守代、梵字ラテ、護摩木
日吉大社参拝料、下殿での祈祷、お下がり
*オプション「やくばらい蕎麦」:2,500円/人(税・サ込)
予約方法
ホームページより3日前までの受付
主催/問い合わせ
星野リゾート ロテルド比叡
京都市左京区比叡山一本杉
参照web
https://www.hotel-hiei.jp/yakubarai/




京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