キョウトグラフィー セノグラフィー

今年で9回目となるKYOTOGRAPHIE
京都国際写真祭は、世界屈指の文化芸術都市・京都を舞台に毎春開催される、日本でも数少ない国際的な写真祭である。本写真祭を企画する上で最も重要な要素の一つが、
趣のある歴史的…



今年で9回目となるKYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭は、世界屈指の文化芸術都市・京都を舞台に毎春開催される、日本でも数少ない国際的な写真祭である。本写真祭を企画する上で最も重要な要素の一つが、 趣のある歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間が持つアイデンティティーを最大限に活用した展示空間デザイン(セノグラフィーデザイン)と言える。

小西啓睦氏

本展では、この「セノグラフィーデザイン」の認識を広げ、展示空間づくりにおけるデザインの重要性や、印象的な体験型エキシビションとしていかに成立させてきたかなどを紹介している。これまで写真祭の展示空間をKYOTOGRAPHIEと共に作り上げてきた空間デザイナーの小西啓睦と建築家の遠藤克彦に焦点を当て、両氏による展示空間の制作過程を2期に分けて展示する。

小西啓睦展(2月26日-3月13日)では、2014年の第2回KYOTOGRAPHIEの西野壮平「Diorama Map」から2020年のマリー・リエス「二つの世界を繋ぐ橋の物語」まで、展示の空間構成のプロセスや アーカイブを時間軸に沿って紹介。遠藤克彦展(3月20日-4月6日)では、2019年のアルフレート・エールハルト「自然の形態美 – バウハウス100周年記念展」と2020年のウィン・シャ「一光諸影」を中心に、展示の空間デザイン過程に欠かせない設計図や模型を初公開する。



KYOTOGRAPHIE SCENOGRAPHIE
キョウトグラフィー セノグラフィー

日時
2021/2/26(金)~4/6(火) 10:00~17:00
トークイベント [遠藤克彦] 2021/3/27(土)
会場
DELTA / KYOTOGRAPHIE Permanent Space
京都市上京区桝形通寺町東入三栄町62
京阪「出町柳」駅5番出口から徒歩5分
DELTA 
料金
無料
問い合わせ
075-708-8727
参照web
 https://delta.kyotographie.jp/projects/




勤皇の士・藤村紫朗と奥大原の蔵ヒストリー

長州藩屋敷跡から京都大原 夢玄庵まで20㎞の軌跡
勤皇の士・藤村紫朗は、後に山梨県知事となり、建築をはじめ、農業や銀行など、日本の近代化に大きく貢献した。特に日本のワインのパイオニアとなったことは顕著な功績である。
藤村は、明治維新の際、新撰組から追われ、傷が…

長州藩屋敷跡から京都大原 夢玄庵まで20㎞の軌跡

勤皇の士・藤村紫朗は、後に山梨県知事となり、建築をはじめ、農業や銀行など、日本の近代化に大きく貢献した。特に日本のワインのパイオニアとなったことは顕著な功績である。
藤村は、明治維新の際、新撰組から追われ、傷が癒えるまでの8ヶ月の間、「京都大原 夢玄庵」に匿われていた。

離れの一室に匿われ、食事の世話や四書五経の教えなどをその家人から受けたという。
その夢玄庵が1日6組限定、1時間1組様限定で大人のための蔵ギャラリーとして公開されてる。
1組様2名様~8名様まで、2日前までのお電話による予約。



京都大原 夢玄庵
サンプソンファーム

場所
京都市左京区大原小出石町50
入場料
500円
問い合わせ
075-201-1207
参照web
SUMPSON FARM http://sites.google.com/view/sumpson
京都大原 夢玄庵 http://sites.google.com/view/mugenan
#移住コンシェルジュ 橋井勲 http://sites.google.com/view/iju




特別展「MIHO MUSEUMの現代美術」

MIHO MUSEUMでは、これまでほとんど公開されたことがなかったMIHO MUSEUMの創立者小山美秀子が収集した現代美術コレクションを一堂に展覧する特別展が3月13日(土)より開幕されます!
「オヒナサマ」棟方志功
明治から大正時代にかけて新たな日本美術を創ろうとした白山松哉…

MIHO MUSEUMでは、これまでほとんど公開されたことがなかったMIHO MUSEUMの創立者小山美秀子が収集した現代美術コレクションを一堂に展覧する特別展が3月13日(土)より開幕されます!

