久保 修 切り絵の世界 ★美術館「えき」KYOTO

切り絵画家、久保 修くぼ
しゅう(1951年―山口県美祢市生まれ)。大学建築科在学中に切り絵に出会い、独学で切り絵の制作を始めます。スペインでの海外生活を経て、様々な素材を使い表現するミクストメディア(混合技…


切り絵画家、久保 修くぼ しゅう(1951年―山口県美祢市生まれ)。大学建築科在学中に切り絵に出会い、独学で切り絵の制作を始めます。スペインでの海外生活を経て、様々な素材を使い表現するミクストメディア(混合技法)と呼ばれる独自の技法を築きあげます。久保修の切り絵は、質感や立体感、遠近感を感じさせ、線の太さによって光と影を表現しています。描いた絵を和紙と重ねてアートナイフで切り抜いて制作しますが、残った黒い線が全てつながっているのが大きな特徴です。

旅行記の新聞連載や郵便ふるさと切手、年賀はがき、飲料缶など様々なところで作品が使われています。活躍は国内にとどまらず、2010年~ニューヨークを拠点に活動、また国際交流基金主催事業などでスペイン、ポルトガル、フィリピン、イラン、トルコ、中国、ロシア、キューバ、シンガポールなど世界各国を訪れ、切り絵を通じ継続的に日本文化を紹介しています。2012年には、日米桜寄贈100周年記念事業として、エンパイア・ステート・ビル、2014年にはロシア・モスクワ国立東洋美術館において展覧会を開催、また作品集も多数出版するなど活躍の場は広がっています。

2回目となる今回は、季節の食材や京都の風景を切り取った作品など、約100点の切り絵を紹介します。

久保 修 ギャラリー・トーク
●会場:美術館「えき」KYOTO
●3月9日(土)・10日(日)・24日(日)・25日(月)/
各日午前11時から・午後1時30分から・3時から
●3月23日(土)/午後1時30分から・3時から
※各回約30分

※マイクを使用し、会場内を移動しながらお話します。
※事前申し込み不要。ご参加は無料ですが美術館入館券は必要です。
※混雑した際は、入館制限をさせていただく場合がございます。

 




☆★☆★ 久保 修 切り絵の世界 ☆★☆★
-紙のジャポニスム-
■開催日時:2019/3/9~4/7  10:00~20:00
■開催場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
■入 場 料:中学生以上  500円
■お問合せ:075-352-1111
■URL :http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




「調度を彩る蒔絵の美」☆清水三年坂美術館

蒔絵は器体に漆で描いた文様が乾かない内に、その部分に金銀等の粉を蒔きつけて定着させる技法です。古くは社寺に奉納する神々のための道具等に施されましたが、後に生活空間における道具類、いわゆる調度品にも用い…

蒔絵は器体に漆で描いた文様が乾かない内に、その部分に金銀等の粉を蒔きつけて定着させる技法です。古くは社寺に奉納する神々のための道具等に施されましたが、後に生活空間における道具類、いわゆる調度品にも用いられるようになります。江戸時代には、将軍・諸大名がお抱えの蒔絵師に道具類を作らせたことや、町人の需要に応える町の蒔絵師が新たな意匠を生み出したことを通じ、蒔絵の技法・装飾は豊かに発展しました。

 

明治維新によって蒔絵師は幕府や大名の庇護を失いますが、皇室・財閥向けの調度品、そして輸出向けの小箱や香合等の制作において、その腕を揮うようになります。このたびの展覧会では、幕末・明治に制作された作品を中心に、文台・料紙箱・書棚といった大型の作品をはじめ、文台や料紙箱とセットで制作されることの多かった硯箱、愛らしい小箱や香合といった蒔絵の調度品を展示します。生活と空間を彩り、海外の人々も魅了した典雅な装飾を、お楽しみください。

 

 

