『 温 故 礼 讃  』 -百花繚乱・相国寺文化圏

今から約六百年前、室町三代将軍・足利義満によって創建された相国寺は、金閣、銀閣の世界文化遺産を有し、今もなお禅の古刹としての存在を誇っています。そこで育まれた文化は、足利将軍家の唐物趣味(中国趣味)と深…

今から約六百年前、室町三代将軍・足利義満によって創建された相国寺は、金閣、銀閣の世界文化遺産を有し、今もなお禅の古刹としての存在を誇っています。そこで育まれた文化は、足利将軍家の唐物趣味(中国趣味)と深く関わり、他の京五山禅林とは異なる独自の文化を構築しました。
金閣では義満が膨大な中国絵画の名品を愛玩し、銀閣の地・東山山荘の同仁斎では、八代将軍義政が中国の隠遁思想を体現しました。また相国寺では画僧たちが将軍家の御用絵師に代々就任し、そこに誕生した画風は室町水墨画史を多様に彩りました。
相国寺の文化活動は、室町文化の歴史に新風を吠き込みました。

 


※最下段に掲載の「蔦の細道図屏風」はII期(1/13~3/24)のみの展示。
他の作品は全期間展示いたします。

 

今回の展覧会は、相国寺文化圏と銘を打ち、国宝・重要文化財を多く含む、相国寺に伝来の名品を一堂に展観し、室町時代からの歴更の荒波を乗り越え今に伝わる寺宝への、温古(古きをあたためる)という教えを礼讃しようとするものです。
今春、重要文化財に新指定された円山応挙筆「大瀑布図」の巨軸も堂々のお披露です。

 

 


II期:2019年1月13日(日)~2019年3月24日(日)
【会期中無休】 





☆★☆★ 『 温 故 礼 讃  』-百花繚乱・相国寺文化圏  II期 ☆★☆★
■開催日時:2019/1/13~2019/3/24   10:00~17:00
会期中無休
■開催場所:相国寺承天閣美術館II期
〒602-0898 京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町701
■入館料金:一般800円 65歳以上・大学生600円 中高生300円   小学生200円
■お問合せ: 075-241-0423
■URL : http://www.shokoku-ji.jp/top.php





京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Kyoto Art for Tomorrow-京都府新鋭選抜展2019 

 
本展は、京都を中心に活動する新進の若手作家を紹介し、次世代を担う作家として京都から世界へ発信していくことを目的として開催します。京都の地を拠点とする若きアーティストたちとともに、国際的に活躍する京都…

 
本展は、京都を中心に活動する新進の若手作家を紹介し、次世代を担う作家として京都から世界へ発信していくことを目的として開催します。京都の地を拠点とする若きアーティストたちとともに、国際的に活躍する京都ゆかりの作家・藤浩志氏による現代アートを同時に公開し、京都の地でモダンとクラシックの間に生まれる新しい芸術の創造に取り組む若手作家の活動を奨励します。

 

特別出品:https://www.fujistudio.co
藤 浩志「ジュラ紀から受け継ぐ」
時 間 10:00~19:30
会 場 別館ホール
※入場無料

 

 

出品作家:安藤隆一郎、井上裕加里、今西真也、彌永ゆり子、入澤あづさ、岩井晴香、上田良、江川恵、大八木夏生、岸雪絵、北川安希子、金サジ、清田泰寛、楠本孝美、葛本康彰、國政サトシ、
久保木要、黒川岳、後藤吉晃、西條茜、阪本結、笹岡由梨子、城愛音、大東真也、髙崎洋祐、
柞磨祥子、弦川悠、中平美紗子、中村潤、丹羽優太、橋本知成、林葵衣、蛭田美保子、
福田真知、三橋卓、迎英里子、村田彩、むらたちひろ、森岡真央、八木佑介、矢野洋輔、山羽春季、吉田潤、吉田桃子、若林亮選考

審査委員:太田垣實 (美術評論家)、
菅谷富夫(大阪新美術館建設準備室 研究主幹)、
建畠晢(多摩美術大学長、京都芸術センター館長)、
中井康之(国立国際美術館 副館長・学芸課長)、
不動美里(姫路市立美術館 副館長)

 

特別展/平成30年度 文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業 
☆★☆ Kyoto Art for Tomorrow-京都府新鋭選抜展2019 ☆★☆

■開催日時:2019/1/19 ~2/3 10:00~18:00    金曜日 ~19:30
休館日/月曜日
■開催場所:京都文化博物館   3階展示室
〒604-8183 京都市中京区三条高倉
■料  金:一般500円 大学生400円 高校生以下無料
■お問合せ: 075-222-0888
■U R L:http://www.bunpaku.or.jp/