「オヒナサマ」棟方志功

明治から大正時代にかけて新たな日本美術を創ろうとした白山松哉、雑誌「白樺」に集った岸田劉生やバーナード・リーチ、奈良東大寺のアトリエで創作に励んだ須田剋太や杉本健吉、柳宗悦が提唱した民藝運動を共に展開した芹沢銈介、河井寬次郎など、日本美術を代表する作家達の作品や、建築家ミノル・ヤマサキ、I.M.ペイ、初代館長梅原猛の作品など、未公開作品約60点含む約70点を公開します。

「扇面散屏風」杉本健吉筆
「童女図」岸田劉生

入館には事前予約が必要です。
詳細は、MIHO MUSEUMホームページまで。

展示構成

第1章 新しい日本美術を創ろうとした人々
第2章 奈良の二人
第3章 芹沢銈介と民芸運動の仲間たち
第4章 神苑を造った人々
第5章 初代館長・梅原猛


特別展「MIHO MUSEUMの現代美術」

開催期間
2021年3月13日(土)~6月13日(日)
時間 午前10時~午後4時(入館は午後3時まで)
休館日 月曜日
※5/3は開館、5/6は休館
場所
MIHO MUSEUM
滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
料金
一般1,300円、高・大生1,000円、中学生以下無料
問い合わせ
0748-82-3411
参照web
 http://www.miho.or.jp/



ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター

私はシンプルに世界を見ている。それは、尽きせぬ喜びの源だ。
I see the world simply, It is a source of endless delight. By Saul Leiter

アメリカ・ペンシルバニア州に生まれたソール・ライター(1923-2013)は、1950年代からニューヨークで第一線のファッション・フォトグ…

私はシンプルに世界を見ている。それは、尽きせぬ喜びの源だ。
I see the world simply, It is a source of endless delight. By Saul Leiter

アメリカ・ペンシルバニア州に生まれたソール・ライター(1923-2013)は、1950年代からニューヨークで第一線のファッション・フォトグラファーとして活躍していましたが、1981年、5番街にあったスタジオを閉鎖し、表舞台から姿を消しました。
しかし、2006年、ドイツのシュタイデル社から出版された初の写真集『Early Color』が大きな反響を呼び、各国で次々に展覧会が開催されるようになり、2013年にはドキュメンタリー映画が公開(日本公開は2015年)されるなど、すでに80歳を超えていたソール・ライターは再び脚光を浴びることになったのです。」天性の色彩感覚によって「カラー写真のパイオニア」と呼ばれた個性と才能は、彼が亡くなった今も生き続けています。




 



本展では、2014年に創設されたソール・ライター財団が管理する膨大な作品資料のアーカイブから、選び抜かれた作品を展覧します。



日時
2021年2月13(日土) ~ 3月28日(日)
10:00~19:30(入館は19:00まで)
会期中無休
場所
美術館「えき」KYOTO
料金
一般:1,000円、高・大学生:800円、小・中学生:600円
問い合わせ
075-352-1111
参照web
  https://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/



特別展「鋳物・モダン-花を彩る銅のうつわ-

銅の花器は、中国において宋時代以降、いけばなを生けるための道具として発達し、日本でもこれらを模倣した花器が数多く制作されました。本展覧会では、銅花器の源流を紹介しつつ、富山大学芸術文化学部所蔵の大郷コレクションを中心とする、日本近代銅花器の数々をご覧いた…