☆★☆★ 「調度を彩る蒔絵の美」 ☆★☆★
■開催日時:2019/02/23~5/19  10:00~17:00
休館日/月・火曜日(祝日開館)
■開催場所:清水三年坂美術館
〒605-0862 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1
■料  金:一般 800円 中高大生 500円 小学生 300円
■お問合せ:075-532-4270
■U R L:http://www.sannenzaka-museum.co.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



中国文房具と煎茶 -清風にふかれて ☆泉屋博古館

館蔵の住友春翠コレクションの中には、中国の文房具が数多く残されている。世の喧噪を煩い、自然の中で哲学や藝術について語らう生活を理想とする文人によって愛好されてきた文房具。

こうした中国の文人趣味は、江…



館蔵の住友春翠コレクションの中には、中国の文房具が数多く残されている。世の喧噪を煩い、自然の中で哲学や藝術について語らう生活を理想とする文人によって愛好されてきた文房具。

こうした中国の文人趣味は、江戸時代以降、煎茶の流行によって日本に広まります。文人趣味と結びついた煎茶の理念は、「清風」と形容され、煎茶席は文房具で清らかに彩られました。



春季企画展
☆★☆★ 中国文房具と煎茶 -清風にふかれて ☆★☆★

■開催期間:2019/3/2~ 5/6    10:00~17:00
休館日/毎週月曜日、4/25(ただし 4/29、5/6は開館、4/30休館)
■開催場所:住友コレクション 泉屋博古館
〒606-8431 京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24
■料   金:一般800円 高大生600円 中学生350円 小学生以下無料
■お問合せ:075-771-6411  E-Mail:info@sen-oku.or.jp
■URL :http://www.sen-oku.or.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






日本フラワーデザイン大賞

フラワーデザインの日本一を決定する「日本フラワーデザイン
大賞2019」の開催。コンテスト部門は全6部門。
“DO IT WITH FLOWERS ~それぞれの春~”をテーマに、1次審査を通過した全6部門約350作品が展示され、その中から最優秀賞の「大賞・内閣総理大臣賞」が、決定され…

フラワーデザインの日本一を決定する「日本フラワーデザイン

大賞2019」の開催。コンテスト部門は全6部門。

“DO IT WITH FLOWERS ~それぞれの春~”をテーマに、1次審査を通過した全6部門約350作品が展示され、その中から最優秀賞の「大賞・内閣総理大臣賞」が、決定されます。

子どもたちが独創的な作品を展示する「子ども部門」や、これまでの入賞者による「指名作家部門」など、さまざまな作品が並びます。場内では、人気の体験レッスンや、フラワーデモンストレーションなども行われます。

 



☆★☆★☆  日本フラワーデザイン大賞 ☆★☆★☆
■開催日時:2019/2/23~2/24   10:00~19:00 ※最終日は17:00まで
■京都市勧業館「みやこめっせ」
〒606-8343 京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1
■料  金:前売り 1,000円(税込)
チケットぴあ、またはセブン-イレブンの端末機より購入
■お問合せ:03-5420-8741      fd-award@nfd.or.jp
■URL :http://www.nfd.or.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



何必館 村上華岳・山口薫・北大路魯山人 展

何必館・京都現代美術館では、「何必館コレクション 村上華岳・山口薫・北大路魯山人 展」を開催する。
村上華岳「太子樹下禅那」1938年
この展覧会では、若くして国画創作協会のメンバーとして活躍し、その独自の画業から「線の行者」といわれる近代日本美術を代表する日本…

何必館・京都現代美術館では、「何必館コレクション 村上華岳・山口薫・北大路魯山人 展」を開催する。

村上華岳「太子樹下禅那」1938年

この展覧会では、若くして国画創作協会のメンバーとして活躍し、その独自の画業から「線の行者」といわれる近代日本美術を代表する日本画家、村上華岳(1888~1939)、秀でた色彩感覚と造形的感性によって多くの作品を遺し、また、作品がたたえる豊かな詩情から「詩魂の画家」と評された洋画家、山口薫(1907~1968)、美術工芸のあらゆる分野で個性あふれる作品を生み出した北大路魯山人(1883~1959) の作品を中心に、約60点が展示される。

