Sakeワールドカップ 2019

Sakeワールドカップ実行委員会は、11月2日(東京)と3日(京都)に、海外で醸造されたSAKEと、海外酒蔵との提携や外国人醸造家に門戸を開く日本酒蔵の日本酒を味わえるイベントを開催する。

世界中で日本の食文化への注目が高まる中、日本酒の海外需要は継続して高まり…

Sakeワールドカップ実行委員会は、11月2日(東京)と3日(京都)に、海外で醸造されたSAKEと、海外酒蔵との提携や外国人醸造家に門戸を開く日本酒蔵の日本酒を味わえるイベントを開催する。

世界中で日本の食文化への注目が高まる中、日本酒の海外需要は継続して高まり、2018年度(1~12月)の清酒輸出総額は222億円を超え、10年前の約3倍、9年連続で過去最高額を記録している。

日本への旅行者も増加するなど、外国人が高品質な日本酒に触れる機会は増え、その魅力に気づいた人の中には、自らもまた日本酒を造りたいと小規模な醸造場を始める人たちが、現在約15カ国で、50箇所を超えるSAKEの醸造場があると言われている。

昨年の春、京都でスタートしたSakeワールドカップは、世界各国のSAKE醸造場からお酒を届けてもらい、彼ら彼女らがどのような場所で、どのような考えでお酒を醸しているのかを知りつつ、テイスティングできる。

また、日本国内で日本酒造りに励む外国人も多数おり、外国人蔵人の日本酒や酒造りへの思いを聞くセッションも設けられる。




Sakeワールドカップ 2019
開催日
■京都会場 2019年11月3日(日)
13:00~15:00
14:00よりトークセッションを行います。
[東京 11月2日(土)]
会場
京都教育文化センター
京都市左京区聖護院川原町 4-13
チケット
3500円
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01478s10hc2vk.html
主催/問い合わせ
Sakeワールドカップ実行委員会
参照web
http://sakeworldcup.com






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