七草粥☆白馬奏覧

1月7日は五節句の本年最初となる「人日の節句」です。
また、天皇が豊楽院(のちに紫宸殿)に出御して邪気を祓うとされる白馬を庭にひき出し、群臣らと宴を催す儀式「白馬節会」(あおうまのせちえ)に由来する神事、上賀茂神社の「白馬奏覧神事」があります。
年の始めに白…

1月7日は五節句の本年最初となる「人日の節句」です。
また、天皇が豊楽院(のちに紫宸殿)に出御して邪気を祓うとされる白馬を庭にひき出し、群臣らと宴を催す儀式「白馬節会」(あおうまのせちえ)に由来する神事、上賀茂神社の「白馬奏覧神事」があります。
年の始めに白馬(青馬)を見ると一年の邪気が祓われるという故事にのっとり、
神前に「七草粥」を供え、神馬を曳いて「大豆を与える儀式」です。

 

68abbada

朝食に「七草粥」を食べ、ビタミン補給をして、
一年の無病息災を祈ります。

 

「人日の節句」
セリ・ナズナ・ハコベラ・ホトケノザ・ゴギョウ・スズナ・スズシロ
aabe20ea旬の生き生きした植物である七草を粥にして食べれば、自然界から新たな生命力をもらえ、無病息災で長生きができるとされていました。
「七種粥」は「若菜摘み」と結びつき、7種類の若菜を入れた「七草粥」になったと考えられます。
お正月にたくさんのごちそうを食べたので、お腹を休める為に、と多くのおばちゃんは言います。
また、平安時代に動物を殺生しないに日とするためにと、中国の年中行事である「人日」(人を殺さない日)に作られる「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」にちなんでいるとも言われます。

 

上賀茂神社ではこの日には、限定350食の七草粥接待も(初穂料500円)あり、振舞われます。(上賀茂神社敬神婦人会会員奉仕による「厄除七草粥」)
二重に邪気が祓えると、詣でる人が増えています。

 この日は正午・午後1時・2時・3時にも牽馬の儀有り

白馬奏覧神事

開催日時:平成31年1月7日   10:30~
開催場所:上賀茂神社
料 金: 拝観無料、七草粥500円
お問合せ:上賀茂神社 075-781-0011
http://www.kamigamojinja.jp






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