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



特別展 Special ExSpecial 豊臣の肖像

ねねの菩提寺である高台寺には秀吉像、高台院像以外に豊臣の人々の肖像が残されています。そして関連寺院にも秀吉夫妻と関わりの深かった人々の肖像が伝わります。それぞれの肖像は、写真が無かった時代に、亡き人の容…



ねねの菩提寺である高台寺には秀吉像、高台院像以外に豊臣の人々の肖像が残されています。そして関連寺院にも秀吉夫妻と関わりの深かった人々の肖像が伝わります。それぞれの肖像は、写真が無かった時代に、亡き人の容貌を思い出し、その人を供養する際に用いられました。そしてそれらの肖像は描かれた人々の人生や地位を語り継ぐために役立ちました。


この展覧会では、豊臣の人々の肖像と共に当時の道具や工芸品(高台寺蒔絵など)や資料も紹介します。それらの品々は、人間の限りある人生の栄華や儚さを皆様に語りかけることでしょう。

◆主な展示品
【第1期】豊臣秀吉像/高台院像(重要文化財)/山中長俊像(重要文化財)/桐菊蒔絵刀掛(重要文化財)
【第2期】豊臣秀吉像(重要文化財)/小早川秀秋像(重要文化財)/秋草蒔絵歌書簞笥(重要文化財)/枝垂桜蒔絵手拭掛(重要文化財)

◆主な作品の展示期間

高台院像(重要文化財)
~2018年12月30日
山中長俊像(慈芳院所蔵)
~2018年12月30日
豊臣秀吉像[弓箴善彊賛]
~2018年12月30日
浅野長勝像(高台院養父像)
~2018年12月30日
豊臣秀吉像(重要文化財)
2019年1月1日~1月31日
小早川秀秋像(重要文化財)
2019年2月1日~3月3日
唐人物・花鳥図衝立[狩野孝信筆]
2019年1月1日~5月6日

 

 

春の特別展
☆★☆★  豊臣の肖像    ☆★☆★

■開催日時:2019/1/1~5/6   9:30~18:00
(3月4日~3月7日 展示替え休館)
■開催場所: 高台寺「掌美術館」
〒605-0825 京都市東山区高台寺下河原町530 京・洛市「ねね」2階
■入 館 料:高台寺掌美術館 300円
3ヵ所共通割引拝観券(高台寺、高台寺掌美術館、圓徳院)900円
■お問合せ:075-561-1414
■U R L :http://www.kodaiji.com/index.html






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



★ 花鳥風月★ 京都市美術館所蔵品展

京都市美術館は1933(昭和8)年に設立され、建築当初の面影を残す日本国内有数の歴史ある大規模公立美術館の一つです。収蔵する絵画や工芸の名品の数々はまさに文化都市・京都に相応しいコレクションを形成し、京都にお…

京都市美術館は1933(昭和8)年に設立され、建築当初の面影を残す日本国内有数の歴史ある大規模公立美術館の一つです。収蔵する絵画や工芸の名品の数々はまさに文化都市・京都に相応しいコレクションを形成し、京都における文化施設の中核的な存在として京都市民から愛されています。
本展覧会では2019年度中のリニューアルオープンに向け、現在本館が改装中である京都市美術館の所蔵品の中から選りすぐりの名品をご紹介します。2018年1月に開催をした第1回目は「きもの美人」をテーマに美しく艶やかな作品を展覧しました。第2回目となる本展では、新春にふさわしく晴れやかな「花鳥風月」をテーマに日本画、洋画、工芸作品36点を展示します。竹内栖鳳、富岡鉄斎、菊池芳文、神坂雪佳、福田平八郎、堂本印象、山口華楊、須田国太郎、山鹿清華、鈴木治ら近現代の作家たちが表現した「花鳥風月」をお楽しみください。

▶作品リストはこちら

ギャラリー・トーク

会場=美術館「えき」KYOTO ※各回約30分
1月 5日(土) 午後2時から 吉中 充代 氏(京都市美術館 学芸員)
1月 6日(日) 午後2時から 潮江 宏三 氏(京都市美術館 館長)
1月13日(日) 午後2時から 山田 諭 氏 (京都市美術館 学芸課長)
1月14日(月・祝) 午後2時から 今森 光彦 氏 (写真家)

※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説いたします。
※事前申し込み不要。ご参加は不要ですが、美術館入館券は必要です。
※混雑した際は、入館制限をさせていただく場合がございます。