銅の花器は、中国において宋時代以降、いけばなを生けるための道具として発達し、日本でもこれらを模倣した花器が数多く制作されました。
本展覧会では、銅花器の源流を紹介しつつ、富山大学芸術文化学部所蔵の大郷コレクションを中心とする、日本近代銅花器の数々をご覧いただき、近代青銅器の精緻な美しさをお伝えします。


東アジアにおける金属工芸は実に3000年の歴史のなかで育まれ、中国では宋時代以降、古代青銅器を模倣した銅花器が文人の書斎を飾る道具として珍重されました。日本にも室町時代以降多くもたらされ、江戸時代にはそれらを模倣した銅花器が発達し、さらにその伝統は近代へと受け継がれました。


本展では、富山大学芸術文化学部所蔵の大郷コレクションを中心とする、日本近代銅花器の多種多様な造形をご紹介します。さらに、近代蠟型鋳造発展に大きく貢献した須賀松園(すが・しょうえん)工房に焦点を当て、その代表作品とともに蠟原型なども併せて公開します。

関連イベント

◆アートサロン「銅花器をめぐる東アジア三千年の伝統」
 4月24日(土)14時~16時 講堂にて/定員40名/4月1日より予約受付開始
 パネリスト:三船 温尚氏(前 富山大学学術研究部芸術文化学系教授)
       三宮 千佳氏(富山大学学術研究部芸術文化学系准教授)
       廣川  守氏(泉屋博古館館長)
 コーディネーター:竹嶋 康平氏(泉屋博古館学芸員)

◆連続講演
いずれも14時~15時30分 講堂にて/定員40名/3月13日より予約受付開始 
 ①3月27日(土) 講師:廣川 守氏 
  「銅花器の源流 -中国銅花器の系譜」
 ②4月3日(土) 講師:竹嶋 康平氏
  「日本に銅花器がやってきた -先人たちの銅と花がある暮らし」
 ③4月10日(土) 講師:三宮 千佳氏
  「いけばなと近代青銅花器 -大郷コレクションの寸胴・薄端・水盤-」
 ④4月17日(土) 講師:三船 温尚氏
  「人類が極めた蠟型鋳造法 -ロウと炎と青銅の技」

◆ワークショップ「ロウで作品を作ろう -鋳型つくりから鋳造まで(仮)」
 4月25日(日)13時~16時 館内会場にて/定員14名/4月1日より予約受付開始
 講師:三船 温尚氏
 対象:小学4年生以上   参加費:1000円
 ※雨天・荒天の場合は鋳型づくりまで


特別展「鋳物(いもの)・モダン
-花を彩る銅のうつわ-
日時
2021年3月13日(土)~5月16日(日)
10時~17時(入館は16時30分まで)
場所
住友コレクション 泉屋博古館
京都市左京区鹿ケ谷下宮ノ前町24
料金
一般800円、高大生600円、中学生以下無料
問い合わせ
075-771-6411(
参照web
 https://www.sen-oku.or.jp/kyoto/
https://www.facebook.com/SenOkuHakukoKan






もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

キングコング・西野絵本展「ことなりマルシェ」に

キングコング・西野亮廣氏の「チックタック~約束の時計台~」で描かれた絵が光るパネルとなって物語がつづられる「光る絵本展」と、人気の飲食店やキッチンカーが集まる「ことなりマルシェ」が3月18日(木)から7日間、「ことなり京都
チックタック光る絵本展 in 上賀茂神社…

キングコング・西野亮廣氏の「チックタック~約束の時計台~」で描かれた絵が光るパネルとなって物語がつづられる「光る絵本展」と、人気の飲食店やキッチンカーが集まる「ことなりマルシェ」が3月18日(木)から7日間、「ことなり京都 チックタック光る絵本展 in 上賀茂神社」を開催する。




