須賀神社節分祭で恋愛成就を願う「懸想文」に「豆茶」と「須賀多餅」

節分に東山区聖護院門跡斜め向いにある須賀神社へ出かけると、「懸想文」に「豆茶」に「須賀多餅」が授かれることをご存知だろうか。

 
豆まきの豆が入った「豆茶」である。塩味が少しきいている。
「須賀多餅」は、あっさりとした柚子味で、おいしゅうござる。

節分に東山区聖護院門跡斜め向いにある須賀神社へ出かけると、「懸想文」に「豆茶」に「須賀多餅」が授かれることをご存知だろうか。

e5799db84846b076

86615c2c

 

豆まきの豆が入った「豆茶」である。塩味が少しきいている。
「須賀多餅」は、あっさりとした柚子味で、おいしゅうござる。
これを知る人は京都通の中でも通であろう。

375aea1b

 

そもそも「懸想文」に纏わる謂われは・・・

56c98cbc

こんなご利益があるというのだ。
この「懸想文」を人知れず鏡台や箪笥の中に入れておけば 顔かたちが美しくなり、着物の数が増え、良縁に恵まれるという。

懸想文(けそうぶみ)とは、今で言う「ラブレター」のことである。 江戸時代、徳川幕府の朝廷・公家の統制により、禁裏の勝手向きは苦しいものがあった。 禁裏御料でさえ十万石しか与えられていないのである。 下級公家の生活など、推して知るべしである。 そこで、恋文の代筆業が生業とするものが現れたのである。

 

「懸想文売り」は、平安時代からの風習だという説もあるが、 江戸時代初期頃は、生活に窮した下級の公家たちの内職の一つで、 古文や和歌などの素養がちりばめられた「懸想文」は、年頃の娘達に支持を得たようである。

良縁に恵まれた娘達の口から口へと、噂はたちまちに広まったそうである。
人気を得た懸想文売りは、さぞイケメンだろうと思いきや・・・・・

731a0421

 

おっとどっこい、このように顔を隠しているのだ。
公卿の身であるゆえ、素性が気取られぬようにと、 白布の覆面で顔を覆わなくてはならなかったのである。
そんなこんなで、梅の花が咲く頃になると、京の都に現れ生業としていという。

6b079052628cdaa2
春日北通を東に向いていくと、左手が聖護院門跡で、 そこを黒谷さんの山門の方に向かって50メートルほどいった右手である。

 

ef2acc9d490b76d7

「烏帽子に水干姿で覆面をし、懸想文を結んだ梅の枝をかついだ懸想文売り」
その姿が・・・これである。
節分の間中なら、須賀神社で会うことができる。

 




須賀神社

日時
2月2日~3日
2/2   14:00~ 奉納演舞・翁と媼による追儺招福豆撒(福引籤付)
2/2, 2/3   9:00~20:00 懸想文授与(1,000円)
場所
京都市左京区聖護院円頓美町一
市バス 熊野神社下車 徒歩約5分
tel
075-771-1178




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