お着物で「花鳥風月」鑑賞!!!
会期中、着物でご入館の方先着100名さまに、便利堂オリジナル絵はがきを差しあげます。
お一人さまにつき1点限り。
※なくなり次第、終了をさせていただきます。

 

 

京都市美術館所蔵品展
☆★☆★ 花鳥風月☆★☆★
■開催日時:2019/1/2~1/20 10:00~20:00
■開催場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
■主  催:美術館「えき」KYOTO 京都新聞
■入 場 料:一般 900円 高大学生 700円 小中学生 500円
■お問合せ:075-352-1111
■URL :http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


2月28日閉館“最後の展示会” ★草間彌生 永遠の南瓜展

フォーエバー現代美術館 祇園・京都
2月28日閉館“最後の展示会”
伝統文化の殿堂として知られる祇園甲部歌舞練場内の1913年(大正2年)に建てられた登録有形文化財「八坂倶楽部」。
フォーエバー現代美術館 祇園・京都は、2017年6月より期間限定で開館。残念ながら2019年2月28…

フォーエバー現代美術館 祇園・京都
2月28日閉館“最後の展示会”

伝統文化の殿堂として知られる祇園甲部歌舞練場内の1913年(大正2年)に建てられた登録有形文化財「八坂倶楽部」。
フォーエバー現代美術館 祇園・京都は、2017年6月より期間限定で開館。残念ながら2019年2月28日(木)で閉館する。




館内は、総畳敷き(展示室)、壁は展示室ごとに京都の五花街でみられる「浅葱(あさぎ)色」「弁柄(べんがら)色」といった日本古来の色彩が用いられ伝統と美術館の立地との関係性を大切にした空間となっている。

“最後の展示会”となるのが、第2章“草間彌生 永遠の南瓜展”。
本展では、草間彌生の代表的なモチーフの一つとして知られる“南瓜”の作品世界を中心に紹介。様々な南瓜作品35点をはじめ、花・富士のモチーフ作品や貴重な初期作品など全123点を展示紹介している。

■展示作品数
常設展示室    :28点
企画展示室 花の間:47点(花モチーフ作品)+その他3作品
南瓜の間     :35点
富士の間     :9点
屋外展示     :1点



草間彌生 永遠の南瓜展

会期
2018年5月3日(木)~2019年2月28日(木)
休館日 :2018年12月31日(月)
2019年1月1日(火)・7日(月)・8日(火)・9日(水)
場所
京都市東山区祇園町南側570-2
開館時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
一般 1,500円、中高生 1,000円、小学生以下無料
参照web
https://fmoca.jp/




京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

京都市美術館所蔵品展 花鳥風月 / 美術館「えき」KYOTO

 京都市美術館は1933(昭和8)年に設立され、建築当初の面影を残す日本国内有数の歴史ある大規模公立美術館の一つです。収蔵する絵画や工芸の名品の数々はまさに文化都市・京都に相応しいコレクションを形成し、京都にお…

 

京都市美術館は1933(昭和8)年に設立され、建築当初の面影を残す日本国内有数の歴史ある大規模公立美術館の一つです。収蔵する絵画や工芸の名品の数々はまさに文化都市・京都に相応しいコレクションを形成し、京都における文化施設の中核的な存在として京都市民から愛されています。

本展覧会では2019年度中のリニューアルオープンに向け、現在本館が改装中である京都市美術館の所蔵品の中から選りすぐりの名品をご紹介します。2018年1月に開催をした第1回目は「きもの美人」をテーマに美しく艶やかな作品を展覧しました。


第2回目となる本展では、新春にふさわしく晴れやかな「花鳥風月」をテーマに日本画、洋画、工芸作品36点を展示します。竹内栖鳳、富岡鉄斎、菊池芳文、神坂雪佳、福田平八郎、堂本印象、山口華楊、須田国太郎、山鹿清華、鈴木治ら近現代の作家たちが表現した「花鳥風月」をお楽しみください。

 

ギャラリートーク
会場=美術館「えき」KYOTO ※各回約30分
1月 5日(土) 午後2時から 吉中 充代 氏(京都市美術館 学芸員)
1月 6日(日) 午後2時から 潮江 宏三 氏(京都市美術館 館長)
1月13日(日) 午後2時から 山田 諭 氏 (京都市美術館 学芸課長)
1月14日(月・祝) 午後2時から 今森 光彦 氏 (写真家)

※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説いたします。
※事前申し込み不要。ご参加は不要ですが、美術館入館券は必要です。
※混雑した際は、入館制限をさせていただく場合がございます。