「ことなりマルシェ」は20日と21日の2日間の開催で、平日午前中は村上開新堂や地元の人気パン屋、コーヒーの店舗が朝食を提供する。



コンセプトは「愛がエンタメで文化を照らす」
会場である神社は地域をみまもり治め皆の心の拠り所であります。今回のメインコンテンツである「チックタック~約束の時計台~」に描かれる世界同様変わらぬ刻を刻み続けてきました。現代は、経済的な豊かさを追い求め節操のない世界になっていますが、未曾有の事態から変革の時を迎え本当に大切な価値が何なのか見直される時代となりました。
我々はイベントを通してお互いを敬い尊重し手を携えて前向きな気持ちとなる時を提供したいと思っています。


ことなり京都
チックタック光る絵本展 in 上賀茂神社

開催日
令和2年3月18日(木)~24日(水)
(ことなりマルシェは20・21日)
時間 10時~21時(最終受付20時30分)
※18日は12時~21時
場所
上賀茂神社境内
入場料
大人1,000円・中高生500円(小学生以下無料)
申込み/問い合わせ
公式サイト: https://mottomijikani.jp
開催内容
[庁屋]チックタック光る絵本展
(※屋内のためお昼でも閲覧可)
神社deワークショップ
[ならの小川東側]ことなりマルシェ・星空のバス・
プペルキッチンカー




イッツ・ア・スモールワールド

インディペンデント・キュレーター小原真史
帝国の祭典と人間の展示
19世紀末から20世紀初頭の欧米では、博覧会が隆盛期を迎え、産業製品の先進性にしのぎを削った。やがて植民地拡大にまい進する帝国主義国がその国威をアピールするショーケースのような空間になっていく。

インディペンデント・キュレーター小原真史
帝国の祭典と人間の展示

19世紀末から20世紀初頭の欧米では、博覧会が隆盛期を迎え、産業製品の先進性にしのぎを削った。やがて植民地拡大にまい進する帝国主義国がその国威をアピールするショーケースのような空間になっていく。


第四回内国勧業博覧会跡地の岡崎エリアに位置する京都伝統産業ミュージアムを舞台に、日本における博覧会初の人間の展示施設となった「学術人類館」にまつわる新発見写真や世界各国で行われた同様の資料約1000点などにより、この時代の人々が植民地や異文化をどうイメージしていたか、またその欲望の所在を探る。

小原真史
2025年大阪万博を控え、舞台芸術祭の一環として開催される本展は、観客とパフォーマーとの「見る/見られる」という関係性や、西洋の他者として位置付けられてきた身体の歴史をたどるという意味で、大きな意義をもつだろう。
キュレーター・映像作家。1978年愛知県生まれ。監督作品に『カメラになった男 写真家中平卓馬』(2003)がある。2005年に「中平卓馬試論」で重森弘淹写真評論賞、2016年に第24回写真協会賞学芸賞を受賞。IZU PHOTO MUSEUM研究員


 




イッツ・ア・スモール・ワールド
帝国の祭典と人間の展示


日時
2.6 (土) – 2.28 (日)
場所
京都伝統産業ミュージアム 企画展示室
京都市左京区岡崎成勝寺町9-1
京都市勧業館みやこめっせ 地下一階
当日券
一般:\500 ユース・学生:\300 高校生以下:無料
問い合わせ
075–213-5839
参照web
 https://kyoto-ex.jp/shows/2021s-masashi-kohara/




舞妓さん 舞披露と4K映像写真展

京都に息づく伝統の花街文化の素晴らしさを国内外に発信している京都フラワーツーリズム合同会社は、「舞妓さん 4K映像写真展」(入場無料)を、年2月20日(土)~23日(火・祝)の期間、非公開寺院の建仁寺塔頭西来院で開催する。

