京都の学校史をたどる――中学校・高等学校編――

学校に関する史料は,学校にあるものがすべてではありません。むしろ,個人が大切に保管してきた日記や写真,私文書などの方が,学校のリアルな姿を映し出すことがあります。本展は,この「学校の外にあった学校関係…

学校に関する史料は,学校にあるものがすべてではありません。むしろ,個人が大切に保管してきた日記や写真,私文書などの方が,学校のリアルな姿を映し出すことがあります。本展は,この「学校の外にあった学校関係史料」で,明治期から現代までの京都における中等教育の学校史を振り返ります。


中等教育とは,初等教育を終えた後の段階の教育のことです。現在は,中等教育の前期が中学校,中等教育の後期が高等学校で行われ,多くの学校が男女共学です。しかし,70年ほど前までは中等教育は前期・後期にわかれず一貫して旧制中学校・高等女学校・実業学校などで行われ,すべての学校が男女別学校でした。
本展では,2011年度以降に個人から寄贈いただいた学校史料のうち,中等教育の学校に関する史料を,わかりやすい解説をつけて展示します。

 

 



☆★☆    京都の学校史をたどる――中学校・高等学校編― ☆★☆
■開催日時:2018/12/15~2019/3/24   9:00~17:00
休館日/水曜日(祝日の場合は翌平日)12/28~1/4
■開催場所:京都市学校歴史博物館
〒600-8044 京都市下京区御幸町通仏光寺下ル橘町437
■料  金:大人200円 小中高生100円 京都市内の小・中学生の土日は無料
■お問合せ:075-344-1305  rekihaku-igyou@edu.city.kyoto.jp
■U R L:http://kyo-gakurehaku.jp/






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



京都駅前ときめきプロジェクト

 

「ときめきプロジェクト」とは、「ときめき」と「やすらぎ」の空間を提供する光のプロジェクトのことで、京都駅北口広場、ローム京都駅前ビル「京の光暦」、京都タワー塔体カラーライトアップ、音楽噴水「AQUA
F…

 



「ときめきプロジェクト」とは、「ときめき」と「やすらぎ」の空間を提供する光のプロジェクトのことで、京都駅北口広場、ローム京都駅前ビル「京の光暦」、京都タワー塔体カラーライトアップ、音楽噴水「AQUA FANTASY」など京都駅周辺エリア連携してライトアップを実施している。

特定の日限定で同色の協調演出をするなど、これまでにないスケールで地域一帯を光あふれるゾーンとして展開し、2019年3月23日(土)17:00~24:00まで辺り一帯を輝かせる。

関連イベントとして
京都駅ビルクリスマスイルミネーション2018
も楽しめる。

 






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

「秋の植物園フェスタ」を開催☆京都府立植物園

秋の行楽シーズンに合わせて、親子で楽しめるイベントが京都府立植物園で開催されます。鮮やかに色づいた木々を観賞する紅葉散策ツアーが催されるほか、園内の大芝生地などでは植物クラフト体験教室や地域産品の販売が行われます。
 
☆★☆★☆ 「秋の植物園フェスタ」 …

秋の行楽シーズンに合わせて、親子で楽しめるイベントが京都府立植物園で開催されます。鮮やかに色づいた木々を観賞する紅葉散策ツアーが催されるほか、園内の大芝生地などでは植物クラフト体験教室や地域産品の販売が行われます。


 



☆★☆★☆ 「秋の植物園フェスタ」 ☆★☆★☆

■開催期日: 2018/11/24~11/25     9:00~16:00
■開催場所: 京都府立植物園      〒606-0823  京都市左京区下鴨半木町
■料   金: 一般 200円 高校生 150円 中学生以下無料
■お問合せ: 075-701-0141
http://www.pref.kyoto.jp/plant/






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



「鍋まつり」★京都市中央卸売市場

「鍋まつり」は市場が総力を挙げて行う「食」の一大イベントで旬の味覚をふんだんに使った20種類以上の鍋料理や,市場の生鮮食品等の販売,市場ならではのイベントの実施を予定している。
以前には、芋棒、石狩なべ、…

「鍋まつり」は市場が総力を挙げて行う「食」の一大イベントで旬の味覚をふんだんに使った20種類以上の鍋料理や,市場の生鮮食品等の販売,市場ならではのイベントの実施を予定している。

