原田マハが仕掛ける清水寺の展覧会

「CONTACT/CONNECT 展」実行委員会は、9月1日(日)~8日(日)までの
8日間、ICOM(アイコム/国際博物館会議)京都大会を記念して、日本と世界のアートにおける両者の接点(コンタクト)をテーマに、「CONTACT
つなぐ・むすぶ 日本と世界のアート」展を開催する。
清水寺 成就…

「CONTACT/CONNECT 展」実行委員会は、9月1日(日)~8日(日)までの 8日間、ICOM(アイコム/国際博物館会議)京都大会を記念して、日本と世界のアートにおける両者の接点(コンタクト)をテーマに、「CONTACT つなぐ・むすぶ 日本と世界のアート」展を開催する。

清水寺 成就院 庭園
 会場となるのは世界遺産・清水寺。その 1200 年の歴史の中で初めて、西洋近代絵画、現代美術、文学、マンガ、映画など、ジャンルを越えた作品が集結する展覧会を開催。
通常非公開の小堀遠州作庭園と共に展示を堪能できる。
 あわせて本展の総合ディレクターを務める小説家・原田マハが本展を舞台に書き下ろした小説「20 CONTACTS 消えない星々との短い接触」を幻冬舎より刊行。
 

展覧会では原田マハによる全作品の解説と小説の一部を掲載したタブロイド紙が無料配布される。
小説を片手に特別な空間で名作と出会う、8日間限定の贅沢な展示が楽しめる。
(実行委員は京都新聞、BS日テレ、anonymeで構成)

竹中直人(俳優)、山田洋次(映画監督)、桂南光(噺家)など多彩なゲストを迎えてのトークイベントの開催される。
前売券は7月4日(木)より専用サイト(公式サイトリンク)にて先行発売7月 13 日(土)より「チケットぴあ」にて発売

発起人・総合ディレクター 原田マハ
本展はキュレーターとしてのキャリアをもつ小説家・原田マハが、第二次世界大戦後に発足した ICOM の戦争で分断された世界をミュージアムで再びつなごうという設立趣旨に共感し、ICOM 京都大会の開催にあわせて自ら発起人となり総合ディレクターを務める企画です。

1962年、東京都 生まれ。関西学院大学(近代文学 、早稲田大学 20 世紀美術史) 卒業 。馬里邑美術館、伊藤忠商事を経て、森美術館設立準備室在籍時、ニューヨーク近代美術館に派遣され同館にて勤務。その後、インディペンデント・キュレーターとなり数々のアートイベントを手がける。2005 年『カフーを待ちわびて』で日本ラブストーリー大賞を受賞しデビュー。2012 年に発表したアートミステリー『楽園のカンヴァス』 が山本周五郎賞を受賞、ベストセラーに。
2017年『リーチ先生』が新田次郎文学賞を受賞。『暗幕のゲルニカ』『ジヴェルニーの食卓』『サロメ』『たゆたえども沈まず』『モダン』『常設展示室』など、アート や美術館を主題にした「アート小説」を多数発表 。最新刊は、国立西洋美術館の礎となった松方コレクションを巡る物語『美しき愚かものたちのタブロー』

CONTACT つなぐ・むすぶ 日本と世界のアート展
会期
2019年9月1日(日)~9月8日(日)
会場
清水寺(京都市東山区清水 1 丁目294)成就院、経堂、西門、馬駐
入場料
大人 1,800 円、子供(小学生以下)無料
*モーニングチケット(7 時~9時入場)大人 1,600 円、子供(小学生以下)無料
*トークイベントとのセットチケット 5,000 円

前売券:7月4日(木)より専用サイト(公式サイトリンク)にて先行発売7月 13 日(土)より「チケットぴあ」にて発売

主催/問い合わせ
「CONTACT/CONNECT 展」実行委員会
事務局E-mail: info@contact2019.com
TEL: 075-351-9915(チケット販売窓口:株式会社のぞみ内)
*電話応対時間:10:00-18:00 *土日祝・お盆休暇除く
参照web
http://www.contact2019.com




