霊山歴史館「海援隊と新選組」

坂本龍馬は、慶応元年(1865)、長崎に亀山社中を結成し、薩摩藩と長州藩の和解のために貿易を行った。そして慶応3年(1867)には海援隊の隊長になる。
一方、文久3年(1863)、幕府の浪士組が京都に入った。その一部が京都に残留して壬生浪士組を結成し、八月十八日の政変に…

坂本龍馬は、慶応元年(1865)、長崎に亀山社中を結成し、薩摩藩と長州藩の和解のために貿易を行った。そして慶応3年(1867)には海援隊の隊長になる。
一方、文久3年(1863)、幕府の浪士組が京都に入った。その一部が京都に残留して壬生浪士組を結成し、八月十八日の政変に出動した功績で朝廷から新選組の隊名を授かる。




海援隊と新選組は、非常に先進的な団体だった。両者から見た幕末史にスポットを当てる。

見どころ
坂本龍馬、中岡慎太郎 幕末の両雄 直筆の書状
坂本龍馬を斬った男 桂早之助の愛刀
錦絵 会津軍記

【初公開】金子堅太郎 漢詩
【初公開】杉浦梅潭 扇面




海援隊と新選組
日時
9月9日(水)~2021年1月24日(日)
場所
幕末維新ミュージアム
霊山歴史館
京都市東山区清閑寺霊山町1
最寄りバス停「東山安井」または「清水道」
入館料
大人900円、高校生・大学生500円、小中学生300円
問い合わせ
075-531-3773
参照web
 http://www.ryozen-museum.or.jp/exhibition/2020/kaientai.html



京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


参考になれば、こちらのランキング投票にポチッとお願い

ご一票を励みに投稿しています。合掌


メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→→無料定期購読受付中←←←←