山口薫「牛と少女」1968年
村上華岳・山口薫・北大路魯山人 展
何必館コレクション
日時
2019/2/15(金)~4/7(日)
10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日…月曜日
場所
何必館・京都現代美術館
京都市東山区祇園町北側271
料金
一般 1,000円 学生 800円
主催/問い合わせ
何必館・京都現代美術館 075-525-1311
参照web
http://www.kahitsukan.or.jp/


北大路魯山人「備前手をけ」1958年







「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

特集陳列「雛まつりと人形」2019 ☆ 京博平成知新館

2016年ポスター
雛まつりは古くから行われているように思われがちですが、人形を飾ってこの日を祝うようになったのは、江戸時代の初めとされています。
 
当時の雛人形には、その時代の元号を冠して呼ばれる寛永雛・…

2016年ポスター

雛まつりは古くから行われているように思われがちですが、人形を飾ってこの日を祝うようになったのは、江戸時代の初めとされています。

 
0001-001

当時の雛人形には、その時代の元号を冠して呼ばれる寛永雛・享保雛や、考案した人形師の名を付けたという次郎左衛門雛、江戸で誕生した古今雛、公家の装束を正しく写した有職雛などがあります。

 この展示では、各種の雛人形が勢ぞろいし、雛人形の変遷がご覧いただけます。

 雛人形を中心に、嵯峨人形、御所人形、賀茂人形と、各種の京人形が集うこの展示で、一足早い春の訪れを感じてください。

 
0002

さらに本年は、特別企画「豪商の蔵―美しい暮らしの遺産―」においても、江戸時代から近代にかけて製作された人形を展示しています。これらふたつの展示を通して、江戸時代から現代へ、連綿と続くみやこの人形文化の流れをお汲み取りください。

※天皇陛下御在位30年を慶祝して、2019年2月24日(日)は無料観覧日です。

 

 



☆★☆★ 特集陳列「雛まつりと人形」 ☆★☆★

■開催日時:2019/2/13 ~ 3/17  9:30~17:00 (入館は16:30まで)金・土曜日:9:30~20:00
休館日/月曜日(祝日の場合は開館・翌火曜日休館)
■開催場所:京都国立博物館 平成知新館2F-5
京都府京都市東山区茶屋町527
■料   金:一般520円   大学生:260円
高校生以下(18歳未満)・満70歳以上の方:無料(年齢のわかるものをご提示ください)
■主  催:京都国立博物館
■お問合せ:075-525-2473
■URL :http://www.kyohaku.go.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



長くつ下のピッピの世界展★美術館「えき」KYOTO

1941年の冬、アストリッド・リンドグレーンは、風邪で寝込んでいた愛娘を喜ばせようと、天衣無縫な女の子の活躍を次々に即興で語りました。これが『長くつ下のピッピ』誕生のきっかけです。そして1945年、第2次世界大…



1941年の冬、アストリッド・リンドグレーンは、風邪で寝込んでいた愛娘を喜ばせようと、天衣無縫な女の子の活躍を次々に即興で語りました。これが『長くつ下のピッピ』誕生のきっかけです。そして1945年、第2次世界大戦終戦の年に出版された世界一強い女の子ピッピの本は、またたく間に世界中の子どもたちの人気を集め、今日まで70年以上にもわたり読み継がれてきました。


本展では、スウェーデン王立図書館所蔵、ユネスコ“世界の記憶”に登録された『長くつ下のピッピ』等の貴重な原画をはじめ、スウェーデン、デンマーク、エストニア他より、「ピッピ」「ロッタちゃん」「やかまし村」シリーズ等の原画、さらにはリンドグレーン自らがタイプして愛娘の10歳の誕生日に贈った「ピッピ」のオリジナル原稿、愛用品など約200点が出品。展覧会オリジナル・グッズなども多数販売します。


