壬生さんのカンデンデン / 壬生狂言秋の公開

「壬生さんのカンデンデン」と、京の庶民大衆に親しまれてきた当寺の壬生狂言は、
700年もの永い伝統を持つもので、昭和51年に京都府下では最初に国の重要
無形民俗文化財に指定されました。
昭和49年に103…

「壬生さんのカンデンデン」と、京の庶民大衆に親しまれてきた当寺の壬生狂言は、
700年もの永い伝統を持つもので、昭和51年に京都府下では最初に国の重要
無形民俗文化財に指定されました。
昭和49年に103年ぶりに復活した秋の公開は、壬生狂言をご理解下さる方々の
御賛同を得て、毎年執行されておりますが、本年も3日間にわたって下記のとおり
のプログラムを組んで公開を致します。

 

壬生狂言について
壬生狂言を正しくは「壬生大念佛狂言」と言い「壬生さんのカンデンデン」という愛称と共に、古来から京の庶民大衆に親しまれてきました。この壬生狂言は今から700年前の鎌倉時代、壬生寺を大いに興隆した円覚上人(1223~1311)が始めたものです。
壬生狂言のはじまり
当時、円覚(えんがく)上人(しょうにん)の教えを来聴する大衆が数十万人にも及んだので、人々は上人を「十万(じゅうまん)上人(しょうにん)」と呼んでいました。
上人は、正安2年(1300)、壬生寺において「大念佛会(だいねんぶつえ)」という法会を行いました。この時に上人は、拡声器とてない昔、群衆を前にして最もわかりやすい方法で仏の教えを説こうとしました。
そして、身ぶり手ぶりのパントマイム(無言劇)に仕組んだ持斎融通(じさいゆうづう)念佛を考えついたのです。これが壬生狂言の始まりと伝えられています。
壬生大念佛講 講長 松浦俊海

 ◎ 鑑賞席での写真・ビデオなどの撮影は、かたく禁止されています。

 

関連エッセイ/ 斎戒謹慎、ネットを捨て街に出よう

春の六斎念仏 by 五所光一郎

 

 

  令和元秋 壬生狂言番組予定表

    
10月12日
(土曜)
 
10月13日
(日曜)

    10月14日
(祝日)
  1 炮烙割   1 炮烙割   1 炮烙割
   2  土蜘蛛    2 土蜘蛛   2 紅葉狩
  3 花 折   3 愛宕詣   3  桶 取
  4  堀川御所   4   鵺   4 玉藻前
  5 羅生門   5  餓鬼角力   5  熊 坂 
  6  棒 振   6  棒 振   6  棒 振

 

 




☆★☆★  壬生狂言  秋の公開  ☆★☆★

■開催日時:2019/10/12~10/14    開場12:30  開演13:00~17:30
■開催場所:壬生寺 重要文化財 大念仏堂(狂言舞台)
京都市中京区坊城仏光寺北入る
■料  金:大人1000円 中学・高校生500円
約400席が満席の場合は、やむなく入場制限
■お問合せ:075-841-3381
■URL :http://www.mibudera.com/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