高台寺・圓徳院 秋の特別拝観とライトアップ

豊臣秀吉の菩提を弔うため、正室・北政所ねねが創建した高台寺。庭園や重要文化財の霊屋・開山堂などが400年前の姿を残している。紅葉の名所でもあり、昼間はもちろん、夜のライトアップで美しく照らし出される。禅宗には「時々に勤めて心のホコリを拭い払わなければならない…

豊臣秀吉の菩提を弔うため、正室・北政所ねねが創建した高台寺。
庭園や重要文化財の霊屋・開山堂などが400年前の姿を残している。
紅葉の名所でもあり、昼間はもちろん、夜のライトアップで美しく照らし出される。

禅宗には「時々に勤めて心のホコリを拭い払わなければならない」という言葉があります。日常の様々な苦しみに出会っても、その時に揺れない心を手に入れる為の様々な修行が存在しています。古くは大名や武将、また実業家や文豪も帰依をした禅師の元で修業をしました。 そこでこの度、今まで興味はあってもお寺への敷居の高さを感じてこられた方に、気軽に禅寺の修行に触れられる機会を設けました。体験を通して、心を静めることの大切さを体感していただけることを願っています。 圓徳院住職 後藤正晃

秋の特別拝観とライトアップ
日時
2020/10/23(金)~12/13(日)9:00~22:00
場所
高台寺・圓徳院
京都市東山区高台寺下河原町530
拝観料
大人500円 中高生200円   ※小学生以下無料
高台寺との共通拝観券(掌美術館入館付)900円
問い合わせ
 075-525-0101
参照web
http://www.zen-kotohajime.com/
http://www.kodaiji.com/entoku-in/