また、リンドグレーン作品に描かれる、スウェーデンの生活文化、自然との共生、子育てといったテーマにも焦点があてられます。94年の生涯に多くの子ども向け作品を生み出し、“子どもの本の女王”と呼ばれたアストリッド・リンドグレーンは、その人生と作品において、子どもの人権を守り、不正に対して声をあげ、動物の権利の擁護者としても、あらゆる虐待に反対の立場を表明したオピニオンリーダーでもありました。そんな作者の知られざる人生もご紹介します。すべての子どもたちと家族、かつて子どもだった大人たちに贈る、ノスタルジックで心温まる展覧会です。

 

 

日本・スウェーデン外交樹立150周年記念
☆★☆★☆ 長くつ下のピッピの世界展 ☆★☆★☆
~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~

■開催日時:2019/2/8~3/4  10:00~20:00
■開催場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
■主  催:美術館「えき」KYOTO
■入 場 料:一般 800円 高大学生 600円 小中学生 400円
■お問合せ:075-352-1111
■URL :http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

中国近代絵画の巨匠 斉白石★京都国立博物館

本年度は、日中平和友好条約の締結から40周年の節目にあたります。これを記念し、中国・北京画院が所蔵する、中国近代水墨画を代表する画家である斉白石(1864~1957)の名品を一堂に展示します。
斉白石は、若き頃、…

本年度は、日中平和友好条約の締結から40周年の節目にあたります。これを記念し、中国・北京画院が所蔵する、中国近代水墨画を代表する画家である斉白石(1864~1957)の名品を一堂に展示します。

斉白石は、若き頃、故郷の湖南省湘潭での大工仕事で培った、華やかな色彩と簡潔で力強い墨線の画を得意とし、素朴な描写のなかに、かわいらしさとユーモアがあふれています。晩年に「人民芸術家」の称号が授けられ、現代の中国では誰もが知っている大画家ですが、一方で造形美を追求した孤高の画家でもありました。
北京画院は1957年に成立した、中国で最も古く、規模の大きな美術アカデミーの一つです。初代名誉院長に斉白石を迎え、その名品を多く所蔵することでも知られています。
今日の中国で最も愛されている画家、斉白石の魅力をこの機会にご堪能ください。

関連土曜講座 ●2月9日(土)午後1時30分~午後3時
「須磨コレクションの中国近代絵画」
●2月23日(土)午後1時30分~午後3時
「木匠から巨匠へ:斉白石の人生と芸術」
●3月9日(土)午後1時30分~午後3時
「斉白石の絵画における現代性」

 



日中平和友好条約締結40周年記念 特別企画 
☆★☆★ 中国近代絵画の巨匠 斉白石    ☆★☆★

■開催日時:2019/1/30 ~ 3/17  9:30~17:00 (入館は16:30まで)金・土曜日:9:30~20:00
休館日/月曜日(祝日の場合は開館・翌火曜日休館)
■開催場所:京都国立博物館 平成知新館2F-1~4
京都府京都市東山区茶屋町527
■料   金:一般520円   大学生:260円
高校生以下(18歳未満)・満70歳以上の方:無料(年齢のわかるものをご提示ください)
■主  催:京都国立博物館
■お問合せ:075-525-2473
■URL :http://www.kyohaku.go.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



新春展 樂歴代 変わる - 時代・元号・歳・代 -

時代は平成から新たな元号へ変わろうとしています。
昭和の空気感、平成の空気感といったように、時代はそれぞれ特有の雰囲気をまといながら移ろってきました。
代々受け継がれ、守り伝えられるモノやコト。そして新たに生まれてくるモノやコト。次の時代には、どのような未…


