大山崎山荘美術館 開館25周年夢をめぐる

アサヒビール大山崎山荘美術館は1996年4月に開館し、今年で25周年を迎えます。
主な展示作品
モディリアーニ《少女の肖像》
モネ《睡蓮》
ピカソ《肘をつく女》
クロイク 《オランダ 色絵花鳥文八角瓶》

開館25周年を記念する本展では、作品をとりまく「夢」に焦点をあて…

アサヒビール大山崎山荘美術館は1996年4月に開館し、今年で25周年を迎えます。

主な展示作品
モディリアーニ《少女の肖像》

モネ《睡蓮》

ピカソ《肘をつく女》

クロイク 《オランダ 色絵花鳥文八角瓶》

開館25周年を記念する本展では、作品をとりまく「夢」に焦点をあて、当館蔵品を厳選し公開します。

19世紀後半から20世紀はじめのパリでは、夢を抱いた芸術家が集い、多彩な文化が次々に花開きます。

絵画においては、クロード・モネが、光に着目して明るい画面に都市生活を描写しました。

パブロ・ピカソは、《肘をつく女》といった「青の時代」の絵画にはじまり、めまぐるしく様式を変化させ、アメデオ・モディリアーニは、対象の奥にひそむ精神性を表出しようと、《少女の肖像》のようにデフォルメされた身体を特徴とする肖像画に到達しました。
独自の表現を追いもとめた彼らの夢の精華が、のこされた数々の傑作にあらわれているといえます。

のちにモネは、パリ近郊のジヴェルニーに居を定め、自身の理想を凝縮させた庭園をつくりあげました。

今回はこの夢の庭を題材にした、連作《睡蓮》をふくむモネの代表作をご覧いただきます。
また、本展では、かつて白い宝石とよばれ珍重された東洋磁器を夢みて、試行錯誤の末に誕生した17–18世紀のデルフト陶器などもあわせてご紹介いたします。

名品にかくれた、あこがれ、希望、志などの背景をさぐりながら、さまざまな夢をめぐります。



開館25周年記念 夢をめぐるり
 ―絵画の名品より

日時
3月20日(土・祝)~7月4日(日)
休館日 月曜日(ただし、5月3日は開館)
場所
アサヒビール大山崎山荘美術館
大山崎町銭原5-3
料金
大人 900(800)円 高・大生 500(400)円 中学生以下無料
問い合わせ
075-957-3123(
参照web
 https://www.asahibeer-oyamazaki.com/









もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