プレゼント
お着物で「花鳥風月」鑑賞!!!
会期中、着物でご入館の方先着100名さまに、便利堂オリジナル絵はがきを差しあげます。お一人さまにつき1点限り。※なくなり次第、終了をさせていただきます。

 



☆★☆★ 京都市美術館所蔵品展 花鳥風月 ☆★☆★
■開催日時:2019/1/2~1/20   10:00~20:00
■開催場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
■主  催:美術館「えき」KYOTO    京都新聞
■入 場 料:一般900円(700円) 高大学生700円(500円) 小中学生 500円(300円)
前売販売    ~2019年1月1日(火・祝)まで。
■お問合せ:075-352-1111
■URL :http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/







京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



ドアノーの愛した街パリ ROBERT DOISNEAU 展

市役所前のキス 1950年
ロベール・ドアノー。
1912年、パリ郊外のジョンティイに生まれたドアノーは石版画を学んだあと、
ピカソのパン 1952年
18歳のころより本格的に写真の世界に入り、
雑誌『ヴォーグ』や『ライフ』のカメラマンとして、
また短編映画の製作など多方面…

市役所前のキス 1950年
市役所前のキス 1950年

ロベール・ドアノー。
1912年、パリ郊外のジョンティイに生まれたドアノーは石版画を学んだあと、

ピカソのパン 1952年
ピカソのパン 1952年

18歳のころより本格的に写真の世界に入り、
雑誌『ヴォーグ』や『ライフ』のカメラマンとして、
また短編映画の製作など多方面で活躍し、生涯、パリに生きる人々を撮り続けました。

雑踏の中を自由に歩き廻り、とらえた数々の情景は、
ドアノーの持つ洗練されたエスプリとユーモアで鮮明に写し出されています。

彼の代表作である「市役所前のキス」をはじめ、その写真は今なお世界中の人々を魅了し、
世界各国で展覧会が開催され、近年ますますその評価は高まっています。

 

 

☆★☆★ドアノーの愛した街パリ ROBERT DOISNEAU 展☆★☆★

■開催日時:2018/11/11~2019/1/20      10:00~18:00
休館日/月曜日 ((但し、祝日は開館)  冬季休館12/28-1/4
■開催場所:何必館・京都現代美術館
京都市東山区祇園町北側271
■入 場 料:一般1000円 学生800円
■お問合せ:075-525-1311 kaahitsukan@kahitsukan.or.jp
■U R L :http://www.kahitsukan.or.jp





京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

『 温 故 礼 讃  』 -百花繚乱・相国寺文化圏

今から約六百年前、室町三代将軍・足利義満によって創建された相国寺は、金閣、銀閣の世界文化遺産を有し、今もなお禅の古刹としての存在を誇っています。そこで育まれた文化は、足利将軍家の唐物趣味(中国趣味)と深く…

今から約六百年前、室町三代将軍・足利義満によって創建された相国寺は、金閣、銀閣の世界文化遺産を有し、今もなお禅の古刹としての存在を誇っています。そこで育まれた文化は、足利将軍家の唐物趣味(中国趣味)と深く関わり、他の京五山禅林とは異なる独自の文化を構築しました。
金閣では義満が膨大な中国絵画の名品を愛玩し、銀閣の地・東山山荘の同仁斎では、八代将軍義政が中国の隠遁思想を体現しました。また相国寺では画僧たちが将軍家の御用絵師に代々就任し、そこに誕生した画風は室町水墨画史を多様に彩りました。
相国寺の文化活動は、室町文化の歴史に新風を吠き込みました。

 

※最下段に掲載の「蔦の細道図屏風」はII期(1/13~3/24)のみの展示。
他の作品は全期間展示いたします。

 

今回の展覧会は、相国寺文化圏と銘を打ち、国宝・重要文化財を多く含む、相国寺に伝来の名品を一堂に展観し、室町時代からの歴更の荒波を乗り越え今に伝わる寺宝への、温古(古きをあたためる)という教えを礼讃しようとするものです。
今春、重要文化財に新指定された円山応挙筆「大瀑布図」の巨軸も堂々のお披露です。

 

 

I期:2018年10月13日(土)~2018年12月24日(月・振休)
II期:2019年1月13日(日)~2019年3月24日(日)
【会期中無休】 





☆★☆★ 『 温 故 礼 讃  』-百花繚乱・相国寺文化圏  ☆★☆★
■開催日時:2018/10/13~2019/3/24   10:00~17:00
会期中無休 (但 12/25~1/12まで休館)
■開催場所:相国寺承天閣美術館
〒602-0898 京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町701
■入館料金:一般800円 65歳以上・大学生600円 中高生300円   小学生200円
■お問合せ: 075-241-0423
■URL : http://www.shokoku-ji.jp/top.php