時代は平成から新たな元号へ変わろうとしています。
昭和の空気感、平成の空気感といったように、時代はそれぞれ特有の雰囲気をまといながら移ろってきました。
代々受け継がれ、守り伝えられるモノやコト。そして新たに生まれてくるモノやコト。次の時代には、どのような未来が待っているのでしょうか。
安土桃山時代、千利休が樂家初代・長次郎に、それまでの時代にはなかった新たな茶碗を造らせました。そこから樂家、樂焼の歴史が刻まれ、樂歴代は長次郎茶碗の精神を中心に据えながら、それぞれの時代にしかできない己自身の作品を生み出していきます。
現在十五代を数える樂家。新時代の幕開けと共に、樂家もまた新しい世代へと移りかわろうとしています。
新たなモノの創造は、時代を追いかけるのではなく、時代のその先に何を見据えるのか。果てなき挑戦が続いていきます。

今回は、長次郎はじめ歴代の作品を中心に、歴代が代を継ぐ以前(惣吉時代)の作品から隠居後の作品までを展覧し、時代の変化、歴代自身の作風の変化による樂焼の世界観を感じる展覧会となっています。
新しい年を迎え、茶碗だけでなく干支をあしらった華やかな作品などもお楽しみいただけます。

 

☆★☆★新春展 樂歴代変わる  ☆★☆★
- 時代・元号・歳・代 -

■開催日時:2018/12/14~3/10   10:00~16:30 (入館は16:00まで)
休館日/月曜日(祝日は開館)   年末年始 12/26~1/5
■開催場所:樂美術館 京都市上京区油小路通一条下る
■料  金:大人900円  大学生700円  高校生400円  中学生以下無料
■お問合せ:075-414-0304
■U R L:http://www.raku-yaki.or.jp/







京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



『 温 故 礼 讃  』 -百花繚乱・相国寺文化圏

今から約六百年前、室町三代将軍・足利義満によって創建された相国寺は、金閣、銀閣の世界文化遺産を有し、今もなお禅の古刹としての存在を誇っています。そこで育まれた文化は、足利将軍家の唐物趣味(中国趣味)と深…

今から約六百年前、室町三代将軍・足利義満によって創建された相国寺は、金閣、銀閣の世界文化遺産を有し、今もなお禅の古刹としての存在を誇っています。そこで育まれた文化は、足利将軍家の唐物趣味(中国趣味)と深く関わり、他の京五山禅林とは異なる独自の文化を構築しました。
金閣では義満が膨大な中国絵画の名品を愛玩し、銀閣の地・東山山荘の同仁斎では、八代将軍義政が中国の隠遁思想を体現しました。また相国寺では画僧たちが将軍家の御用絵師に代々就任し、そこに誕生した画風は室町水墨画史を多様に彩りました。
相国寺の文化活動は、室町文化の歴史に新風を吠き込みました。

 


※最下段に掲載の「蔦の細道図屏風」はII期(1/13~3/24)のみの展示。
他の作品は全期間展示いたします。

 

今回の展覧会は、相国寺文化圏と銘を打ち、国宝・重要文化財を多く含む、相国寺に伝来の名品を一堂に展観し、室町時代からの歴更の荒波を乗り越え今に伝わる寺宝への、温古(古きをあたためる)という教えを礼讃しようとするものです。
今春、重要文化財に新指定された円山応挙筆「大瀑布図」の巨軸も堂々のお披露です。

 

 


II期:2019年1月13日(日)~2019年3月24日(日)
【会期中無休】 





☆★☆★ 『 温 故 礼 讃  』-百花繚乱・相国寺文化圏  II期 ☆★☆★
■開催日時:2019/1/13~2019/3/24   10:00~17:00
会期中無休
■開催場所:相国寺承天閣美術館II期
〒602-0898 京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町701
■入館料金:一般800円 65歳以上・大学生600円 中高生300円   小学生200円
■お問合せ: 075-241-0423
■URL : http://www.shokoku-ji.jp/top.php





京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