「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ヘイセイ・グラフィックス / 京都dddギャラリー

design by Ryu Mieno
ことし4 月30 日に平成という一つの時代が幕を下ろし、「令和」という新しい時代が始まりました。
1989 年1 月8 日から30 年余り続いた平成は、日本の元号の中でも4 番目の長さ当たり、まさに一つ…

design by Ryu Mieno

ことし4 月30 日に平成という一つの時代が幕を下ろし、「令和」という新しい時代が始まりました。
1989 年1 月8 日から30 年余り続いた平成は、日本の元号の中でも4 番目の長さ当たり、まさに一つの「時代」を形作ったといえます。この30 年間は社会の構造自体がめまぐるしく変化を続けた時代でした。そのような流れの中で、大衆文化や情報、経済、社会などと密接にかかわるグラフィックデザインの領域においても、否応なく変化の波に飲み込まれることになります。
本展では、DNP 文化振興財団が所蔵するポスターの中から、平成の期間中に制作された作品を展示します。激動の30 年間の中で、グラフィックデザインがどのようにその変化に寄り添い、また視覚コミュニケーションの力により、どのように時代に影響を与えたのかを検証します。

●ギャラリーツアー
会場:京都dddギャラリー
定員:40名
※入場無料、要予約

日時:6月29日(土) 16:00~17:00
解説:森崎陵子(CCGA現代グラフィックアートセンター学芸員)

日時:7月20日(土) 16:00~17:00
解説:熊本和夫(京都dddギャラリー)

日時:8月17日(土) 16:00~17:00
解説:熊本和夫(京都dddギャラリー)

 

 

京都dddギャラリー 第221回企画展
☆★☆★  ヘイセイ・グラフィックス  ☆★☆★

■開催期間:2019/6/29~8/17  11:00~19:00(土曜・8/11(日)は18:00まで)
休館日/祝日・日曜(ただし※8/11(日)は特別開館 )
■開催場所:京都dddギャラリー
〒616-8533 京都市右京区太秦上刑部町10
地下鉄東西線 太秦天神川駅1番出口 徒歩3分
駐車場 なし ※公共の交通機関をご利用ください。
■料  金:入場無料
■お問合せ:075-871-1296   担当:熊本
■URL :http://www.dnp.co.jp/gallery/ddd/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



大賀によせて-豊寿(とよほぎ)の釜と茶道具-

御代の初めをことほぐことは、清新な力に満ちた新しい時代への祈りでもあります。
大西家では、天下泰平の願いを込め、大賀の茶にふさわしい釜と茶道具を展示致します。

 
春季企画展
☆★☆★   大賀によせて-…

御代の初めをことほぐことは、清新な力に満ちた新しい時代への祈りでもあります。

大西家では、天下泰平の願いを込め、大賀の茶にふさわしい釜と茶道具を展示致します。

 

春季企画展
☆★☆★   大賀によせて-豊寿(とよほぎ)の釜と茶道具-  ☆★☆★

■開催期間:2019/03/08~6/23    10:00~16:30
休館日/月曜日(祝日の場合は翌日)
■開催場所: 大西清右衛門美術館
京都市中京区三条通新町西入釜座町18-1
■入館料 :一般900円 大学生700円 高校生400円 中学生以下無料
お茶席 一客様700円(団体は要予約)
■お問合せ:075-221-2881
■URL :http://www.seiwemon-museum.com






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

夏の特別展★「京都の躍動」

京洛名所図屏風(右隻)江戸時代 -高台寺「掌美術館」
幕末の混乱する政治情勢のもと、高台寺のある京都東山は、幕臣や勤王の志士たちが行き交う歴史の舞台でありました。高台寺は、19世紀以降に幾多の苦難を経て、新…

