日本の書 ―和歌と詩のかたち ☆泉屋博古館

心に去来する想いを言葉にしたものが詩であるならば、文字として書かれた詩は、消えゆく思いを留めより広く伝える役目を果たしてきたといえるでしょう。やがて詩は、したためられた姿そのものが観る者の目を楽しませ…



心に去来する想いを言葉にしたものが詩であるならば、文字として書かれた詩は、消えゆく思いを留めより広く伝える役目を果たしてきたといえるでしょう。やがて詩は、したためられた姿そのものが観る者の目を楽しませ、心揺さぶることともなりました。

日本の詩を代表する和歌は、平安時代に王朝貴族たちの繊細な美意識によって完成された「かな」によって、他に類を見ない造形美を結ぶこととなりました。流麗な線、きわどい字形、緩急自在な字流れに絶妙な配置、さらには装飾された料紙―それらが響き合い、三十一文字の限られた世界を変化に富むものへと昇華させたのです。

藤原定信《石山切》(重美) 平安時代

泉屋博古館が所蔵する住友コレクションの日本書籍にも、詩歌の作品が多く含まれています。
今回の展覧会では、かな古筆の白眉とされる《寸松庵色紙》をはじめ、料紙装飾も美しい歌切、歌会の和歌懐紙、さらには画賛など、平安から鎌倉時代に高揚し、長く書き継がれた和歌の造形を紹介します。また、中国からの新風に触発された漢詩文の条幅など、近世に生まれた詩歌表現の形にも注目します。




春季企画展
☆★☆★ 日本の書 ―和歌と詩のかたち ☆★☆★

■開催期間:2019/5/25~ 6/30    10:00~17:00
休館日/毎週月曜日
■開催場所:住友コレクション 泉屋博古館
〒606-8431 京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24
■料   金:一般800円 高大生600円 中学生350円 小学生以下無料
■お問合せ:075-771-6411  E-Mail:info@sen-oku.or.jp
■URL :http://www.sen-oku.or.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

古田織部 創作のヒント / 古田織部美術館

古田織部重然は、利休亡き後に豊臣・徳川政権で「天下一」と称された武将茶人です。激動の桃山時代後期の茶の湯をリードした、独特の美意識を持つ古田織部好みの茶道具を年3回の展示でお楽しみ下さい。
古田織部は、徳川2代将軍秀忠の茶の湯指南役でもありました。織部が…

img01

古田織部重然は、利休亡き後に豊臣・徳川政権で「天下一」と称された武将茶人です。激動の桃山時代後期の茶の湯をリードした、独特の美意識を持つ古田織部好みの茶道具を年3回の展示でお楽しみ下さい。

古田織部は、徳川2代将軍秀忠の茶の湯指南役でもありました。織部が将軍に与えた影響は大きく、幕命により織部が自刃した後も、秀忠は師を慕い、織部流の茶の湯を遵守したのです。

古田織部は、関ヶ原の戦いの前年にあたる慶長4年(1599)2月に、伏見の自邸において、“へうげもの”と表現された美濃焼茶碗を薄茶の席で使用し、客を驚かせました。当初の美濃焼には絵付けがなかったことから、この茶碗は、真っ黒で歪んだ「織部黒」の沓形茶碗であったと想像されます。この茶会の客は、毛利輝元の養子・秀元と叔父・小早川秀包、博多の豪商・神屋宗湛で、そのうち宗湛が日記(『宗湛日記』)に「ヒツミ(歪み)候也 ヘウケモノ(剽げ物)也」と書き留めています。「剽げ」の語には、おどける、ふざける、剽軽な、という意味があります。

織部はこうした茶碗をもう少し前に使い始めた可能性がありますが、残念ながら記録がありません。その後の慶長6年(1601)1月の茶会では、「ヤキソコナヒ(焼き損ない)」と表現されています(『今井宗久茶湯日記抜書 下』)。
織部が作らせた焼き物には様々なバリエーションがありますが、緑釉や網目文、蕾柄尻などの「へうげもの」は、いかにして生み出されたのか。東アジアの焼物や金工品との比較から、アイデアの原点を探る展示がされます。