以前には、芋棒、石狩なべ、ふぐ鍋、かに漁師鍋、 ハタ鍋、かに雑炊、舞鶴サザエ汁、もち豚海鮮チゲ、魚と松茸の寄せ鍋など一度は見てみたい鍋が供されている。

anko-tsurusigiriあんこうの吊るし切りの実演などのイベントもあり、みんなで楽しむことのできる「鍋」をキーワードに,市場の食材をたっぷり使った鍋料理を紹介している。

1)鍋ブース
市場の食材を使った,約20種類の鍋料理の販売

2)販売ブース

全国の産地から集まった青果物・水産物の展示・即売

市場の水産物,青果物,加工食品等の販売

3)イベント

バナナの叩き売り,みかんのつかみ取り

マグロの解体実演,あんこうの吊るし切りの実演

4)展示等PRブース
京の食文化ミュージアム・あじわい館や市内連携大学等の取組紹介


 

 

nabematsuri

 

 

日時 平成30年11月23日 午前11時~午後2時(雨天決行)
場所 京都市中央卸売市場第一市場 水産卸売場
京都市下京区朱雀分木町80番地
お問い合わせ
京都市中央卸売市場協会
tel 075‐323‐6777






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



梅小路公園 「紅葉まつり」2018

 
梅小路公園内に平安建都1200年を記念して作庭された「朱雀の庭」において、
梅小路公園を代表する秋のイベント「梅小路公園 紅葉まつり」が今年も開催されます。
夜の「朱雀の庭」が幻想的にライトアップされ、庭…

 

紅葉まつり-thumb-320x213-1243


梅小路公園内に平安建都1200年を記念して作庭された「朱雀の庭」において、
梅小路公園を代表する秋のイベント「梅小路公園 紅葉まつり」が今年も開催されます。

夜の「朱雀の庭」が幻想的にライトアップされ、庭園内の約150本のモミジやアカマツが夜空に美しく浮かび上がります。
園内中央の浅池「水鏡」の水面に映り込む「逆さ紅葉」は朱雀の庭ならではの眺めで、絶好の撮影ポイントとなっています。

庭園中央の浅池に映り込む景色に、夜の庭園の静寂感や神秘性を感じていただけます。

 

 

 





☆★☆★ 梅小路公園 「紅葉まつり」 ☆★☆★

■開催日時:2018/11/16~12/2   17:00~21:00((最終入園20:30まで)
※11月19日(月)、26日(月)休園
■開催会場:梅小路公園「朱雀の庭」
〒600-8835 京都市下京区観喜寺町56-3
■料   金:大人400円 小学生以上200円 小学生未満無料
■お問合せ:梅小路公園  (月曜休)
■URL   :http://www.kyoto-ga.jp/






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


宇髙姉弟のお能講座 第3回『鬘能』

舞や衣装、そしてお囃子と、能は日本の総合芸術です。そんな能を本シリーズでは演目ジャンルごとに学んでいきます。
第3回は、『鬘(かずら)能』-羽衣、井筒、杜若(かきつばた)、葵上-です。

能には主人公の属性に応じて大きく5つのジャンルがあります。それを五番立といい…

舞や衣装、そしてお囃子と、能は日本の総合芸術です。そんな能を本シリーズでは演目ジャンルごとに学んでいきます。
第3回は、『鬘(かずら)能』-羽衣、井筒、杜若(かきつばた)、葵上-です。



能には主人公の属性に応じて大きく5つのジャンルがあります。それを五番立といい、これらの理解が、能という芸能の理解への近道でもあります。解説は無鄰菴パートナー講師宇高姉弟。現代へとその技をつなぐ金剛流シテ方能楽師の一家でもあります。時にその場でダイナミックな実演を交えて立体的に能の世界をお伝えします。気さくな会話の弾む雰囲気の中で、お能の鑑賞がもっと楽しくなる講座、ぜひご参加ください!

※【鬘(かずら)能】=羽衣、井筒、杜若(かきつばた)、葵上=貴族や優美なものがシテとなる演目。源氏物語や伊勢物語に出典を求めるものが多いのも特徴。
※シテ=主人公のこと。或いは主人公を演じる者のこと。



