昭和初期の「旧邸御室」特別公開

昭和初期に建てられた国登録有形文化財の邸宅「旧邸御室(おむろ)」が5月から4か月遅れの特別公開となった。
大広間のテーブルに映り込んだ庭園の「深緑の薫」、「庭鏡」 が魅力的なスポットで5月公開が例年行われている。

今年は、母屋の2階が初公開され、深緑の名残り…


13f51d65e05fb10b7910df6ffe124fdc



昭和初期に建てられた国登録有形文化財の邸宅「旧邸御室(おむろ)」が5月から4か月遅れの特別公開となった。
大広間のテーブルに映り込んだ庭園の「深緑の薫」、「庭鏡」 が魅力的なスポットで5月公開が例年行われている。




今年は、母屋の2階が初公開され、深緑の名残りと初秋の旧邸御室は、年に一度の特別拝観としては、見逃せないものになる。



旧邸御室
特別公開
日時
9月5日(土)~10月4日(日)
10:00~16:30(最終受付16:00)
場所
京都市右京区御室岡ノ裾町5
アクセス
市バス26 「御室仁和寺」下車 徒歩5分
JR嵯峨野線 「花園駅」下車 徒歩15分
問い合わせ
075-366-0376
参照web
 https://omuro-kyoto.jp/
Facebook
https://www.facebook.com/%E6%97%A7%E9%82%B8%E5%BE%A1%E5%AE%A4-931303686967179/