京洛名所図屏風(右隻)江戸時代 -高台寺「掌美術館」

幕末の混乱する政治情勢のもと、高台寺のある京都東山は、幕臣や勤王の志士たちが行き交う歴史の舞台でありました。高台寺は、19世紀以降に幾多の苦難を経て、新しい時代を迎えました。
今回の展覧会では、激しい転換期において躍動した京都の人々を伝える作品資料を公開いたします。また、動乱期にも高台寺が守り伝えた桃山文化を代表する文化財と、明治期に新たに寺へ寄進された品々を合せて展示します。

◆主な展示品
【第1期】豊臣秀吉像/高台院像(重要文化財)/山中長俊像(重要文化財)/桐菊蒔絵刀掛(重要文化財)
【第2期】豊臣秀吉像(重要文化財)/小早川秀秋像(重要文化財)/秋草蒔絵歌書簞笥(重要文化財)/枝垂桜蒔絵手拭掛(重要文化財)

京洛名所図屏風 江戸時代    全期間展示
高台寺伽藍図  江戸時代後期  全期間展示
高台十境 三江紹益筆 江戸時代 全期間展示
秋草蒔絵天目台(重要文化財)桃山時代 前期
芦辺桐蒔絵懸盤(中)(重要文化財)桃山時代 中期
芦辺桐蒔絵懸盤(小)(重要文化財)桃山時代 後期
※ 重要文化財の作品は期間中展示替えがあります。

 

 

夏の特別展
☆★☆★  「京都の躍動」    ☆★☆★

■開催日時:2019/6/13~9/23   9:30~18:00
夜間特別拝観期間中 8/1~8/18     9:30~22:00(21:30受付終了)
休館日 無し
■開催場所: 高台寺「掌美術館」
〒605-0825 京都市東山区高台寺下河原町530 京・洛市「ねね」2階
■入 館 料:高台寺掌美術館 300円
3ヵ所共通割引拝観券(高台寺、高台寺掌美術館、圓徳院)900円
■お問合せ:075-561-1414
■U R L :http://www.kodaiji.com/index.html







「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


『 言祝ぎの美 』-寺宝でつづる吉祥

ことほぎとは、言葉で祝うことを意味します。言葉には現実をあやつる力があるという「言霊(ことだま)」思想が古来よりあり、そこから和歌や物語が生まれ、日本文化を彩ってきました。さらに言葉であらわされたモノ…

ことほぎとは、言葉で祝うことを意味します。言葉には現実をあやつる力があるという「言霊(ことだま)」思想が古来よりあり、そこから和歌や物語が生まれ、日本文化を彩ってきました。さらに言葉であらわされたモノが、絵画化、意匠化され、多くの美術工芸品として今に伝わっております。また、よろこびを言葉にのせてたたえること、これは、私たちの人生の節目に欠かせないものです。 

新年を祝い、結婚を祝い、長寿を祝う。これらは、儀式となって様々な工芸品を生み出しました。祈りもまた、ことほぎの聖性を象徴する行為です。神や仏にささげる祈りは、宗教芸術として結実し、寺社空間を荘厳してきました。新たな天皇の御代をことほぐこの年、相国寺承天閣美術館では、皇室ゆかりの宝物をとりまぜ、相国寺、金閣、銀閣の名品で祝いの展示をいたします。

I期:2019年4月6日(土)~2019年6月23日(日)
II期:2019年7月6日(土)~2019年9月16日(月・祝)
【会期中無休】

 

 

 

☆★☆★ 『 言祝ぎの美 』-寺宝でつづる吉祥  ☆★☆★
■開催日時:2019/4/6~2019/9/16   10:00~17:00
会期中無休
■開催場所:相国寺承天閣美術館
〒602-0898 京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町701
■入館料金:一般800円 65歳以上・大学生600円 中高生300円   小学生200円
■お問合せ: 075-241-0423
■URL : http://www.shokoku-ji.jp/top.php





