麺処むらじ、佐々木酒造監修「香ばしお揚げと酒粕ラーメン」

「一杯で、京の歴史を知る」ラーメン
「祇園麺処むらじ」は、11月16日(月)から1日20食冬季限定で「香ばしお揚げと酒粕ラーメン」を1130円(税別)にて提供する。
京都の造り酒屋の起源である洛中・聚楽第に位置し、創業120年を超える老舗「佐々木酒造」監修の一杯。

香ばしお…

「一杯で、京の歴史を知る」ラーメン

「祇園麺処むらじ」は、11月16日(月)から1日20食冬季限定で「香ばしお揚げと酒粕ラーメン」を1130円(税別)にて提供する。
京都の造り酒屋の起源である洛中・聚楽第に位置し、創業120年を超える老舗「佐々木酒造」監修の一杯。

香ばしお揚げと酒粕ラーメン

むらじ自慢の濃厚かつヘルシーな鶏白湯と、佐々木酒造特製の酒粕から生まれたスープは、歴史と伝統に培われた品のある味わいです。
粕汁のような「ほっ」と心安らぐあたたかさが、底冷えする京都の冬の寒さを忘れさせます。
トッピングには、美食家北大路魯山人が愛した銘店「平野とうふ」のお揚げさんを使用。焦がさないよう慎重に炙ることでジューシーさを増し、その香ばしさがさらにスープの旨味を引き立てます。
京野菜の聖護院大根、京人参、九条ねぎ、京水菜が彩を添えられ、京の「水のよさ」が生み出した究極の一杯となった。

佐々木酒造監修
販売価格:1,130円(税抜)
※令和2年11月16日(月)から 令和3年1月31日(日)までの限定提供。
※一日あたり20食の限定提供のため、なくなり次第終了

佐々木酒造


明治26年(1893)の創業以来、“洛中伝承”の技法と精神を継承しつつ、新しい技術を取り入れながら、さらなる品質向上にも取り組んでいる京都の蔵元。仕込み水には千利休が茶の湯に使ったとされる「金明水・銀明水」の水脈を使用。豊臣秀吉が造営した「聚楽第」の名を冠した純米大吟醸や、「古都」大吟醸、西陣織を掛布とした「西陣」特別純米など京都らしい商品が評判。
俳優・佐々木蔵之介さんの実家でもある。
京都市上京区日暮通椹木町下ル
http://www.jurakudai.com




祇園麺処むらじ



祇園本店
京都市東山区清本町373-3
営業時間
平日  11:30~14:30(LO14:00)
/ 17:00~21:00(LO20:30)
土日祝 11:30~21:00(LO20:30)/dd>
問合せ
075-744-1144/dd>
参照
 http://ramen-muraji.jp/




京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


参考になれば、こちらのランキング投票にポチッとお願い

ご一票を励みに投稿しています。合掌


メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→→無料定期購読受付中←←←