京都の文化を世界に伝えるセレクト茶寮「祇園茶寮」が9月23日オープン。

八坂神社の南側に、カフェとパン、セレクトショップを兼ね備えた「京都祇園茶寮」がオープンしました。

建物は昔ながらの蔵をリノベーションし、カフェのテーブルには粟の木を使用したこだわりの詰まった空間です。
伝統的な建物に、モダンな意匠をまとう茶寮でくつろぎの時…

八坂神社の南側に、カフェとパン、セレクトショップを兼ね備えた「京都祇園茶寮」がオープンしました。

建物は昔ながらの蔵をリノベーションし、カフェのテーブルには粟の木を使用したこだわりの詰まった空間です。
伝統的な建物に、モダンな意匠をまとう茶寮でくつろぎの時をお過ごしください。

京都の歴史と文化を後世に紡いでいく

紡ぐ(つむぐ)は「麺や繭(まゆ)から繊維を引き出し、よりをかけて糸にする」という意味の言葉です。
この時に用いる道具を「錘(つむ)」といい、この「つむ」が動詞になった言葉が「つむぐ」様々な言葉を選んで、一つの文章や物語を作り出すことを「紡ぐ」と比喩的に表現しますが一つ一つの出来事や行いが「人生」や「夢」を形作っていく、というような意味もあります。
こういった京都の想いを、後世に伝えていくのが祇園茶寮のテーマとしています。

イチオシメニューの「蔵だし食パン」

店内パン工房で焼き上げたあつあつふわふわパンは祇園茶寮で厳選した小麦粉をブレンドし、小麦本来の旨味を引き出しました。
焼き立て食パンは炊き立てのご飯のように、冷めてからはおにぎりのように様々な具材とマッチします。

蔵だし食パン(特製白味噌だしポタージュ付き)1200円 
※ペーストは日替わりになります。
◆イートイン/1日限定30食
○10:00~ 10食
○13:00~ 10食
○15:00~ 10食
◆テイクアウト
ふあっさり 1日限定20食
2斤食パン  1日限定20食

山椒コンビーフのホットサンド 980円
贅沢コーンビーフに山椒がアクセントの自慢の逸品。

フルーツフレンチトースト 880円
ミルクと卵で熱々の手作りフレンチにフルーツがたっぷり。

八十八良葉舎 抹茶ラテ
Hot/Ice 880円

一保堂 ほうじ茶ラテ
Hot/Ice 800円

竹炭炭酸レモネード
750円

京都祇園茶寮
京都府京都市東山区祇園町南側506
電話 075-746-6728
営業時間 10:00~18:00(ラストオーダー17:30)
アクセス 市バス「東山安井」バス停から徒歩約5分
https://gion-saryou.kyoto
Instagram https://www.instagram.com/kyoto_gion_saryo/







もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