 




令和元年 夏季展
☆★☆ 古田織部 創作のヒント ☆★☆
■開催期間:2019/5/25~8/25      9:30~17:30(入館は17:10まで)
休館日/期間中無休
■開催場所:古田織部美術館
京都市北区大宮釈迦谷10-37 太閤山荘内
■料   金:一般500円   高校生・大学生400円    中学生以下300円
■お問合せ:075‐707‐1800
■URL :http://www.furutaoribe-museum.com/







「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

日本を寿ぐ☆千總ギャラリー

松竹梅に鶴亀…縁起物として、日本のお祝い事に欠かせない植物や動物たち。
絵画の題材として、装飾のモチーフとして様々に表されてきました。
身近な動植物の性質や名前の響きに吉祥の意味を重ねて、人々は不老長寿…



松竹梅に鶴亀…縁起物として、日本のお祝い事に欠かせない植物や動物たち。
絵画の題材として、装飾のモチーフとして様々に表されてきました。
身近な動植物の性質や名前の響きに吉祥の意味を重ねて、人々は不老長寿、子孫繁栄といった幸福への願いを込めました。自然と共に生き、時によりどころとしてきた日本人の心の表れでしょうか。
千總コレクションから、そうした自然に対する願い、喜び、寿ぎの意味が込められた作品をご紹介します。



● ギャラリートーク

千總ギャラリー学芸員より展覧会の見どころや作品鑑賞のポイント、
作品にまつわるエピソードなどをご紹介します。

5月19日(日)、6月10日(月) 両日とも14時~
参加無料 事前申し込み制
申し込みフォームよりお申込みください。





☆★☆★ 日本を寿ぐ ☆★☆★

■開催日時:2019/4/27~6/23   10:00~18:00 水曜休館
■開催場所:千總ギャラリー/ CHISO GALLERY
京都市中京区三条通烏丸西入御倉町80 千總本社ビル2階
■入 場 料:無料
■お問合せ:075-211-2531  もしくは【お問い合わせフォーム】
■U R L :http://www.chiso.co.jp/







「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


「セレブレーション-日本ポーランド現代美術展-」

日本とポーランドのアーティスト21組による競演
ポーランドと日本は、それぞれ豊かな歴史や文化の伝統を持ちながら発展してきました。とりわけ、両国に共通してみられる感性的特質、季節や時代の移ろいを敏感に感じ取…


日本とポーランドのアーティスト21組による競演


ポーランドと日本は、それぞれ豊かな歴史や文化の伝統を持ちながら発展してきました。とりわけ、両国に共通してみられる感性的特質、季節や時代の移ろいを敏感に感じ取り、変化する姿に「もののあわれ」を感じ愛でる美意識は高く評価されています。

ポーランドは、複雑な歴史を背負いながらも、その中から優れた芸術を生み出し続けてきたばかりでなく、生活全般と密接に結びつく工芸、建築デザインなどでも知られ、また映画や音楽、ファッションなどの分野でも高い評価を得ています。日本は独自の文化・思想的背景を元に、細やかな手仕事と仕上げの見事さで際立ち、また身体感覚と結びついた多様な表現の豊かさも見逃せません。

本展では、両国の若手中堅の作家に注目し、その美的・批判的価値の共通要素に焦点を当て、鋭い感性で社会を切り取る作品を通じて、両国の現代社会の姿について考えてみたいと思います。



本展を準備するにあたり、異なる様々な文化的背景を持った両国の作家相互がそれぞれに「生きた対話」を行い、意見交換し、学び合ってきました。本展は非・一元的な価値観や現象を示すことを目指しており、それを通じて、主要な中心的位置から隔たった、より小さな社会構造や目立ちにくい地方都市において、より生き生きとした社会生活が営まれることが示されるでしょう。

小泉明郎《私たちは未来の死者を弔う》2019 
c Meiro Koizumi Courtesy of MUJIN-TO Production
PHOTO ARCHIVE

