『街かど古典カフェ』Ⅱ 連続講座 受講募集

多くの日本の文豪が現代語訳に挑む『源氏物語』。作家,角田光代さんは長い年月をかけ,2020年2月に『源氏物語』全三巻を完結され,「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」を飾りました。

第1回は,角田光代さんから長編小説に向き合ってこられたお話しをたっぷりとお聞きい…

多くの日本の文豪が現代語訳に挑む『源氏物語』。作家,角田光代さんは長い年月をかけ,2020年2月に『源氏物語』全三巻を完結され,「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」を飾りました。

第1回は,角田光代さんから長編小説に向き合ってこられたお話しをたっぷりとお聞きいたします。

第2回は,『紫式部ひとり語り』の著者・山本淳子さんに,『源氏物語』に描かれた人々の出家や救済について,平等院が象徴する浄土信仰への紫式部の思いと共に,独自の観点でお話しいただきます。『源氏物語』の最後を飾るドラマティックな宇治十帖の地において,お二人の目を通した魅力に迫る講座です。

「街かど古典カフェ」は,趣のあるパリ街角のカフェのように,講師を囲み,親しく議論を深める贅沢な講座を2回シリーズで開催します。

街かど古典カフェ
源氏物語
日時
令和2年11月25日(火)12月2日(火)
午後1時30分~午後4時(受付午後1時)
場所
平等院 浄土院
宇治市宇治蓮華116
内容
第1回 ・講演「源氏物語―すれ違う男と女の心情」
・講師:角田光代(小説家)×聞き手 家塚智子(宇治市源氏物語ミュージアム学芸員)
・宇治市源氏物語ミュージアム自由見学
・宇治茶を愉しむ
 
第2回 ・講演「『源氏物語』の出家・浄土・心の救い―紫式部の思い―」
・講師:山本淳子(京都先端科学大学 人文学部教授)
・平等院見学
・宇治茶を愉しむ
募集
(1)受講料 8,000円(宇治市源氏物語ミュージアム観覧料及び平等院拝観料含む)
(2)募集期間 令和2年9月23日(水曜日)~10月16日(金曜日)必着
(3)定員 100名(申込多数の場合は抽選)
(4)応募(いずれも1通につき1名)
ア Web申し込み(古典の日ホームページ)
イ 郵便往復はがきで申し込み
(5)申込先
〒600-8009 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地 京都経済センター3階
公益財団法人京都文化交流コンベンションビューロー内
古典の日推進委員会「街かど古典カフェ」係


主催/問い合わせ
古典の日推進委員会 事務局
京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地 京都経済センター3階
(公財)京都文化交流コンベンションビューロー内
075-353-3060
参照web
 http://www.kotennohi.jp/?page_id=8823