a3d9afdc76811035c620c7bcaa098e88-1-e1505961777317



無鄰菴パートナーズ講座
「能の楽しみを知る」vol.4『舞台』
講師
宇高姉弟(宇高景子・宇高徳成)
宇髙姉弟(うだかきょうだい)Udaka Brothers
能面作家の長女・景子(けいこ)と、金剛流能楽師の長男・竜成(たつしげ)、次男・徳成(のりしげ)の三姉弟。能楽師で能面作家でもある通成(みちしげ)を父に持ち、幼少の頃より能楽と共に育つ。現在では能楽を広めるべく、国内・海外問わず多方面で活躍している。
開催日
2018年11月24日(土)
開催時間
14:00~16:00
場所
無鄰菴 母屋2階
京都市左京区南禅寺草川町31
http://murin-an.jp/
定員
20名(要予約・先着順)
申込み
https://murin-an.jp/event-app/
料金
5,000円(お抹茶付き)
主催・問い合わせ
植彌加藤造園株式会社・無鄰菴管理事務所
TEL & FAX: 075-771-3909
web
https://murin-an.jp/events/event-20181124/
https://www.facebook.com/pg/ueyakato/

【今後の講座】
1/19雑能,3/23 切能 (全土曜日)






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




無鄰菴茶会第4回『雷』

無鄰菴で千葉宗幸が開くお茶会の新シリーズです。
テーマは「八卦」(はっか、はっけ)です。かつて人々が自然と深く結びついて生活していた頃、その世界観を象徴的に示した八卦は風水などにも利用されています。

「水」「風」「地」などといったエレメントが、無鄰菴のせせ…

無鄰菴で千葉宗幸が開くお茶会の新シリーズです。
テーマは「八卦」(はっか、はっけ)です。かつて人々が自然と深く結びついて生活していた頃、その世界観を象徴的に示した八卦は風水などにも利用されています。



「水」「風」「地」などといったエレメントが、無鄰菴のせせらぎ響く茶室でどのようなお席になるのでしょうか。
お席では、お庭の分かりやすい説明を交えます。お茶は二服、お菓子は主菓子とお干菓子を両方お楽しみいただきます。
お道具やお菓子にも趣向を凝らした本格的なお茶会ですが、お茶の経験が少ない方でもお気軽にご参加いただけます。



無鄰菴茶会
第4回『雷』
開催日
2018年11⽉11⽇(日)
開催時間
①10:00~②11:00~③13:00~④14:00~⑤15:00~
場所
無鄰菴 茶室
京都市左京区南禅寺草川町31
http://murin-an.jp/
半東
千葉 宗幸
裏千家宗名 千葉宗幸は、無鄰菴の庭で修行する庭師


協 力
主菓子干菓子 京菓子司末富
定員
各回6名。要予約。
料金
3,500円
応募
電話・窓口にて受付。先着順。
受付時間 午前8時30分~16時30分
主催・問い合わせ
植彌加藤造園株式会社・無鄰菴管理事務所
TEL & FAX: 075-771-3909
web
https://murin-an.jp/events/event-20181111/
https://www.facebook.com/pg/ueyakato/

=今後の予定=
12/16「風」
1/20「水」
2/10「山」
3/3「地」






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


無鄰菴ティースクール 第6回【スタイルを身につける1】

お茶は充実したライフスタイルをもつ上でとても大切なもの。いってみればそれは生活の句読点です。上手に句読点を打つことができる人はきっと素敵に輝きます。

この講座では、煎茶からウーロン茶まで、シーンにあわせて日本茶を上手に選び、味わい、そして周りの人を楽しま…

お茶は充実したライフスタイルをもつ上でとても大切なもの。いってみればそれは生活の句読点です。上手に句読点を打つことができる人はきっと素敵に輝きます。




この講座では、煎茶からウーロン茶まで、シーンにあわせて日本茶を上手に選び、味わい、そして周りの人を楽しませることができるしっかりとした知識とスキルを身につけます。

うつわや道具からお茶のための時間を発想します。一人分のお茶を入れるにはどんな器が適しているのか、急須をしっかりと扱うにはどうしたら良いのか。



無鄰菴ティースクール
第6回 【スタイルを身につける1】
お茶で心を和ませる人になりましょう
講師
ハーブレヒツ 淡月庵 ティアス宗筅 (そうせん)
ベルギーのルーヴェン大学日本学科を卒業。 関西大学大学院文学研究科総合人文学専攻国文学専修を修了。外国人として最年少の遠州流茶道師範。ベルギー人として初めての日本茶インストラクター。国内外の門下生に茶道を教え、日本茶・日本茶文化を原点から捉え、伝統的な姿を解き明かすため、様々な催し物を開催している
開催日
2018年11月18日(日)
開催時間
14:00-16:00
場所
無鄰菴 母屋2階
京都市左京区南禅寺草川町31
http://murin-an.jp/
定員
20名(要予約・先着順)
料金
6,500円
応募
お申し込み
https://murin-an.jp/event-app/
主催・問い合わせ
植彌加藤造園株式会社・無鄰菴管理事務所
TEL & FAX: 075-771-3909
web
https://murin-an.jp/events/event-1118/
https://www.facebook.com/pg/ueyakato/