本展は日本とポーランド両国で実施し、そのことで社会的政治的な変化や芸術のポストコロニアル的な解釈といった、同一のテーマに関して、いわゆる西欧的ではない立場から、多様で異なる見方を提案します。

 

 



日本ポーランド国交樹立100周年記念 ポーランド芸術祭2019 in Japan
☆★☆★☆  「セレブレーション-日本ポーランド現代美術展-」 ☆★☆★☆

■開催日時:2019/5/18~6/23
京都芸術センター10:00~18:00 ※5/29、6/12は休業(ギャラリー北・南は20:00まで、無休)
ロームシアター京都10:00~19:00 ※5/29、6/3、6/12は休業
ザ ターミナル キョウト10:00~18:00 ※無休
世界遺産・二条城(5月18日~5月26日のみ)8:45~17:00(入城は16:00まで)
■開催場所:京都芸術センター /ロームシアター京都/ザ ターミナル キョウト
■料   金:観覧無料
■お問合せ:075-213-1000     E-Mail:info@kac.or.jp
■U R L:http://www.kac.or.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


サラ・ベルナールの世界 京都特別展

京都工芸繊維大学美術工芸資料館が所蔵する作品の中核をなすのは、1902年の京都高等工芸学校開校時から教材として収集・購入された美術工芸品です。初代の教員である浅井忠や武田五一は、世紀末から20世紀初頭のヨーロッパで、ポスターや工芸品を積極的に買い求めました。今…

京都工芸繊維大学美術工芸資料館が所蔵する作品の中核をなすのは、1902年の京都高等工芸学校開校時から教材として収集・購入された美術工芸品です。初代の教員である浅井忠や武田五一は、世紀末から20世紀初頭のヨーロッパで、ポスターや工芸品を積極的に買い求めました。今回の展覧会では、美術工芸資料館の収蔵資料のなかから、日本におけるデザイン黎明期に参考資料、教材として収集され、実際に実習等で活用された資料類を展示します。世紀末から20世紀初頭の日本で、デザインがどのように浸透していったのか、そしてどのような展開をみせたのかをご高覧ください。

 



-京都工芸繊維大学 美術工芸資料館 名品展
☆★☆  近代デザインの誕生 ☆★☆

■開催日時:2019/5/15 ~8/10 10:00~17:00
休館日/日曜・祝日
■開催場所:京都工芸繊維大学 美術工芸資料館
〒606-8585 京都市左京区松ヶ崎橋上町
■料  金:一般200円 学生150円 高校生以下無料
■お問合せ:075-724-7924 E-Mail:siryokan@kit.ac.jp
■U R L:http://www.museum.kit.ac.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



吉村芳生 超絶技巧を超えて ☆彡 美術館「えき」KYOTO

超絶技巧?そんな単純な言葉で説明することはできません。1年間毎日描き続けた365枚の自画像、1文字1文字をすべて書き写した新聞紙、10メートルの色鉛筆画―。吉村芳生が生み出した作品は、どれも超絶リアルでありながら、見る者の度肝を抜く凄みを感じさせます。
1950年、…

超絶技巧?そんな単純な言葉で説明することはできません。1年間毎日描き続けた365枚の自画像、1文字1文字をすべて書き写した新聞紙、10メートルの色鉛筆画―。吉村芳生が生み出した作品は、どれも超絶リアルでありながら、見る者の度肝を抜く凄みを感じさせます。 1950年、山口県に生まれた吉村芳生が一躍注目を浴びたのは2007年のことでした。この年に開かれた「六本木クロッシング 2007」展(森美術館)に出品された作品が大きな話題となり、吉村は57歳にして突如、現代アート・シーンの寵児となったのです。

本展は吉村芳生の回顧展として、初期のモノトーンによる版画やドローイング、後期の色鮮やかな花の作品、生涯を通じて描き続けた自画像など、吉村の全貌を伝えます。2013年に惜しまれつつ早逝した吉村芳生の、ただ上手いだけの絵ではない、描くこと、生きることの意味を問いただす真摯な作品の数々を、ぜひその眼で目撃してください。

