城南宮七草粥の日

セリ・ナズナ・スズナ・スズシロなど春の七草を神前に供え、参拝者は熱々の七草粥を食べ、植物のみずみずしい力を体内に摂りいれ、1年間の無病息災、延命長寿を祈願します。
春先に若菜を贈り息災を願う風習は『源氏…

nanakusa-jounanngu

セリ・ナズナ・スズナ・スズシロなど春の七草を神前に供え、参拝者は熱々の七草粥を食べ、植物のみずみずしい力を体内に摂りいれ、1年間の無病息災、延命長寿を祈願します。
春先に若菜を贈り息災を願う風習は『源氏物語』若菜の巻にも見られ、自然と一体になって四季を過ごした日本人の素朴な信仰に根ざしています。

城南宮では、旧暦の正月7日に近い、2月11日に毎年行い、大勢の参拝者で賑わいます(1膳500円)。


 




☆★☆★  城南宮七草粥の日 ☆★☆★

■開催日時:2020/2/11    10:00~16:00
■開催場所:城南宮  斎館
京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
■拝 観 料:神苑拝観料 500円 七草粥授与 500円
■お問合せ:075-623-0846
■U R L :http://www.jonangu.com/





「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