「柳宗悦・棟方志功と真宗-土徳の大地と民藝の美-」

暮らしのなかの実用品に「用の美」を発見し、それらの生活道具を民藝(民衆的工芸)と名づけたのは、思想家の柳宗悦(1889~1961)でした。柳はみずからの「直観」によって、国内外の民藝作品を数多く蒐集するとともに民藝運動を展開しました。そして、その柳に才能を見出さ…

暮らしのなかの実用品に「用の美」を発見し、それらの生活道具を民藝(民衆的工芸)と名づけたのは、思想家の柳宗悦(1889~1961)でした。柳はみずからの「直観」によって、国内外の民藝作品を数多く蒐集するとともに民藝運動を展開しました。そして、その柳に才能を見出され、生涯柳を師と慕ったのが板画家の棟方志功(1903~1975)でした。

二人はともに戦中・戦後に真宗王国越中富山の人びとの生活に息づく信仰風土「土徳」と出会い、大きな影響を受けました。柳は「仏教美学」という思想を確立し、棟方も自分ではない「他力」による創作活動に取り組むようになったのです。

本展覧会では、柳・棟方に影響を与えた越中真宗の信仰風土「土徳」について二人の著作や作品とともに紹介されています。

 

10月29日(火) 14:00~

記念講演会 (聴講無料・一般来聴歓迎・事前申込不要)

   講 題 美の法門と真宗
講 師 太田 浩史 氏(日本民藝協会 常任理事/真宗大谷派大福寺[南砺市] 住職
/となみ民藝協会 会長)
会 場 大谷大学響流館3階 メディアホール

11月23日(土) 14:00~

記念講演会 (聴講無料・一般来聴歓迎・事前申込不要)

   講 題 柳宗悦と棟方志功 往復書簡を通して探る〝南砺時代〟
講 師 石井 頼子 氏(棟方志功研究家/棟方志功の初孫)
会 場 大谷大学響流館3階 メディアホール

 

 

 

大谷大学博物館  2019年度特別展
☆★☆柳宗悦・棟方志功と真宗-土徳の大地と民藝の美-」☆★☆

■開催期間:2019/10/12~11/28  10:00~17:00
休館日/日曜日・月曜日、10/22(11/10、24、25は開館)
■開催場所:大谷大学 博物館
京都市北区烏丸北大路 小山上総町

■料    金:一般・大学生 500円  小・中・高校生 無料
■お 問合 せ:075-432-3131(代表)
■URL:http://www.otani.ac.jp/kyo_kikan/museum/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