見どころ

①遅咲きの画家、吉村芳生の全貌を、初期のモノトーンの作品群、色鮮やかな花を描いた後期の作品群、生涯を通じて描き続けた様々な自画像などを通して3部構成でご紹介します。
②100点以上の自画像作品のほか、延々と金網が描かれた17mの作品や、横幅10mの色鉛筆画など、見ごたえのある大作もお楽しみください。

 

☆★☆★ 吉村芳生 超絶技巧を超えて ☆★☆★

■開催日時:2019/5/11~6/2  10:00~20:00
■開催場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
■入 場 料:一般900円   高・大学生700円   小・中学生500円
■お問合せ:075-352-1111
■URL :http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/







「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ







天皇陛下御即位記念 京都芸術花火2019

第百二十六代天皇に御即位になされた佳節に際し、その御即位を奉祝するため「天皇陛下御即位記念 京都芸術花火2019」を開催致します。
来る令和元年5月29日(水)に京都競馬場において、日本の伝統的な花火と音楽をシンクロさせた新しい「芸術文化」を創造する花火大会を実施致…

第百二十六代天皇に御即位になされた佳節に際し、その御即位を奉祝するため「天皇陛下御即位記念 京都芸術花火2019」を開催致します。
来る令和元年5月29日(水)に京都競馬場において、日本の伝統的な花火と音楽をシンクロさせた新しい「芸術文化」を創造する花火大会を実施致します。

昨年に続き、第2回目の開催となる京都芸術花火。日本トップクラスの花火師が集い結成された“花火師ドリームチーム”による大迫力の「尺玉」約30発を始め、一級の「芸術玉」が次々と打ちあがる豪華1万3000発の花火大会を今年もご期待ください。

天皇陛下御即位記念
京都芸術花火2019
日時
令和元年5月29日(水)
荒天の場合翌日30日(木)に順延
翌日も荒天の場合中止
開場17:00 開演19:50 終演20:50(予定)
場所
京都競馬場
京都市伏見区葭島渡場島町32
入場料
大人¥6,000(税込¥6,480)~
小学生¥2,000(税込¥2,160)~
内容
・17:00 会場オープン(開場内にてフードコートイベントあり)
・19:50 第1部:野村花火コレクション第2部:花火と音楽がシンクロする「Great Sky Art」
主催/問い合わせ
京都芸術花火大会実行委員会
京都芸術花火2019事務局
フリーダイヤル: 0120-871-033
Mai: info@kyoto-hanabi.com
参照web
https://www.kyoto-hanabi.com/




「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





企画展「因幡堂 平等寺」

京洛のほぼ中央、烏丸高辻に伽藍を構える因幡堂
平等寺は、平安時代の創建時にさかのぼる本尊薬師如来立像を祀る古刹です。この本尊薬師如来は、天竺伝来とされる霊像が因幡国(鳥取県)から都に飛来してきたと伝え、善光寺阿弥陀三尊像・清涼寺釈迦如来立像とともに、「日…

京洛のほぼ中央、烏丸高辻に伽藍を構える因幡堂 平等寺は、平安時代の創建時にさかのぼる本尊薬師如来立像を祀る古刹です。この本尊薬師如来は、天竺伝来とされる霊像が因幡国(鳥取県)から都に飛来してきたと伝え、善光寺阿弥陀三尊像・清涼寺釈迦如来立像とともに、「日本三如来」と称されます。この創建にまつわる説話は、鎌倉時代の「因幡堂縁起絵巻」に綴られ、創建後の市中の「町堂(辻堂)」おいて京都の町衆に篤い信仰に支えられてきました。

 

 

企画展

☆★☆  「因幡堂 平等寺」  ☆★☆

■開催日時:2019/4/20 ~6/9 10:00~17:00
休館日/月曜日(ただし4/29 5/6は開館)5/7
■開催場所:龍谷大学 龍谷ミュージアム
〒600-8399  京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前)
■料  金:一般800円 大高生500円 中小生200円
■お問合せ: 075-351-2500
■U R L:http://museum.ryukoku.ac.jp