京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



THE GIFT BOX 2018 アーティストが提案する特別なギフト

今年で6回目となる京都市立芸術大学キャリアデザインセンターの「THE GIFT BOX 2018 アーティストが提案する特別なギフト。」が開催される。

ゆかりのクリエイターおよび演奏家による様々な“ギフト”をご提案するイベントで日本有数の近代建築物である京都文化博物館別館…

今年で6回目となる京都市立芸術大学キャリアデザインセンターの「THE GIFT BOX 2018 アーティストが提案する特別なギフト。」が開催される。

ゆかりのクリエイターおよび演奏家による様々な“ギフト”をご提案するイベントで日本有数の近代建築物である京都文化博物館別館ホール(旧日本銀行京都支店)を巨大なギフトボックスに見立て,クリエイター自身がブースに立ち,美術工芸品,アクセサリー,雑貨などの展示販売を行う。
また,演奏家による無料のコンサートも同時開催される。

サブタイトルの「アーティストが提案する特別なギフト。」とは,来場者の一人ひとりが,アーティストが発信する芸術性に触れることで,作品や演奏といった“特別なギフト”を受け取ることができる様子を表すという。




THE GIFT BOX 2018
アーティストが提案する特別なギフト
日時
2018年12月22日(土),23日(日・祝)
  • 販売展示:午前11時~午後6時
  • コンサート:午後2時~午後2時30分,午後5時~午後5時30分
会場
京都府京都文化博物館 別館ホール(旧日本銀行京都支店)
京都市中京区高倉通三条上ル東片町623-1
アクセス
地下鉄「烏丸御池駅」下車【5】番出口から三条通りを東へ徒歩3分
内容
◆出展
とんぼせんせい,花背WARA,MOTEL,Hiyomi circle 他



 
◆出演

12月22日(土)オトノミコト(ヴァイオリン&ギター)
12月23日(日・祝)NOKサクソフォン・カルテット(サックス四重奏)
*コンサートはいずれも,午後2時~午後2時30分,午後5時~午後5時30分

料金
入場無料
主催/問い合わせ
京都市立芸術大学キャリアデザインセンター
TEL : 075-334-2348
http://www.kcua.ac.jp/career/?p=5836





京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




対照の美 / 古田織部美術館

琳派の創始者といわれる本阿弥光悦は、陶芸・書・蒔絵など芸術全般にその才能を遺憾なく発揮しました。一方で、茶の湯においても活躍し、数々の光悦好みの茶道具を残しています。それらには、茶の湯の師古田織部からの影響が色濃く表れています。

 
本展では織部が見出し…

img01

琳派の創始者といわれる本阿弥光悦は、陶芸・書・蒔絵など芸術全般にその才能を遺憾なく発揮しました。一方で、茶の湯においても活躍し、数々の光悦好みの茶道具を残しています。それらには、茶の湯の師古田織部からの影響が色濃く表れています。


 

本展では織部が見出した道具の取り合わせとそこに宿る“対照の美”を紹介。織部の師・利休好みの道具は均整がとれているため、どのような取り合わせでもほぼ調和します。しかし、織部好みの道具は利休に比べ、激しく歪んでいたり、背が高すぎる、もしくは低すぎるなど大変個性的で、取り合わせが難しく見えます。実はここに織部独特の緻密な計算があり、細くて背の高い茶入には平たく背が低い沓形茶碗を合わせるというように、相反する性質のものを取り合わせることで、それぞれが個性を発揮しつつも、全体として調和するようになっています。

それは“対照の美”、すなわち、全く性質の違うもの同士を並べ比べたとき、その違いが際立つ美と呼べるでしょう。本展では、この取り合わせを再現し、水指・茶入・茶碗を三つ に展示。加えて伝世品がない美濃焼の蓋を茶入に載せたり、大振りな細口の釜に織部形の大きな柄杓を取り合わせるなど(「旧聞録」)して展示します。

 




平成30年 秋季展
☆★☆ 対照の美 ☆★☆

■開催期間:2018/9/21~2019/1/15     9:30~17:30(入館は17:10まで)
休館日/年末年始(12/29~1/4)
■開催場所:古田織部美術館
京都市北区大宮釈迦谷10-37 太閤山荘内
■料   金:一般500円 高校生・大学生400円 中学生以下300円
■お問合せ:075‐707‐1800
■URL :http://www.furutaoribe-museum.com/






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