「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



特集展示 赤ってじつはどんな色?/京都国立博物館

展覧会の見どころ
赤色は、わたしたちにとって身近な色のひとつです。むかしの人も赤でさまざまなものをかざっていました。しかし、そこには今ではわすれられてしまった意味がこめられていたのです。この展示では、む…

展覧会の見どころ

赤色は、わたしたちにとって身近な色のひとつです。むかしの人も赤でさまざまなものをかざっていました。しかし、そこには今ではわすれられてしまった意味がこめられていたのです。この展示では、むかしの美術品を通して、赤色にこめられた人々の思いやむかしの人の色のセンスを感じてみたいと思います。夏休みのお子さまにも楽しんでいただける展示です。身近な色をきっかけに作品を楽しく鑑賞してみましょう。

 

展示作品リスト

埴輪
帽子をかぶった男子 京都国立博物館蔵

ギャラリートーク

お子さま向けのギャラリートークです。研究員と一緒にお話ししながら鑑賞しましょう。

開催日 :2019年8月4日(日)
開催時間:①10:30~11:00、②14:00~14:30
開催場所:平成知新館1F-2 特別展示室
定  員:各回先着20名
推奨年齢:小学校高学年~中学生
講  師:京都国立博物館 研究員 安部 真里奈
料  金:無料(ただし、当日の観覧券等が必要)
参加方法:当日受付(開始5分前までに、平成知新館1Fグランドロビーに集合)

 



特集展示  
☆★☆★ 赤ってじつはどんな色?   ☆★☆★

■開催日時:2019/7/2~8/12      9:30~17:00    金・土曜日: 9:30~21:00
休館日/月曜日(ただし、月曜日が祝日・休日となる場合は開館し、翌火曜日を休館)
※7/15(月・祝)、8/12(月・休)は開館、それぞれの翌日を休館
■開催場所:京都国立博物館 平成知新館 1F-2
〒605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527
■料   金:一般520円(410円) 大学生260円(210円) 高校生以下無料
■お問合せ:075-525-2473
■URL :http://www.kyohaku.go.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



特集展示 新収品展 ☆ 京博平成知新館

京都国立博物館では毎年、展示や研究に活用するため、美術品・文化財を計画的に購入しています。また、個人の方からの厚意により、作品を寄贈いただくこともあります。今回の新収品展では、2017~2018年度に当館が新…


京都国立博物館では毎年、展示や研究に活用するため、美術品・文化財を計画的に購入しています。また、個人の方からの厚意により、作品を寄贈いただくこともあります。今回の新収品展では、2017~2018年度に当館が新たに収蔵した美術品・文化財のなかから、工芸分野の陶磁、染織、漆工作品を中心に、約70件をご覧いただきます。

 

流雲文方格神人霊獣画像鏡 京都国立博物館蔵

 



☆★☆★ 特集展示 新収品展    ☆★☆★

■開催日時:2019/7/2 ~ 8/4  9:30~17:00 (入館は16:30まで)
火~木・日曜日: 9:30~17:00(入館は16:30まで)
金・土曜日: 9:30~21:00(入館は20:30まで)
休館日/月曜日(祝日の場合は開館・翌火曜日休館)※7/15(月・祝)は開館し、翌7/16(火)を休館
■開催場所:京都国立博物館 平成知新館2F-1、1F-2~6
京都府京都市東山区茶屋町527
■料   金:一般520円   大学生:260円
高校生以下(18歳未満)・満70歳以上の方:無料(年齢のわかるものをご提示ください)
■主  催:京都国立博物館
■お問合せ:075-525-2473
■URL :http://www.kyohaku.go.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



富本憲吉入門―彼はなぜ日本近代陶芸の巨匠なのか

奈良県が生んだ日本近代陶芸の巨匠・富本憲吉(1886―1963)。郷土を代表する芸術家として、奈良県立美術館では開館以来継続してその創作活動を取り上げてきました。没して半世紀以上過ぎてなお、その作品は高く評価…

