再興第105回 院展

岡倉天心・横山大観の意志を継ぐ
現代日本画の力作を一堂に!
「院展」の名で親しまれている日本美術院は、明治31年(1898年)、東京美術学校長を退任した岡倉天心の指導のもと創設された日本画の研究団体です。天心の没後、大正3年(1914年)、横山大観らによって再興、以後…

岡倉天心・横山大観の意志を継ぐ
現代日本画の力作を一堂に!

「院展」の名で親しまれている日本美術院は、明治31年(1898年)、東京美術学校長を退任した岡倉天心の指導のもと創設された日本画の研究団体です。天心の没後、大正3年(1914年)、横山大観らによって再興、以後一世紀以上に渡り近代日本画の発展に大きく寄与してきました。

本展では日本美術院同人をはじめ、招待・無鑑査を含む入選作を合わせ、新作約85点を一堂に展覧します。

井手康人「神々の視座」-同人-内閣総理大臣賞
同人(推挙順)


下田義寛、小山 硬、伊藤髟耳、田渕俊夫、那波多目功一、手塚雄二、清水達三、西田俊英、松村公嗣、大矢 紀、高橋天山、吉村誠司、村上裕二、今井珠泉、倉島重友、清水由朗、齋藤満栄、小田野尚之、宮北千織、大野逸男、北田克己、村岡貴美男、井手康人、中村 譲、藁谷 実、岸野 香、松本高明、番場三雄、髙島圭史、山本浩之




第105回 院展

日時
10月20日(火)~25日(日)
10:00~17:00(18:00閉場)
※最終日は16:00まで。入場は15:00まで
場所
京都市京セラ美術館
京都市左京区岡崎円勝寺町124
料金
一般900円(700円)税込み・当日券のみ/大学生以下無料
問い合わせ
otonowa075-252-8255
参照web
 http://nihonbijutsuin.or.jp/