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






国宝 一遍聖絵と時宗の名宝★京都国立博物館

踊り念仏で知られる時宗は、宗祖一遍(1239~89)が鎌倉時代に開いた宗派です。一遍は念仏をとなえることで誰もが往生をとげられると説き、全国を行脚(遊行)して、念仏札を配り(賦算)、布教につとめました。この…

踊り念仏で知られる時宗は、宗祖一遍(1239~89)が鎌倉時代に開いた宗派です。一遍は念仏をとなえることで誰もが往生をとげられると説き、全国を行脚(遊行)して、念仏札を配り(賦算)、布教につとめました。この時宗を教団として整備し、大きく発展させたのが二祖の真教(1237~1319)でした。2019年に真教の七百年遠忌を迎えるのを記念して、時宗の名宝を一堂に会する展覧会を開催いたします。

本展では、全国各地を遍歴した一遍の生涯を描いた国宝「一遍聖絵」(清浄光寺(遊行寺)蔵)をはじめ、真教の足跡もつづられた「遊行上人縁起絵」、一遍や真教ら歴代祖師の肖像画や肖像彫刻など、時宗の名宝の全貌をご紹介いたします。なかでも、日本を代表する絵巻であり、中世の歴史を語る上でも重要な作品である「一遍聖絵」については、12巻全巻を公開します。
また、展覧会の事前調査によって発見された作品など、新たな研究成果もあわせてご覧いただきます。

 前期:2019年4月13日(土)~ 5月12日(日)
後期:2019年5月14日(火)~ 6月9日(日)
※会期中、一部の作品は上記以外にも展示替を行います。

 

 

 

特別展 時宗二祖上人七百年御遠忌記念
☆★☆★ 国宝 一遍聖絵と時宗の名宝    ☆★☆★

■開催日時:2019/4/13 ~ 6/9  9:30~17:00 (入館は16:30まで)金・土曜日:9:30~20:00
休館日/月曜日(祝日の場合は開館・翌火曜日休館)
※4/29(月・祝)から5/6(月・休)までは続けて開館し、5/7(火)を休館
■開催場所:京都国立博物館 平成知新館
京都府京都市東山区茶屋町527
■料   金:一般:1,500円(1,300円)大学生:1,200円(1,000円)
高校生:900円(700円)中学生以下は無料
※大学生・高校生の方は学生証をご提示ください。
■主  催:京都国立博物館
■お問合せ:075-525-2473
■URL :http://www.kyohaku.go.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





台湾女性金工作家二人展★清課堂

実験的な作品を制作する葉秀薇、日々の暮らしの中の器を制作する姚怡欣。この対照的な二人の作品を通し、台湾における現代の金工の潮流をご覧いただければと思います。
葉秀薇は繊細な銅線を用い、線によって実体を構…


実験的な作品を制作する葉秀薇、日々の暮らしの中の器を制作する姚怡欣。この対照的な二人の作品を通し、台湾における現代の金工の潮流をご覧いただければと思います。


葉秀薇は繊細な銅線を用い、線によって実体を構築する試み「銅編みオブジェ」をテーマに実験的な作品制作を2013年以降取り組んでいます。本展覧会ではこの「銅編みオブジェ」シリーズの中からオブジェとジュエリーを約33点ご紹介いたします。

姚怡欣は陶芸、木彫、宝石や竹の加工細工など様々な工芸を学ぶ中で、自身の価値観を新たにした金属細工に出会い、金工の道へと進みました。本展覧会では錫を素材とした花器やお茶にまつわる道具などを中心に約50点ご紹介いたします。

 




☆★☆★☆ 台湾女性金工作家二人展   ☆★☆★☆

■開催期間:2019/4/27~5/6  10:00~18:00 ※ 会期中無休
■開催会場:清課堂ギャラリー
〒604-0932 京都市中京区寺町通二条下ル 妙満寺前町462
■料  金 :無料
■お問合せ:075-231-3661   email: gallery@seikado.jp  担当:仲野
■URL :http://www.seikado.jp/







「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