Kyoto Art for Tomorrow 2021 -京都府新鋭選抜展-

京都の地で新しい芸術の創造に取り組む新進の若手作家を紹介する展覧会「Kyoto Art for Tomorrow 2021 -京都府新鋭選抜展-」を1月23日(土)から開催される。
一般公開に先立ち、本展に選抜された作家40名による出品作品の中から、受賞作品が決定された。
なお、本年度は、…

京都の地で新しい芸術の創造に取り組む新進の若手作家を紹介する展覧会「Kyoto Art for Tomorrow 2021 -京都府新鋭選抜展-」を1月23日(土)から開催される。

一般公開に先立ち、本展に選抜された作家40名による出品作品の中から、受賞作品が決定された。
なお、本年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、授賞式及び出品作家によるギャラリートークは行われない。

最優秀賞
ジダーノワ・アリーナ「バーブシュカ」

(講評)
手作りアニメーションで、個人史というプライベートなストーリーをわかりやすく展開する映像作品。ロマンチックなアニメーションと、ロシア語(英語と日本語の字幕)による民族的な個人史がうまく組み合わされて、不思議な空間を作り出している。京都という古い伝統のある日本的な心情が濃厚な場所で、アイデンティティ、文化的ダイバーシティ、自身の経験をアニメーションと、ロシア語の心地よい響きによって、リアリティをもって語られており、説得力がある。

優秀賞
肥後 亮祐(25歳)「Null Island」

(講評)
作品のモチーフとなっているヌル島は、実際には存在しないにもかかわらず、インターネット上では、不都合な情報、エラーの出る情報の発信場所として使われてきた架空の島である。近年では現実世界よりも、端末の中のインターネットの世界のほうが、存在価値、現実感を持ちつつある。存在するものと存在しないものが錯綜し、存在しないのに在ると信じられてしまい、増幅されていく。着想、作品自体の面白さに惹かれる。

京都府新鋭選抜展
Kyoto Art for Tomorrow 2021
会期
令和3年1月23日(土)~2月7日(日)10時~18時 
※4F展示室は金曜19時30分まで(入室は各30分前まで)
※別館は毎日19時30分まで
※月曜休館
場所
京都文化博物館 4階展示室、別館ホール
京都市中京区三条高倉 
入場料
一般500円、大学生400円、高校生以下無料
全出品作品数
40作品(府内を活動拠点に活躍する若手作家)
参照web
 https://www.bunpaku.or.jp/exhi_special_post/kyoto-art-for-tomorrow2021/