高精細プロジェクターと大型4Kテレビを…

京都に息づく伝統の花街文化の素晴らしさを国内外に発信している京都フラワーツーリズム合同会社は、「舞妓さん 4K映像写真展」(入場無料)を、年2月20日(土)~23日(火・祝)の期間、非公開寺院の建仁寺塔頭西来院で開催する。




高精細プロジェクターと大型4Kテレビを利用して、4K高画質で動画、写真(スライドショー)を映像放映いたします。 期間中は、毎日2名、合計8名の舞妓さん芸妓さんにお越しいただきます。 春の「都をどり」などが中止となり、2年連続で舞を鑑賞する機会がなくなってしまいましたが、本会場では、舞を披露していただきますのでぜひ、お越しください!

舞妓さん芸妓さん舞披露

日程 11:30~ 14:30~
20日 千賀遥さん(宮川町) 真矢さん (祇園甲部)
21日 柚子葉さん(祇園甲部) 叶久さん (祇園東)
22日 まめ藤さん(祇園甲部) 佳つ春さん(祇園甲部)
23日 秀眞衣さん(宮川町) 小晶さん (宮川町)
舞妓さん 4K映像写真展

日時
2021年2月20日(土)~23日(火・祝)
11:00~17:00(16:30受付終了)
場所
西来院(非公開寺院 建仁寺塔頭)
   京都市東山区大和大路四条下ル小松町584
申し込み
要予約
https://active-academy.doorkeeper.jp/events/118333
主催/問い合わせ
京都フラワーツーリズム
http://flowertourism.net/
参照web
 https://55maiko.net/openmatomeview/?q=16102167088481
舞妓さん芸妓さん オンラインサロン
https://maikogeiko.com/salon/




京都芸術デザイン専門学校「K展」

「K展」は、京都芸術デザイン専門学校の学生が「社会」「企業」と連携してきた成果を展示・プレゼンテーションする集大成の場となる。
​今回の「K展」は会場でもWEBでも参加できる。

K展日時2021年2月12日(金)~13日(土)
10:00~16:30場所京都市勧業館みやこめっせ京都市…

「K展」は、京都芸術デザイン専門学校の学生が「社会」「企業」と連携してきた成果を展示・プレゼンテーションする集大成の場となる。
​今回の「K展」は会場でもWEBでも参加できる。





K展

日時
2021年2月12日(金)~13日(土)
10:00~16:30
場所
京都市勧業館みやこめっせ
京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1

主催/問い合わせ
京都芸術デザイン専門学校
京都市左京区北白川上終町3
​075-722-9231
参照web
 https://www.k-ten.info/




平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ)

京都市京セラ美術館の新館「東山キューブ」では、1980年代後半より現代美術について鋭い批評活動を継続的に行なっている美術評論家の椹木野衣を企画・監修に迎え、独自の視点で選定したアーティストたちによる集合的活動にフォーカスした平成年間(1989–2019年)の美術を振…

京都市京セラ美術館の新館「東山キューブ」では、1980年代後半より現代美術について鋭い批評活動を継続的に行なっている美術評論家の椹木野衣を企画・監修に迎え、独自の視点で選定したアーティストたちによる集合的活動にフォーカスした平成年間(1989–2019年)の美術を振り返る展覧会を開催。
「うたかた」と「瓦礫(デブリ)」をキーワードに、経済的な停滞と未曾有の災害に繰り返し見舞われた平成の時代を、椹木の視点にもとづきアーティストたちがどのように時代と状況に応答してきたかを探る。




平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ)
1989-2019


日時
1/23(土)~4/11(日)
10:00~18:00(最終入場は閉館の30分前まで)
休館日…月曜日(祝日の場合は開館)
場所
京都市京セラ美術館 東山キューブ
京都市左京区岡崎円勝寺町124
料金
一 般:2,000円(1,800円) 大学・専門学校生:1,500円(1,300円)
主催/問い合わせ
075-771-4334
参照web
 https://kyotocity-kyocera.museum/