湯立て神楽 /城南宮

神楽鈴や扇を手にして4人の巫女が祓神楽を舞い終えると、 襷(たすき) 掛けの巫女が「文政六年癸未二月」1823年の銘を持つ直径70㌢近い大釜の前に進み出ます。 まず「杓取の儀」といって柄杓で天の水を掬って大釜…

DSC_0534 神楽鈴や扇を手にして4人の巫女が祓神楽を舞い終えると、 襷(たすき) 掛けの巫女が「文政六年癸未二月」1823年の銘を持つ直径70㌢近い大釜の前に進み出ます。 DSC_0589 まず「杓取の儀」といって柄杓で天の水を掬って大釜の湯に注ぎ入れる所作をし、塩を撒いて釜を清め、沸き立つ湯に洗米・酒を入れます。 次いで笛・太鼓の音にあわせ、神憑(かみがか)りするかのように御幣を手にして舞います。 DSC_0590
 

DSC_0601DSC_0610

そして両手に笹の束を持ち、 笹の葉で勢いよく釜の湯を散らして邪気を祓い、無病息災、願望成就を祈ります。

DSC_0633

禊 (みそぎ) の湯立は、 神前の大釜に湯を沸かし、巫女 (みこ) や神官が熱湯に笹 (ささ) の葉をひたして自分のからだや参詣人にふりかける儀式。 湯立と神楽の結び付きは古く、また宮中の神楽歌にも湯立の歌があるが、舞歌のみで湯立はなかったらしい。 神社の拝殿や境内、民家の土間などを舞所とし、湯釜(ゆがま)を据えて湯を沸かし、釜の湯を神々に献湯し参集者にもかけて清めをする。湯立をする者は巫女(みこ)、禰宜(ねぎ)、宮人(みょうど)などで、湯清めの舞や祈祷(きとう)の舞が伴う。

DSC_0691

DSC_0670DSC_0698
DSC_0711-001

湯立神楽終了後、福笹が特別限定授与されます。(初穂料 1000円)

 

 


☆★☆★ 湯立て神楽 ☆★☆★

■開催日時:2020/1/20 14:00~
■開催場所:城南宮
〒612-8459 京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
■料  金:境内自由
■お問合せ:075-623-0846
■U R L:http://www.jonangu.com/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