石清水八幡宮社殿と鎮守の森をライトアップ

八幡市の石清水八幡宮で、「お茶の京都DMO)」が、国宝・本殿等をライトアップする「祈りのともしび」を初めて開催する。
国宝・本殿や境内をLEDでライトアップするほか、京都芸大学生(旧京都造形大学)作品「祈りのオブジェ」の展示や地元住民が竹等でつくった照明を並べ、…

八幡市の石清水八幡宮で、「お茶の京都DMO)」が、国宝・本殿等をライトアップする「祈りのともしび」を初めて開催する。
国宝・本殿や境内をLEDでライトアップするほか、京都芸大学生(旧京都造形大学)作品「祈りのオブジェ」の展示や地元住民が竹等でつくった照明を並べ、荘厳で美しい夜の本殿を演出する。




学生らが白色を基調に制作するアート作品「祈りのオブジェ」や、地元住民らでつくるNPO法人八幡たけくらぶが竹等でつくった照明等を並べて、夜の鎮守の森を陰影のある光で彩ります。




また、来場できない方にも楽しんでもらおうと、ライトアップの様子や巫女舞などをWEBによるLIVE中継も予定している。



石清水八幡宮 ライトアップ
祈りのともしび
日時
2月10日(水)から2月14日(日)
点灯時間 午後5時~午後8時
場所
石清水八幡宮
http://iwashimizu.or.jp/top.php
八幡市八幡高坊30
京都・大阪から京阪電車で30分。
石清水八幡宮駅から石清水八幡宮参道ケーブル
問い合わせ
京都山城地域振興社
話0774-25-3239
参照web
 https://ochanokyoto.jp/event/detail.php?eid=569