京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


無鄰菴 明治時代の岡崎界隈を知る

無鄰菴のある岡崎界隈。
ここは江戸時代には南禅寺のお膝元でしたが、明治に入り第4回内国勧業博覧会(明治28)をきっかけに一大再開発が行われ、美術館や動物園が立ち並び、市電が走り、山縣有朋ら時の有力者の比類ない別荘地ともなっていきました。

今回は最終回として、…

無鄰菴のある岡崎界隈。
ここは江戸時代には南禅寺のお膝元でしたが、明治に入り第4回内国勧業博覧会(明治28)をきっかけに一大再開発が行われ、美術館や動物園が立ち並び、市電が走り、山縣有朋ら時の有力者の比類ない別荘地ともなっていきました。




今回は最終回として、明治においての岡崎界隈の変遷をたどりながら、そこに花開いた近代数寄空間の有様をご解説いただきます。



文化財講座歴史編 第6回
明治時代の岡崎界隈を知る
開催日
2018年11月4日(日)
開催時間
14:00~16:00
講師
矢ヶ崎善太郎 (京都工芸繊維大学)
場所
無鄰菴 洋館
京都市左京区南禅寺草川町31
http://murin-an.jp/
定員
20名。要予約。
料金
3,500円
応募
電話・窓口にて受付。先着順。
受付時間 午前8時30分~16時30分
主催・問い合わせ
植彌加藤造園株式会社・無鄰菴管理事務所
TEL & FAX: 075-771-3909
web
https://murin-an.jp/events/event-20181104/
https://www.facebook.com/pg/ueyakato/





京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



「禅寺体験ことはじめ」2018☆高台寺・圓徳院☆秋の特別拝観

禅寺体験ことはじめ
10月19日~12月9日の秋の特別拝観期間は、気軽に参加できる禅寺の体験型イベントを開催。坐禅、写経、写仏、観仏、聴経、法話、白砂線引鑑賞、抹茶の8種類の中から好きな体験を選ぶことができる。…



禅寺体験ことはじめ

10月19日~12月9日の秋の特別拝観期間は、気軽に参加できる禅寺の体験型イベントを開催。坐禅、写経、写仏、観仏、聴経、法話、白砂線引鑑賞、抹茶の8種類の中から好きな体験を選ぶことができる。体験する時間も自由に選択でき、事前予約も不要。


「禅寺体験ことはじめ」特設サイト   http://www.zen-kotohajime.com



禅宗には「時々に勤めて心のホコリを拭い払わなければならない」という言葉があります。日常の様々な苦しみに出会っても、その時に揺れない心を手に入れる為の様々な修行が存在しています。古くは大名や武将、また実業家や文豪も帰依をした禅師の元で修業をしました。 そこでこの度、今まで興味はあってもお寺への敷居の高さを感じてこられた方に、気軽に禅寺の修行に触れられる機会を設けました。体験を通して、心を静めることの大切さを体感していただけることを願っています。 圓徳院住職 後藤正晃

 


豊臣秀吉の妻、北政所ねねが晩年の19年間を過ごした地に建つ圓徳院。ねねが秀吉との思い出の多い伏見城の化粧御殿とその前庭を移築し、ここから秀吉の菩提寺として建立した高台寺に通いました。多くの大名や禅僧、文化人がねねを慕って集まり、文化サロンのような一面も持っていました。
ねねが亡くなった後に高台寺の塔頭寺院「圓徳院」となりますが、今でもねねが眺めたものと変わらぬ美しい庭園を残し、一年を通して多くの拝観者が圓徳院を参拝しています。

 


体験型イベント

☆★☆★ 「禅寺体験ことはじめ」☆秋の特別拝観 ☆★☆★

■開催期間:2018/10/19~12/9     10:00~22:00(日没後ライトアップ)
■開催場所:高台寺・圓徳院
〒605-0825 京都市東山区高台寺下河原町530
■拝 観 料:大人500円 中高生200円   ※小学生以下無料
高台寺との共通拝観券(掌美術館入館付)900円
■お問合せ:高台寺・圓徳院    075-525-0101
■URL http://www.zen-kotohajime.com/





京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