奈良県が生んだ日本近代陶芸の巨匠・富本憲吉(1886―1963)。郷土を代表する芸術家として、奈良県立美術館では開館以来継続してその創作活動を取り上げてきました。没して半世紀以上過ぎてなお、その作品は高く評価されています。では富本はなぜ「日本近代陶芸の巨匠」と呼ばれるのでしょうか。そして富本の美の感性はいかにして育まれたのでしょうか。それを理解するための、富本芸術の入門編として本展を開催します。

 富本は楽焼制作に始まり、土焼・白磁・染付と多様な創作活動を展開し、色絵磁器へと作域を広げていきました。その陶業は、独自の模様の探求、造形を通した美の表現、量産の試みといった課題に取り組んだ道のりでもありました。

 このたびの展覧会では、初公開となる新収蔵品ほか寄託品も加えた展示を通して、富本の生涯と彼が生きた時代、その作品の特徴や独自性を知るとともに、奈良の歴史・文化を知る機会を提供できれば幸いです。

◆富本憲吉のプロフィール

1886(明治19)年、現在の奈良県生駒郡安堵町に生まれました。1904(明治37)年に東京美術学校(現・東京藝術大学)図案科に入学し、1908(明治41)年からはロンドンに留学。帰国後に親交を結んだバーナード・リーチの影響で、1913(大正2)年に楽焼の制作を始め、ほぼ独学で陶芸の道を歩み始めました。1926(大正15)年、東京に転居。白磁や染付を中心に充実した作陶を続け、1936(昭和11)年の九谷滞在以後は華麗な色絵磁器の作品を次々と発表します。終戦後は安堵への一時帰郷を経て京都に拠点を移し、金銀を同時に焼き付ける色絵金銀彩の技法を完成させました。1955(昭和30)年、「色絵磁器」で重要無形文化財技術保持者(いわゆる人間国宝)に認定され、1961(昭和36)年には文化勲章を受章しました。1963(昭和38)年逝去。

 

 

 

会期中の催し(当館主催事業)

講演会「富本憲吉の遺品写真からみる、制作と暮らし」

講師:森谷美保氏(実践女子大学・学習院大学非常勤講師)

日時:721日(日)14時~(約90分)

場所:当館1Fレクチャールーム(80席・先着順)

美術講座「富本憲吉の模様と形」 講師:飯島礼子(当館主任学芸員)

日時:818日(日)14時~(約90分)

場所:当館1Fレクチャールーム(80席・先着順)

当館学芸員によるギャラリートーク

日時:76日・20日、83日・17日・31日(いずれも土曜日)14時~・展示室にて

◆会期中、ボランティアによる展示解説を行います(不定期)

 

 

 

 

www_mahoroba_ne_jp_~museum_koutuu1

 

 

 

☆★☆★ 富本憲吉入門 ―彼はなぜ日本近代陶芸の巨匠なのか  ☆★☆★

■開催期間:2019/6/29~9/1  9:00~17:00
休館日/月曜日 (ただし7/158/12は開館)、7/168/13
■開催場所:奈良県立美術館 〒 630-8213 奈良市登大路町10-6
■主  催:奈良県立美術館、
■入 場 料:一般400円 大高生250円 中小学生150円
■お問合せ:0742-23-3968
■URL :http://www.pref.nara.jp/dd.aspx?menuid=11842
https://www.facebook.com/narakenmuseum







「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

堂本印象 ほとけを描く ほとけを愛でる 

日本画家の堂本印象(1891-1975)は、生涯多くの仏画を描いています。昭和10年代(1935-44)は、印象が宗教画家として最も活躍した時期であり、その代表作として、大阪・四天王寺の五重宝塔内の仏画を手がけています…

日本画家の堂本印象(1891-1975)は、生涯多くの仏画を描いています。昭和10年代(1935-44)は、印象が宗教画家として最も活躍した時期であり、その代表作として、大阪・四天王寺の五重宝塔内の仏画を手がけています(1940年)。不運にも五重宝塔は戦火により焼失してしまいますが、幸い下絵はのこされました。

今回は、この四天王寺五重宝塔の下絵を一挙に展示するとともに、関連する仏画も展観し、印象が宝塔仏画を描いた軌跡をたどります。
さらに特別に、堂本印象コレクションのなかから、平安~鎌倉時代の仏像を初公開します。優れた目利きとしても知られる印象が愛した仏像をこの機会にお楽しみください。

 

 【講演会】
「堂本印象旧蔵の仏像をめぐって」

2019年6月2日(日)
講師:礪波恵昭(京都市立芸術大学教授)
時間:14:00~
場所:学校法人立命館旧堂本印象邸(美術館東隣)
定員:30名(当日13:00から美術館ロビーにて整理券を配布します。)入館券または65歳以上の方は公的証明書が必要です。

【野外イベント】
琉球ヴァイオリン 庭園コンサート

2019年 6月9日(日)
時間:13:30~/14:30~
演奏:大城敦博
場所:堂本印象美術館 庭園(入場無料)

 

 




京都府立 堂本印象美術館 企画展
☆★☆★    堂本印象 ほとけを描く ほとけを愛でる   ☆★☆★

印象コレクションの秘仏初公開・まぼろしの四天王寺宝塔の仏画

■開催期間:2019/5/29~9/23      9:30~17:00
休館日/毎週月曜日 ・(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
■開催場所:堂本印象美術館
〒603-8355 京都府京都市北区平野上柳町26-3
■料   金:一般500円  高大学生400円 小中学生200円
■お問合せ:075-463-0007
■URL :http://insho-domoto.com







「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

日本の書 ―和歌と詩のかたち ☆泉屋博古館

心に去来する想いを言葉にしたものが詩であるならば、文字として書かれた詩は、消えゆく思いを留めより広く伝える役目を果たしてきたといえるでしょう。やがて詩は、したためられた姿そのものが観る者の目を楽しませ…



心に去来する想いを言葉にしたものが詩であるならば、文字として書かれた詩は、消えゆく思いを留めより広く伝える役目を果たしてきたといえるでしょう。やがて詩は、したためられた姿そのものが観る者の目を楽しませ、心揺さぶることともなりました。

日本の詩を代表する和歌は、平安時代に王朝貴族たちの繊細な美意識によって完成された「かな」によって、他に類を見ない造形美を結ぶこととなりました。流麗な線、きわどい字形、緩急自在な字流れに絶妙な配置、さらには装飾された料紙―それらが響き合い、三十一文字の限られた世界を変化に富むものへと昇華させたのです。

藤原定信《石山切》(重美) 平安時代

泉屋博古館が所蔵する住友コレクションの日本書籍にも、詩歌の作品が多く含まれています。
今回の展覧会では、かな古筆の白眉とされる《寸松庵色紙》をはじめ、料紙装飾も美しい歌切、歌会の和歌懐紙、さらには画賛など、平安から鎌倉時代に高揚し、長く書き継がれた和歌の造形を紹介します。また、中国からの新風に触発された漢詩文の条幅など、近世に生まれた詩歌表現の形にも注目します。




春季企画展
☆★☆★ 日本の書 ―和歌と詩のかたち ☆★☆★

■開催期間:2019/5/25~ 6/30    10:00~17:00
休館日/毎週月曜日
■開催場所:住友コレクション 泉屋博古館
〒606-8431 京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24
■料   金:一般800円 高大生600円 中学生350円 小学生以下無料
■お問合せ:075-771-6411  E-Mail:info@sen-oku.or.jp
■URL :http://www.sen-oku.or.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